H-IIAとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 宇宙百科事典 > H-IIAの意味・解説 

H-IIA

分類:ロケット


名称:H-IIA
打ち上げ国名機関:日本/宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
開発機関会社:宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
運用機関会社:宇宙航空研究開発機構(JAXA)
打ち上げ場所:種子島宇宙センター(TNSC)

H-IIAロケットは、日本が独自の技術開発した最新鋭ロケットです。21世紀人工衛星打ち上げ宇宙ステーションへの資材搬送などのさまざまなニーズ応えるため、従来H-IIをより高性能にし、信頼性を高く低コスト化して開発されました。1994年から開発スタートし、2003年12月までに6回の打ち上げが行われました。
H-IIAはH-II改良型ですが、ほぼ新設と言えるほど大きな改良加えられました。本体直径4m、高さ53mの円柱形で、標準機体ではその左右に高さ14.9mの改良固体ロケットブースター(SRB-A)が取り付けられます。本体ロケットの第1段、第2段と衛星などのペイロードを入れるフェアリング3つの部分分かれています。第1段ロケットには、H-IILE-7エンジン改良したLE-7Aエンジン使い、第2段にはH-IILE-5Aエンジン改良したLE-5Bエンジンを使っています。この標準機体で、高度約36,000kmの静止衛星軌道重さ2tのペイロード(積み荷)を打ち上げることができます。また固体補助ロケット(SSB)を4本取付けると、静止トランスファ軌道への打ち上げ重量を5tに増やせます。
H-IIAは、欧米ロシアと肩を並べるに十分なロケットです。今後打ち上げ成功重ねることで宇宙開発発展期待されます。

1.どんな形をして、どんな性能持っているの?
2段式のロケットで、本体直径4m、高さ53mの円柱形重さ289トンです。37.2mの第1段、9.2mの第2段とペイロードを入れる12mのフェアリング3つの部分分かれています。
標準機体では本体左右に高さ14.9mの「改良固体ロケットブースター(SRB-A)」が取り付けられます。第1段ロケットにはH-IILE-7エンジン改良したLE-7Aエンジン、第2段にはLE-5Aエンジン改良したLE-5Bエンジンが使われています。この標準機体で、高度約36,000kmの静止衛星軌道重さ2t級のペイロード(積み荷)を打ち上げることができます。また「固体補助ロケット(SSB)」を4本取付けると、静止トランスファ軌道への打ち上げ重量を5tに増やせます。
推力は、第1段110t、固体ロケットブースター2本分460t、第2段14tです。さらに機体開発期間短縮コストダウンも図られ、H-II約半分打ち上げ費用85億円が目標とされています。

2.打ち上げ飛行順序はどうなっているの?
まず第1段がリフトオフの6秒前に点火し、リフトオフと同時に固体ロケットブースター(SRB-A)が点火します。SRB-A100秒間燃焼し、105秒で分離されます。打ち上げ264秒でロケットの高度が100kmを越えるので、衛星カバーしていたフェアリング分離されます。385秒で第1段ロケット燃焼停止し、395秒後に分離します。400秒では第2段ロケットの第1回点火が行われ、この時から飛行移ります。そして1,494秒後には第2段ロケットの第2回点火が行われ、衛星静止軌道投入します。(標準機体の例)


3.どんなものを打ち上げたの?
打ち上げ衛星などは以下のとおりです。(時間はすべて日本時間)

号機打ち上げミッション
試験1号機2001年8月29日16:00[JST]VEP-2
試験2号機2002年2月4日11:45[JST]つばさ
VEP-3
DASH
3号機2002年9月10日17:20[JST]こだま
USERS
4号機2002年12月14日10:31[JST]みどりII
ピギーバックペイロード(μ-Lab Sat・WEOSS・Fed Sat)
5号機2003年3月28日10:27[JST]情報収集衛星
6号機2003年11月29日13:33[JST]情報収集衛星2号機
7号機2005年2月26日18:25[JST]ひまわり6号
8号機2006年1月24日10:33[JST]だいち
9号機2006年2月18日15:27[JST]ひまわり7号
10号機2006年9月11日13:35[JST]情報収集衛星光学2号機
11号機2006年12月18日15:32[JST]きく8号

4.どのくらい成功しているの?
試験1号機試験2号機3号機4号機5号機、7号機、8号機、9号機、10号機、11号機の打ち上げ成功しています。
6号機の打ち上げでは、ロケットミッション達成する見込みがないとの判断から、指令破壊おこなわれました。

5.この他に、同じシリーズでどんな機種があるの?
日本実用衛星打ち上げ用ロケットとしては、N-I(静止衛星軌道への衛星打ち上げ能力130kg)、N-II(350kg)、H-I(0.5t)、H-II(2t)があります


H-IIAロケット

(H-IIA から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/09 04:59 UTC 版)

H-IIA ロケット(エイチツーエー ロケット)は、宇宙開発事業団(NASDA)と後継法人の宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工が開発し三菱重工が製造および打ち上げを行う、人工衛星打ち上げ用液体燃料ロケット使い捨て型ローンチ・ヴィークル。日本の衛星打ち上げの自律性をになうロケットとして基幹ロケットに位置づけられる[3]。JAXA内での表記は「H-IIAロケット」で、発音は「エイチツーエーロケット」であるが、新聞やテレビなどの報道では、「H2Aロケット」または「H-2Aロケット」と表記され、「エイチにエーロケット」と発音をされる場合が多い[4]




  1. ^ a b “三菱重工、主力ロケット「H2A」運用終了へ”. 日本経済新聞. (2016年2月2日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ02HWK_S6A200C1TI1000/ 2016年2月3日閲覧。 
  2. ^ a b c わが国の宇宙輸送系の現状と今後の方向性 平成23年2月24日(首相官邸公式サイト 宇宙開発戦略本部)
  3. ^ 基幹ロケット高度化H-IIAロケットのステップアップ”. JAXA (2015年10月30日). 2020年1月13日閲覧。
  4. ^ JAXA職員のブログ「JAXAいはもとの宇宙を語ろう!いはもと版今日の話題(ブログ)」の2005年12月2日の記事”. 2019年11月30日閲覧。
  5. ^ 三菱重工の輸送系開発・運用の歴史 三菱重工公式サイト
  6. ^ “ロケットは何でできているのですか?|ファン!ファン!JAXA!”. JAXA. 2019年10月22日閲覧。
  7. ^ “我が国の宇宙輸送産業について”. 経済産業省 (2013年4月24日). 2019年10月22日閲覧。
  8. ^ ドーピングには御用心 - 中型から背伸びした大型ロケット「デルタIII」、マイナビニュース. (2016年8月10日). 2018年9月14日閲覧。
  9. ^ “(3) H-ⅡAロケット:文部科学省”. 文部科学省 (2011年2月). 2019年10月22日閲覧。
  10. ^ JAXA 種子島宇宙センター 2010年トピックス”. 2011年7月8日閲覧。
  11. ^ H-IIAロケット204型ロケットの開発状況と11号機の打上げに向けた準備状況JAXA
  12. ^ H-ⅡAロケット15号機の打上げに係る飛行安全計画、地上安全計画の概要JAXA
  13. ^ a b 三菱重工、「H2A」23号機公開-部材簡素化し120キログラム軽量化”. 株式会社日刊工業新聞社 (2014年1月17日). 2014年3月1日閲覧。
  14. ^ a b c 基幹ロケット高度化”. JAXA. 2015-011-25閲覧。
  15. ^ a b c 基幹ロケット高度化パンフレット”. JAXA. 2015-011-25閲覧。
  16. ^ SRB-A(概要と燃焼試験)JAXA宇宙輸送ミッション本部”. JAXA. 2010年11月21日閲覧。
  17. ^ a b “三菱重工、「H2A」2機種に半減・民営化でコスト減”. NIKKEI NET. (2006年12月5日). オリジナルの2006年12月6日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20061206221523/http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20061205AT1D0300504122006.html 
  18. ^ LRBには補助エンジン系は装着されない。主要諸元:全長36.7 m、外形4.0 m、質量117 t、推進薬質量99.2 t、推力2200 kN、燃焼時間200 sec、推進薬種類 液体水素/液体水素、比推力440.0 sec、姿勢制御方式 ノズルジンバル、主要搭載電子装置 誘導制御系機器、H-IIAシステム解説書 NASDA 2000年3月
  19. ^ ロケットの回収後フェアリングの活用方法を募集します”. JAXA. 2012年5月19日閲覧。
  20. ^ H-IIA/H-IIBロケット 衛星フェアリング(川崎重工)
  21. ^ 準天頂高精度測位実験について 評価その2対象分 (PDF)”. JAXA. 2011年1月23日閲覧。
  22. ^ a b H-ⅡAロケット8号機の概要”. JAXA. 2018年11月4日閲覧。
  23. ^ 日本航空宇宙学会誌 第46巻 第535号(1998年8月) -特集- H-IIAロケットのペイロードインタフェースについて”. 日本航空宇宙学会誌 (1998年8月). doi:10.2322/jjsass1969.46.458. 2018年11月6日閲覧。
  24. ^ a b “MHI、X線天文衛星「ASTRO-H」を打ち上げるH-IIA 30号機を公開 - 乗り心地の改良と低コスト化に向けた飽くなき挑戦”. マイナビニュース. (2015年12月4日). http://news.mynavi.jp/articles/2015/12/04/mhi_h2a30/ 2016年2月18日閲覧。 
  25. ^ No.1939 :H-IIAロケット30号機Y-1プレスブリーフィング”. 宇宙作家クラブ (2016年2月10日). 2016年2月18日閲覧。
  26. ^ H-IIAロケットに相乗りする小型副衛星の通年公募について (PDF)”. JAXA (2008年4月23日). 2010年5月26日閲覧。
  27. ^ ロケット用誘導制御計算機の変遷と展望 NEC技報
  28. ^ H-IIAロケット (PDF)”. JAXA. 2017年10月15日閲覧。
  29. ^ http://www.satellite-business.com/html/images/pdf/177_pdf2.pdf[リンク切れ]
  30. ^ http://rocket.sfo.jaxa.jp/204-3.html[リンク切れ]
  31. ^ 新型基幹ロケットに関する検討状況について (PDF)”. JAXA. 2013年9月15日閲覧。
  32. ^ 標準型以降のH-IIAロケット開発の在り方”. NASDA (2002年5月10日). 2010年11月21日閲覧。
  33. ^ H-IIAロケット打上げ輸送サービストップ > ラインアップ > H-IIAロケット”. 三菱重工. 2010年11月21日閲覧。
  34. ^ “H-IIA開発計画等の見直しについて”. 宇宙開発事業団. http://www.jaxa.jp/press/nasda/2000/h2a_001208_2_j.html 2012年7月8日閲覧。 
  35. ^ JAXA's 012”. JAXA (2007年2月1日). 2018年11月5日閲覧。
  36. ^ 情報衛星高度は約490キロ 政府の秘密扱い無意味に、47NEWS(共同通信)、2007年3月17日
  37. ^ H-IIAロケット16号機による 情報収集衛星光学3号機の打上げ結果について”. JAXA. 2009年11月30日閲覧。
  38. ^ 新規の軌道で新たに飛行安全解析を実施する必要がある準天頂トランスファー軌道(QTO)ではなく、飛行実績のあるGTOを使用した準天頂高精度測位実験について (PDF)”. 2011年1月1日閲覧。
  39. ^ H-IIAロケット19号機による情報収集衛星光学4号機の打上げ結果について”. JAXA. 2011年9月20日閲覧。
  40. ^ a b 情報収集衛星打ち上げ成功 H2A 成功率95%を達成 北朝鮮の軍事施設監視に弾み、産経新聞 2011年12月12日
  41. ^ H-IIAロケット22号機による情報収集衛星レーダ4号機および実証衛星の打上げ結果について”. JAXA (2013年1月27日). 2013年1月27日閲覧。
  42. ^ H-IIA ロケット 23号機による全球降水観測計画主衛星(GPM主衛星)の打上げ結果について”. JAXA (2014年2月28日). 2014年2月28日閲覧。
  43. ^ H-IIAロケット23号機の打上げについて”. 三菱重工,宇宙航空研究開発機構 (2013年12月26日). 2014年3月2日閲覧。
  44. ^ 国際宇宙ステーション軌道との関係で、打ち上げ時間帯を計画書の時間から前後30分短く変更したH-IIAロケット23号機による全球降水観測計画主衛星(GPM主衛星)の打上げ時刻及び打上げ時間帯について”. 三菱重工,宇宙航空研究開発機構 (2014年2月26日). 2014年3月1日閲覧。
  45. ^ H-IIAロケット24号機による陸域観測技術衛星2号「だいち2号」(ALOS-2)の打上げ結果について”. 三菱重工,宇宙航空研究開発機構 (2014年5月24日). 2014年5月24日閲覧。
  46. ^ 柴田孔明 (2014年5月16日). “ニュース掲示板 その105 (No.1733-No.1747 2014年4月2日(水)19時27分-2014年5月26日(月)05時44分)”. 宇宙作家クラブ. 2015年9月22日閲覧。
  47. ^ “H-IIAロケット24号機の打上げについて” (プレスリリース), 三菱重工業株式会社、宇宙航空研究開発機構, (2014年3月14日), http://www.jaxa.jp/press/2014/03/20140314_h2af24_j.html 2015年9月22日閲覧。 
  48. ^ “いつもとは一味ちがう” H-IIAロケット26号機に反映された「基幹ロケット高度化技術」”. 宇宙航空研究開発機構 (2014年12月1日). 2015年1月18日閲覧。
  49. ^ “「はやぶさ2」、2度の延期経て打ち上げ成功 種子島から宇宙へ”. FNN. (2014年12月3日). http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00281979.html 2014年12月3日閲覧。 
  50. ^ H-IIAロケット27号機による情報収集衛星レーダ予備機の打上げ結果について”. JAXA. 2015年2月1日閲覧。
  51. ^ ヘリウム漏れの原因はタンクの栓に異物 みちびき3号機搭載のロケット 産経ニュース 2017年8月18日
  52. ^ a b “H-IIAロケット36号機による「みちびき4号機」(準天頂衛星システム)の打上げ結果について” (プレスリリース), 宇宙航空研究開発機構, (2017年10月10日), http://www.jaxa.jp/press/2017/10/20171010_h2af36_j.html 2017年10月11日閲覧。 
  53. ^ a b 情報衛星小型化へ研究着手 北朝鮮監視強化で政府47NEWS共同通信)、2005年1月10日
  54. ^ アリラン3号、日本のH2Aで「格安」打ち上げ、朝鮮日報、2012/05/19
  55. ^ JAXAなど、情報収集衛星レーダー4号機を来月打ち上げ”. 日刊工業新聞」 (2012年12月5日). 2013年1月19日閲覧。
  56. ^ 宇宙へ旅立ったGPM主衛星と、7機の小型衛星たち sorae.jp 2014年2月28日
  57. ^ H2A:打ち上げ成功…全球降水観測衛星、軌道に投入 毎日新聞 2014年2月28日
  58. ^ 「だいち2号」に相乗りする4機の小型衛星 sorae.jp 2014年5月23日
  59. ^ ALOS-2相乗り公募小型副衛星の選定結果について”. JAXA (2012年3月28日). 2012年3月28日閲覧。
  60. ^ H2A打ち上げへ 衛星だいち2号を搭載 地形、災害を調査 産経ニュース 2014年5月24日
  61. ^ a b “平成26年度気象庁関係予算決定概要” (PDF) (プレスリリース), 気象庁, (2013年12月24日), http://www.jma.go.jp/jma/press/1312/24a/26kettei.pdf 2014年10月9日閲覧。 
  62. ^ はやぶさ2:種子島から打ち上げ 小惑星を目指す 毎日新聞 2014年12月3日
  63. ^ a b H2Aロケット27号機、打ち上げ成功 情報収集衛星・レーダー予備機搭載 産経ニュース 2015年2月1日
  64. ^ H2Aロケット28号機打ち上げ成功 情報収集衛星搭載 朝日新聞 2015年3月26日
  65. ^ H2Aロケット30号機、打ち上げ成功 衛星「ひとみ」”. 毎日新聞 (2016年2月17日). 2016年2月19日閲覧。
  66. ^ 防衛通信衛星の打ち上げ成功 種子島 陸海空の統制能力強化へ 産経ニュース 2017年1月24日
  67. ^ a b 情報収集衛星打ち上げ成功 物体識別能力は従来の約2倍、夜間監視力が向上 産経ニュース 2017年3月17日
  68. ^ みちびき2号機、打ち上げ成功 高精度の位置情報、来年度から本格運用へ 産経ニュース 2017年6月1日
  69. ^ H-IIAロケット35号機現地取材 - みちびき3号機はどんな衛星? 準天頂衛星なのに準天頂軌道ではない理由は? マイナビニュース 2017年8月12日
  70. ^ 気候変動観測衛星「しきさい」と試験衛星「つばめ」打ち上げ成功 産経ニュース 2017年12月23日
  71. ^ a b 情報収集衛星の打ち上げ成功 約30センチの高解像度、北朝鮮の監視強化へ 産経ニュース 2018年2月27日
  72. ^ a b 情報収集衛星レーダー6号機の打ち上げ成功 北朝鮮や中国の監視強化 産経ニュース 2018年6月12日
  73. ^ 「いぶき2号」打ち上げ成功 宇宙から地球温暖化を監視 産経ニュース 2018年10月29日
  74. ^ a b 情報収集衛星、打ち上げ成功 北朝鮮などを監視 産経ニュース 2020年2月9日
  75. ^ a b c d e f g h 宇宙基本計画工程表(令和元年度改訂案) (PDF)”. 宇宙開発戦略本部. 内閣府 (2019年12月13日). 2019年12月13日閲覧。
  76. ^ アラブ首長国連邦の火星探査機「アル・アマル」、H-IIAロケットで打ち上げへ”. 2017年2月11日閲覧。
  77. ^ a b 塚本直樹 (2017年9月12日). “「H-IIA」ロケット、インマルサット衛星「Inmarsat-6」初号機の打ち上げ契約 2020年予定”. sorae.jp. https://sorae.info/030201/2017_09_12_mhi.html 2017年9月13日閲覧。 
  78. ^ 宇宙基本計画工程表(令和元年度改訂案)その2 (PDF)”. 宇宙開発戦略本部. 内閣府 (2019年12月13日). 2019年12月13日閲覧。
  79. ^ SRB-Aエンジン概要”. JAXA. 2016年2月18日閲覧。
  80. ^ H-2Aロケット6号機打上げ失敗”. 失敗知識データベース. 畑村創造工学研究所. 2016年2月18日閲覧。
  81. ^ H-IIAロケット固体ロケットブースタ認定型モータ燃焼試験(その2)の結果について-信頼性向上活動のまとめ-”. JAXA (2010年2月3日). 2010年2月4日閲覧。
  82. ^ 山田大輔 (2010年9月17日). “<H2Aロケット>受注増狙い大幅改良 3年後打ち上げ目標”. 毎日新聞. http://mainichi.jp/select/biz/news/20100917k0000m020114000c.html 2010年9月19日閲覧。 [リンク切れ]
  83. ^ a b c d e f g h i j k 基幹ロケット高度化 H-IIAロケットのステップアップ”. JAXA (2015年10月30日). 2018年10月15日閲覧。
  84. ^ a b c d e f g h JAXA's No.062”. JAXA (2015年7月1日). 2018年11月6日閲覧。
  85. ^ 三菱重工技報 Vol.51 H-IIA ロケットの高度化開発”. 三菱重工 (2014年). 2015年1月31日閲覧。
  86. ^ a b テレサット社(本社カナダ)の通信放送衛星打上げ輸送サービスを受注商業衛星の打上げ受注は初めて”. 三菱重工 (2013年9月26日). 2013年9月28日閲覧。
  87. ^ 2機の衛星を異なる軌道へ投入する「衛星相乗り機会拡大開発」のすべて マイナビニュース 2017年11月28日
  88. ^ a b 地上のレーダーに頼らない自律的な飛行も実現、進化するH-IIAとその未来 マイナビニュース 2017年11月30日
  89. ^ イプシロンロケット3号機について JAXA 2017年9月5日
  90. ^ a b c 我が国宇宙輸送システムを検討する視点 (PDF)”. 内閣府宇宙戦略室. pp. 31, 37 (2013年3月). 2016年2月18日閲覧。
  91. ^ 宇宙条約第6条・第7条および宇宙損害責任条約第2条
  92. ^ 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構法第22条
  93. ^ アリラン3号、日本のロケットに乗って宇宙へ…2011年予定”. 中央日報 (2008年10月31日). 2015年11月25日閲覧。
  94. ^ 【H2Aロケット成功】「性能に間違いはなかった」 関係者安堵の表情 韓国側も満面の笑み”. 産経biz (2012年5月18日). 2012年5月18日閲覧。
  95. ^ H-IIAロケット21号機による第一期水循環変動観測衛星「しずく」(GCOM-W1)および韓国多目的実用衛星3号機(KOMPSAT-3)の打上げ結果について”. JAXA (2012年5月18日). 2012年5月18日閲覧。
  96. ^ 打ち上げ成功おめでとう! H-IIAロケット29号機、通信衛星「テルスター12ヴァンテージ」の打ち上げに成功”. sorae.jp (2015年11月24日). 2015年11月26日閲覧。
  97. ^ “ドバイEIASTから衛星打上げ輸送サービスを受注 海外顧客から3件目” (プレスリリース), 三菱重工, (2015年3月9日), http://www.mhi.co.jp/news/story/1503095625.html 2016年7月16日閲覧。 
  98. ^ “UAEドバイのMBRSC から火星探査機打上げ輸送サービスを受注 海外顧客から4件目” (プレスリリース), 三菱重工, (2016年3月22日), http://www.mhi.co.jp/news/story/1603225739.html 2016年3月29日閲覧。 




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「H-IIA」の関連用語

1
ミシナミシンV 化学物質辞書
72% |||||


3
50% |||||

4
エナシロキシンIIa 化学物質辞書
50% |||||


6
イソタンシノンIIA 化学物質辞書
50% |||||

7
ククルビタシンIIa 化学物質辞書
50% |||||


H-IIAのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



H-IIAのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JAXAJAXA
Copyright 2020 Japan Aerospace Exploration Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのH-IIAロケット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS