歌舞伎とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 芸能 > 歌舞伎 > 歌舞伎の意味・解説 

かぶき【歌舞伎/歌舞×妓】


かぶ‐き【歌舞伎】

〔名〕 歌舞演奏すること。

類聚国史‐四・伊勢斎宮延暦一八年(799)七月己酉「停伊勢斎宮新嘗会、但以歌舞伎、供九月


かぶき【歌舞伎・歌舞妓】

〔名〕 (動詞「かぶく(傾)」の連用形名詞化

並みはずれ華美な風態をしたり、異様言動や色めいたふるまいをすること。

寒川入道筆記(1613頃)愚痴文盲口状之事「此五六以前にかぶきの大将死にまらした」

近世初期発生発達した日本固有の演劇慶長八年一六〇三)頃、出雲大社巫女(みこ)阿国(おくに)が京都念仏踊り興行したのが初めといわれ、人気集めたが、風俗を乱すとして禁止になった。代わって美少年中心若衆歌舞伎野郎歌舞伎出現し、次第技芸本位のものとなり、元祿一六八八‐一七〇四)以後多数名優輩出した。舞踊科白音楽混交させた伝統演劇として完成し、現在に及ぶ。歌舞伎劇歌舞伎芝居。歌舞伎物真似

慶長見聞集(1614)二「此歌舞妓をこそ見め老若貴賤群集見物す」

[語誌]②の意に「歌舞する女性」という意味の「歌舞妃」「歌舞妓」などの字当てられ、「歌舞伎」と書くのが一般的になったのは明治以後である。


歌舞伎

読み方:カブキkabuki

異様華美風体好み、色めいた振る舞いをすること


歌舞伎

名称: 歌舞伎
ふりがな かぶき
芸能工芸区分 芸能
種別 歌舞伎
認定区分 総合認定
指定年月日 1965.04.20(昭和40.04.20)
解除年月日
指定要件 一 演者演目の重要な構成人物大部分社団法人伝統歌舞伎保存会会員であること。
二 演目伝統的演目及びこれに準ずるのであること。 
三 演技演出伝統的演技演出基調とすること。 
 1様式的な演技せりふによること。
 2女方によること。
 3音楽伝統的歌舞伎音楽定式によること。
 4拍子木ツケ定式によること。
 5扮装衣裳、鬘、化粧)は定式によること。 
 6大道具小道具定式によること。
 7原則として定式舞台機構によること。
備考
解説文:  歌舞伎は、江戸時代育成された日本演劇の一形態で、能楽人形浄瑠璃と並んで、わが国三大国劇呼ばれる先行および並行諸芸能―田楽・能狂言民俗舞踊など―を摂取し、これを様式化庶民化した総合的芸能である。その内容は、女歌舞伎以来歌舞伝統継承する「舞踊劇」、人形浄瑠璃戯曲演出法を導入した「義太夫狂言」、歌舞伎の演劇要素発展した「科白【せりふ】劇」などがある。歌舞伎は時代とともにしだいに洗練重ね大成されたが、明治に入ってからは古典化の道をたどり、高度に芸術化されていった。歌舞伎は、芸術上高度の価値有するばかりでなく、わが国芸能史上において重要な地位占めるものである。なお、重要無形文化財としての歌舞伎の内容を明確にするために演者演目演技演出について、指定要件規定している。
芸能のほかの用語一覧
文楽:  人形浄瑠璃文楽
歌舞伎:  歌舞伎
組踊:  組踊
能楽:  能楽
舞踊:  琉球舞踊
雅楽:  雅楽
音楽:  一中節

歌舞伎

読み方:かぶき

  1. 江戸時代背景とした我が国固有の民衆劇のこと。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

歌舞伎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/15 06:23 UTC 版)

歌舞伎(かぶき)は、日本固有の演劇で、伝統芸能のひとつ。重要無形文化財(1965年4月20日指定[1])。歌舞伎(伝統的な演技演出様式によって上演される歌舞伎)は2005年ユネスコにおいて傑作宣言され[2]、2009年9月に無形文化遺産の代表一覧表に記載された。


注釈

  1. ^ この説は国史大辞典(吉川弘文館)などにみられる。
  2. ^ ここでは『日本の伝統芸能講座 舞踊・演劇』の記述に従ったが、「日本大百科全書(小学館、歌舞伎の項、歌舞伎の歴史、第2期)では屋根がついたのは享保2年の事になっている。
  3. ^ 日本大百科全書(小学館、歌舞伎の項、歌舞伎の歴史、第2期)によれば1666年の段階で歩み板が客席を貫くように設置された。
  4. ^ なお「無限の鐘」とは遠江国にある無限山観音寺の鐘の事で、瀬川菊之丞はこの鐘をモチーフにした舞踊を過去にも踊っている。
  5. ^ 浅草聖天町。丹波園部藩下屋敷を収公した跡地。現在の浅草六丁目一帯。
  6. ^ 「活歴」という言葉は上述の新政府の要求に対する新聞論評の中で初めて使われた。岩波新書661『歌舞伎の歴史』。第7章「狂気と英雄」p157
  7. ^ 平成17年(2005年)、三代目中村鴈治郎が、231年ぶりの上方歌舞伎の大名跡・坂田藤十郎を襲名した。
  8. ^ 2003年(平成15年)のユネスコ第32回総会において採択され、2006年(平成18年)4月に発効した。
  9. ^ 勧進帳を嚆矢とする能・狂言に近い様式で演出するものを指す。それ以前に作られた京鹿子娘道成寺は能の演目(道成寺)を換骨奪胎したものだが、普通松羽目物とは呼ばない。
  10. ^ 歌舞伎は俗に「一番太鼓二番鶏」と言われ、早朝に始まった。劇場の一番太鼓は鶏が時を作るころだという意味である。国史大辞典(吉川弘文館)、歌舞伎の項。
  11. ^ 夜間上演しなかったのは当時の芝居小屋では天窓から照明の明かりをとらざるを得なかったため(歌舞伎の夜間上演が行われるようになったのは明治初年になってガス灯が使われるようになってからのことである)。
  12. ^ 江戸時代後期以降
  13. ^ 「選り取り見取り」から。日本大百科全書(小学館)、通し狂言の項。
  14. ^ 歴史上の人物に置き換える場合もあり、この場合はやや難しくなる。しかし、たとえば「太平記物」の『仮名手本忠臣蔵』では吉良義央高師直に置き換えているが、吉良が「高家」の出であることを踏まえた置き換えであり、類推できるようにしてあった。
  15. ^ 「付け拍子木」の略。今尾哲也 『歌舞伎をみる人のために』、玉川大学出版、p106
  16. ^ 掛け声をいつかけるかについては、ある程度の習慣がある。
  17. ^ 2代目市川笑也と中村芝のぶは、2012年に伝統歌舞伎保存会に入会しており、重要無形文化財(総合認定)である。
  18. ^ 市川月之助は2016年に、市川春猿は2017年に新派に移籍した。月乃助は二代目喜多村緑郎を襲名、春猿は芸名を河合雪之丞と改名している。
  19. ^ 子役は歌舞伎役者の子ども以外では、児童劇団に所属する子役俳優や日本舞踊を習っている児童などから選考され、集中稽古で行儀作法や発声・所作の指導を受けた後に出演となっている。そのため、一般家庭の子弟が歌舞伎役者の目に止まることがある。2014年4月に、松竹により「歌舞伎アカデミーこども 歌舞伎スクール『寺子屋』」が開校し、小学校卒業までの年齢の児童に稽古を行っている。(歌舞伎俳優になる!道を開く若者たち 2019年11月5日 時事通信)
  20. ^ 本舞台では距離や時間がリアルであるが、花道ではそうではない。たとえば『勧進帳』では義経一行が登場してから本舞台にかかるまで数分だが、都から安宅の関までの時間と距離すべてを表している。弁慶が最後に飛び六法で花道を退場するが、そのときすでに義経はずっと先へ行っている。花道はわずかな長さしかないが、弁慶は何キロも走っているのである。
  21. ^ たとえば妹背山婦女庭訓の三段目山の段
  22. ^ 例えば東海道四谷怪談
  23. ^ 例えば伽羅先代萩の床下の場。楼門五三桐青砥稿花紅彩画でも同様の演出がある。
  24. ^ この為こうした芝居小屋は緞帳芝居と呼ばれる事があるが、この呼称がつかわれるようになったのは明治初年の事である。参考:今尾哲也著、『歌舞伎をみる人のために』、玉川大学出版、p63
  25. ^ 午前の部、午後の部の両方の演目のあらすじが書いてある。「番付」ともいう。

出典

  1. ^ a b 同日文化財保護委員会告示第18号「無形文化財を重要無形文化財に指定する等の件」
  2. ^ 第3回ユネスコ「人類の口承及び無形遺産に関する傑作の宣言」について人類の口承及び無形遺産に関する傑作の宣言(文化庁)
  3. ^ a b c 日本大百科全書(小学館)、歌舞伎の項
  4. ^ 日本国語大辞典(小学館)、歌舞伎者の項
  5. ^ a b c d e 岩波新書661『歌舞伎の歴史』、今尾哲也著、p16
  6. ^ a b 今尾哲也『河竹黙阿弥 : 元のもくあみとならん』ミネルヴァ書房〈ミネルヴァ日本評伝選〉、2009年、2頁。ISBN 978-4-623-05491-6
  7. ^ 和田(2009)、p.201
  8. ^ 和田(2009)、p.201
  9. ^ a b 岩波新書661『歌舞伎の歴史』、今尾哲也著、p9-10
  10. ^ 和田(2009)、p.207
  11. ^ 和田(2009)、p.199
  12. ^ 和田(2009)、p.199
  13. ^ a b 国立劇場『日本の伝統芸能講座 舞踊・演劇』淡交社、2009年、ISBN 9784473035301、198頁~205頁
  14. ^ 和田(2009)、p.201
  15. ^ 『江戸歌舞伎集』(『新日本古典文学大系』96 1997年、岩波書店)の430頁「元禄期の江戸の舞台」。
  16. ^ 和田(2009)、p.206
  17. ^ 新版 歌舞伎事典(平凡社)、若衆歌舞伎の項が
  18. ^ a b c 国立劇場『日本の伝統芸能講座 舞踊・演劇』淡交社、2009年、ISBN 9784473035301、206頁~211頁
  19. ^ 『新版歌舞伎辞典』
  20. ^ 人倫訓蒙図彙
  21. ^ 和田(2009)、p.207
  22. ^ 和田(2009)、p.207
  23. ^ 和田(2009)、p.208
  24. ^ a b 生田耕作、坂井輝久『洛中洛外漢詩紀行』人文書院、1994年、p202~p205
  25. ^ 岩波新書661『歌舞伎の歴史』、今尾哲也著、p19
  26. ^ 和田(2009)、p.208
  27. ^ 例えば河竹登志夫『演劇概論』
  28. ^ 和田(2009)、p.207
  29. ^ 和田(2009)p.209
  30. ^ 和田(2009)、p.209
  31. ^ a b 岡本勝雲英末雄 『新版近世文学研究事典』 おうふう、2006年2月、400頁。 
  32. ^ 和田(2009)、p.209
  33. ^ 和田(2009)、p.210
  34. ^ 歌舞伎事典:元禄歌舞伎|文化デジタルライブラリー”. www2.ntj.jac.go.jp. 2020年6月22日閲覧。
  35. ^ 和田(2009)、p211
  36. ^ 和田(2009)、p.208
  37. ^ a b c 国立劇場『日本の伝統芸能講座 舞踊・演劇』淡交社、2009年、ISBN 9784473035301、211頁~216頁
  38. ^ 和田(2009)、p.211
  39. ^ 国立劇場『日本の伝統芸能講座 舞踊・演劇』淡交社、2009年、ISBN 9784473035301、歌舞伎の発展II、p227
  40. ^ 山川出版『詳説 日本史』。『日本の伝統芸能講座 舞踊・演劇』からの重引。
  41. ^ 和田(2009)、p.211
  42. ^ 和田(2009)、p.212
  43. ^ 和田(2009)、p.211
  44. ^ a b 岩波新書661『歌舞伎の歴史』、今尾哲也著、p40-41
  45. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 岩波新書661『歌舞伎の歴史』、今尾哲也著。第7章「狂気と英雄」
  46. ^ a b c d e f g h i 国立劇場『日本の伝統芸能講座 舞踊・演劇』淡交社、2009年、ISBN 9784473035301、歌舞伎の発展II、p241~p242
  47. ^ 日本大百科全書(小学館、回り舞台の項)
  48. ^ a b c d e f g h i j 岩波新書661『歌舞伎の歴史』、今尾哲也著、第3章「義太夫狂言と舞踊」
  49. ^ a b 岩波新書661『歌舞伎の歴史』、今尾哲也著。第4章「歌舞伎再興」
  50. ^ 日本国語大辞典(小学館)、鶴屋南北の項。
  51. ^ a b 岩波新書661『歌舞伎の歴史』、今尾哲也著、第5章『鶴屋南北と棺桶』
  52. ^ 日本大百科全書(小学館)、猿若町の項。
  53. ^ 国史大辞典(吉川弘文館)、河竹黙阿弥の項。
  54. ^ 盛田嘉徳『中世賤民と雑芸能の研究』雄山閣出版、1994年2月5日 ISBN 9784639004363
  55. ^ 今尾(2000)、pp168-169
  56. ^ a b c d e 岩波新書661『歌舞伎の歴史』、今尾哲也著。第8章「新歌舞伎の創造」
  57. ^ 大辞泉(小学館)、前進座の項。
  58. ^ 日本演劇全史 河竹繁俊
  59. ^ 日本国語大辞典(小学館)歌舞伎狂言の項
  60. ^ 国史大辞典(吉川弘文館)、時代物の項
  61. ^ kotobank「時代物」(2011年11月24日閲覧)
  62. ^ 国史大辞典(吉川弘文館)世話物の項
  63. ^ 世界大百科事典 第2版気世話の項目
  64. ^ 日本国語大辞典(小学館)
  65. ^ 日本芸術文化振興会 歌舞伎辞典「義太夫狂言」(2011年11月24日閲覧)
  66. ^ 日本芸術文化振興会 歌舞伎辞典「純歌舞伎」(2011年11月24日閲覧)
  67. ^ 『新版 歌舞伎事典』平凡社、作品の分類
  68. ^ 須永朝彦氏『歌舞伎ワンダーランド』「世界 ― 予め設定される時間と人物」、新書館、1990年
  69. ^ 日本国語大辞典(小学館)
  70. ^ 日本国語大辞典(小学館)、返幕の項。
  71. ^ 日本国語大辞典(小学館)、切・限の項、2-5-ハ。
  72. ^ 新版 『歌舞伎事典』(平凡社)、外題の項。
  73. ^ 今尾哲也 『歌舞伎をみる人のために』、玉川大学出版、p180
  74. ^ 今尾哲也 『歌舞伎をみる人のために』、玉川大学出版、p182
  75. ^ a b 今尾哲也 『歌舞伎をみる人のために』、玉川大学出版、V「柝」
  76. ^ 平凡社『新版 歌舞伎事典』総説、役者・俳優
  77. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2016年5月6日). “【歌舞伎展望】20年後のスターは間違いなし! 未就学の御曹司が舞台に続々と初お目見え” (日本語). 産経ニュース. 2021年7月2日閲覧。
  78. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2016年12月29日). “【歌舞伎】もうすぐ「初舞台」 伝統継ぐ、ちびっ子歌舞伎俳優たち” (日本語). 産経ニュース. 2021年7月2日閲覧。
  79. ^ 第60回 歌舞伎彩歌 ちょっと幕間 初舞台と初お目見え”. 衛星劇場. 2021年7月2日閲覧。
  80. ^ 幼児なのになぜ!? 歌舞伎俳優の子どもたちが舞台を立派に全うできるワケ | citrus(シトラス)” (日本語). citrus(2017年5月29日). 2021年7月2日閲覧。
  81. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2016年9月4日). “【亀岡典子の恋する伝芸】どこを切っても上方色満載「晴の会」の挑戦-一般家庭出身、ゆかたは着崩れ、正座もできなかった塾生が…” (日本語). 産経ニュース. 2021年6月26日閲覧。
  82. ^ はんなりした味わい 人間国宝の女形片岡秀太郎さん死去:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル(2021年5月27日). 2021年6月26日閲覧。
  83. ^ (日本語) 【素顔】歌舞伎役者ってどうやったらなれるの!?■ゲスト:成駒屋 中村橋吾《前編》【中村橋吾の新企画絶賛配信中!】, https://www.youtube.com/watch?v=0n8wCgg1nyg 2021年7月2日閲覧。 
  84. ^ (日本語) 《歌舞伎》女形のキャリアパスを聞いたら、神様の話になった。(前編)【中村芝のぶ新企画!絶賛配信中!】, https://www.youtube.com/watch?v=rR7ktdR_wHk 2021年7月2日閲覧。 
  85. ^ 部屋子、芸養子、御曹司 | 歌舞伎俳優名鑑 現在の俳優篇” (日本語). 2021年7月2日閲覧。
  86. ^ 片岡孝太郎『名題試験』” (日本語). 片岡孝太郎オフィシャルブログ「片岡孝太郎の 話すことあり 聞くことあり」Powered by Ameba(2012年10月24日). 2021年6月26日閲覧。
  87. ^ “[歌舞伎 on the web 名題と名題下 | 歌舞伎俳優名鑑 現在の俳優篇]” (日本語). 2021年6月26日閲覧。
  88. ^ 狂言作者と柝”. www.kabuki-za.co.jp. 2021年6月26日閲覧。
  89. ^ 会員一覧 | 伝統歌舞伎保存会”. www.kabuki.or.jp. 伝統歌舞伎保存会. 2021年6月26日閲覧。
  90. ^ 新人研修 | 伝統歌舞伎保存会”. www.kabuki.or.jp. 2021年7月2日閲覧。
  91. ^ 伝承と育成 | 伝統歌舞伎保存会”. www.kabuki.or.jp. 2021年7月2日閲覧。
  92. ^ 普及活動 | 伝統歌舞伎保存会”. www.kabuki.or.jp. 2021年7月2日閲覧。
  93. ^ 「歌舞伎ましょう」日本俳優協会・伝統歌舞伎保存会【公式】 - YouTube”. www.youtube.com. 2021年8月30日閲覧。
  94. ^ Inc, Natasha. “YouTubeチャンネル「歌舞伎ましょう」開設、松本幸四郎の隈取動画公開(動画あり)” (日本語). ステージナタリー(2020年5月28日). 2021年8月30日閲覧。
  95. ^ 歌舞伎座資料館-廻り舞台について、2014年1月閲覧。
  96. ^ a b 今尾哲也著、『歌舞伎をみる人のために』、玉川大学出版、p154~158
  97. ^ 平凡社『新版 歌舞伎辞典』の総説の劇場・舞台の箇所。
  98. ^ a b c d e f g 今尾哲也著、『歌舞伎をみる人のために』、玉川大学出版、p92~94
  99. ^ a b 今尾哲也著、『歌舞伎をみる人のために』、玉川大学出版、p88
  100. ^ 新版 歌舞伎事典、「二重」の項、平凡社。
  101. ^ 「かぶき手帖 2013年度版」、日本俳優協会編集・発行、p23
  102. ^ 今尾哲也著、『歌舞伎をみる人のために』、玉川大学出版、p63
  103. ^ 今尾哲也著、『歌舞伎をみる人のために』、玉川大学出版、p63
  104. ^ 今尾哲也著、『歌舞伎をみる人のために』、玉川大学出版、p66
  105. ^ a b c 独立行政法人日本芸術文化振興会 「歌舞伎への誘い」の「歌舞伎の幕」のページ
  106. ^ 平凡社『新版 歌舞伎事典』総説の扮装と舞台美術
  107. ^ Lighting Data Sheet NO.297 歌舞伎座、丸茂電機株式会社
  108. ^ 日本大百科全書(小学館)、竹本の項
  109. ^ 大辞泉(小学館)、江戸浄瑠璃の項。
  110. ^ 国史大辞典(吉川弘文館)河東節の項、
  111. ^ 日本大百科全書(小学館)、長唄の項、沿革〔2〕
  112. ^ 日本大百科全書(小学館)、山台の項
  113. ^ 日本国語大辞典(小学館)、三方掛合の項
  114. ^ イヤホンガイドとは
  115. ^ 「平成中村座」NY公演に喝采 早替わりに「アメージング!」 サンケイスポーツ 2015年12月2日閲覧
  116. ^ 八月南座超歌舞伎|南座|歌舞伎美人” (日本語). 歌舞伎美人. 2020年11月10日閲覧。
  117. ^ 2018年5月1日中日劇場(中日新聞文化芸能局)発行「中日劇場全記録」
  118. ^ a b 大辞林(三省堂)



歌舞伎

出典:『Wiktionary』 (2018/02/26 01:48 UTC 版)

和語の漢字表記

(かぶき)

  1. かぶき 参照

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




歌舞伎と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「歌舞伎」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
96% |||||

6
96% |||||




10
94% |||||

歌舞伎のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



歌舞伎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2021 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの歌舞伎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの歌舞伎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS