キャップとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > キャップ > キャップの意味・解説 

キャップ【cap】

読み方:きゃっぷ

縁なし、また前面だけにつばのある帽子。→ハット

先端にかぶせる物。瓶のふたや万年筆のさやなど。


キャップ【CAP】


キャップ

《「キャプテン」の略》チームなどの長。


キャップ構造

同義/類義語:キャップ
英訳・(英)同義/類義語:cap, cap structure

RNAが受けるプロセシング一つで、5’末端塩基の三リン酸メチルGTPが5’−5向き結合した構造RNAの5’末端保護するための構造考えられている。

キャップ


キャップ

キャップ

棒針の端につけて編み目が針からはずれるのを防ぎます

キャップ(使用時)


キャップ

名前 KappCapCapp

キャップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/05 03:54 UTC 版)

キャップ (cap)




「キャップ」の続きの解説一覧

キャップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 01:37 UTC 版)

スターどっきり(秘)報告」の記事における「キャップ」の解説

本番組の司会進行役は「キャップ」と呼ばれていた。 初代:三波伸介 担当期間:1976年4月 - 1982年末(1982年12月急逝。) 三波急逝後、芳村真理おりも政夫司会による臨時編成総集編企画1回挿み1983年夏までの数回小野ヤスシ(「チーフレポーター」名義) 、 谷啓らを代理司会者(代理キャップ)に起用して番組続行2代目立川清登 担当期間:1983年秋 - 1984年レギュラー番組時代にもレポーターとして出演しており、三波死後番組カラー転換模索していたスタッフ意向応じ形で1983年の秋改編期特番から新キャップとして番組復帰した。ただし、コンサート活動舞台活動他のレギュラー番組出演などで当時多忙極めていたこともあり、わずか1年での降板となった(のち1985年末に急逝した。)。立川降板後も、三波急逝直後の時と同様にしばらく正式なレギュラー司会者は置かれ井上順堺正章露木茂(のちに正式に3代目キャップに就任。)が代理キャップ名義で司会進行担当した3代目露木茂当時フジテレビアナウンサー担当期間:1985年夏 - 1987年当初は、新キャップのキャスティング確定するまでのつなぎ出演であったが、視聴者番組出演者からの受けが良かったことからそのまま正式の番組キャップとして定着した4代目堺正章 担当期間:1985年スペシャル版 - 1989年スペシャル版 前任者露木茂後任となった小野ヤスシと被る期間が一時期あったがキャップとしてではなく司会という肩書き進行務めた5代目小野ヤスシ 担当期間:1987年春 - 1996年末 番開始時からレポーターとして出演し三波急逝後に数回にわたって代理司会務めた。その功績買われる形で正式のキャップとして起用されることになった。キャップに昇格してからも、回によっては「若手レポーター見本を示す」という名目下に自らリポーター買って出ることもあった。 6代目堂本剛KinKi Kids)、堂本光一KinKi Kids)、田代まさし松本明子 担当期間:1997年4月 - 1997年9月スターどっきり大作戦このうち、キャップ格のキャストとして扱われていたのはKinki Kidsであったが、事実上の進行役は「チーフレポーター」格の田代松本務めていた。1997年以降はレポータースタジオ進行として出演した7代目志村けん中山秀征 担当期間:1997年末 - 1998年8代目露木茂菊間千乃いずれも当時フジテレビアナウンサー担当期間:2001年同年9月28日放送総集編SPのみ) 露木司会としての出演12年ぶり。

※この「キャップ」の解説は、「スターどっきり(秘)報告」の解説の一部です。
「キャップ」を含む「スターどっきり(秘)報告」の記事については、「スターどっきり(秘)報告」の概要を参照ください。


キャップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/04 17:05 UTC 版)

人造人間ハカイダー」の記事における「キャップ」の解説

反政府ゲリラリーダー格

※この「キャップ」の解説は、「人造人間ハカイダー」の解説の一部です。
「キャップ」を含む「人造人間ハカイダー」の記事については、「人造人間ハカイダー」の概要を参照ください。


キャップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/17 05:13 UTC 版)

ウルトラマンコスモス THE FIRST CONTACT」の記事における「キャップ」の解説

危険度が低い調査任務際に身分証明用に被るが、特殊機能などはない。

※この「キャップ」の解説は、「ウルトラマンコスモス THE FIRST CONTACT」の解説の一部です。
「キャップ」を含む「ウルトラマンコスモス THE FIRST CONTACT」の記事については、「ウルトラマンコスモス THE FIRST CONTACT」の概要を参照ください。


キャップ(キャップ人)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/08 15:53 UTC 版)

トリポッド・シリーズ」の記事における「キャップ(キャップ人)」の解説

学研版では「頭の輪」。これを付けられた者がキャップ人と呼ばれている。金属のワイヤーメッシュでできている(当初はゴム使用されていた)。

※この「キャップ(キャップ人)」の解説は、「トリポッド・シリーズ」の解説の一部です。
「キャップ(キャップ人)」を含む「トリポッド・シリーズ」の記事については、「トリポッド・シリーズ」の概要を参照ください。


キャップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/28 01:47 UTC 版)

サッカードイツ民主共和国代表」の記事における「キャップ」の解説

下記は、ドイツ民主共和国表の歴代出場試合数リストである。ここではドイツサッカー連盟(DFB)の公式サイト記載され数字記述するが、この記録には国際サッカー連盟(FIFA)の公式記録からは除外されているオリンピックでの10試合含まれている。なお、FIFAによる記録括弧内に記述されている。 位名前キャップ数期間1 ヨアヒム・シュトライヒ 102 (98) 1969-1984 2 ハンス=ユルゲン・デルナー 100 (96) 1969-1985 3 ユルゲン・クロイ 94 (86) 1967-1981 4 コンラート・ヴァイゼ 86 (78) 1970-1981 5 エベラルト・フォーゲル 74 (69) 1962-1976 6 ベルント・ブランシュ 72 (64) 1967-1976 7 ペーター・デュッケ 68 (63) 1960-1975 8 マルティン・ホフマン 66 (62) 1973-1981 8 ローター・クルビュヴァイト 66 (59) 1970-1981 10 ロナルト・クレエル 65 (65) 1982-1989

※この「キャップ」の解説は、「サッカードイツ民主共和国代表」の解説の一部です。
「キャップ」を含む「サッカードイツ民主共和国代表」の記事については、「サッカードイツ民主共和国代表」の概要を参照ください。


キャップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 12:33 UTC 版)

カスタムロボ」の記事における「キャップ」の解説

第一作主人公達の住む街にあるロボステーションの所長。「みんなにはキャップと呼ばれているよ」と自己紹介するが、本名不明フィールド上のモデル固有のものだが顔アイコンはもっておらずストーリーにも絡んでこないため出番少ない。『V2』にも一応登場する

※この「キャップ」の解説は、「カスタムロボ」の解説の一部です。
「キャップ」を含む「カスタムロボ」の記事については、「カスタムロボ」の概要を参照ください。


キャップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/14 09:09 UTC 版)

万年筆」の記事における「キャップ」の解説

万年筆のキャップはペン先保護するとともにインク乾かないように密閉しておく役割も持つ。このため気密構造になっている。キャップの固定方法ネジ式と呼ばれるものになっているものが主流であるが、低価格のものを中心に嵌合式(パチン音が鳴るまで嵌め込み固定するもの)のものも多い。嵌合の場合、胸のポケット入れて携行する場合外れてインクが服に染み出すことや、勢いよくキャップを抜いたときの負圧ペン先からインク飛び出すという事故が発生することもある。

※この「キャップ」の解説は、「万年筆」の解説の一部です。
「キャップ」を含む「万年筆」の記事については、「万年筆」の概要を参照ください。


キャップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/18 02:20 UTC 版)

ウェールズの服飾」の記事における「キャップ」の解説

モブキャップとしても知られて、キャップは、麻や綿でつくられ、頭を覆っている。飾りひだたたまれた布が顔のあたりにある。肩下ぐらいで正面にかかる長いラペットがついていたものもある。

※この「キャップ」の解説は、「ウェールズの服飾」の解説の一部です。
「キャップ」を含む「ウェールズの服飾」の記事については、「ウェールズの服飾」の概要を参照ください。


キャップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/11 21:20 UTC 版)

オプション取引」の記事における「キャップ」の解説

変動金利に対して支払金の上限を設定することができるオプション取引である。

※この「キャップ」の解説は、「オプション取引」の解説の一部です。
「キャップ」を含む「オプション取引」の記事については、「オプション取引」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「キャップ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

キャップ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 23:20 UTC 版)

名詞1

キャップ

  1. 縁なしまたは前面につばのある帽子
  2. ふた
  3. 鉛筆ペン使わない時に先端にかぶせるさや。
  4. 金融用語)上限
  5. 数学共通集合俗称
  6. サッカーで、国際Aマッチ出場回数ラグビーで、テストマッチ出場回数

語源

名詞2

キャップ

  1. 統率者責任者
  2. 主将
  3. 船長

語源


「キャップ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



キャップと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「キャップ」に関係したコラム

  • CFDで取り扱う株価指数の一覧

    CFDで取り扱う株価指数には、日経平均株価(日経225)やNYダウ平均、S&P500、ナスダック100といった株価指数の値動きを反映する銘柄があります。CFDで取り扱う株価指数は、その国の財政状況や経...

  • 世界の株価指数一覧

    株価指数は、証券取引所に上場している銘柄を一定の基準で選出し、それらの銘柄の株価を一定の計算方法で算出したものです。例えば、日本の株価指数の日経平均株価(日経平均、日経225)は、東京証券取引所(東証...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



キャップのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
協同組合西日本帽子協会協同組合西日本帽子協会
Copyright (C) 2022 協同組合西日本帽子協会 All rights reserved.
日本ヴォーグ社日本ヴォーグ社
Copyright (c) NIHON VOGUE-SHA Co., Ltd. All Right Reserved
すずらん工房すずらん工房
Copyright (c) 2000-2022 BOW All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのキャップ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのスターどっきり(秘)報告 (改訂履歴)、人造人間ハカイダー (改訂履歴)、ウルトラマンコスモス THE FIRST CONTACT (改訂履歴)、トリポッド・シリーズ (改訂履歴)、サッカードイツ民主共和国代表 (改訂履歴)、カスタムロボ (改訂履歴)、万年筆 (改訂履歴)、ウェールズの服飾 (改訂履歴)、オプション取引 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのキャップ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS