地対地ミサイルとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 地対地ミサイルの意味・解説 

ちたいち‐ミサイル【地対地ミサイル】

読み方:ちたいちみさいる

地上艦上)から発射して地上または海上目標攻撃するミサイルSSM


地対地ミサイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/09/06 17:47 UTC 版)

地対地ミサイル(ちたいちミサイル、英語: surface-to-surface missile, SSM / ground-to-ground missile, GGM)は、地上から発射され地上の目標に対して使用されるミサイル




「地対地ミサイル」の続きの解説一覧

地対地ミサイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/13 16:43 UTC 版)

イラン陸軍」の記事における「地対地ミサイル」の解説

Kh-55en) - NATOコードネームAS-15ケント」。ソ連崩壊時にウクライナから入手したとされている。 R-27ムスダン - 北朝鮮製の中距離弾道ミサイル少なくとも18分の資材イラン渡ったことが判明している。 サーエゲ - 地対艦ミサイルとしての運用行われる射程80 - 250km)の国産巡航ミサイル

※この「地対地ミサイル」の解説は、「イラン陸軍」の解説の一部です。
「地対地ミサイル」を含む「イラン陸軍」の記事については、「イラン陸軍」の概要を参照ください。


地対地ミサイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 08:42 UTC 版)

朝鮮人民軍の兵器一覧」の記事における「地対地ミサイル」の解説

P-15SS-N-2スティックス」) HY-2(CSS-N-3「シルクワーム」)沿岸防衛用にM1991 122mm自走カノン砲同型車体発射機1基を搭載した車体配備積極的に演習試射している。Il-28An-2搭載して空対地ミサイルとしても運用している。

※この「地対地ミサイル」の解説は、「朝鮮人民軍の兵器一覧」の解説の一部です。
「地対地ミサイル」を含む「朝鮮人民軍の兵器一覧」の記事については、「朝鮮人民軍の兵器一覧」の概要を参照ください。


地対地ミサイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/03 03:17 UTC 版)

ミサイル万能論」の記事における「地対地ミサイル」の解説

大陸間弾道ミサイル巡航ミサイルなどの地対地ミサイルが実用化すると従来爆撃機不要になると言われ事がある。この考えから、ロバート・マクナマラ国防長官アメリカ空軍XB-70爆撃機開発中止させたりもしている。ソビエトでも当時主席だったニキータ・フルシチョフもこの思想理解示した結果要撃機開発通常型爆撃機生産規模縮小などが行われたと見られている。 しかしながらミサイル違って搭乗員臨機応変判断により柔軟な行動ができるという観点からの、有人爆撃機対す支持根強い。またミサイル爆撃機より投下される爆弾よりも高価格であり、爆撃機爆弾組み合わせコスト面でミサイルよりも有利となる。原子爆弾実用化当初は1発の核爆弾戦争勝敗が決まると考えられたため、敵よりも先制しての攻撃最重要課題であり、有人航空機より遥かに高速ミサイル期待高まったが、核抑止戦略によってむやみに核兵器使えない状況へと移行すると、爆撃機通常爆弾存在が再び見直されるようになった。 そのため、現代に至るも全ての爆撃機が地対地ミサイルに置き換わるには至っておらず、将来的そうなる予定も無い。 一方で大型爆撃機空対地ミサイル搭載して相手制空権外から発射することで柔軟性安全性両立させる運用出現し結果として従来亜音速大型戦略爆撃機延命させ、新規の(超音速)戦略爆撃機開発停滞させる要因となっている。

※この「地対地ミサイル」の解説は、「ミサイル万能論」の解説の一部です。
「地対地ミサイル」を含む「ミサイル万能論」の記事については、「ミサイル万能論」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「地対地ミサイル」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「地対地ミサイル」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「地対地ミサイル」の関連用語

地対地ミサイルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



地対地ミサイルのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの地対地ミサイル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのイラン陸軍 (改訂履歴)、朝鮮人民軍の兵器一覧 (改訂履歴)、ミサイル万能論 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS