2007年とは? わかりやすく解説

2007年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/09 07:03 UTC 版)

2007年(2007 ねん)は、西暦グレゴリオ暦)による、月曜日から始まる平年平成19年。


  1. ^ ユーロ導入開始、旧共産圏国で初めて - スロベニア」『AFPBB News』フランス通信社、2007年1月1日。2023年12月31日閲覧。
  2. ^ シスコシステムズ、iPhoneの商標権侵害でアップルを提訴」『CNET Japan』朝日インタラクティブ株式会社、2007年1月11日。2024年1月12日閲覧。
  3. ^ 「iPhone」の商標権について、アップルとシスコがついに和解」『MarkeZine』翔泳社、2007年2月23日。2024年1月12日閲覧。
  4. ^ YouTube、本日からApple TVに登場。6月29日からはiPhoneでも対応”. Apple (2007年6月20日). 2024年1月12日閲覧。
  5. ^ 2007年1月13日千島列島東方の地震で発表した津波警報・注意報について 気象庁
  6. ^ Oracle、SAPを窃盗で提訴”. ITmediaNEWS. ITmedia (2007年3月23日). 2018年12月7日閲覧。
  7. ^ Master of media circus for Madeleine McCann” (英語). The Telegraph (2008年4月24日). 2019年5月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年12月8日閲覧。
  8. ^ [1]
  9. ^ コリン・ウィルソン『精神寄生体』学習研究社、2001年、34,54,369,370頁。ISBN 978-4-05-900066-2 
  10. ^ ロバート・チャールズ・ウィルスン『楽園炎上』東京創元社、2015年、33-37,62,67-69,109-118頁。ISBN 978-4-488-70609-8 
  11. ^ ロバート・A・ハインライン『人形つかい』早川書房、1976年、5,11-33,127,132頁。ISBN 978-4-15-010217-3 



2007年(4歳)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/10/23 06:33 UTC 版)

ウェルアームド」の記事における「2007年(4歳)」の解説

休養中去勢手術受けて騸馬となり、アメリカ合衆国のイーオイン・ハーティー厩舎転厩した。そして10月4日アローワンス競走実戦復帰し以降主戦騎手となるアーロン・グライダーが騎乗し出走したものの4着だったが、続く11月4日アローワンス競走制して転厩後初勝利を挙げた

※この「2007年(4歳)」の解説は、「ウェルアームド」の解説の一部です。
「2007年(4歳)」を含む「ウェルアームド」の記事については、「ウェルアームド」の概要を参照ください。


2007年(Oblivion with Bells)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/05 15:29 UTC 版)

エレクトラグライド」の記事における「2007年(Oblivion with Bells)」の解説

11月24日(土)幕張メッセ アンダーワールド ジ・オーブ シミアン・モバイル・ディスコ アンドリュー・ウェザオール 120デイズ 公演内容120デイズシミアン・モバイル・ディスコアンダーワールドジ・オーブの順にライブ行い転換合間合間アンドリュー・ウェザーオール1時間ずつ4回のDJセット(Nu Skool set) (Dub set) (Indie/ Dance set) (Old Skool set)を行った

※この「2007年(Oblivion with Bells)」の解説は、「エレクトラグライド」の解説の一部です。
「2007年(Oblivion with Bells)」を含む「エレクトラグライド」の記事については、「エレクトラグライド」の概要を参照ください。


2007年(メジャーデビュー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/05 17:56 UTC 版)

「ひまり」の記事における「2007年(メジャーデビュー)」の解説

2007年5月 ドリバンで1位に。 2007年5月 テレビ東京系(6局ネット)「モテケンエンディングに「Sunny Drive」のPVオンエアー 2007年7月 ファーストミニアルバム「ひまり」(7/18)リリース2007年7月 ファーストワンマンライブツアー「Birthday」(大阪・名古屋東京2007年11月 2ndミニアルバムあかね色」(11/7)リリース

※この「2007年(メジャーデビュー)」の解説は、「ひまり」の解説の一部です。
「2007年(メジャーデビュー)」を含む「ひまり」の記事については、「ひまり」の概要を参照ください。


2007年(3年目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 00:33 UTC 版)

香川オリーブガイナーズ」の記事における「2007年(3年目)」の解説

この年深沢伊藤抜けた投手陣補強懸念されたが、前期広島東洋カープより加入した天野浩一中心となり、松尾晃雅塚本浩二の3人で先発ローテーション確立させた。打撃陣も前年引き続き堂上隼人近藤智勝森田丈武強力なクリーンアップ形成するとともに盗塁増やして機動力充実させた。これらの投打かみ合い5月2日首位に立つと一度も譲らず、6月24日高知戦に勝って二期連続となる初の前期優勝達成した後期天野リリーフ回りそれまでリリーフだった橋本亮馬先発陣加わったまた、千葉ロッテマリーンズから加入した小林亮寛が主に中継ぎ起用された。前期とは一転して愛媛一時高知も)と激し首位争いをする展開になったこの間柳田コーチ体調不良休養退団するアクシデントにも見舞われたが、8月下旬以降首位キープし9月28日愛媛戦に勝利して3期連続となる優勝決まった前後期制導入されてから、同じ年度の前後期をともに制した最初チームとなった観客動員は71634名(1試合平均1592名)を記録し総数ではリーグ記録更新した年間2位愛媛との対戦となったリーグチャンピオンシップでもシーズン中勢いそのまま持ち込み、2勝0敗(リーグ戦前後期とも完全制覇達成場合は1勝分のアドバンテージがあるため、実質3連勝扱い)で2年連続総合優勝達成した四国アイランドリーグ史上初のリーグ戦前後期と合わせた年間完全優勝となった10月28日石川との間で行われたグランドチャンピオンシップを3勝1敗で制し独立リーグ初代日本一となった11月19日行われたドラフト会議三輪正義東京ヤクルトスワローズから6巡目で指名を受け、チームから2年連続指名者を輩出することになった

※この「2007年(3年目)」の解説は、「香川オリーブガイナーズ」の解説の一部です。
「2007年(3年目)」を含む「香川オリーブガイナーズ」の記事については、「香川オリーブガイナーズ」の概要を参照ください。


2007年(J1)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 19:33 UTC 版)

横浜FC」の記事における「2007年(J1)」の解説

キャッチフレーズ:「勝つために、ここに来た。」 北村知隆吉武剛アレモンなどが退団。城が引退した一方横浜FMから元日本代表の奥大介久保竜彦東京Vからジウマール・シウバを獲得した。 J1開幕戦浦和1-2敗北第2節横浜FM1-0勝利し、J1初勝利および横浜ダービー初対戦勝利を挙げたが、その後低迷平本一樹山田卓也などをシーズン途中獲得するが、前半戦最下位後半戦初戦第19節8月11日)の横浜ダービー1-8大敗8月27日高木解任されジュリオ・レアル監督就任したが、10月20日神戸戦に敗れJ2降格決定した最終節浦和優勝阻止したが、最終順位最下位ナビスコカップグループリーグ敗退天皇杯5回戦愛媛敗北したシーズン終了後ジュリオ・レアル監督退任した

※この「2007年(J1)」の解説は、「横浜FC」の解説の一部です。
「2007年(J1)」を含む「横浜FC」の記事については、「横浜FC」の概要を参照ください。


2007年(JFL)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 18:02 UTC 版)

FC岐阜」の記事における「2007年(JFL)」の解説

戸塚体制2年目1月今西和男ゼネラルマネージャーGM)に就任2月20日申請していたJリーグ準加盟Jリーグ理事会常勤役員1名、常勤スタッフ2名の確保という条項満たしておらず継続審議3月再審議で準加盟承認されたが、「経営基盤強化」の条件付8月末までの経営改善求められた。クラブ9月正式な加盟承認目指すとしたが、Jリーグがそれを見送り12月まで猶予となったリーグ戦は、6月21日(第17節)から戸塚に代わって松永英機監督就任12月2日アルテ高崎戦に勝利してシーズン3位に入りJリーグ加盟条件リーグ戦4位以内確定12月3日Jリーグ臨時理事会2008年のJリーグ加盟承認されJ2昇格決定した。なお、東海3県では名古屋についで2クラブ目のJリーグクラブとなった

※この「2007年(JFL)」の解説は、「FC岐阜」の解説の一部です。
「2007年(JFL)」を含む「FC岐阜」の記事については、「FC岐阜」の概要を参照ください。


2007年(中止)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 05:47 UTC 版)

京都大作戦」の記事における「2007年(中止)」の解説

2007年7月15日祇園祭日程同じになったことで「祇園祭かぶってごめんな祭 Sorry for clashing with GION FESTIVAL」とサブタイトル題して第1回目開催する予定だった。しかし、台風4号接近により「当日イベント開催時から暴風域入り15日13時に直撃となる」との判断中止追い込まれた。幻の第1回となった出演予定だったアーティスト 10-FEET ELLEGARDEN GO!GO!7188 湘南乃風 チャットモンチー つじあやの Dragon Ash MONGOL800 など。

※この「2007年(中止)」の解説は、「京都大作戦」の解説の一部です。
「2007年(中止)」を含む「京都大作戦」の記事については、「京都大作戦」の概要を参照ください。


2007年(小湊ホテル三日月)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 06:57 UTC 版)

ホテル三日月」の記事における「2007年(小湊ホテル三日月)」の解説

2007年5月30日に、小湊ホテル三日月当時)にある黄金風呂浴槽男性用)が盗難遭う事件発生した。約80キログラム重さがある浴槽周りにはガラスケースがありチェーン南京錠施錠されていたが、南京錠壊して浴槽持ち去った見られている。逃げ道非常階段しかなく、これほど重いものをどうやって、またどのようなルート持ち去ったのかが、当時ワイドショーなどで話題となった事件から約2か月後の2007年7月27日新し浴槽設置され7月29日より利用再開した。なお、盗難にあった浴槽作られ当時と金相場異なることや、盗難対策強化したことから製作費用増え、2億円程度となっている。 その後2014年公訴時効成立となった

※この「2007年(小湊ホテル三日月)」の解説は、「ホテル三日月」の解説の一部です。
「2007年(小湊ホテル三日月)」を含む「ホテル三日月」の記事については、「ホテル三日月」の概要を参照ください。


2007年(4歳)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/07 14:54 UTC 版)

ハラダサン」の記事における「2007年(4歳)」の解説

復帰戦は8月のブレッチングリーステークス (G3) で、ダミアン・オリヴァー騎乗して2着、続くメムジーステークス (G2) でも2着、ダレン・ビードマン騎乗したダットタンチンナムステークス (G2) も2着となり、2着が続いた。そしてふたたびダミアン・オリヴァー騎乗し挑んだターンブルステークス は3着、続くコックスプレートも3着となり安定した走り見せたが、11月マッキノンステークスでは13着というデビュー以来初の2着順という結果終わった競走後脚部不安生じて休養に入る。その後クールモア主戦厩舎であるエイダン・オブライエンのもとへ移籍決まり休養中アイルランドへと輸送され転厩した。

※この「2007年(4歳)」の解説は、「ハラダサン」の解説の一部です。
「2007年(4歳)」を含む「ハラダサン」の記事については、「ハラダサン」の概要を参照ください。


2007年(平成20年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/19 21:49 UTC 版)

sorachoco」の記事における「2007年(平成20年)」の解説

2月バックバンドコーラス従えた初の本格的な単独ライブ開催加えてミニアルバムリリースユニット活動開始して2年2年7日間)でメジャーデビューを果たす。7月には両名所属事務所ATプロダクション)が制作したDVD作品12月にはアニメ主題歌リリースした

※この「2007年(平成20年)」の解説は、「sorachoco」の解説の一部です。
「2007年(平成20年)」を含む「sorachoco」の記事については、「sorachoco」の概要を参照ください。


2007年(2歳)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/17 14:23 UTC 版)

ティンカップチャリス」の記事における「2007年(2歳)」の解説

10月競走馬デビュー戦を迎え、2着馬に15馬身1/4差をつける圧勝で初勝利を挙げた11月にはフィンガーレイクスジュヴェナイルステークス(準重賞競走)を制して2戦2勝で2歳終えた

※この「2007年(2歳)」の解説は、「ティンカップチャリス」の解説の一部です。
「2007年(2歳)」を含む「ティンカップチャリス」の記事については、「ティンカップチャリス」の概要を参照ください。


2007年(2歳)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 03:58 UTC 版)

カムジン」の記事における「2007年(2歳)」の解説

11月競走馬デビュー迎えたが2着だった。この年は1戦したのみ休養入った

※この「2007年(2歳)」の解説は、「カムジン」の解説の一部です。
「2007年(2歳)」を含む「カムジン」の記事については、「カムジン」の概要を参照ください。


2007年(3年目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 01:06 UTC 版)

愛媛マンダリンパイレーツ」の記事における「2007年(3年目)」の解説

開幕直後ふるわず4月下旬から5月にかけては最下位転落したが、投手梶本達哉野手比嘉将太檜垣浩太新加入の選手活躍もあって5月から6月にかけて8連勝記録した序盤での不振香川に2勝10敗3分と大きく負け越したことが響き香川独走止めるには至らなかったものの、初のAクラスとなる2位前期終了した後期近平故障離脱した中、先発回った小山内大和が7勝を挙げる活躍見せた香川との間で激し首位争い展開しシーズン終盤まで僅差食い下がったが、香川前に及ばず前期続いて2位となった。しかし、年間通算2位確保し前後優勝した香川年間チャンピオンシップを争うことになった個人タイトルでは、比嘉打率.334で首位打者近平防御率1.00で最優秀防御率梶本15勝で最多勝獲得した初出場年間チャンピオンシップは、ホームの第1戦に敗れたことが響き、1勝も挙げられずに香川連覇許したシーズン中からの香川対す苦戦前後通算で8勝18敗4分)が最後まで続いた格好になった9月29日の対徳島インディゴソックス戦では当時リーグ記録となる8232人の入場者を集めるなど観客動員前年よりも増加したが、リーグトップの座は総合優勝した香川譲った2007年11月19日ドラフト会議では、梶本達哉育成選手オリックス・バファローズから指名を受け、チームとして2年ぶりのNPB入り選手となった

※この「2007年(3年目)」の解説は、「愛媛マンダリンパイレーツ」の解説の一部です。
「2007年(3年目)」を含む「愛媛マンダリンパイレーツ」の記事については、「愛媛マンダリンパイレーツ」の概要を参照ください。


2007年(2歳)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/16 05:25 UTC 版)

ザルカヴァ」の記事における「2007年(2歳)」の解説

9月ロンシャン競馬場デビュー戦を勝ち、続くマルセルブサック賞では直線で前が詰まり残り300m地点では先頭と5馬身の差があったものの、そこから抜け出し2着に2馬身差をつける勝利で後の活躍期待される

※この「2007年(2歳)」の解説は、「ザルカヴァ」の解説の一部です。
「2007年(2歳)」を含む「ザルカヴァ」の記事については、「ザルカヴァ」の概要を参照ください。


2007年(6歳)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/13 15:31 UTC 版)

マラーヘル」の記事における「2007年(6歳)」の解説

4月休養明け初戦3年連続出走となるジョンポーターステークス (G3) を制して重賞競走5勝目挙げた。続くハクスレイステークス (G3) も制して競走3連覇達成した。しかし次のコロネーションカップではスコーピオン敗れて3着だったが、続くハードウィックステークス (G2) では2着となったスコーピオン競り勝ち同競走連覇達成した。そして迎えた2年連続出走となるキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスではディラントーマス敗れての3着だった。次走はアイルランド遠征しアイリッシュチャンピオンステークスで5着、続くチャンピオンステークスでは10着という結果終わりレース後は休養入った

※この「2007年(6歳)」の解説は、「マラーヘル」の解説の一部です。
「2007年(6歳)」を含む「マラーヘル」の記事については、「マラーヘル」の概要を参照ください。


2007年(4歳)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/17 16:34 UTC 版)

ユームザイン」の記事における「2007年(4歳)」の解説

古馬となってからは各地G1競走を走ることになり、初戦ドバイ遠征行ってドバイシーマクラシック出走しヴェンジェンスオブレイン敗れての3着、次はアイルランド移動しタタソールズゴールドカップ出走したがノットナウケートに敗れて3着、サンクルー大賞は5着、そしてキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスでは勝ったディラントーマスから4馬身差をつけられての2着となるなど好走したが勝利はできなかった。その後休養挟み、秋の初戦バーデン大賞キジャーノ敗れて4着、第86回凱旋門賞では勝ったディラントーマスからアタマ差の2着となるが秋も勝利はできずこの年未勝利だった。

※この「2007年(4歳)」の解説は、「ユームザイン」の解説の一部です。
「2007年(4歳)」を含む「ユームザイン」の記事については、「ユームザイン」の概要を参照ください。


2007年(2期)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/21 01:13 UTC 版)

灼眼のシャナ (アニメ)」の記事における「2007年(2期)」の解説

MBS第2期の製作参加する事が決定したことに伴い放送局TBS系列統一された。このようにUHFアニメ続編キー局系列深夜アニメ変更される事例初めて(その逆の例過去幾つか見られた)。

※この「2007年(2期)」の解説は、「灼眼のシャナ (アニメ)」の解説の一部です。
「2007年(2期)」を含む「灼眼のシャナ (アニメ)」の記事については、「灼眼のシャナ (アニメ)」の概要を参照ください。


2007年(3年目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 00:52 UTC 版)

徳島インディゴソックス」の記事における「2007年(3年目)」の解説

オフシーズン練習強化により選手の質を高め方針であったが、十分な成果生むことができなかった。特に先発となる投手の不足が深刻で、防御率リーグ最悪の3.57となった打撃陣も主軸西村悟序盤での故障なども響きチーム打率は2割2分台に留まった。従来特徴だった機動力も、中心選手だったグレアム義季サイモン愛媛移籍したこともあり、初年度146)の半分近い78盗塁であった前期ゴールデンウィーク終了時点では勝率5割の3位であったが、以後27試合を4勝2分21敗と大きく負け越し(8連敗、6連敗、4連敗、3連敗一度ずつ記録最下位沈んだ後期状況好転せず、8月から9月にかけてリーグ記録となる19連敗(1引分を挟む)を喫するなど、前年よりも悪化する結果となった個人タイトル獲得者なしに終わった一方観客動員アグリあなんスタジアムオープンなどもあって増加し発足以来初め1試合平均入場者数1000人を上回った2007年11月19日行われたプロ野球ドラフト会議において、小林憲幸千葉ロッテマリーンズから育成選手指名された。NPBから指名を受けるのはチーム発足以来初めて。 シーズン終了後深谷亮司コーチ福岡レッドワーブラーズコーチに転任。前高知コーチ森山一人後任となる。

※この「2007年(3年目)」の解説は、「徳島インディゴソックス」の解説の一部です。
「2007年(3年目)」を含む「徳島インディゴソックス」の記事については、「徳島インディゴソックス」の概要を参照ください。


2007年(7月)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/16 22:57 UTC 版)

中居正広の(生)スーパードラマフェスティバル」の記事における「2007年(7月)」の解説

中居正広の(生)スーパードラマフェスティバル2007 真夏スターボウリング!」 7月2日月曜日21:00 - 23:18 平均視聴率:17.5%(関東地区ビデオリサーチ調べ) 「ライフチーム北乃きい福田沙紀いずれも当時16歳高校2年生)は労働基準法の関係で22:00前に退席しその後等身大パネルでの登場となった放送枠番組名出演者月曜夜9時 ファースト・キス 井上真央伊藤英明平岡祐太劇団ひとり阿部サダヲ松雪泰子 火曜夜9時 花ざかりの君たちへ〜イケメンパラダイス堀北真希小栗旬生田斗真ジャニーズJr.)、水嶋ヒロ山本裕典宇梶剛士紺野まひる 火曜10時 牛に願いを Love&Farm 玉山鉄二小出恵介中田敦彦オリエンタルラジオ)、相武紗季香里奈戸田恵梨香 木曜10時 山おんな壁おんな 伊東美咲深田恭子及川光博川田広樹ガレッジセール)、小池栄子谷原章介 土曜1110ライフ 北乃きい福田沙紀細田よしひこ酒井美紀瀬戸朝香真矢みき 優勝:「ライフチーム 中居対戦時司代行宇梶剛士

※この「2007年(7月)」の解説は、「中居正広の(生)スーパードラマフェスティバル」の解説の一部です。
「2007年(7月)」を含む「中居正広の(生)スーパードラマフェスティバル」の記事については、「中居正広の(生)スーパードラマフェスティバル」の概要を参照ください。


2007年(3年目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 23:08 UTC 版)

高知ファイティングドッグス」の記事における「2007年(3年目)」の解説

故障者の発生等もあり、前後期とも3位で初のBクラスに終わる。2年連続リーグチャンピオンシップ進出はならなかった。個人タイトル獲得者も発足以来初めて出なかった。また、後期途中9月チーム存続を巡る議論浮上し後述)、関係者ファン動揺招いた2007年11月19日行われたドラフト会議で、小山田貴雄東京ヤクルトスワローズ宮本裕司白川大輔千葉ロッテマリーンズに、それぞれ育成選手指名された。 同じく11月19日に来シーズン監督定岡智秋コーチ宮﨑一彰就任することが発表された。なお、宮﨑については後日選手兼任することが明らかにされた。リーグコーチ選手兼任するのは初めてだった。

※この「2007年(3年目)」の解説は、「高知ファイティングドッグス」の解説の一部です。
「2007年(3年目)」を含む「高知ファイティングドッグス」の記事については、「高知ファイティングドッグス」の概要を参照ください。


2007年(全51タイトル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/19 03:49 UTC 版)

Xbox Live Arcadeのゲームタイトル一覧」の記事における「2007年(全51タイトル)」の解説

1月10日 ミズ・パックマン 1月17日 Heavy Weapon: Atomic Tank 2月14日 Paperboy 2月28日 Alien Hominid HD 3月07Worms 3月07LUMINES LIVE!マイクロソフト3月28日 Jetpac Refuelled 4月04日 Luxor 2 418日 ジャイラス (Gyruss) 4月18日 3Dウルトラミニゴルフアドベンチャー (3D Ultra Minigolf Adventures) 4月25日 Pinball FX 4月25日 Eets:Chowdown 5月02日 Catanマイクロソフト) - 2014年6月配信終了5月09ダブルドラゴン (Double Dragon) 5月16日 Soltrio Solitaire 5/16 5月23日 グリーンベレー (Rush'n Attack) 5月23日 ゼビウス (XEVIOUS) 5月30日 Mad Tracks 6月06パックマン チャンピオンシップ エディション (PAC-MAN Championship Edition) 6月13日 プリンスオブペルシャ (Prince of Persia Classic) 6月20日 Band of Bugs 6月27日 Carcassonne 7月11日 Texas Hold'em 7月11日 ソニック・ザ・ヘッジホッグ 7月11日 ゴールデンアックス 7月11日 イーアル カンフー (Yie Ar Kung-Fu) 7月18日 ボンバーマン ライブ (BOMBERMAN LIVE) 7月25日 悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲 - 日本語音声追加版。 7月25日 スーパー魂斗羅 8月01Marathon: Durandal 8月01Spyglass Board Games 8月08Track & Field 8月15日 Hexic 2(マイクロソフト8月15日 エコー・ザ・ドルフィン (Ecco the Dolphin) 8月22日 Space Giraffe 8月22日 Street Trace: NYC 8月29日 ベア・ナックルII 死闘への鎮魂歌 9月05餓狼伝説スペシャル 9月12日 ソニック・ザ・ヘッジホッグ2 9月17日 Speedball 2: Brutal Deluxe 9月19日 Puzzle Quest: Challenge of the Warlords 10月17日 Every Extend Extra Extreme 10月24日 EXIT 10月24日 Battlestar Galactica 10月31日 Mutant Storm Empire 11月07日 Switchball 11月07Word Puzzle 11月21日 Undertow 12月12日 GripShift 12月20日 Boom Boom Rocket

※この「2007年(全51タイトル)」の解説は、「Xbox Live Arcadeのゲームタイトル一覧」の解説の一部です。
「2007年(全51タイトル)」を含む「Xbox Live Arcadeのゲームタイトル一覧」の記事については、「Xbox Live Arcadeのゲームタイトル一覧」の概要を参照ください。


2007年(2歳)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 02:57 UTC 版)

キングスゲイトネイティヴ」の記事における「2007年(2歳)」の解説

競走馬デビュー戦は、6月19日アスコット競馬場行われたウインザーキャッスルステークス(L)で、レースアタマ差で敗れて2着だった。続く7月31日行われたモールコームステークス (G3) ではクビ差で2着とデビュー戦以来惜敗続いた。そしてデビュー3戦目はG1競走初挑戦となるナンソープステークスにジミー・クィンが騎乗し出走し、デザートロードやアマデウスウルフといったG1馬らを相手勝利し、初勝利を重賞及びG1競走勝利飾った。次走はフランスへ遠征し10月7日行われたアベイ・ド・ロンシャン賞古馬挑む引き続きクィン騎乗しG1競走連勝期待され1番人気で出走したが、ベンバウンに敗れて2着だった。なおレース後は帰国して休養入った

※この「2007年(2歳)」の解説は、「キングスゲイトネイティヴ」の解説の一部です。
「2007年(2歳)」を含む「キングスゲイトネイティヴ」の記事については、「キングスゲイトネイティヴ」の概要を参照ください。


2007年(4歳)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 15:21 UTC 版)

ジェイペグ」の記事における「2007年(4歳)」の解説

この年初戦のケープアーガスギニーズを制してG1競走勝利を挙げると、続くケープダービーも制してG1競走2勝目挙げた。しかし次のKZNギニー (G2) で2着となり連勝が5でストップとなったその後はG1戦線走り、ゴールドチャレンジで5着、ダーバンジュライでは8着という結果終わった

※この「2007年(4歳)」の解説は、「ジェイペグ」の解説の一部です。
「2007年(4歳)」を含む「ジェイペグ」の記事については、「ジェイペグ」の概要を参照ください。


2007年(J2)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 14:09 UTC 版)

京都サンガF.C.」の記事における「2007年(J2)」の解説

美濃部体制2年目2月からクラブ名称京都サンガF.C.変更(ただし運営法人商号は現在も株式会社京都パープルサンガのまま)。同時に新しエンブレム制定された。名古屋から元日本代DF秋田豊清水から森岡隆三甲府から倉貫一毅を、福岡から平島崇獲得した開幕から大きな連勝はしないものの1度連敗もなく安定して勝ち点積み重ね、第44終了時点暫定3位昇格圏内につけていた。10月13日美濃部解任して、総監督加藤久監督へ就任リーグ戦3位となり、J1・J2入れ替え戦広島勝利を収めてJ1復帰決めたまた、当初残り試合限定され暫定監督扱いとして就任した加藤総監督留任決定した

※この「2007年(J2)」の解説は、「京都サンガF.C.」の解説の一部です。
「2007年(J2)」を含む「京都サンガF.C.」の記事については、「京都サンガF.C.」の概要を参照ください。


2007年(3歳)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 06:59 UTC 版)

マウントネルソン」の記事における「2007年(3歳)」の解説

その後2000ギニーダービー向けて調整されたが、調整不足を理由結局すべて回避した10月に約1年ぶりにチャンピオンステークス出走した11着に終わりこの年は1走したのみ休養入った

※この「2007年(3歳)」の解説は、「マウントネルソン」の解説の一部です。
「2007年(3歳)」を含む「マウントネルソン」の記事については、「マウントネルソン」の概要を参照ください。


2007年(4歳)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/12/20 12:58 UTC 版)

マルシャンドール」の記事における「2007年(4歳)」の解説

休養終え古馬となって初戦ドバイ遠征行い初のダートとなったドバイゴールデンシャヒーンで8着、帰国初戦ミュゲ賞 (G2) も8着という結果終わったが、続く2年連続出走となったポルトマイヨ賞 (G3) を制して競走2連覇達成した。次はイギリス遠征してジュライカップ出走したが4着だったものの、連覇の懸かったモーリス・ド・ゲスト賞では、ダッチアートに1馬身差をつけて勝利、同競走2連覇達成した。次は再びイギリス遠征しスプリントカップ出走したがレッドクラブスに3/4馬身差で敗れて2着、一旦帰国し2年連続出走となったフォレ賞は3着、香港遠征して出走した第9回香港スプリントは6着という結果終わりその後休養入った

※この「2007年(4歳)」の解説は、「マルシャンドール」の解説の一部です。
「2007年(4歳)」を含む「マルシャンドール」の記事については、「マルシャンドール」の概要を参照ください。


2007年(5歳)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/03/06 04:21 UTC 版)

キジャーノ」の記事における「2007年(5歳)」の解説

休養終えこの年ドバイ遠征し遠征初戦となった1月25日のアマントロフィー(一般競走)ではマイケル・キネーン騎乗し勝利した。 続く2月9日のガルフニューストロフィー(一般競走)もキネーンが騎乗し2006年ジョッキークラブ大賞勝ち馬のレイヴロックを2着に抑えて勝利した。そして重賞競走初挑戦となった3月1日ドバイシティーオブゴールド当時G3)では以降主戦騎手となるアンドレアシュ・シュタルケ鞍上迎えて勝利し前年からの連勝10まで伸ばして重賞競走勝利を挙げた。しかし続くG1競走初挑戦となった3月31日ドバイシーマクラシックヴェンジェンスオブレイン敗れて7着となり連勝10止まったレース後は休養挟んでフランスへ遠征し7月18日ヴィシー大賞 (G3) では10着だったものの、8月5日ドイツ準重賞競走制し、続く9月2日バーデン大賞では2着となった当年ドイチェスダービー馬のアドラーフルーククビ差で抑えてG1競走勝利を挙げた。次走はカナダ遠征し10月21日カナディアンインターナショナルステークスで3着となったその後予備登録行っていたジャパンカップ回避して香港遠征し12月9日第14回香港ヴァーズ出走したドクターディーノ1馬身半差で敗れて2着だった。

※この「2007年(5歳)」の解説は、「キジャーノ」の解説の一部です。
「2007年(5歳)」を含む「キジャーノ」の記事については、「キジャーノ」の概要を参照ください。


2007年(第3回)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/21 05:24 UTC 版)

香川レインボー映画祭」の記事における「2007年(第3回)」の解説

9月23日開催ウェディング・バンケット - 喜宴 / The Wedding Banquet1993年台湾アメリカトランスアメリカ - Transamerica2005年アメリカLOVE MY LIFE2006年日本

※この「2007年(第3回)」の解説は、「香川レインボー映画祭」の解説の一部です。
「2007年(第3回)」を含む「香川レインボー映画祭」の記事については、「香川レインボー映画祭」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「2007年」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「2007年」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「2007年」に関係したコラム

  • 株365の相場とニューヨーク市場の相場との関係

    株365で取引可能な日経225証拠金取引、DAX証拠金取引、FTSE100証拠金取引、FTSE中国25証拠金取引の4銘柄とニューヨーク市場の相場とはどのような関係にあるでしょうか。下の図は、株365の...

  • 株365のFTSE中国25証拠金取引と為替相場との関係

    株365のFTSE中国25証拠金取引と為替相場とはどのような関係にあるでしょうか。ここでは、FTSE中国25証拠金取引の値動きのもととなるFTSE中国25に似た動きをするハンセン指数と主要通貨のチャー...

  • 株365の相場と原油相場との関係

    株365で取引可能な日経225証拠金取引、DAX証拠金取引、FTSE100証拠金取引、FTSE中国25証拠金取引の4銘柄と原油相場とはどのような関係にあるでしょうか。下の図は、株365の4銘柄のもとに...

  • 株365の相場と金相場との関係

    株365で取引可能な日経225証拠金取引、DAX証拠金取引、FTSE100証拠金取引、FTSE中国25証拠金取引の4銘柄と金相場とはどのような関係にあるでしょうか。下の図は、株365の4銘柄のもとにな...

  • FXやCFDの線形回帰トレンドとは

    FXやCFDの線形回帰トレンドとは、2つの期間におけるトレンドのラインを描画するテクニカル指標のことです。線形回帰トレンドは指定した期間の価格の中心ラインを通ります。上の図は日経平均株価(日経225)...

  • FXの資源国通貨の特徴は

    FX(外国為替証拠金取引)の資源国通貨とは、鉱物や農産物などの輸出により経済基盤を支えている国の通貨のことです。主な資源国通貨には、オーストラリアドル、ニュージーランドドル、カナダドル、ノルウェークロ...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「2007年」の関連用語

2007年のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



2007年のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの2007年 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのウェルアームド (改訂履歴)、エレクトラグライド (改訂履歴)、ひまり (改訂履歴)、香川オリーブガイナーズ (改訂履歴)、横浜FC (改訂履歴)、FC岐阜 (改訂履歴)、京都大作戦 (改訂履歴)、ホテル三日月 (改訂履歴)、ハラダサン (改訂履歴)、sorachoco (改訂履歴)、ティンカップチャリス (改訂履歴)、カムジン (改訂履歴)、愛媛マンダリンパイレーツ (改訂履歴)、ザルカヴァ (改訂履歴)、マラーヘル (改訂履歴)、ユームザイン (改訂履歴)、灼眼のシャナ (アニメ) (改訂履歴)、徳島インディゴソックス (改訂履歴)、中居正広の(生)スーパードラマフェスティバル (改訂履歴)、高知ファイティングドッグス (改訂履歴)、Xbox Live Arcadeのゲームタイトル一覧 (改訂履歴)、キングスゲイトネイティヴ (改訂履歴)、ジェイペグ (改訂履歴)、京都サンガF.C. (改訂履歴)、マウントネルソン (改訂履歴)、マルシャンドール (改訂履歴)、キジャーノ (改訂履歴)、香川レインボー映画祭 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS