2002年9月とは? わかりやすく解説

2002年9月

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 08:05 UTC 版)

日産・マーチ」の記事における「2002年9月」の解説

モンディアル・ド・ロトモビルパリサロン)に出品電動ハードトップ備えたオープンモデル「マイクラC+C」も併せて展示

※この「2002年9月」の解説は、「日産・マーチ」の解説の一部です。
「2002年9月」を含む「日産・マーチ」の記事については、「日産・マーチ」の概要を参照ください。


2002年9月

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/16 03:12 UTC 版)

マブチモーター社長宅殺人放火事件」の記事における「2002年9月」の解説

被害者の眼・口を粘着テープでふさぐ一方で手足縛らず、絞殺後に燃料撒いて放火するという手口は、捜査本部調べた結果過去の事件にも例がない特異なものだった。 また、犯人らはあらかじめ燃料缶準備するなど、周到な犯行計画性窺え半面、Bの絞殺には現場にあったネクタイを使うなど、場当たり的な面も見られた。 その上2階夫妻寝室から貴金属数点がなくなっていた一方で宝石箱手つかず多くの貴金属残っていたり、現金130万円預金通帳印鑑なども、そのまま残っているなど、捜査本部犯行動機を「物取り」か、「怨恨」か、絞り込めない状態が続いたそのため本事件発生から1カ月控えた2002年9月4日時点で明確な犯人像浮上せず、捜査難航していた。また、付近新聞販売店員が「事件前後の午後3時前・4時前の2度にわたって馬渕邸から数十m離れた路上で紺色キャップ被り黄色Tシャツ着た東南アジア系の男を見たいずれも、男は慌てた様子もなく、普通に歩いていた」と証言したが、捜査本部見方は「事件との関連性は薄い」というものだった一方で2002年9月4日捜査本部捜査結果現場残されていた燃料缶は、ガソリン・エンジンオイルの混合燃料入った2リットル燃料缶だったことが判明した燃料缶馬渕にあったものではなく表面残った文字などを鑑定した結果大阪市メーカーが、2000年暮れ頃商品化し、主に芝刈り機草刈り機燃料用として3月から9月期間限定で、年間5万本から6本ほど製造・販売していたもので、事件のあった2002年8月までに、全国で約86,000本が流通していた。この燃料缶購入者は、主に造園業者農業関係者らで、一般的な知名度それほど高くなかった遺体周辺からも前述のようにガソリン・オイルの成分検出されことから捜査本部は「犯人がこの燃料缶持参し中身撒いて火を点けた」とみて、重要な遺留品として販売ルート解明進めたが、製造番号焼け落ちていたため、扱った店までは特定できなかった。 また事件現場からは、犯行使われとみられる粘着テープ芯の燃えカス発見されたが、これは大量に出回っている物であり、特定は困難を極めたその一方地元では、「犯人外国人ではないか」という噂が立ったことから、「事件後になくなったりした怪し従業員はいないのに」(経営者)、客足遠のき売り上げ悪化した外国飲食店もあるなど、風評被害見られた。

※この「2002年9月」の解説は、「マブチモーター社長宅殺人放火事件」の解説の一部です。
「2002年9月」を含む「マブチモーター社長宅殺人放火事件」の記事については、「マブチモーター社長宅殺人放火事件」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「2002年9月」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

2002年9月のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



2002年9月のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの日産・マーチ (改訂履歴)、マブチモーター社長宅殺人放火事件 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS