顔見世とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 娯楽 > 見世 > 顔見世の意味・解説 

かお‐みせ〔かほ‐〕【顔見せ/顔見世】

読み方:かおみせ

[名](スル)

大ぜいの前に初め顔を見せること。人前に出ること。

(顔見世)遊女芸者などが、初め勤めに出るとき、揚屋料亭などにあいさつして回ること。

(顔見世)歌舞伎年中行事の一。江戸時代、年一度の各座の俳優交代のあと、新規顔ぶれで行う最初興行11月(京坂では宝暦期から12月)に行われ江戸京都・大坂でそれぞれのしきたりがあった。現在、本来の意義失われたが、東京では11月京都では12月にこの名の興行が行われる。顔見世芝居顔見世興行顔ぶれ。《 冬》「—や子々孫々此の桟敷(さじき)/太祇


顔見世

読み方:カオミセ(kaomise)

(1)初め多くの人に顔を見せること。
(2)江戸時代劇場毎年10月役者入替えたのち初め興行する芝居


顔見世

読み方:かおみせ

  1. 顔触れ見せる為めに、一座出で見物人目見得をする事。

分類 演劇

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

顔見世

読み方:カオミセ(kaomise)

江戸時代京阪ならびに江戸の各劇場で、十一月歌舞伎興行を顔見世と称して盛大にもよおす風習

季節

分類 人事


顔見世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/14 03:03 UTC 版)

顔見世(かおみせ)は、歌舞伎で、1年に1回、役者の交代のあと、新規の顔ぶれで行う最初の興行のことである。江戸時代、劇場の役者の雇用契約は満1箇年であり、11月から翌年10月までが1期間であった[1]。したがって役者の顔ぶれは11月に変わり、その一座を観客にみせ、発表するのが顔見世であった。


  1. ^ 「年中行事事典」p176 1958年(昭和33年)5月23日初版発行 西角井正慶編 東京堂出版
  2. ^ 墨には舞台の成功を祈って日本酒が混ぜられる。独特の「勘亭流」、客を呼ぶ「まねき書き」…吉例顔見世興行前に報道陣に公開 産経ニュース


「顔見世」の続きの解説一覧

「顔見世」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



顔見世と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「顔見世」の関連用語


2
面見世 デジタル大辞泉
100% |||||


顔見世のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



顔見世のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2024 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの顔見世 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS