弾道ミサイルとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 弾道ミサイルの意味・解説 

だんどう‐ミサイル〔ダンダウ‐〕【弾道ミサイル】

読み方:だんどうみさいる

ロケットエンジン動力として、慣性誘導装置により放物線に近い弾道描いて飛ぶミサイル射程距離長く高速度で飛行するため、発見迎撃が困難となる。弾道弾BMballistic missile)。→ミサイル

「弾道ミサイル」に似た言葉

弾道ミサイル(Ballistic Missiles)


【弾道ミサイル】(だんどうみさいる)

Ballistic Missile (BM)
宇宙ロケットに近い形状をした長距離ミサイル。またはペイロード爆薬搭載した宇宙ロケット
ロケットエンジン大気圏外上昇極超音速巡航し大気圏再突入し目標到達する
現在の技術では巡航中に撃墜する手段確立されておらず再突入後のごく短時間にしか迎撃できない
反面慣性航法装置(INS)でのみ制御されるため、命中精度極めて劣悪で核兵器などによる戦略爆撃用途にしか利用できない

弾道ミサイルと宇宙ロケットそれぞれ別々の意図を持って設計されているものの、どちらもモノ大気圏外打ち上げる事が目的なので構造大差はない
弾道ミサイルに人工衛星搭載して静止軌道乗せる事は十分可能であるし、宇宙ロケット核兵器搭載して狙った所に墜落させるのも困難ではない。
そのため、弾道ミサイル開発から打ち上げ用ロケット派生することも、逆に学術研究目的ロケットから弾道ミサイルへ派生することも十分可能である従っロケット開発は常に政治絡み場合によっては海外から技術供与拒否されることも起こる。
ならず者国家などはしばしば弾道ミサイルの実験について「核兵器実験ではなく宇宙開発事業である」と主張するが、実情は定かでない

弾道ミサイルの分類

弾道ミサイルは主に有効射程によって分類され条約や国によって数字異なるが、おおむね下のように分類されている。

大陸間弾道ミサイルICBM:Intercontinental Range Ballistic Missile)(射程5,500km~)
主な種
アメリカMGM-16「アトラス
MGM-25「タイタン
LGM-25「タイタンII
LGM-30「ミニットマンⅠ/II/III」
XMGM-134「ミゼットマン」(開発中止
LGM-118「ピースキーパー
ソビエト/ロシアR-9(SS-8「Sasin」)
R-36「ヴォエヴォーダ」(SS-18サタン」)
R-7SS-6サップウッド」)
R-16SS-7サドラー」)
RT-2(SS-13「サヴェージ」)
RT-21(SS-16「Sinner」)
R-36(SS-9「スカルプ」)
UR-100SS-11「セーゴ」)
UR-100N(SS-19「スティレット」)
MR UR100(SS-17「スパンカー」)
RT-23「モロデーツ」(SS-24「スカルペル」)
RT-2PM「トーポリ」(SS-25シックル」)
RT-2PM2「トーポリM」(SS-27シックル」)
中国東風5号DF-5、CSS-4)
東風31号(DF-31、CSS-9)
東風41号DF-41、CSS-X-10)
北朝鮮テポドン2号
中距離弾道ミサイル (IRBM:Intermediate Range Ballistic Missile)(射程2,400~5,500km)
主な種
アメリカPGM-19「ジュピター
PGM-17「ソー
ソ連RSD-10(SS-20)(退役
フランスS-2
S-3/TN-61(退役
パキスタンシャヒーンIII
ガウリIII
イランシャハブIII
インドアグニIII
イスラエルジェリコII
北朝鮮ムスダン
中国東風3号(DF-3、CSS-2
準中距離弾道ミサイル (MRBM:Medium Range Ballistic Missile)(射程800~2400km)
主な種
北朝鮮ノドン
テポドン1号
中国東風21号DF-21、CSS-5)
東風25号(DF-25
アメリカMGM-31パーシングI/II」
短距離弾道ミサイル (SRBM:Short Range Ballistic Missile)(射程150~800km)
主な種
ドイツV2ロケット
アメリカMGM-5コーポラル
PGM-11「レッドストーン
MGM-31パーシングI」
MGM-140ATACMS
ロシアR-11
R-17
インドプリットヴィー
イランファテフ110
イラクアル・フセイン
パキスタンシャヒーンI
中国東風11号DF-11、CSS-7)
東風15号(DF-15、CSS-6)
韓国玄武-1/玄武-2A/B
戦場射程弾道ミサイル (BSRBM:Battlefield Short Range Ballistic Missile)(射程~150km)
主な種
アメリカMGM-18ラクロス
MGM-29サージェント
MGM-52ランス
ソ連/ロシアFROGシリーズ
潜水艦発射弾道ミサイル (SLBM:Submarine Launched Ballistic Missile
潜水艦から発射されるもの。射程関係なし)
主な種
アメリカUGM-27「ポラリス」
UGM-73「ポセイドン
UGM-96/UGM-133「トライデントI/II」
イギリスポラリスA-3TK
トライデントD-5
ソ連/ロシアR-11FM(SS-1B)
R-13(SS-N-4「サーク」)
R-21(SS-N-5「サーク/サーブ」)
R-27「Zyb」(SS-N-6「サーブ」)
R-29「Vysota」(SS-N-8「ソウフライ」)
R-29R(SS-N-18「スティングレイ」)
R-29RM「Shtil」(SS-N-23「スキッフ」)
R-29RMU/3M27「シネーワ」(SS-N-23)
R-29RMU2「ライナー」(SS-N-23)
R-30/3M14「ブラヴァー」(SS-NX-30
R-39リフ」(SS-N-20 Sturgeon
R-39M「バーク」(SS-N-28)
フランスMSBS M1退役
MSBS M2退役
MSBS M20退役
MSBS M4退役
MSBS M45
MSBS M51996年開発中止
MSBS M51
中国巨浪1(JL-1、CSS-N-3)
巨浪2(JL-2、CSS-NX-4)
インドK-15
K-X開発中
空中発射弾道ミサイルALBM:Air-Launched Ballistic Missile
航空機(主に爆撃機)から発射されるもの。高コストにより開発中止。)
主な種
アメリカGAM-87/AGM-48「スカイボルト
イギリスブルーストリーク
ブルースチール

弾道ミサイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/25 02:02 UTC 版)

弾道ミサイル(だんどうミサイル、: ballistic missile)は、大気圏の内外を弾道を描いて飛ぶ対地ミサイルのこと。弾道弾とも呼ばれる。弾道ミサイルは最初の数分の間に加速し、その後慣性によって、いわゆる弾道飛行と呼ばれている軌道を通過し、目標に到達する。


注釈

  1. ^ 統合打撃戦闘機、: Joint Strike Fighter
  2. ^ : transporter erector launcher、TEL

出典

  1. ^ a b c d e f g 令和2年度防衛白書. 防衛省. (2020). p. 193. https://www.mod.go.jp/j/publication/wp/wp2020/pdf/R02010307.pdf 
  2. ^ 関 賢太郎 (2017年12月25日). “ミサイル、「巡航」と「弾道」でなにがちがう? 射程だけじゃないそれぞれの特徴とは”. p. 2. https://trafficnews.jp/post/79263 
  3. ^ 『新版 北朝鮮入門: 金正恩体制の政治・経済・社会・国際関係』、磯崎敦仁、澤田克己
  4. ^ ソ連発表の地図に異変 西部の町、鉄道位置が大移動 核攻撃を想定し偽装?『朝日新聞』1970年(昭和45年)2月4日朝刊 12版 14面
  5. ^ [1][リンク切れ]
  6. ^ http://thepage.jp/detail/20150804-00000009-wordleaf?page=1
  7. ^ Treaty Between The United States Of America And The Union Of Soviet Socialist Republics On The Elimination Of Their Intermediate-Range And Shorter-Range Missiles (INF Treaty)”. アメリカ合衆国国務省. 2020年8月6日閲覧。
  8. ^ a b c 多田智彦 (10 2007). “ミサイル防衛の巨大センサー網”. 軍事研究 42巻 (10号): 66-67. ISSN 0533-6716. 
  9. ^ a b 富士見市役所秘書広報課公式Twitterアカウントの 2017年8月29日12時14分のツイート


「弾道ミサイル」の続きの解説一覧

弾道ミサイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/29 09:42 UTC 版)

光波ホーミング誘導」の記事における「弾道ミサイル」の解説

大気圏再突入時、再突入体極超音速IRBMでも秒速2km程度ICBMであれば秒速約7km程度)となることから空力加熱により数千以上に加熱され、短い波長放射多く出す。

※この「弾道ミサイル」の解説は、「光波ホーミング誘導」の解説の一部です。
「弾道ミサイル」を含む「光波ホーミング誘導」の記事については、「光波ホーミング誘導」の概要を参照ください。


弾道ミサイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 08:42 UTC 版)

朝鮮人民軍の兵器一覧」の記事における「弾道ミサイル」の解説

KN-02 (ドクサ)- 9K72の独自改良型2008年軍事パレードベラルーシトラック搭載され登場KN-08 KN-14 北極星1号(KN-11) 北極星2号(KN-15) 北極星3号(KN-26) 北極星4号 北極星5号 スカッドスカッドB - 2基。1976年エジプトより購入契約ファソン5(英語版) - スカッドB改。「ファソン」は「火星の意味ファソン6(英語版) - スカッドC改。 スカッドPIP スカッドER KN-18 - 2017年MARVから試験発射したスカッドC改ことファソン6(英語版)の改良型であり、ペンタゴンからKN-18と命名された。 KN-21 - スカッドB改ことファソン5(英語版)の改良型2017年MARVから試験発射したペンタゴンからKN-21と後に名称が発表された火星8型 - 2021年9月29日ごろに発射され新型極超音速ミサイル朝鮮中央通信労働新聞報じ朝鮮中央通信が名称の公開行った2022年1月には複数回発射されたことが確認された。 ノドンノドン一号 - 初代ノドンノドン二号 - 二代目ノドン進歩ノドン テポドンシリーズテポドン1号白頭山一号テポドン2号 ムスダン - ソ連製R-27(SS-N-6)を改良地上発射型に改装した中距離弾道ミサイル KN-23(英語版) - 9K720類似した新型短距離弾道ミサイル(SRBM)。2017年9月ごろ、最初の試射が行われ、続く2019年5月4日9日7月25日8月6日相次いで発射試験が行われた。 KN-24(英語版) - MGM-140 ATACMS類似した新型短距離弾道ミサイル(SRBM)。全長長く複数箇所異な構造をしている。2019年8月2020年3月発射試験が行われた。 精密誘導型短距離弾道ミサイル(名称未公開) - 2017年5月29日発射し北朝鮮精密誘導ミサイル発表した。 KN-27 - 2021年3月25日発射され新型とみられる精密誘導短距離弾道ミサイル同年1月開催され閲兵式初公開された5軸10輪の移動式発射台乗せられミサイル同一であるとされ、労働新聞現地国営メディア発射成功伝えた。KN-24の射程延伸などの改良型思われ外見酷似している。 火星12(KN-17) 火星14 - 2017年7月4日発射された、大陸間弾道ミサイル(ICBM)。通称KN-20。 火星15(KN-22) 火星17英語版) - 2020年10月行われた軍事パレード初め登場した1122輪の超大型移動発射台搭載されており、射程は13000km超と専門家から推測されている。

※この「弾道ミサイル」の解説は、「朝鮮人民軍の兵器一覧」の解説の一部です。
「弾道ミサイル」を含む「朝鮮人民軍の兵器一覧」の記事については、「朝鮮人民軍の兵器一覧」の概要を参照ください。


弾道ミサイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 06:48 UTC 版)

ミサイル」の記事における「弾道ミサイル」の解説

大気圏上層大気圏外弾道飛行して目標到達するミサイル射程分類される明確な基準はない。ICBMだけはSALT-II射程5,500km以上の弾道ミサイルと規定されている。核弾頭積んだ戦略ミサイル通常弾頭積んだ戦術ミサイルがある。

※この「弾道ミサイル」の解説は、「ミサイル」の解説の一部です。
「弾道ミサイル」を含む「ミサイル」の記事については、「ミサイル」の概要を参照ください。


弾道ミサイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 15:29 UTC 版)

日本の核武装論」の記事における「弾道ミサイル」の解説

日本M-Vロケットに代表される固体燃料ロケット技術保有している。 宇宙ロケットと弾道ミサイルの主な違い誘導システム、そして再突入体有無である。宇宙ロケット地上施設からの電波によって誘導される点が支援を受けずに自律誘導する弾道ミサイルとは大きく異なるそのため弾道ミサイルを開発するならば誘導システム新規開発必須である再突入体RV)については、日本OREXなどで大気圏再突入実験を5回行ない、慣性航法装置テスト空力加熱データなどをテレメトリー収集した当初計画においては実験体回収までを目標としていたが回収成功したのは2回であり、さらには情報収集目的であった宇宙往還機HOPE計画事実上の凍結もあって、軍事転用できるだけ技術的蓄積無く今後同種の再突入体に関する計画は無いことから継続して研究、あるいはデータ取得見込めない。核弾頭搭載した再突入体開発するならば核抑止力としての有効性を持つだけのCEP有するRVJAXAとは別に行う必要がある固定基地の弾道ミサイルは先制攻撃狙われやすく、生存性が低い。これは「ソビエトに近い島国」であるイギリス陥ったジレンマで、空中発射弾道ミサイル開発しようとして失敗しポラリス導入した経緯がある。後年実用化された車両移動式ミサイルTEL)を僻地運用する方法考えられるが、日本における僻地はすなわ国土の7割を占め山地であり、その山岳地における狭隘道路事情での数十トンTEL運用非常な困難を伴う兵頭二十八山岳地帯ミサイル基地建設提案している。これは敵の先制核攻撃があっても、よほどCEP高くなければ自体が盾になるためミサイル生存性高まるという考えであるが、周辺住民反発確実で政治的難易度が最も高い運用方法である。

※この「弾道ミサイル」の解説は、「日本の核武装論」の解説の一部です。
「弾道ミサイル」を含む「日本の核武装論」の記事については、「日本の核武装論」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「弾道ミサイル」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「弾道ミサイル」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

弾道ミサイルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



弾道ミサイルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
外務省外務省
Copyright©: 2022 Ministry of Foreign Affairs of Japan
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの弾道ミサイル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの光波ホーミング誘導 (改訂履歴)、朝鮮人民軍の兵器一覧 (改訂履歴)、ミサイル (改訂履歴)、日本の核武装論 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS