FXとは?

外為FX

読み方:がいためエフエックス
別名:外国為替証拠金取引、FX

店頭デリバティブ取引1つで、証拠金預託して外貨取引を行うこと。金融商品取引法により規定されている。外国為替証拠金取引、あるいは、FX(エフエックス)ともいう。

外為FXでは、レバレッジ利用して証拠金最大25倍の外貨取引が可能である。例えば、米ドル/円を98円で1万通貨取引をする場合証拠金39,200円で済む。

証拠金98×10000÷25=39200

このように外為FXは、少なお金高額取引が可能なため、ハイリスクハイリターンデリバティブ取引であるといえる

関連サイト
金融商品取引法

次期戦闘機

読み方:じきせんとうき
別名:次期主力戦闘機
英語:Fighter eXperimental、F-X

航空自衛隊導入検討している主力戦闘機通称

「次期戦闘機」の呼び名計画時点における便宜的呼び名であり、具体的な機種特定するものではない。また、時期によって指す対象異なる。例えば、2011年時点での主力戦闘機である「F-15」は第3次の次戦闘機導入計画によって検討された、当時の「次期戦闘機」であったと言える

2011年9月現在、第2次の主力戦闘機であり、老朽化に伴い退役が進められている「F-4」を代替する、第4次の次戦闘機導入計画が進められている。9月26日に、各国航空機メーカーから機体性能価格などをまとめた「提案書」の提出締め切られ、候補が出揃った。

第4次次戦闘機導入計画候補となったのは、米国ロッキード・マーティンの「F-35 ライトニング II」、米国マクドネル・ダグラスの「F/A-18E/F スーパーホーネット」、英伊独西の欧州4ヵ国が共同開発した「ユーロファイター タイフーン」の3機種である。

2011年12月14日政務3役会議が開かれ、「F-35」を次期戦闘機に採用することが内定した。

外国為替証拠金取引(がいこくかわせしょうこきんとりひき)【FX】

消費者問題関わる用語

当事者将来一定の時期において,通貨等およびその対価授受約する売買取引であって当該売買目的となっている通貨等の売戻しまたは買戻しをしたときは,差金授受によって決済することができる取引。FXと略称される。


» 法テラス・法律関連用語集はこちら

SFX

フルスペル:Special Effects
読み方エスエフエックス
別名:FX,SPFX特殊効果

SFXとは、映画テレビ撮影などで用いられる、人為的機械的作り出し特殊効果のことである。

SFXの主な手法としては、煙や光を生じさせたりを降らせたりする技法や、背景写真用意して俳優背後非現実的な光景が広がっているように見せ技法、あるいはミニチュア使用して戦場天変地異などの壮大な光景再現して見せ技法などがある。

なお、同様の技法で特にCGコンピュータグラフィックス)などを使用した視覚的特殊効果演出VFXVisual Effects)と呼ばれる一般的にはSFXもVFX区別せずSFXと総称する場合が多い。

ちなみに、SFXの「FX」は「Effects」をもじった表記であり、英語圏では単に「FX」と読んだり、あるいは「SPFX」と書いたりするのが普通である。


【FX】(えふえっくす)

Fighter eXperimentalの略。
旧式化した戦闘機代替する次期新型戦闘機、あるいはその導入計画のこと。

冷戦終結し、東西問わずに機体選択ができるようになった現在、一度案件数百億から数兆円もの大金が投じられるFX選定は、生産メーカーのみならず国家威信をも賭け一大プロジェクトとなっている。
また、購入する側の国家軍隊からしても、機体そのものカタログスペック単価のみならずそれまで培ってきた整備補給教育訓練体系との整合性をも考慮せねばならず、機体選定には慎重の上にも慎重を期した判断求められる

日本におけるFX

日本においては航空自衛隊次期主力戦闘機導入計画を指す略語として「FX」が用いられている。
これまでに、以下の4つのF-X計画があった。

第1次F-X

空自創設当初主力戦闘機であったF-86代替となる機体導入する計画
以下の機種選定にかけられた。

一旦はG-98に内定したものの、関連する政治家の汚職発覚して白紙に戻され、再度選定された結果F-104採用された。

第2次F-X

F-104J/DJと、いまだに残っていたF-86代替となる機体導入する計画
以下の機種選定にかけられた。

選定結果F-4Eを「F-4EJ」として採用し、140導入した。

第3次F-X

F-104J/DJと、一部F-4EJ代替となる機体導入する計画
以下の機種選定にかけられた。

選定結果、F-15C/Dを「F-15J/DJ」として採用し、213導入された。

第4次F-X

2008年中に退役が始まったF-4EJ改、及び2011年生産終了となったF-2代替となる機体導入する計画
当初は以下の機種選定にかけられていた。

その後2008年12月末に価格高騰などの理由F-22候補から除外し、F-35タイフーンF-15FXの3機種から選定する旨の発表が行われた。

2011年4月防衛省は関係各国政府対す説明会実施し、アメリカイギリス政府からF-35タイフーンF/A-18E・Fの申し込み受け付けた。
同年9月には、防衛省対す性能価格に関する提案書提出締め切られ、最終的には以上の3機種から選定することが公式に決まった。

そして2011年12月12日防衛省次期F-XをF-35決定する方針固め同年12月20日日本政府閣議安全保障会議で正式にF-35Aを採用することを決定した。
しかし現実には、以下のような理由からF-35導入計画自体暗礁乗り上げてしまっている。


FX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/30 02:18 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

FXFxfx

正式名称

略語・略称

一般名詞・術語

固有名詞

コード・形式名

コード

形式

他の記号等を付して用いるもの

f (x)

フィクションのことがら

関連項目



F/X 引き裂かれたトリック

(FX から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/19 01:36 UTC 版)

Jump to navigation Jump to search
F/X 引き裂かれたトリック
F/X Murder by Illusion
監督 ロバート・マンデル
脚本 ロバート・T・メギンソン
グレゴリー・フリーマン
製作 ドディ・アルファイド
ジャック・ウィーナー
製作総指揮 マイケル・ペイザー
出演者 ブライアン・ブラウン
ブライアン・デネヒー
ダイアン・ヴェノーラ
音楽 ビル・コンティ
撮影 ミロスラフ・オンドリチェク
編集 テリー・ローリングス
製作会社 オライオン・ピクチャーズ
配給 ワーナー・ブラザース
公開 1986年2月7日
1986年11月15日
上映時間 109分
製作国 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $10,000,000[1]
興行収入 $20,603,715[2]
次作 F/X2 イリュージョンの逆転
テンプレートを表示

F/X 引き裂かれたトリック』(エフエックス ひきさかれたトリック 原題:F/X Murder by Illusion)は、1986年制作のアメリカ合衆国サスペンス映画

映画でふんだんに使用される特殊メイクを駆使して陰謀に立ち向かうという、斬新なアイディアのサスペンス映画。

続編『F/X2 イリュージョンの逆転』も製作され、さらにテレビドラマ化もされた(『FXザ・シリーズ』)。

あらすじ

映画界の特殊メイクアーティストの第一人者として知られるロリー・タイラーはある日、司法省のリプトンという人物から、ある事件の重要証人デフランコの暗殺偽装を依頼される。ロリーは持ち前の技術を発揮して依頼に答えるが、その直後豹変したリプトンに命を狙われ、さらに彼の上司メイソンも絡んでいることを知る。

一方、警察も捜査に乗り出し、ロリーを追う。やがて、捜査を担当するレオ・マッカーシー刑事も、この一件がメイソンによる謀略であると確信し、2人は一致協力して巨大な陰謀に立ち向かう。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
テレビ朝日
ロリー・タイラー ブライアン・ブラウン 佐々木功
レオ・マッカーシー刑事 ブライアン・デネヒー 石田太郎
エレン ダイアン・ヴェノーラ 小宮和枝
マーティン・リプトン クリフ・デ・ヤング 富山敬
エドワード・メイソン大佐 メイソン・アダムズ 中村正
ニコラス・デフランコ ジェリー・オーバック 麦人
ミッキー ジョー・グリファシ 仲木隆司
アンディ マーサ・ゲーマン 深実りか
ワレンジャー ロスコー・オーマン 坂口芳貞
マードック トレイ・ウィルソン 池田勝
ヴァリック トム・ヌーナン
TVリポーター アンジェラ・バセット[3]
その他 塚田正昭
筈見純
弘中くみ子
沢田敏子
千田光男
石森達幸
秋元羊介
辻谷耕史
伊倉一恵
火野カチコ
山口健
初回放送 1989年7月30日
日曜洋画劇場

脚注

外部リンク


f(x)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/16 19:35 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
f(x) 에프엑스
左からビクトリア、クリスタル、アンバー、ルナ
(2015年10月25日)
基本情報
出身地 韓国 ソウル特別市
ジャンル K-POP, J-POP(ダンスポップエレクトロポップバラード)
活動期間 2009年9月 -
レーベル Dreamus Company
avex trax
事務所 SMエンターテインメント
公式サイト 韓国公式サイト
メンバー 生年月日順
旧メンバー
f(x)
各種表記
ハングル 에프엑스
発音: エプエクス
日本語読み: エフエックス
英語表記: f(x)
テンプレートを表示

f(x): 에프엑스、エプエクス[注 1])は、韓国の5人組女性アイドルグループ。2009年9月5日に所属事務所のSMエンターテインメントからデビューした。グループ名 f(x) は数学の関数に由来し、x の値により結果が変わる関数 f(x) のように、メンバーの多様な才能と魅力により多彩な活動を広げるという意味が込められている。またfが花を意味する英語の「flower」、xが女性染色体のXを表している。独特の音楽性を持つ楽曲と奇抜なファッションが特徴。2015年8月7日、SMエンターテインメントがソルリの脱退を公式発表した[1]

来歴

2009年:デビュー

f(x)'s performances of "Chocolate Love" at an LG CYON Showcase.

2009年9月1日に、デジタル・シングル「LA chA TA」を発売してデビュー。「LA chA TA」はガオン・デジタル総合チャートで117位を記録した。 10月には先輩グループである少女時代と共にLG電子の携帯電話のCMに起用され、デジタル・シングル「Chocolate Love」を発売。 10月20日にはビヨンセの来韓コンサートにゲスト出演した[2]。 11月4日には初のシングル・アルバム『Chu~♡』を発売し、ガオンチャートで28位を記録。この時期にはクリスタル、ソルリ、エンバが新型インフルエンザにかかって活動をしばらく中断したが、11月30日の第17回大韓民国文化演芸大賞で新人賞を受賞し、活動を再開した。

2010年:『NU ABO』

2010年1月、フランスカンヌにて国際音楽展示会に参加し、公演を行った。 5月3日、初のミニアルバム『NU ABO』を発売。いくつかのアルバム販売量集計チャート、デジタル音源チャートで週間1位を獲得し[3]、ガオン・オンライン・ストリーミング・チャートでは5位を記録、2万7000枚を売り上げた。

この頃からメンバー個人での活動も始まった。クリスタルはMBCのドラマ「見るほど愛嬌満点」で女優デビューを果たした。ビクトリアは2PMのニックンと共にMBCのバラエティ「私たち結婚しました」に出演し、またKBSのバラエティ「青春不敗」にもレギュラー出演した。ソルリはSBSの音楽番組「SBS人気歌謡」にてMCを担当した。

2011年:『ピノキオ』『Hot Summer』

2011年4月20日、初のフルアルバム『ピノキオ』を発売。タイトル曲「ピノキオ (Danger)」はガオン・デジタル総合チャートで初の1位を獲得し、KBS「ミュージックバンク」、SBS「人気歌謡」といった音楽番組でも初の1位を獲得した[4][5]。 6月14日にはリパッケージ・アルバム『Hot Summer』を発売。ドイツのポップ・グループMonroseの曲「Hot Summer」を朝鮮語でカバーした。『ピノキオ』は5万8000枚、『Hot Summer』は3万2000枚を売り上げ、総計9万枚の売り上げを記録した。

2012年:『Electric Shock』

2012년 7월 12일 여수 엑스포에서 공연 중인 F(x). 설리는 드라마 촬영으로 인해 참가하지 못했다.

2012年6月12日、2枚目のミニアルバム『Electric Shock』を発売。タイトル曲「Electric Shock」は各種音楽配信サイトのリアルタイム、デイリー、週間チャートで軒並み1位を獲得して反響を呼んだ。米・カナダ iTunesのエレクトロニック・レコード・チャートでも1位を獲得し、Youtubeに公開されたミュージック・ビデオは公開から6日で1000万回再生を超えた。また、Mnet「M! Countdown」での3週連続1位のトリプルクラウン達成を始めとして各種音楽番組で計9回の1位を獲得し、大きな成功を収めた[6][7][8][9]。また2012年中に日本デビューが予定されていたが、中止となった。

2013年:『Pink Tape』

2013年7月、2枚目のフルアルバム『Pink Tape』を発売。タイトル曲「첫사랑니(初めての親知らず)」で活動。

2014年:『Red Light』

2014年7月、3枚目のフルアルバム『Red Light』を発売。発売前に発表された今までと全く異なったビジュアルで世間を驚かせた。7月25日にソルリが精神的肉体的疲労を理由に活動休止。同時にRed Lightカムバック活動終了。

2015年:『4 Walls』

2015年2月、メンバーのエンバがアルバム『Beautiful』でソロデビュー。タイトル曲「SHAKE THAT BRASS」で、少女時代テヨンがフィーチャリングに参加。MVにはエンバの多数の友人が友情出演している。7月、日本初パッケージ作品である「SUMMER SPECIAL Pinocchio / Hot Summer」を発売。兵庫県西宮市にある大型ショッピングセンター阪急西宮ガーデンズにてリリースイベントが開催された。8月7日、所属事務所であるSMエンターテイメントからソルリの脱退が発表された。8月29日には、a-nationにも出場。 10月27日に4人で初となる『4 Walls』を発売。 翌年1月にデビュー後初となる単独コンサートを開催すると発表。

2016年

2016年1月、単独コンサートを開催。会場はオリンピック公園のオリンピックホール。 2016年2月20日〜28日まで、韓国デビュー以来、初のJAPAN TOUR"f(x)the 1st concert DIMENSION 4-Docking Station in JAPAN "を東京、福岡、大阪、愛知で開催した。さらに11月2日、3日に横浜アリーナでアンコールコンサートを開催する予定。 11月2日に日本初オリジナルシングル「4 Walls / COWBOY」をリリース。

2019年

2019年9月1日、アンバー(エンバ)が、自身のInstagramを通じて、所属事務所であるSMエンターテインメントとの専属契約が終了となったことを発表した[10]

2019年9月5日、ビクトリアが、Weiboにて所属するSMエンターテインメントとの専属契約終了を報告。また、同日にSMエンターテインメントよりルナの契約終了も発表された。

2019年10月14日午後3時21分頃、元メンバーのソルリが京畿道城南市寿井区にある自宅でマネージャーに遺体で発見された。享年25。

メンバー

詳細は各メンバーの個別ページを参照。

名前 ハングル表記 ローマ字表記 生年月日(満年齢) 身長 体重 血液型 兄弟姉妹 出身地 担当 詳細
ビクトリア 빅토리아 Victoria (1987-02-02) 1987年2月2日(33歳) 168 47 A 一人っ子
中国
リーダー
メインダンサー
サブボーカル
-
アンバー
(エンバ[10]
엠버 Amber (1992-09-18) 1992年9月18日(27歳) 165 56 B
アメリカ
メインラッパー
サブボーカル
-
ルナ 루나 Luna (1993-08-12) 1993年8月12日(26歳) 160 44 A 兄、双子の姉
韓国
メインボーカル
リードダンサー
-
クリスタル 크리스탈 Krystal (1994-10-24) 1994年10月24日(25歳) 165 48 A 姉(ジェシカ)
アメリカ
センター
リードボーカル
-
ソルリ 설리 Sulli 1994年3月29日(25歳没) 170 56 O 兄2人、弟
韓国
サブラッパー
サブボーカル
ビジュアル
2019年10月14日逝去

作品

デジタルシングル

タイトル 発売日 備考
1st ラチャタ - "라차타" (LA chA TA) 2009年9月1日
2nd Chocolate Love 2009年10月8日 LG電子のCMタイアップ

シングルアルバム

タイトル 発売日 活動曲
1st Chu〜♡ 2009年11月9日 Chu〜♡

ミニアルバム

タイトル 発売日 活動曲
1st NU ABO 2010年5月3日 NU 예삐오 (NU ABO)
2nd Electric Shock 2012年6月13日 Electric Shock

フルアルバム

タイトル 発売日 活動曲
1st 피노키오(Pinocchio) 2011年4月20日 ピノキオ - "피노키오" (Danger)
1st:Re[※ 1] HOT SUMMER 2011年6月14日 Hot Summer
2nd Pink Tape 2013年7月29日 初めての親知らず - "첫사랑니" (Rum Pum Pum Pum)
3rd Red Light 2014年7月7日 Red Light
4th 4 Walls 2015年10月27日 4 Walls

日本での作品

シングル

タイトル 発売日
1st SUMMER SPECIAL Pinocchio / Hot Summer 2015年7月22日
2nd 4 Walls/COWBOY 2016年11月2日
  1. ^ 「Re」=「リパッケージアルバム」(装丁を変えたり新たな曲を追加して再発売するアルバム。)

ミュージックビデオ

脚注

注釈

  1. ^ 「f」の韓国語発音をカタカナ表記すると「エプ」となるため、「f(x)」はカタカナで「エプエクス」となる。

出典

外部リンク


F-X

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/05/11 20:53 UTC 版)

F-Xまたは、FX(えふえっくす)とは、Fighter-eXperimentalの略称で、次期戦闘機を指す。Fighter-eXperimentalにさらに単語を加えて、3文字以上で一つの略語を作ることもある(例:TFX)。計画・概念を指すことが多いが、選定後から導入までの間、選定された特定の機種を指して使用されることもある。

航空自衛隊のF-X

詳細は「F-X (航空自衛隊)」を参照

韓国空軍のF-X

韓国空軍では、F-4(F-4DとF-4Eの一部)の後継として、アメリカ合衆国F-15K(F-15Eを韓国の要求に合わせたもの)、フランスラファールロシアSu-35欧州タイフーンと共に提案されており、韓国空軍は2002年3月に最終選考に残ったラファールとの比較の結果、F-15Kを採用すると発表した。この発表の直後に一部市民団体が、ラファールが機種評価でより高い点数をとったにもかかわらず脱落したことから、「アメリカ政府より圧力を受けたのではないか」と主張している。

また、第5世代ジェット戦闘機については、KFXを参照。




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「FX」に関係したコラム

  • FXの取引をスマホで行える業者の一覧

    FX(外国為替証拠金取引)の取引をiPhoneやAndroidなどのスマホ(スマートフォン)で行うには、スマホで取引できる専用のアプリケーションが必要です。スマホのWebブラウザを利用して取引できる場...

  • 日本国内のFX業者のレバレッジ比較

    2012年5月現在、日本国内のFX業者のレバレッジの比較一覧です。レバレッジの倍率は「金融商品取引業等に関する内閣府令」により、2011年8月から最大25倍まで(個人の場合)に規制されています。なお、...

  • 日本国内のFX業者の法人向けレバレッジ比較

    2012年5月現在、日本国内のFX業者の法人向けレバレッジの比較一覧です。レバレッジの倍率は個人の場合、「金融商品取引業等に関する内閣府令」により、2011年8月から最大25倍までに規制されています。

  • FXのデモ口座でデモトレードをするには

    FX業者では、デモトレード(デモ取引)ができるようにデモ口座を用意している場合があります。デモトレードは、実践の取引と同じような環境を体験できる無料のバーチャルシステムです。実践のトレードに臨む前にデ...

  • FXのQ&Aサイト一覧

    FXのQ&Aサイト一覧FX(外国為替証拠金取引)業者の提供するQ&Aサイトの一覧です。Q&Aサイトでは、FXの初心者向けへのQ&Aや、FX業者の提供するサービスの内容、操作方法などのQ&Aなどが用意さ...

  • FXを始めるための最低資金は

    FX(外国為替証拠金取引)を始めるための最低資金は、FX業者により異なります。例えば、最低取引単位が1万通貨でレバレッジが25倍のFX業者の場合、為替レートが80円のUSD/JPYの買いポジションを持...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「FX」の関連用語

FXのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



FXのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
法テラス法テラス
Copyright © 2006-2020 Houterasu All rights reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリSFXの記事を利用しております。
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのFX (改訂履歴)、F/X 引き裂かれたトリック (改訂履歴)、f(x) (改訂履歴)、F-X (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS