偵察衛星とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 宇宙 > 衛星 > 偵察衛星の意味・解説 

ていさつ‐えいせい〔‐ヱイセイ〕【偵察衛星】

読み方:ていさつえいせい

スパイ衛星


偵察衛星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/16 14:25 UTC 版)

偵察衛星(ていさつえいせい)とは、光学機器(望遠レンズ付カメラ)や電波などを用いて、地表を観察し地上へ知らせる軍事目的の人工衛星である。「スパイ衛星」とも言う。




  1. ^ 衛星データの種類と入手の際の留意点 一般財団法人 リモート・センシング技術センター


「偵察衛星」の続きの解説一覧

偵察衛星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/05 06:57 UTC 版)

Urban Assault」の記事における「偵察衛星」の解説

武器装備していないが、他のマシンより索敵範囲が広い。また、移動速度最速クラスである。

※この「偵察衛星」の解説は、「Urban Assault」の解説の一部です。
「偵察衛星」を含む「Urban Assault」の記事については、「Urban Assault」の概要を参照ください。


偵察衛星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/03 13:56 UTC 版)

中国人民解放軍海軍のC4ISRシステム」の記事における「偵察衛星」の解説

中国の宇宙開発」も参照 中国は、遥感衛星環境減災衛星などの共軌道衛星コンステレーション運用しているが、少なくとも遥感衛星には軍事衛星としての性格付与されていると指摘されている。 2010年3月打ち上げられた遥感9号コンステレーションは、従来異なり正確に3角形形成する軌道衛星コンステレーションとして軌道投入されているが、これはアメリカ海軍広域海上監視システムNOSSと同様配置であり、海洋監視衛星としての機能有しているものと推測されている。ただしNOSSシギント用であるのに対し、遥感9号は、光学衛星合成開口レーダー衛星シギント衛星3機構とされている同年10月には、2回に分けて4機の実践6号衛星打ち上げられたが、これにも、公表された宇宙実験用という目的のほかに、シギント任務付与されているものと推測されている。また、同年9月打ち上げられた遥感11号コンステレーションは、全天候昼夜撮像能力備えている考えられている。 これらの海洋監視衛星は、中国海軍推進している接近阻止・領域拒否A2AD戦略において、西太平洋およびインド洋上の海軍部隊捜索捕捉し対艦弾道ミサイルASBM)などの火力志向するためのISRシステムとして使用されるものと考えられている。

※この「偵察衛星」の解説は、「中国人民解放軍海軍のC4ISRシステム」の解説の一部です。
「偵察衛星」を含む「中国人民解放軍海軍のC4ISRシステム」の記事については、「中国人民解放軍海軍のC4ISRシステム」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「偵察衛星」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「偵察衛星」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



偵察衛星と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

偵察衛星のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



偵察衛星のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの偵察衛星 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのUrban Assault (改訂履歴)、中国人民解放軍海軍のC4ISRシステム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS