F-15Eとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > F-15Eの意味・解説 

【F-15E】(えふじゅうごいー)

McDonnell Douglas F-15E Strike Eagle(ストライクイーグル)
マクダネル・ダグラス社の大型制空戦闘機F-15ベース開発された戦闘爆撃機マルチロールファイター)。

原型となったF-15は、当初コスト度外視し、『あらゆる状況下で』『どんな敵機にも』勝利できる」能力持たせることをコンセプトとして開発され、優れた空中戦機動能力目視外射程戦闘能力備えるべく、テニスコートとも俗称される大きな機体と、世界初推力重量比が1を超える強力なP&W F100-PW-220 ターボファンエンジン装備してデビューした。
この大きな機体見合う発展性が非常に高いことに着目され、原型機の高度な空中戦能力大きく削ぐことなく対地攻撃能力付加したマルチロールファイターとしてデビューしたのが本機である。

本機は、外見上はF-15複座型であるF-15Dにコンフォーマル燃料タンクをつけただけのように見えるが、チタニウム多用した機体軽量化構造強化グラスコックピット化などの改修が行われており、従来F-15との共通部分は、エンジンアビオニクスを除いてほとんどない
通常マルチロールファイター戦闘攻撃機分類されるが、本機戦闘爆撃機分類され、F-111後継機として採用された。
しかし、本機前任機に比べ翼面荷重小さい事から、低空侵攻時の安定性はやや劣る。

本機は、全世界戦闘機の中で最も多くの兵装を搭載でき、最も航続距離長くアメリカ空軍使用する兵装の全て搭載することができると言っても過言ではない
その攻撃力湾岸戦争始めユーゴスラビア戦争アフガン戦争イラク戦争実証されており、特に湾岸戦争では、F-111並び精密爆撃実施できる数少ない戦闘機1つであった。
夜間行われ近接航空支援任務において、8発のレーザー誘導爆弾搭載した2機のエレメントが、搭載した16発の爆弾16両の車輌直撃弾与え、また別の機体ホバリング中のヒューズ500ヘリコプター直撃弾与えたという。

なお、「ストライクイーグル」はマクダネル・ダグラス社が付けたもので、正式な愛称ではなく、「マッド・ヘン」(アメリカオオバンの別名)や「ビーグル」(ボマー・イーグルの略)などのあだ名呼ばれることもある。

スペックデータ

乗員2名(パイロットWSO
全長19.43m
全高5.63m
全幅13.05m
主翼面積56.5
空虚重量14,515kg
最大離陸重量36,741kg
最大兵装搭載11,113kg
エンジンP&W F100-PW-229ターボファン推力129.4kN(A/B使用))×2基
最大速度マッハ2.5
海面上昇15,240m/min+
実用上昇限度18,290m
最大航続距離2,400nm
戦闘行動半径685nm
武装M61A1 20mmバルカン砲装弾450512発)×1門
兵装AIM-9サイドワインダー
AIM-120AMRAAM
AGM-65マーベリック
AGM-84ハープーン
AGM-84K「SLAM-ER」
AGM-88HARM
Mk.82/83/84
GBU-10/-12/-15/-24「ペイブウェイIIレーザー誘導爆弾
GBU-28バンカーバスターレーザー誘導地中貫通爆弾
Mk.20「ロックアイ」クラスター爆弾
CBU-87/-89/-97クラスター爆弾
JDAM
B61核爆弾
LAU-3Aロケット弾ポッド
増槽など

バリエーション


F-15E (航空機)

(F-15E から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/28 11:39 UTC 版)

F-15E ストライクイーグル




[ヘルプ]
  1. ^ プロトタイプはコンフォーマル・フューエル・タンクの標準装備と爆装を施しただけであり、大幅改修は受けていない
  2. ^ 当時は炭素繊維材料の加工技術が未成熟であったためF-16XLの生産コストを押し上げていた
  3. ^ 夜間爆撃の際に敵からの視認を避けるため。諸外国ではこの限りではないことが多い
  4. ^ a b c 航空ファン』Vol.38 No.5、1989年、68頁
  5. ^ これは、F-22F-35以上に長い飛行寿命である。例を挙げれば、F-15Cで半分の8,000時間、F-16で4分の1の4,000時間であり、単純計算で年205時間(米空軍の平均年間飛行時間[1])飛行したとして約78年、戦時投入で酷使すると想定し年400時間使用したとしても、約40年の使用に耐えられる計算である
  6. ^ http://www.boeing.jp/ヒシネス部門-紹介/防衛・宇宙・安全保障部門/F-15イークル戦闘機.page
  7. ^ 航空ファン』Vol.38 No.5、1989年、69頁
  8. ^ 作動モードは、ストア、ジャイロコンパス(GC)、航法(NAV)の3つがあり、ストアは最後にINSを使用した時の航法データなどをそのまま呼び出して使用する。
  9. ^ Head-Up Display
  10. ^ BOEING (MCDONNELL DOUGLAS) F-15E 'Eagle'
  11. ^ Boeing Demonstrates Advanced Display Core Processor in F-15E
  12. ^ a b F-15K Differences
  13. ^ ストライクイーグルは製造者が名付けた愛称で、実際のイーグルドライバーらは「爆弾を搭載できるイーグル(ボム・イーグル)」ということで「ビーグル(Beagle)」(ビーグル犬とも掛けている)と呼んでいたらしい。ただしアメリカ空軍の正式愛称はイーグルを用いる
  14. ^ 戦後の調査ではスカッドと誤認してダミーやタンクローリーを破壊していた場合も多々あり、高速の戦闘機の夜間視認能力の限界を示す結果となっている
  15. ^ 参考:B-29爆撃機:9,000kg、A-10:14,850kg。F-22やF-35は胴体内爆弾槽のみを使用するステルス機であるため、搭載量は若干減少している
  16. ^ What will replace the F-15E Strike Eagle?
  17. ^ 湾岸戦争時点で、地形追従レーダーを搭載して山間部など複雑な地形での夜間飛行が可能であった戦闘爆撃機はF-111と就役直後に投入されたF-15Eのみである
  18. ^ 88-1689号機、88-1692号機の2機。両機のパイロット・WSO共に生還している
  19. ^ シーモアジョンソン空軍基地の第336戦闘飛行隊に所属するF-15Eには愛称が付いているものがあり、湾岸戦争当時イラク大統領であったサダム・フセインの名前を捩った「サダムハンターズ(Saddam Hunters)」なる愛称の機体(88-1706号機)や、「イラク・フリーダム(Iraq Freedom)」と言った愛称の機体(89-0485号機、88-1700号機など複数)が存在する。
  20. ^ 同機はアメリカ空軍のF-15全シリーズ中最初に10,000飛行時間に到達した機体となった。
  21. ^ 『航空ファン』No.716、2012年、11頁
  22. ^ / "UNITED STATES AIR FORCE AIRCRAFT ACCIDENT INVESTIGATION BOARD REPORT"
  23. ^ Boeing F-15E Radar Modernization Program Receives New Designation
  24. ^ マウンテンホームAFB、AESAレーダーのF-15E受領
  25. ^ Very High Speed Integrated Circuitry Central Computer Plus:超高速統合回路セントラルコンピュータプラス
  26. ^ Advanced Display Core Processor II:先進ディスプレイコアプロセッサII
  27. ^ Eagle Passive Active Warning and Survivability System:イーグルパッシブアクティブ警告および生存システム
  28. ^ Joint Mission Planning System:統合ミッション計画システム
  29. ^ Air Force takes first step in replacing obsolete CRT displays in F-15E jet fighter-bomber
  30. ^ Operational Flight Program
  31. ^ New EW System Installed On F-15
  32. ^ Boeing To Select F-15 EW Upgrade Contractor In May
  33. ^ BAE wins deal to replace USAF F-15 electronic warfare suite
  34. ^ USAF plans F-15 modernization, but pilots want better displays
  35. ^ IEE Wins MPD CRT Display Replacement Contract for F15E Strike Eagle
  36. ^ 『航空ファン』No.716、2012年、56頁
  37. ^ 『JWings』No.147、2010年、54頁
  38. ^ 形式番号のAは「アドバンスド(Advanced)」の頭文字
  39. ^ 『JWings』No.163、2012年、93頁
  40. ^ デジタル無線周波数メモリ(DRFM)技術を使用した全デジタルの電子戦システムで敵レーダーの周波数を解析して同周波数の電波を発信、自機位置を欺瞞するディセプション・ジャミングが可能である
  41. ^ Digitel Electronic Warfare Suite:デジタル電子戦スイート
  42. ^ 『JWings』No.164、2012年、48-49頁
  43. ^ 『JWings』No.166、2012年、96頁
  44. ^ ミサイル満載のF-15SA ステルス機にない搭載量をアピール FlyTeam ニュース
  45. ^ フライ・バイ・ワイヤのF-15SAが初飛行 FlyTeam ニュース
  46. ^ サウジアラビアが最新鋭戦闘機を初披露 イランをけん制か
  47. ^ Saudi Arabia receives first F-15SA fighter of record-setting weapons order
  48. ^ ラームとは稲妻の意
  49. ^ Israel gives green light to F-15I upgrade
  50. ^ しばしば軍事系などのサイトで誤解して記載されがちであるが、このスラムとは貧民窟を意味するスラム(Slum)ではなく、打撃を加えることを意味するSlamである
  51. ^ Digital Point Positioning Data Base:精密映像位置提供地形情報
  52. ^ Defence21.co.kr 미국, 한국 F-15K 기술유출 혐의 고강도 조사(※韓国語)
  53. ^ Did Seoul peek into its F-15K Tiger Eye sensor suite?
  54. ^ 翌日に搭乗者2名の遺体が海上で発見された
  55. ^ (Gravity-Loss of Consciousness 急上昇することで体に重力(G)が掛かり、パイロットの脳に流れる血液が著しく減少し視界が暗くなるブラックアウト現象となること
  56. ^ 事前の訓練を実施している上、操縦士は総飛行時間1,900時間以上のベテランパイロットであったためG-LOCを起こす可能性は低いなどの疑問は残されたまま、空間識失調を起こした可能性も指摘されている
  57. ^ 陥没の原因は手抜き工事の結果とされた。また、現在は韓国KAI社で主翼の自主生産を実施している
  58. ^ 공군장성, F-15K 오작동 공중 솟구쳐
  59. ^ 当初予定されていた形式番号はF-15Tであったが、これはF-15Sがサウジアラビア向けの機体に割り当てられたためである
  60. ^ F-15SG: Singapore’s RSAF Decides to Fly Like An Eagle Defenceindustrydaily
  61. ^ Government of Qatar – F-15QA Aircraft with Weapons and Related Support
  62. ^ 米国、カタールにF15戦闘機売却で合意 中東主要国と断交でも - ロイター
  63. ^ a b 月刊「エアワールド」1990年5月号p69~p70
  64. ^ 日本は他のF-15運用国と異なりF-15E型ベースの機体を運用していないものの、唯一、機体全体のライセンス生産(F-15J/DJ:三菱重工業)を実施している
  65. ^ 外見は同様と言えども改設計により内部の互換性がほとんどない点や、使用機材が韓国(DPPDBなど)やイスラエル(LANTIRN)の例のように輸出規制に抵触した結果、F-15J/DJ同様に国産アビオニクスによる代替を余儀なくされる可能性が残るため、利点とは言い難いする意見もあった
  66. ^ PICTURES: Boeing unveils upgraded F-15 Silent Eagle with fifth-generation features






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「F-15E」の関連用語

F-15Eのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

スパイリグ

P-51

F-2

タイフーン

サイドバイサイド

88式地対艦誘導弾

COIN機

10式戦車





F-15Eのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのF-15E (航空機) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS