3代目とは? わかりやすく解説

3代目(2011年-2016年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/08 05:01 UTC 版)

ルノー・サフラン」の記事における「3代目(2011年-2016年)」の解説

詳細は「ルノー・ラティテュード」を参照 2代目後継として、3代目SM5ルノー版であるラティテュードあてがわれる格好となった発売地域2代目同様、中東地域のみ)。メカニズム外装ともラティテュードと同じである。生産2代目同様、ルノーサムスン釜山工場担当2016年まで生産・販売続けられ後継車種であるタリスマン登場に伴い廃止

※この「3代目(2011年-2016年)」の解説は、「ルノー・サフラン」の解説の一部です。
「3代目(2011年-2016年)」を含む「ルノー・サフラン」の記事については、「ルノー・サフラン」の概要を参照ください。


3代目 (2003-2004年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/15 04:14 UTC 版)

マーキュリー・マローダー」の記事における「3代目 (2003-2004年)」の解説

グランドマーキー高性能バージョンとして2003年モデルからマローダーの名称が復活2002年9月より発売開始された。ベースであるグランドマーキスと比較してサスペンションブレーキ強化され、またLSDが装備されたことによりハンドリングはスポーティなものとなっている。フロントに235/50ZR18、リアに245/55ZR18のタイヤを履く鍛造アルミホイール標準装備される。エンジンフォード・サンダーバードリンカーン・マークVIII搭載されいたものと同じV型8気筒DOHC4600ccを搭載。ただしコールドエアインテークシステムなどを装備し300馬力発生するデザイン基本的にグランドマーキスからメッキ装飾廃し、ヘッドライトベゼルも含めブラックアウト化したもの。またバンパー専用デザイン用意されフロントバンパーには丸型フォグランプビルトインされているが、マーキュリーらしく派手さはない。内装もまたマーキュリーらしく本革シート内張り採用され豪華な装備となっている。 マローダー復活は、マーキュリーブランドイメージ浮上を担うモデル1つというフォード思惑があった。しかしその思惑とは裏腹に販売極度不振であり、2代目同様に2年間で生産終了した。総生産台数11,052台であった2002年にはバリエーションとして2ドアコンバーチブルがコンセプトモデルとして発表された。発売は確実と目されいたものの、マローダー販売不振により幻のモデルとなった

※この「3代目 (2003-2004年)」の解説は、「マーキュリー・マローダー」の解説の一部です。
「3代目 (2003-2004年)」を含む「マーキュリー・マローダー」の記事については、「マーキュリー・マローダー」の概要を参照ください。


3代目(MF10)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/21 06:58 UTC 版)

ホンダ・フォルツァ」の記事における「3代目(MF10)」の解説

2007年12月25日MF08型からフルモデルチェンジされ発売型式名JBK-MF10。車体デザイン以外の主な変更点を以下に示す。 Sマチック搭載フォルツァZならびにABSのみとする 自動車排出ガス規制適合させるためエンジンの弁機構を4バルブ変更した「Evolver 4V」の搭載 新設フレーム採用 前輪ディスクブレーキ取付位置左側から右側移設 負荷判別制御つきCVTホンダSマチックEVO」を搭載 スイングユニット取り付け部に「CCリンク追加 フロント収納部の引き出し方法ノブ式→プッシュ式に変更 インストルメントパネル意匠変更 LEDテールランプ廃止 希望価格 フォルツァZ:\693,000 フォルツァZ ABS:\756,000

※この「3代目(MF10)」の解説は、「ホンダ・フォルツァ」の解説の一部です。
「3代目(MF10)」を含む「ホンダ・フォルツァ」の記事については、「ホンダ・フォルツァ」の概要を参照ください。


3代目(カローラシリーズ通算4代目)(TE71型、1979年-1983年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/18 06:30 UTC 版)

トヨタ・カローラレビン」の記事における「3代目(カローラシリーズ通算4代目)(TE71型、1979年-1983年)」の解説

1979年3月フルモデルチェンジ。2T-GEU型エンジン搭載されカローラボディは、ノッチバックの2ドアハードトップ、2種類の3ドアハッチバック(ハッチバッククーペリフトバック)及び4ドアセダン4タイプこの内レビン」の名が冠されたのは3ドアハッチバックの2T-GEU型搭載モデルのみで、4ドアセダンと2ドアハードトップ、リフトバックの2T-GEU型搭載モデルは、単に「GT」と名付けられた。1981年8月マイナーチェンジ後期型に。燃焼室が多球孔式に改められ、スーパーハードサスペンションとLSDを装着、スチールバンパーやその他装備見直し車重軽くしたモータースポーツベース車両の「レビンS」と、脱着サンルーフミシュランタイヤ装備したレビンAPEX」が追加されている。

※この「3代目(カローラシリーズ通算4代目)(TE71型、1979年-1983年)」の解説は、「トヨタ・カローラレビン」の解説の一部です。
「3代目(カローラシリーズ通算4代目)(TE71型、1979年-1983年)」を含む「トヨタ・カローラレビン」の記事については、「トヨタ・カローラレビン」の概要を参照ください。


3代目(2008年-2016年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/27 00:01 UTC 版)

イヴェコ・ユーロカーゴ」の記事における「3代目(2008年-2016年)」の解説

2008年登場

※この「3代目(2008年-2016年)」の解説は、「イヴェコ・ユーロカーゴ」の解説の一部です。
「3代目(2008年-2016年)」を含む「イヴェコ・ユーロカーゴ」の記事については、「イヴェコ・ユーロカーゴ」の概要を参照ください。


3代目(2016年-)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/02 08:06 UTC 版)

シトロエン・ジャンピー」の記事における「3代目(2016年-)」の解説

3代目は2016年発表された。乗用版はスペースツアラーとして独立した

※この「3代目(2016年-)」の解説は、「シトロエン・ジャンピー」の解説の一部です。
「3代目(2016年-)」を含む「シトロエン・ジャンピー」の記事については、「シトロエン・ジャンピー」の概要を参照ください。


3代目(2016年-)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/03 07:12 UTC 版)

プジョー・エキスパート」の記事における「3代目(2016年-)」の解説

2016年発表された。乗用版はトラベラーとして独立した

※この「3代目(2016年-)」の解説は、「プジョー・エキスパート」の解説の一部です。
「3代目(2016年-)」を含む「プジョー・エキスパート」の記事については、「プジョー・エキスパート」の概要を参照ください。


3代目 (2007-2012年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/28 20:41 UTC 版)

ビュイック・パークアベニュー」の記事における「3代目 (2007-2012年)」の解説

2007年4月中国市場にて「ロイアム」の後継車種として販売開始した。「GM大宇・ベリタス」をベースとして、上海GM製造・販売担当している。

※この「3代目 (2007-2012年)」の解説は、「ビュイック・パークアベニュー」の解説の一部です。
「3代目 (2007-2012年)」を含む「ビュイック・パークアベニュー」の記事については、「ビュイック・パークアベニュー」の概要を参照ください。


3代目(1998年 - 2018年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/20 23:20 UTC 版)

スズキ・ジムニー」の記事における「3代目(1998年 - 2018年)」の解説

2018年6月18日ティザーサイト公開され発売日概要など公表された。同年7月5日正式にフルモデルチェンジ発表発売開始された。今回はジムニー・ジムニーシエラ同時にフルモデルチェンジとなる。当初月間目標販売台数3000であったが、予想反して受注1万5000台を上回り納車待ち発生する事態となった。[要出典] また、スズキ車で初めて、燃料消費率WLTCモード対応している2018年10月3日には、2018年度グッドデザイン賞において、特に優れたデザイン与えられるグッドデザイン・ベスト100」に選出され同年10月31日スズキでは初となるグッドデザイン金賞経済産業大臣賞)を受賞した2018年9月19日ユーロNCAP発表した衝突安全試験結果によると獲得した星は三つ評価となった2019年4月17日ワールドカーオブザイヤーWCOTY主催団体は、米国開幕したニューヨークモーターショー2019において、「2019ワールドアーバンカーオブザイヤー」を新型スズキジムニー』(Suzuki Jimny)に授与する発表した世界カーオブザイヤーワールドアーバンカー賞を日本車受賞する事は史上初となる。 2021年7月現在では納車待ちが8か月から10か月となっている。[要出典] JB64W型 3代目から継承されラダーフレーム構造には、Xメンバー前後にクロスメンバーが追加されたほか、車体ラダーフレームをつなぐボディーマウントゴムが大型化された。また、ヒルホールドコントロールと下り坂でのブレーキ自動制御機能であるヒルディセントコントロール標準装備され、ステアリングダンパー追加された。エンジンジムニー史上初の専用チューニング施されたR06A型ターボエンジン搭載され4WD機構先代JB23-4型以来となる機械式副変速機付に戻された。 3代目ではボディ剛性確保目的リアウインドウ前方側下が一部斜めに切り取られていたため後方視界犠牲になっていたが、4代目では完全な四角形となった安全装備では、単眼カメラ+赤外線レーザーレーダー方式衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート」をはじめ、誤発進抑制機能(4ATのみ)、車線逸脱警報機能ふらつき警報機能ハイビームアシスト先行車発進お知らせ機能標識認識機能採用された(グレードにより、標準装備又は「スズキ セーフティ サポート」としてメーカーオプション設定)。ジムニー標識認識機能車両進入禁止加えはみ出し通行禁止最高速度にも対応した改良型となる。さらに、エアバッグ運転席助手席加え、フロントシートサイドとカーテン加わって6つとなった外観2代目に近いスクエア形状ボディとなったほか、丸形ヘッドランプ初代2代目から、同じく丸型独立配置されたターンランプ(ウィンカー)は初代から、5スロットグリルは3代目(3型まで)からと、歴代モデルデザインが採り入れられている。また、純正アクセサリー用意されているダークグレーメタリック塗装フロントグリル2代目第2期の「ジムニー1300(JA51型)」のデザインベースとなっており、通常のSマークではなく、「SUZUKIロゴとなる。 ボディカラー大幅に拡充されており、3代目から「シルキーシルバーメタリック」と「スペリアホワイト」の2色が踏襲され、青系は「ノクターンブルーパール」から「ブリスクブルーメタリック」に差し替えられた。さらに、他の車種で既採用済みの「シフォンアイボリーメタリック」「ミディアムグレー」「ブルーイッシュブラックパール3」「ピュアホワイトパール(オプションカラー)」、新規色となる「キネティックイエロー」と「ジャングルグリーン」を加えた9色となった新規色は森林組合狩猟関係者意見反映し選定された。さらに、2トーンルーフが新設定され、ブラック2トーンルーフが3色用意されるほか、「キネティックイエロー」には、ルーフ加えてボンネットAピラーブラックとしたブラックトップ2トーン受注生産設定されるグレード体系は3代目から踏襲され、普及仕様XG」と上級仕様XC」に加え、3代目の3型まで設定されていた量販仕様の「XL」が約17年ぶりに復活し、3グレード展開となった。なお、「XG」はモノトーンカラー4色のみの設定ブラック2トーンルーフとブラックトップ2トーンは「XC」のみの設定となる。また、白系色はグレードによって異なり、「XG」と「XL」は「スペリアホワイト」、「XC」は「ピュアホワイトパール」となる。 JB64W-2型 2021年9月16日ジムニーシエラと共に一部仕様変更発表2型となった10月20日発売)。 オートライトシステムとライト自動消灯システムが「スズキ セーフティ サポート」から切り離され全車標準装備されたほか、4AT車には2WD走行停車時に作動するアイドリングストップシステムを搭載し燃料消費率を向上。スペアタイヤロアカバーが追加された。 JB64W-3型 2022年6月20日ジムニーシエラと共に一部仕様変更発表3型となった7月20日発売)。 停車時アイドリングストップシステムを5MT車にも拡大して標準装備され、それに伴って一部のインパネスイッチのレイアウト等を変更5MT車の停車時アイドリングストップシステムはシフト位置をN(ニュートラル)に戻しクラッチペダルから足を離すことでエンジン自動停止する。これにより、燃料消費率向上された。それ以外にも、「XG」と「XL」は従来メーカーオプション設定だった「スズキ セーフティ サポート」の装備品全て標準装備化された。

※この「3代目(1998年 - 2018年)」の解説は、「スズキ・ジムニー」の解説の一部です。
「3代目(1998年 - 2018年)」を含む「スズキ・ジムニー」の記事については、「スズキ・ジムニー」の概要を参照ください。


3代目 (2007-2014年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/21 19:52 UTC 版)

シボレー・タホ」の記事における「3代目 (2007-2014年)」の解説

2005年末、2007年モデルとして発売開始した2005年GMクライスラーハイブリッドシステム共同開発することに合意したことにより、同時にハイブリッドモデル販売開始した同年11月ロサンゼルスオートショーにおいて「グリーン・カー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれた。 このモデル初めて、メキシコでも「タホ」の名称を使用した

※この「3代目 (2007-2014年)」の解説は、「シボレー・タホ」の解説の一部です。
「3代目 (2007-2014年)」を含む「シボレー・タホ」の記事については、「シボレー・タホ」の概要を参照ください。


3代目 (2014-2021)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/15 01:15 UTC 版)

シュコダ・ファビア」の記事における「3代目 (2014-2021)」の解説

シュコダ・ファビアR5」も参照 2014年 パリモーターショーデビューモータースポーツへ参加継続して活発に行われており、WRC2ヨーロッパラリー選手権などのラリー競技に、3代目ファビアをベースとしたFIA-R5車両シュコダ・ファビアR5)がプライベーター向けに販売されている。 日本でもCUSCO炭山裕矢がアジアパシフィックラリー選手権APRC王者獲得2021年には全日本ラリー選手権にも登場し福永修が2勝を飾っている。

※この「3代目 (2014-2021)」の解説は、「シュコダ・ファビア」の解説の一部です。
「3代目 (2014-2021)」を含む「シュコダ・ファビア」の記事については、「シュコダ・ファビア」の概要を参照ください。


3代目 (2004-2014年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/10 15:01 UTC 版)

オペル・アストラ」の記事における「3代目 (2004-2014年)」の解説

2009年フランクフルトモーターショーにて発表されるシボレー・クルーズと同じGMデルタIIプラットフォーム採用するスタイリングは、前年登場したインシグニアと強い共通性持ったものになっている。5ドアハッチバックが先行で、モデルチェンジ果たし3ドアハッチバックやカブリオなどは2011年中に登場する予定。本来のモデル名「I」であり、オペルオフィシャルティーザービデオでも「I」使われていたが数字の1と紛らわしくアストラ1st混同されるのを危惧し、「J」となった同年11月中国市場にてバッジエンジニアリング車がビュイック・エクセルXTとして、そして北米市場ではビュイック・ベラーノとして発表された。また、遅れてオセアニア市場においてもホールデン・アストラとして販売している。 2010年10月ワゴン登場従来ワゴンキャラバンエステートという呼称使わずスポーツツアラーという呼称変更している。ハッチスタイリング継承しながらも、リアゲートから操作できるリアシートアレンジ、チルトアップするトノカバーなど、細かい使い勝手工夫図られており、オペルのインサイドファースト設計引き継がれている。 2010年10月パリモーターショーにてASTRA GTC Paris Concept発表 コンセプトエレガンススポーツ290馬力ターボエンジン搭載しつつ、カリグラフィックデザインを施したシートドアヒンジからリア伸びる「ヒップアップライン」など美を追求している。それでいて5人乗車空間確保している。アストラF時代人気GSiグレード彷彿させる。2011年には3ドアアストラGTCとして投入され2013年にはツイントップの後継がアストラシリーズから独立してカスケーダの名で投入された。 なお、日本国内では、2006年5月8日付けオペル撤退しており、このモデル正規輸入はされていない

※この「3代目 (2004-2014年)」の解説は、「オペル・アストラ」の解説の一部です。
「3代目 (2004-2014年)」を含む「オペル・アストラ」の記事については、「オペル・アストラ」の概要を参照ください。


3代目 (1996–1999年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/15 04:02 UTC 版)

フォード・トーラス」の記事における「3代目 (19961999年)」の解説

1996年より販売開始内外装は勿論エンジン・駆動系統も新しく再設計された。ただしプラットフォーム自体先代のD186を改良したのであるエンジン旧来からのV6OHVと新設計の3.0L・V6DOHC。 当時フォード推し進めていたデザインテーマであるオーバル・デザインを採用し有機物の様な曲線多用したデザイン特徴。しかしこのオーバル・デザインが不評で、アメリカとカナダメキシコ3つの主要市場での販売不調であり、同セグメントトップの座をホンダ・アコードトヨタ・カムリ引き渡すこととなった内装同様にオーバル形状多用したが、オーディオやエアコンスイッチなどが直感的に操作しくいものとなり、不評であった。またオーディオ自体DIN規格はないため、社外品オーディオ等に交換することができないなどの問題があった。 日本マーケット意識し右ハンドルモデル初登場したにもかかわらず、このデザイン日本人にも受け入れられ国内販売も振るわなかった。さらにボディサイズ先代よりも一回り大きくなり(特に全長5mオーバーとなった)国内での取り回し不便になった、アメリカ車魅力でもあるベンチシート&コラムシフトモデルが国内輸入版では皆無だった、などの要因もある。ヘッドライト形状から一部日本オーナーの間では「丸目」や「ウーパールーパー」と呼ばれ親しまれた。 なお、アジア・オセアニア仕様アメリカ仕様ではヘッドランプ及びバンパーデザイン違いがあり、アジア・オセアニア仕様保安基準の関係でフロントマスクが姉妹車セーブルのようなデザインとなっている。1999年生産終了セダンリアワゴンリアワゴン日本仕様

※この「3代目 (1996–1999年)」の解説は、「フォード・トーラス」の解説の一部です。
「3代目 (1996–1999年)」を含む「フォード・トーラス」の記事については、「フォード・トーラス」の概要を参照ください。


3代目(W447)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/21 05:05 UTC 版)

メルセデス・ベンツ・Vクラス」の記事における「3代目(W447)」の解説

2014年1月発表された。エンジン2.1リットル直列4気筒ディーゼルターボのみで136PS、163PS、190PSの3種類の出力から選択できる2015年10月10日日本仕様車フルモデルチェンジ発表し同日より注文受付開始した販売2016年1月からとなる。日本仕様車全車ディーゼルターボのみの設定となったが、ポスト新長期規制平成22年排出ガス規制)に適合するために、日本仕様車専用開発した2.2リットル直列4気筒ブルーテックエンジンの651型を採用したまた、トランスミッションは7速に多段化したAT「7G-TRONIC PLUS」を採用したことで、2代目比べて燃費性能を向上させた。 外観はアローシェイプのボンネットスリーポインテッドスター中央配したラジエターグリルと連なるフロントマスクを形成したほか、一部グレードを除く全車ヘッドライトLED化し走行状況天候により配光モード自動切替する「LEDインテリジェントライトシステム」を採用シートは2列目が独立シート、3列目がベンチシートとなり、それぞれ着脱式としたことで、2列目の向き後ろにして対面式にしたり、後席を2列目の独立シートのみにしてショーファードリブン仕様にしたり、2列目・3列目をすべて外して荷物積載するなどアレンジが可能で、安全性両立するため、2列目・3列目のシートは各席に装備した3点式シートベルト一体化した最新鋭装備導入され複数安全装備構成された「レーダーセーフティパッケージ」を設定したほか、駐車車庫入れ支援する装備として、360°カメラシステム・アクティブパーキングアシスト・パークトロニックを全車標準装備。さらに、各種機能車両設定タッチパッド操作する「COMANDシステム」も装備したまた、日本向け純正アクセサリー開発し、リアエンターテイメントシステム、室内頭上衣服などの軽い小物類収納することができるオーバーヘッドスペースネット、シートレール装着するロードバイク運搬用の車内用バイシクルホルダー、リアゲート装着して使用するターフ&カーテンセット(テールゲートテント)などが用意されるグレード体系刷新され、全長4,905mmの標準ボディ仕様装備内容厳選した廉価仕様の「V220 d トレンド受注生産)」と標準仕様の「V220 d」の2グレードに、全長5,150mmのロングボディ仕様は「V220 d アバンギャルド ロング」となり、新たに全長5,380mmのエクストラロングボディ仕様「V220 d アバンギャルド エクストラロング」が追加され、4グレードとなった日本での価格標準価格550万円(税込)~819万円(税込)。 2016年6月1日一部改良尿素水溶液AdBlueアドブルー)」タンク容量従来の11.5Lから2倍以上となる25Lに大型化したことで補充サイクル伸ばし、約20,000kmまで継続走行ができるようになった併せて既存の「V220 d アバンギャルド ロング」をベースに、AMGデザインエクステリア(フロントスポイラーリアバンパー、リアルーフスポイラー)、専用19インチAMG7ツインスポークアルミホイール、カーボン調インテリアトリム、ステンレスアクセル&ブレーキペダル(ラバースタッド付)を装備するとともに、パノラミックスライディングルーフ(挟み込み防止機構付)とレーダーセーフティパッケージも標準装備した新グレード「V220 d スポーツ ロング」を追加設定した。 2017年7月5日に新グレードとして「V220 d スポーツ」を追加発表当日より注文受付開始配車同年9月頃を予定)。2016年6月追加設定した「V220 d スポーツ ロング」の標準ボディ仕様にあたり、同グレード同じくAMGライン」を採用また、通常有償オプションとなっているメタリックペイントは、一部除いて無償設定可能である。 2018年2月2日に新グレードとして「V220 d Marco Polo HORIZONマルコ ポーロ ホライズン)」を追加発表当日より注文受付開始配車同年7月頃を予定)。2名まで使用可能なベッドやリーディングライトを備えたポップアップルーフが追加装備され、3列目シートフルフラット機構を、前席(運転席助手席)に回転機構それぞれ追加。「レーダーセーフティパッケージ」は標準装備される。日本での価格標準価格846万円(税込)。 同年11月5日限定車「V260 ロング」が発表された(発表当日より注文受付開始配車2019年1月ごろを予定)。エンジンに3代目では初となるガソリンエンジンとして、2.0Lの直噴ガソリンターボエンジンM274型を搭載したほか、グレーペイント18インチ5スポークアルミホイール、センターコンソールアンダーボックス(ドリンクホルダー、カバー付)、「レーダーセーフティパッケージ」を特別装備した。ボディカラーは「オブディシアンブラック」と「ロッククリスタルホワイト」の2色で、各色125台ずつ・250台の限定販売となる。 2019年10月24日マイナーチェンジ発表された(発表当日より注文受付開始配車はアバンギャルドロングは2020年1月頃、それ以外グレード同年春頃からとなる)。フロントフェイスが刷新され、フロントバンパーエアインテーク3つから1つ集約して開口部拡大され左右にクローム配することでスポーティーデザインとなり、オプション設定AMGライン装着した場合、ラジエターグリルがシングルルーバーのダイヤモンドグリルとなる。内装は「V220 d」を除くグレードに、ヘッドレストクッション・オットマン・リラクゼーション機能等の快適装備をはじめ、シートヒーターやシートベンチレーターを備えたエクスクルーシブシート(ブラックまたはベージュ選択可能)を採用した「エクスクルーシブシートパッケージ」が新たにオプション設定された。エンジンは2.2Lの「OM651」から2.0Lの「OM654」に一新され安全装備強化され対向車先行車を検知し、他の車両当たらないように自動的に照射範囲制御しながら最大視界確保するとともに道路標識などにハイビーム反射する場合には自動的に減光して眩惑防止するアダプティブハイビームアシスト・プラスが標準装備され、メーカーオプションの「レーダーセーフティパッケージ」には歩行者検知機能備えたアクティブブレーキアシストが追加された。グレード体系整理され、「V220 d」・「V220 d アバンギャルド ロング」・「V220 d アバンギャルド エクストラロング」の3種となった併せて特別仕様車「V260 アバンギャルド ロング」も設定された。以前発売されていた「V260 ロング」同様、2.0L直列4気筒直噴ターボエンジン搭載したガソリンモデルで、「レーダーセーフティパッケージ」が標準装備されるほか、「AMGライン」、ブラック本革シート冷蔵庫センターコンソール冷温カップホルダー、「エクスクルーシブシートパッケージ」も標準装備される。ボディカラー限定色の「グラファイトグレー」が採用された。105台の限定販売となる。 2020年5月21日2018年2月発売された「V220 d Marco Polo HORIZON」が新仕様再発売された。2018年2月発売モデルからの変更点として、ルーフ右側ロールアップ機能備えたサイドオーニング装着され、2列目シートにはシートヒーターとシートベンチレーターを追加運転席下にはエンジン停止時に自動でメインバッテリーと切り離して稼働しエンジン始動時充電開始するサブバッテリーが搭載されフロント運転席助手席を除く全てのウィンドウカーテン装備された。 同年7月13日一部改良従来メーカーオプション設定となっていた安全運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ」が標準装備化され同時にダッシュボード中央に10.25インチワイドスクリーンと自然対話音声認識機能備えた対話型インフォテインメントシステム「MBUX」が搭載された。 2021年1月13日、「V220 d Marco Polo HORIZON」を一部改良同日より予約注文受付開始納車同年1月末頃の予定)。2020年7月改良モデル同様に対話型インフォテインメントシステム「MBUX」が搭載された。 同年7月29日一部改良納車は「V220 d Marco Polo HORIZON」のみ2022年第1四半期そのほかモデル同年8月予定)。「レーダーセーフティパッケージ」に並列駐車スペースから後退して出庫する際、後方を横切る車を検知しドライバー注意を促すとともに必要に応じて自動ブレーキ作動も行うリアクロストラフィックアラートを追加スマートフォンケーブル接続することで、車両側のメディアディスプレイでスマートフォンアプリの使用が可能となるスマートフォン連携機能標準装備された。また、「V220 d アバンギャルド ロング」と「V220 d アバンギャルド エクストラロング」にオプション設定されている「エクスクルーシブパッケージ」は2列目のエクスクルーシブシートにおいて、シート素材をナッパレザーへ変更カップホルダーUSBポート・スマートフォン用トレイ小物入れ追加された。 2022年2月18日一部改良エンジン改良施されシリンダーブロックピストン熱膨張率異な素材採用され表面コーティング「NANOSLIDER」の導入により摩擦低減排出ガス浄化経路短縮化やsDPF(選択触媒還元コーティング粒子状物質除去フィルター)を採用するなど排気浄化性能向上された。トランスミッションは9速に多段化した「9G-TRONIC」へ変更したまた、モデル夜間のドア開閉の際にフロントドア下部から照射されるブランドロゴプロジェクターライトとフロントシート太もも下部分の座面長の調整可能な座面長延機能標準装備した。なお、原材料費の高騰等に対応するため、メーカー希望小売価格見直されモデルにより4957万円10%当の消費税を含む)値上げされた。併せて、新モデルとして「V220 d エクスクルーシブ ロング プラチナスイート」を追加内装専用アルミニウムインテリアトリム、ナッパレザーシート、レザーARTICOダッシュボード採用し、前席にはシートベンチレーターを装備ルームミラーは後席の同乗者や大きな荷物見えにくくなる車両後方視界補助しスイッチ操作通常モード切り替え可能なデジタルルームミラーを装備運転席助手席の間には容量3.2Lの冷蔵庫センターコンソール装備されセンターコンソール後方には温冷機能カップホルダー装備。2列目シートカップホルダーUSBポートスマートフォントレイ小物入れなどを備えたエクスクルーシブシートが標準となり、前席背面部にシートバックテーブルが装備された。 2022年7月21日原材料費の高騰等に対応してメーカー希望小売価格改定を行うとともに、新モデルとして「V220 d アバンギャルド エクストラロング ブラックスイート」の追加発表同日より予約注文受付開始8月納車予定)。既存の「V220 d アバンギャルド エクストラロング」をベースに、外観フロントまわり(グリル・バンパー)やサイドミラーにブラックアクセントを施し専用のブラックペイント19インチAMG7ツインスポークアルミホイールを採用内装はインテリアトリムをカーボン調、シートは全席ナッパレザーとし、ブラックのルーフライナーを装備また、「V220 d エクスクルーシブ ロング プラチナスイート」同様、前席シートベンチレーター、デジタルルームミラー、冷蔵庫センターコンソール、温冷機能カップホルダー、2列目エクスクルーシブシート、シートバックテーブルも装備される。 グレードエンジン排気量最高出力最大トルク変速機駆動方式V 220 dV 220 d アバンギャルド ロングV 220 d アバンギャルド エクストラロングV 220 d マルコ ポーロ ホライゾンV 220 d エクスクルーシブ ロング プラチナスイートV 220 d アバンギャルド エクストラロング ブラックスイート OM654型 DOHC 直列4気筒ターボチャージャー付 1,951cc 163PS(120KW) / 380Nm 9速AT FR

※この「3代目(W447)」の解説は、「メルセデス・ベンツ・Vクラス」の解説の一部です。
「3代目(W447)」を含む「メルセデス・ベンツ・Vクラス」の記事については、「メルセデス・ベンツ・Vクラス」の概要を参照ください。


3代目(2ドア 1987 - 1995年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ()

クライスラー・ルバロン」の記事における「3代目(2ドア 1987 - 1995年)」の解説

ルバロン・クーペとコンバーチブル4ドアよりいち早く1987年フルモデルチェンジ行った。この時点2ドア4ドアは名前は同じもののプラットフォーム共有はしなくなっていた。大きさはコンパクトサイズからミッドサイズに大型化したが、そのモダンでエアロダイナミックなデザイン性能などで先代負けない人気博したメキシコでは4ドアルバロン区別するため「クライスラー・ファントム」の名前で販売され、より高性能な「ファントム・R/T」が存在した日本にも正式輸入されていた。 1987年1992年まではヒデュン・ヘッドライト(リトラクタブル・ヘッドライト)が採用された。 アメリカ人気ドラマヴェロニカ・マーズの主人公ヴェロニカ・マーズ(クリスティン・ベル)」の愛車1993年1995年型のルバロン・コンバーチブル(外装:黒、内装:タン)であり日常生活移動手段として使用されていた。

※この「3代目(2ドア 1987 - 1995年)」の解説は、「クライスラー・ルバロン」の解説の一部です。
「3代目(2ドア 1987 - 1995年)」を含む「クライスラー・ルバロン」の記事については、「クライスラー・ルバロン」の概要を参照ください。


3代目(4ドア 1990 - 1994年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ()

クライスラー・ルバロン」の記事における「3代目(4ドア 1990 - 1994年)」の解説

2ドアフルモデルチェンジから3年過ぎてからのフルモデルチェンジとなった2ドア同様、コンパクトサイズからミッドサイズに大型化した。 同クラスセダン比べる手ごろ価格ながら、国内外高級セダン劣らない装備設定されていた。 メキシコでは「ルバロン」の名前で販売されていたが、姉妹車として「ニューヨーカー」の名前でもほぼ同じものが販売されていた。このため、本来アメリカで販売されていた1988年~1993年型「ニューヨーカー・シリーズ」はメキシコでは販売されなかった。 ヨーロッパでは「クライスラー・サラトガ(Chrysler Saratoga)」の名前で販売された。サラトガ販売区域により、味付け変わっており、場所によって外見シンプルにまとめ上げられたスポーティ仕様に、場所によって米国版レバロンと同じものが販売されていた。 表・話・編・歴 (← 1980年代以前クライスラーグループ車種年表 日本市場 1990年以降 種類 1990年代 2000年代 2010年代 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 コンパクトカー ネオン ネオン PTクルーザー イプシロン ミドルセダン アクレイム ストラトス アベンジャー ラージセダン プレミア チャージャー ニューヨーカー ビジョン 300M 300C 300 インペリアル ワゴン 300Cツーリング バン ボイジャー ボイジャー グランドボイジャー グランドボイジャー グランドボイジャー クーペ/オープン デイトナ PTクルーザー・カブリオ ルバロン クロスファイア ルバロン・コンバーチブル クロスファイア・ロードスター バイパー SUV キャリバー/パトリオット コンパス JC ラングラー ラングラー/ラングラー アンリミテッド ラングラー/ラングラー アンリミテッド チェロキー チェロキー ナイトロ/チェロキー チェロキー グランドチェロキー グランドチェロキー グランドチェロキー グランドチェロキー コマンダー 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 表 話 編 歴 ポータル 自動車 / プロジェクト 乗用車 / プロジェクト 自動車 自動車メーカー・ブランド 自動車車種 - 自動車の車種名一覧 自動車歴史 モータースポーツ 自動車画像 自動車関連スタブ項目 表・話・編・歴 クライスラーブランドの車種タイムライン タイプ 1970年代 1980年代 1990年代 2000年代 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 コンパクトカー ルバロン PTクルーザー タウンアンドカントリー ミッドサイズ ルバロン(2ドア) セブリング(クーペ) セブリング(2ドア) セブリング(コンバーチブル) Eクラス ルバロンGTS ルバロン(4ドア) サイラス セブリング(4ドア) セブリング(4ドア) ルバロン フィフスアベニュー ニューヨーカー フルサイズ ニューポート フィフスアベニュー コンコード ニューヨーカー ニューヨーカー 300M 300 タウンアンドカントリー インペリアル LHS スポーツカー レーザー コンクェスト プロウラー クロスファイア クロスオーバーSUV パシフィカ SUV アスペン ミニバン TEVan ヴォイジャー T&C タウンアンドカントリー タウンアンドカントリー タウンアンドカントリー T&C リムジン エグゼクティブ スペシャルティカー コルドバ インペリアル グランツーリスモ TC バイ・マセラティC この項目は、自動車関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(自動車ポータル/自動車PJ/乗用車PJ)。

※この「3代目(4ドア 1990 - 1994年)」の解説は、「クライスラー・ルバロン」の解説の一部です。
「3代目(4ドア 1990 - 1994年)」を含む「クライスラー・ルバロン」の記事については、「クライスラー・ルバロン」の概要を参照ください。


3代目 (1968年-1970年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/04/14 13:52 UTC 版)

シボレー・ノマド」の記事における「3代目 (1968年-1970年)」の解説

1968年になってノマドは、シボレー・シェベル・シリーズの中型ステーションワゴンとして、再び登場したまた、1970年代後半1980年代前半に、シボレーフルサイズ・バンとして再び登場する

※この「3代目 (1968年-1970年)」の解説は、「シボレー・ノマド」の解説の一部です。
「3代目 (1968年-1970年)」を含む「シボレー・ノマド」の記事については、「シボレー・ノマド」の概要を参照ください。


3代目(2015年–)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/29 08:26 UTC 版)

フォード・ギャラクシー (1995)」の記事における「3代目(2015年–)」の解説

姉妹関係にあったS-MAX先に2014年パリモーターショー発表された。ギャラクシー2015年ジュネーブモーターショー発表された後、2015年半ば発売された。

※この「3代目(2015年–)」の解説は、「フォード・ギャラクシー (1995)」の解説の一部です。
「3代目(2015年–)」を含む「フォード・ギャラクシー (1995)」の記事については、「フォード・ギャラクシー (1995)」の概要を参照ください。


3代目 (2013年-)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/26 08:56 UTC 版)

キャデラック・CTS」の記事における「3代目 (2013年-)」の解説

2013年ニューヨークモーターショーワールドプレミアされ、その後アメリカで販売開始した当代は、弟分であるATS登場したことにより、サイズひとまわり拡大されEセグメント級の車格となった。その一方でバリエーションセダン1本とした上、「ダウンサイジングコンセプト」によりV8エンジン廃止され代わりにCTS初となる直列4気筒エンジン採用した。この直列4気筒エンジン計量化と高出力燃費向上同時に狙ったユニットで、基本的にATS搭載されるものと同一(2.0L直噴ターボ)であるが、各部リファインにより最大トルク向上している。 また、キャデラック初となるアルミニウムドアの採用をはじめ、各部に(トータル116mにも及ぶ)構造用接着剤アルミニウムマグネシウム積極的に採用し溶接にはスポット溶接を、そして前後重量配分ATS同様に5050とすることで先代比で約100Kgもの軽量化40%の剛性アップ達成している。但し、適切なハンドリング乗り味、そして振動抑制実現するため、リアサスペンションサブフレームはあえてスチール製としている。 新機軸として採用された「マグネティック・ライドコントロール(磁性流体減衰力制御システム)」は7代目コルベット(C7)にも採用される高度なもので、0.001秒ごとに路面状況検知し、0.005秒でダンピング変化させる可変ダンピングシステムによって精密なボディコントロールを可能としている。 インテリアにはSRXXTS続いてインフォテイメントシステム「CUECadillac User Experience)」が搭載されBOSEサウンドシステム採用し手作業仕上げられた本皮革シートやリアルカーボンファイバー、リアルウッドなどをふんだんに使用した日本市場では2013年12月4日発表され2014年4月12日から販売開始日本仕様直列4気筒エンジン+6AT+左ハンドル組み合わせのみとなり、グレードボトムの「ラグジュアリー」と上級の「エレガンス」の2種であったが、のちの小改良で「プレミアム」の単一グレード変更された。追ってホットバージョンであるCTS-Vも投入され、こちらはベースである「Spec-A」と、安全装備やカーボンパーツをふんだんに盛り込んだ「Spec-B」の2種設定される2016年3月生産しているグランドリバー工場従業員一時解雇した。 2019年にて生産終了した後継車種は「CT5」「CT6」(一部上級グレード)となる。

※この「3代目 (2013年-)」の解説は、「キャデラック・CTS」の解説の一部です。
「3代目 (2013年-)」を含む「キャデラック・CTS」の記事については、「キャデラック・CTS」の概要を参照ください。


3代目(LX型/2005年-2011年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/24 14:29 UTC 版)

ダッジ・チャージャー」の記事における「3代目(LX型/2005年-2011年)」の解説

1999年ダッジからチャージャーの名を与えられコンセプトカー発表され2005年4ドアセダンとして復活したボディドアの数こそ違え第一世代モデル髣髴とさせる大柄なもので、搭載するエンジンハイパワー設定で、往年のアメリカンマッスルカーの復活思わせる車に仕上がっている。シャーシクライスラー・300チャレンジャーマグナム共用LXプラットフォーム使用している。 デビュー当初ベーシックV6エンジン搭載したSE及びSXT2種類のみの設定であったが、翌2006年シカゴ・オートショーにて、往年のスポーツグレードと同名である「チャージャー・デイトナ R/T」が発表される。5.7リットルV8ヘミエンジン350馬力)を搭載し20インチのクロームホイールが装着されるなど、外装差別化されている。 2005年ニューヨーク国際オートショーではSRT-8モデル登場したSRTとは「ストリート・アンド・レーシングテクノロジー」の略称で、クライスラーのハイパフォーマンスカー開発プロジェクトのことである。6.1リットル431馬力HEMIエンジン搭載されブレンボ製のブレーキ採用しており、パフォーマンス往年のマッスルカー大きく凌ぐ。 さらに2009年にはSRT-8をベースとしたチャージャー・スーパービーの名前を持つモデル登場1000限定販売された。 なお、チャージャーフォーミュラD(アメリカ版プロドリフト選手権)にも参戦しており、スウェーデン人ドライバーのサミュエル・ヒュビネットにより、2006年後半からチャージャーベースとしたドリフト車がデビューしたFR大排気量エンジン搭載かつ自然吸気でも500馬力誇っている。また、デイトナR/Tと同じデザインを持つマシンNASCARにも参戦していた。 本モデルから日本へも正式に導入されているが、2009年クライスラー連邦倒産法第11章申請した事により2010年モデル導入そのもの凍結されてしまい、2014年8月現在に至って導入未定のままである2012年モデルから大規模なフェイスリフトが行われ、フロントライトリアライト意匠変更となり、ダッジ・チャレンジャー似た物に変更された。また2015年には再び大規模なフェイスリフトが行われ、より洗練されたボディへと変更された。 チャージャーR/T リア チャージャー SE チャージャー・ナスカー

※この「3代目(LX型/2005年-2011年)」の解説は、「ダッジ・チャージャー」の解説の一部です。
「3代目(LX型/2005年-2011年)」を含む「ダッジ・チャージャー」の記事については、「ダッジ・チャージャー」の概要を参照ください。


3代目(2019年- )

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/24 07:26 UTC 版)

ボルボ・S60」の記事における「3代目(2019年- )」の解説

2018年6月20日8年ぶりにフルモデルチェンジされた新型S60発表したプラットフォームは「SPA」(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャ)を採用エクステリアはクーペルックでないノッチバック基本フォルム採用先代比べ全長延びた一方全幅全高縮小され伸びやかスタイリング実現したインテリアはV60と共通のスカンジナビアンデザイン採用されている。 3代目となるS60米国サウスカロライナ州チャールストン新工場量産開始する直列4気筒ガソリン・エンジンPHEVプラグインハイブリッド搭載モデルのみでディーゼル・エンジン設定はない。

※この「3代目(2019年- )」の解説は、「ボルボ・S60」の解説の一部です。
「3代目(2019年- )」を含む「ボルボ・S60」の記事については、「ボルボ・S60」の概要を参照ください。


3代目(J12型、2021年 - )

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/24 07:38 UTC 版)

日産・デュアリス」の記事における「3代目(J12型、2021年 - )」の解説

3代目は1.3L直噴ターボエンジンに12Vマイルドハイブリッドシステム組み合わせて搭載。さらに、欧州で初となるe-POWERモデル追加投入する予定である。e-POWERモデルでは、世界初可変圧縮比エンジンVCターボ」が発電専用エンジンとして搭載される。 サスペンション改良施されフロントマクファーソンストラット式に、リア駆動方式によって異なり2WDトーションビーム式に、4WD20インチホイールの装着に伴いマルチリンク式となる。 また、安全運転支援機能として、プロパイロット(ナビリンク機能付)も搭載される。

※この「3代目(J12型、2021年 - )」の解説は、「日産・デュアリス」の解説の一部です。
「3代目(J12型、2021年 - )」を含む「日産・デュアリス」の記事については、「日産・デュアリス」の概要を参照ください。


3代目(1982年-1989年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/05/25 05:57 UTC 版)

プリムス・グランフューリー」の記事における「3代目(1982年-1989年)」の解説

グランフューリーは1982年にミッドサイズにダウンサイズしてフルモデルチェンジした。Mプラットフォーム架装されたボディ4ドアセダン一本で、グレードはベースグレードと上級サロンとの展開となった姉妹車はダッジ・ディプロマット、クライスラー・ニューヨーカー1982年モデルのみ)、クライスラー・フィフスアベニューであり、特にディプロマットとはエンブレムグリル塗り分けが違う程度でほとんど同一デザインであった。 グランフューリーはカナダでも販売されたが、こちらはプリムス・カラベルに改名し販売された。アメリカで販売されたプリムス・カラベルとは全くサイズ異な別の車である。 グランフューリーとの違いカラベルにはクーペステーション・ワゴン設定があったということであった。(グランフューリーはセダンのみの設定であった。) 販売に関しては、シンプルベーシックなグランフューリーとディプロマットはフリートセールスがメインとなりがちになっており、一般向けの販売主力はより上級クライスラー・フィフスアベニューとなっていた。 そのため、グランフューリー、ディプロマット先代同じく主に警察などの公用車向けが主な販売先となり、初年度1982年18,111台を販売していたが、最終年1989年残りの約5000台を販売し生産終了した。

※この「3代目(1982年-1989年)」の解説は、「プリムス・グランフューリー」の解説の一部です。
「3代目(1982年-1989年)」を含む「プリムス・グランフューリー」の記事については、「プリムス・グランフューリー」の概要を参照ください。


3代目(2007年-2015年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/15 03:41 UTC 版)

ルノー・ラグナ」の記事における「3代目(2007年-2015年)」の解説

2007年5月16日写真一部公開し2006年中盤以降急激に販売落ち込むルノー改革策「ルノー・コミットメント2009」の第一弾として注目集めた2007年6月5日詳細を正式発表し9月開催されフランクフルトモーターショー一般公開され、フランスはじめとするヨーロッパで10月より発売開始した運転する楽しさ品質安全性3つ重視したエレガントなスタイル実現品質サービス両面Dセグメントトップ3にランクされることをめざしたルノー戦略車として開発された。ボディタイプ従来型同じく5ドアハッチバックとステーションワゴンで、プラットフォーム2代目日産・ティアナや3代目ルノーサムスン・SM5と共通のDプラットフォーム採用。但し、リヤサスペンションはマルチリンクではなくトーションビームである。 この3代目ラグナはフランス・オート・ノルマンディーにあるAubevoyeテクニカルセンターで、電磁波適合性測定装置車両開発使った最初のモデルである。エンジン直4ガソリンディーゼル用意されトランスミッション6速マニュアルまたはオートマチック組み合わせられる2ドアクーペ2007年フランクフルトモーターショー公開されコンセプトカー「フルーエンス・コンセプト」をベースとしており、2008年カンヌ映画祭やF1モナコグランプリ登場エンジンは235hp(173kW)を発生する新開発V6ターボ・ディーゼル日産・V9X初め搭載するモデルとなった2009年12月ラグナ4ドアセダン版にあたるルノーサムスン・SM5韓国発表され同年6月にそのルノー版であるラティテュード登場する2010年パリサロンで、マイナーチェンジ版であるフェイズ2登場ヘッドライトフロントバンパーが新意匠となりフロントマスクの印象大きく変わっている。またトリム見直されExpression, Black Edition, Eco Business, Bose, GT 4Control, Initialeの6つ設定された。 2015年タリスマンラティテュードとの統合後車種据え廃止された。

※この「3代目(2007年-2015年)」の解説は、「ルノー・ラグナ」の解説の一部です。
「3代目(2007年-2015年)」を含む「ルノー・ラグナ」の記事については、「ルノー・ラグナ」の概要を参照ください。


3代目(1967年-1970年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/21 04:25 UTC 版)

ポンティアック・テンペスト」の記事における「3代目(1967年-1970年)」の解説

1967年モデルテンペストマイナーチェンジカスタムルマンのみに施された。エンジンとトランスミッションは4バレル・キャブレターの6気筒SOHCエンジン215 hp(160 kW)に出力増強された以外は前年と同様であった前輪ディスクブレーキステレオ・8トラックプレーヤーとボンネット上に装着するタコメーターとともに新しくオプション設定された。

※この「3代目(1967年-1970年)」の解説は、「ポンティアック・テンペスト」の解説の一部です。
「3代目(1967年-1970年)」を含む「ポンティアック・テンペスト」の記事については、「ポンティアック・テンペスト」の概要を参照ください。


3代目(2020年 -)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/22 22:04 UTC 版)

ハヴァル・H6」の記事における「3代目(2020年 -)」の解説

2020年7月7日正式に発表フロントには大きな六角形のメッシュグリルにHAVALロゴ配置されている。テールランプ近年流行り横一文字結ばれたデザイン採用された。

※この「3代目(2020年 -)」の解説は、「ハヴァル・H6」の解説の一部です。
「3代目(2020年 -)」を含む「ハヴァル・H6」の記事については、「ハヴァル・H6」の概要を参照ください。


3代目(2016年-)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/08 01:17 UTC 版)

ダッジ・ネオン」の記事における「3代目(2016年-)」の解説

3代目ネオンは、トルコ・ブルサで製造されフィアット・ティーポ (2015)(セダン)のダッジブランド版である。2016年生産打ち切られ5代目ダッジ・ダート後継でもある。

※この「3代目(2016年-)」の解説は、「ダッジ・ネオン」の解説の一部です。
「3代目(2016年-)」を含む「ダッジ・ネオン」の記事については、「ダッジ・ネオン」の概要を参照ください。


3代目 (1985年-1994年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/04 22:52 UTC 版)

フォード・グラナダ (ヨーロッパ)」の記事における「3代目 (1985年-1994年)」の解説

1985年8月モデルチェンジされ、ワゴン廃止され代わりに弟分シエラにも似た5ドアハッチバックが追加された。名称もイギリスとアイルランド向け以外はスコーピオ改名された。

※この「3代目 (1985年-1994年)」の解説は、「フォード・グラナダ (ヨーロッパ)」の解説の一部です。
「3代目 (1985年-1994年)」を含む「フォード・グラナダ (ヨーロッパ)」の記事については、「フォード・グラナダ (ヨーロッパ)」の概要を参照ください。


3代目 (2006-2014年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/01 06:41 UTC 版)

キャデラック・エスカレード」の記事における「3代目 (2006-2014年)」の解説

3代目エスカレード (GMT900)は、北米2006年から販売開始されている。 エンジン6.2 LのV型8気筒用意されるトランスミッションは6ATでフルタイム4WD方式採用するまた、現地でのカスタムシーン(いわゆるDUB)を意識しているためか、純正オプション22インチ大径アルミホイール選択できる。その反面、オフロードカーとしての走破性能追求した設計はなっておらず、イギリス自動車番組トップ・ギア」のプログラムクロスカントリー行った際には、タイヤ周辺ハーネス断裂してしまった。 先代引き続いてロングボディのESVピックアップEXTラインアップされる。さらに2008年にはタホ搭載されハイブリッドシステム用いたモデル登場した2008年、ショートボディ、ロングボディ(ESV)に最上級モデルプラチナム設定導入エクステリアでは、専用フロント・バンパー大型クローム加飾グリルクローム加飾追加専用22インチ・クロームホイール、専用LEDヘッドランプ米国大統領専用車と共通)、インテリア専用色「ココア/ライトリネン」、専用ココア・レザー(各部職人の手縫いによるステッチ追加)、デュアル・ヘッドレストモニター、保温&保冷カップホルダーアルミ加飾オリーブ&クルミトリム標準装備とした。また、可変ショックアブソーバーマグネティック・ライド・コントロール・システム」を初設定した2012年、リアコンビネーションランプ、リア・バンパー&エキゾースト・フィニッシャーの意匠変更が行われた(スクエアタイプのデュアル・エキゾーストとなる)。同時にグレード体系見直し図られ廉価版の「スタンダード」・「ラグジュアリー」・「プレミアム」・「プラチナム」の4展開となったプレミアムには、プラチナムと共通の専用フロント・バンパー大型ブラックアウト加飾グリル与えられた。また、プラチナムには専用内装色である「ココア/ライトリネン」に「エボニー/エボニーアクセント」が追加され、2色展開となった日本国内では、2007年10月より正規輸入開始され上述通り2012年よりGMジャパン扱い変更。なお、ESVEXT正規輸入はされていない日本での販売価格は9555,000円かとなっていたものが約100万値下げされるなどしている。

※この「3代目 (2006-2014年)」の解説は、「キャデラック・エスカレード」の解説の一部です。
「3代目 (2006-2014年)」を含む「キャデラック・エスカレード」の記事については、「キャデラック・エスカレード」の概要を参照ください。


3代目(2013年 - 2019年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/05 04:06 UTC 版)

シュコダ・オクタヴィア」の記事における「3代目(2013年 - 2019年)」の解説

2012年12月11日、「オクタヴィア」のフルモデルチェンジ発表2013年2月19日にはステーションワゴン版である「オクタヴィア コンビ」を発表2013年発売開始プラットフォーム7代目フォルクスワーゲン・ゴルフや3代目アウディ・A3などに用いられる「MQB」を採用ボディサイズ2代目より全長を90mm、全幅を45mm拡大し室内空間拡大させた。 2014年2月20日CNG圧縮天然ガス車である「オクタヴィアG-TEC」の概要発表。1.4L直列4気筒直噴ガソリンターボをベース専用チューニング施したトランク床下に2個のGNGタンク配置CNGタンクが空になれば、ガソリン燃料での走行自動切り替えるCNGガソリン合わせて最大で1330kmを走行可能である。 オクタヴィア コンビベースSUVのようなルックス追及したオクタヴィア スカウト」も設定最低地上高を33mm引き上げたほか、前後バンパー下部ブラック仕上げブラック樹脂製のフェンダーエクステンションやサイドモールが追加された。 2015年3月ジュネーヴモーターショーにて「オクタヴィア RS230」を初公開搭載される2.0L直列4気筒直噴ガソリンターボエンジンは、最大出力標準モデルより10ps引き上げ、230psを獲得トランスミッション6速MT6速DSGで、6速MT場合、0-100km/h加速6.7秒、最高速度250km/hである。 2017年1月にはフェイスリフト発表特徴的なデザインヘッドライト採用したオクタヴィアVRS フェイスリフトセダンフェイスリフトワゴンフェイスリフトワゴン

※この「3代目(2013年 - 2019年)」の解説は、「シュコダ・オクタヴィア」の解説の一部です。
「3代目(2013年 - 2019年)」を含む「シュコダ・オクタヴィア」の記事については、「シュコダ・オクタヴィア」の概要を参照ください。


3代目(1982年-1993年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/28 23:00 UTC 版)

GMC・ジミー」の記事における「3代目(1982年-1993年)」の解説

1982年GM小型SUV補完するべくシボレー・S-10ブレイザー供給を受け世に送り出した1991年先代ジミー廃止受けてS-15ジミージミー改名。これ以降ジミー小型SUVの名前となった

※この「3代目(1982年-1993年)」の解説は、「GMC・ジミー」の解説の一部です。
「3代目(1982年-1993年)」を含む「GMC・ジミー」の記事については、「GMC・ジミー」の概要を参照ください。


3代目 (2018年-)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/02 07:30 UTC 版)

キア・シード」の記事における「3代目 (2018年-)」の解説

2018年3月ジュネーブモーターショーにて実車初公開された。

※この「3代目 (2018年-)」の解説は、「キア・シード」の解説の一部です。
「3代目 (2018年-)」を含む「キア・シード」の記事については、「キア・シード」の概要を参照ください。


3代目(1979–1990年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/13 08:57 UTC 版)

マセラティ・クアトロポルテ」の記事における「3代目(19791990年)」の解説

3代目は、イタルデザイン社のジョルジェット・ジウジアーロによる性能高級感実用性組み合わせたコンセプトカーマセラティ メディチII近似性を持たせた全長491cm、全幅は189cmの大柄であるが、全高は138cmと低く直線基調台形キャビン重厚かつフォーマルなスタイリングで、1976年発表された。 マセラティシトロエンから買い取ったデ・トマソによって3代目は「クアトロポルテIII」と命名された。発表後生産準備手間取り実際デリバリー1979年からとなった設計は再び手堅い手法戻り、フロアパンは親会社となったデ・トマソの4ドアサルーン・ドーヴィルのホイールベース延長したものを用いたサスペンション前後ともダブルウィッシュボーン独立型エンジン1950年代以来同社伝統となっているV型8気筒・4カムで、4,200cc/255馬力標準、4,900cc/300馬力オプション用意された。4,900ccモデル最高速度は230km/hと公表されていた。内装はウッドパネルや本革ふんだんに用いた豪華なものであったイタリアのスーパースポーツカーの伝統則って設計されメルセデス・ベンツ450SEL6.9意識したビジネスマン向け高速サルーンとなった3代目は市場からの評価高く1984年までに1,876台が生産された。 ロワイヤル 1986年12月「マセラティ・ロワイヤル」と改称大型バンパーサイドシルアロイホイール部分ステンレス製プレートや、ダッシュボード中央には楕円ラ・サール金時計初め装備された、マセラティ記念碑的なモデル。 またリアシートには左右ドアビルトインされたピクニックテーブルが装備されるなど、クアトロポルテIII比較しても、より豪華な装備となっている。完全受注生産となったものの、1990年までに53台が生産された。 リムジン 全長556cmまで引き延ばしたリムジン製造された。 パフォーマンス型式エンジン最高出力最大トルク最高速度 クアトロポルテ4200 4,136 cc 90° V8 255 PS (188 kW; 252 hp) at 6000 rpm 36 kg·m (353 N·m; 260 lb·ft) at 3200 rpmクアトロポルテ 4900 4,930 cc 90° V8 280 PS (206 kW; 276 hp) at 5600 rpm 40 kg·m (392 N·m; 289 lb·ft) at 3000 rpm 215 km/h (134 mph) ロワイヤル 4,930 cc 90° V8 300 PS (221 kW; 296 hp) at 5600 rpm230 km/h (143 mph) クアトロポルテIIIサイドビュークアトロポルテIIIインテリアクアトロポルテIII(リアビュー) マセラティ・ロワイヤル

※この「3代目(1979–1990年)」の解説は、「マセラティ・クアトロポルテ」の解説の一部です。
「3代目(1979–1990年)」を含む「マセラティ・クアトロポルテ」の記事については、「マセラティ・クアトロポルテ」の概要を参照ください。


3代目(1996年–2000年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/08 08:33 UTC 版)

ダッジ・キャラバン」の記事における「3代目(1996年–2000年)」の解説

3代目は1996年デビューした。本モデルからプラットフォーム一新され需要低かったMT車廃止された。 エンジンは前モデルから大きな変更はなかったものの、三菱ユニット一部の州で排出ガス基準適合しなくなったため、本モデル最後に搭載見送られた。 内装はより実用性高めたものが採用され、特に容易なシートレイアウトを可能とした「イージーローラーシート」の設定画期的であった日本では1997年導入され、ショートモデルは「クライスラー・ボイジャー」、ロングモデルは「クライスラー・グランドボイジャー」として販売された。これは「キャラバン」の名称が日産自動車車種用いられており、使用不可能だった事による。ラインナップは3.8L V6+4ATの組み合わせのみであったクライスラー・ボイジャー グランドキャラバン・スポーツ

※この「3代目(1996年–2000年)」の解説は、「ダッジ・キャラバン」の解説の一部です。
「3代目(1996年–2000年)」を含む「ダッジ・キャラバン」の記事については、「ダッジ・キャラバン」の概要を参照ください。


3代目(2013年- )

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/06 02:08 UTC 版)

ルノー・シンボル」の記事における「3代目(2013年- )」の解説

2代目ダチア・ロガンOEMへと切り替わった

※この「3代目(2013年- )」の解説は、「ルノー・シンボル」の解説の一部です。
「3代目(2013年- )」を含む「ルノー・シンボル」の記事については、「ルノー・シンボル」の概要を参照ください。


3代目(1965年-1968年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/04 17:06 UTC 版)

プリムス・フューリー」の記事における「3代目(1965年-1968年)」の解説

プリムス1965年に3代目へ移行したプラットフォームには新たにCプラットフォーム用いられインターミディエイトからフルサイズ大型化した。 ラインナップフューリーIフューリーIIフューリーIIIとスポーツ・フューリーの4種で、バリエーション多岐に渡ったスポーツ・フューリーシボレー・インパラのスポールモデル"SS"に対抗した値をつけられた。フューリーIは非常に簡素なエントリーモデルでその多く警察タクシー市場展開された。フューリーIIベーシックモデル性格与えられフューリーIIIがその二つの上に立つ上質な性格与えられていた。 多くの上モデルフューリーIIIとスポーツ・フューリーはオプション例えオートマチックトランスミッションパワーステアリングホワイトリボンタイヤ、ステレオラジオ、ビニルトップとエアコンなど)が多く設定された。 そして1966年から1969年までは、シボレー・カプリスなどの対抗として、さらなる上質な上級バージョン"VIP"が販売された。これらのモデルは、オプション当時豪華装備であったオートマチックトランスミッションエアコンパワーウインドー選択できると共に追加車輪カバー、ビニルトップ、ウォールナットダッシュボードとドアパネル装飾のある豪奢に装飾されインパネカーペット遮音材豪華な車内照明オーダーできた。

※この「3代目(1965年-1968年)」の解説は、「プリムス・フューリー」の解説の一部です。
「3代目(1965年-1968年)」を含む「プリムス・フューリー」の記事については、「プリムス・フューリー」の概要を参照ください。


3代目 (1998-2011年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/27 15:00 UTC 版)

リンカーン・タウンカー」の記事における「3代目 (1998-2011年)」の解説

1998年フォード社フォード・クラウンビクトリアマーキュリー・グランドマーキーと共にフルサイズセダン3兄弟モデルチェンジ実施し新しいタウンカーが誕生した。3代目タウンカーの外観それまで直線的なデザインか一変し曲線的なボディライン変更された。1970年代から続いていたロールス・ロイス風のフロントグリルやCピラーのオペラ・ウィンドウは廃止されフロントグリル同年登場したブランドの高級SUVであるナビゲーターに近いデザインとなった内装大幅に変更されドア周りパネル類・操作スイッチ類・ラジオ等刷新された。新たにデザインされダッシュボードやドアパネルには、更に木目調追加された。パワーシート操作スイッチ類は、ドアパネルに移行された。リンカーンエンブレムは、ドアパネル及び座席の背に残される事となった。なお、フロント座席ベンチシート式が採用されている為、一般的なセダンとは異なり乗車定員は6名である。 1998年 先代比較して全長僅かに短縮されたが、逆に全幅全高は少し拡大されホイールベース延長された。また、新たに「ツーリング・パッケージ (Touring package) 」が追加され16インチアロイホイール装着された。 1999年 シート搭載型のコンビネーション・エアバッグ (頭と、体の側部用) が、全てのタウンカーに標準装備された。 2000年 エンジン変更加えられ、シングルエグゾーストで200馬力、デュアルエグゾーストで215馬力となった2001年 この年から、ホイールベースが更に延長されロング仕様追加された。また、エンジンシングル及びデュアルエグゾーストの両方20馬力アップされた。

※この「3代目 (1998-2011年)」の解説は、「リンカーン・タウンカー」の解説の一部です。
「3代目 (1998-2011年)」を含む「リンカーン・タウンカー」の記事については、「リンカーン・タウンカー」の概要を参照ください。


3代目 (R3, 1995–1999)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/10 20:47 UTC 版)

ローバー・200」の記事における「3代目 (R3, 19951999)」の解説

コードネームR3ホンダ車を基としていた先代R8よりも小型化された。これはこの時点ですでに発売以来15年経ていたメトロ代替するためというローバーのやむに已まれぬ事情があった。先代の200/400シリーズから継承した部分(最も知られているのは前部構造部、ヒーターステアリング前輪サスペンション)もあったが、大部分ローバー自身開発した全くの新型車であった。ホンダローバーでの6分の生産能力明け渡してコンチェルト生産ロングブリッジ工場から自社スウィンドン工場移した結果、この車の開発初期ボディ設計手を貸しただけとなった。この時点ではこの新型車は先代後部構造サスペンション切り詰めた設計で、コードネームもSK3であった荷室容量の不足とその他の要因によりローバー車体後部再設計してマエストロ後輪サスペンション改良したものを使用することとし、名称もR3変更された。この車が発売され前年にはローバーBMW買収されており、ホンダとは既に「離婚」した後であった。新し200にはMG・MGF搭載され1.8 L VVC版で知られるKシリーズ・ガソリンエンジンとLシリーズ(L-series)ディーゼルエンジン使用された。1990年代半ば時期においてLシリーズ・エンジンは全般的な性能フォルクスワーゲンTDIエンジンに次ぐと見なされるほど非常に競争力のある製品であった。R8のXUD型エンジンよりも性能向上しており、洗練度ではほぼ同等である一方で特に燃料消費率優れていた。 1.4i 16v (105 PS (77 kW; 104 bhp))、1.6i 16v (111 PS (82 kW; 109 bhp))のガソリン2.0 ターボディーゼル86 PS (63 kW; 85 bhp)とインタークーラー付の105 PS (77 kW; 104 bhp) 版といったエンジン搭載して発売され、後には1.1i (60 PS (44 kW; 59 bhp))、1.4i 8v (75 PS (55 kW; 74 bhp))と1.8 16v標準型 (120 PS (88 kW; 118 bhp))、可変バルブタイミング型 (145 PS (107 kW; 143 bhp))エンジン追加された。R8 ローバー・200から引き継いだプジョー/ローバー製R65型マニュアル変速機が全モデル提供され、1.6i 16v エンジン搭載モデルにはオプションCVT選択できた。 R3では内装は完全に一新されダッシュボードには新し安全基準適合するように助手席エアバッグ内蔵された。 1.8 Lモデルはその性能に対してある一定の称賛寄せられインタークーラーターボディーゼル車は1990年代終わりの時期の市場で最も加速速いディーゼル搭載ハッチバック車の1台と言われた。 先代モデルとは異なりR3にはクーペカブリオレツアラーといったモデル用意されなかったが、ローバーはこれらの先代モデルに軽いフェイスリフト施してR3新しダッシュボード取り付けた。これは新旧世代車室前方隔壁共用していたために可能であったイギリス国内ではこれらのモデルは200/400という呼称使用されず、単にローバー・クーペ、カブリオレツアラー呼ばれたローバー・200スーパーミニとして市場投入されていれば同時期のフォード・フィエスタやボクスホール・コルサといった大きさ排気量の面で近い車と比較されであろうが、ローバーはこの車にフォード・エスコートボクスホール・アストラ匹敵する値付けをした。この時期ローバー持っていたスーパーミニ・クラスの持ち駒旧態化したメトロのみであり、社内のモデルライン中のこのギャップ埋める必要があった。 第3世代200当初人気があり、イギリス国内では1996年から1998年まで新車販売数第7位の地位占めていた。しかし3年も経ると完全に上位10位から脱落しフォルクスワーゲン・ポロプジョー・206といった不人気車の常連よりも販売低迷するようになった

※この「3代目 (R3, 1995–1999)」の解説は、「ローバー・200」の解説の一部です。
「3代目 (R3, 1995–1999)」を含む「ローバー・200」の記事については、「ローバー・200」の概要を参照ください。


3代目(2005年-2014年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/16 08:58 UTC 版)

GMC・ユーコン」の記事における「3代目(2005年-2014年)」の解説

2005年末にGMT900プラットホームベースとしたSUV製造始まり2006年はじめに2007年モデルとして発売開始された。タホ/サバーバンとユーコン異なるフロントマスクを与えられとりわけグリルヘッドライト形状ユーコン以前のモデルよりおとなしく見せていた。搭載されているエンジンは、4.8L(V8290馬力)、5.6L(V8320馬力)、6.0L(V8350馬力)の3種類である。2007年にはタホとともにハイブリッド仕様追加されたが、XLにはハイブリッド設定はない。 デナリ ノーマルユーコン同時にデナリ2007年モデルイヤーモデルチェンジした。クロームアクセントをふんだんに使用している点がノーマルユーコンとの外観相違である。キャデラック・エスカレードと同じ6.2Lエンジン搭載される。また、デナリにもハイブリッド仕様存在する

※この「3代目(2005年-2014年)」の解説は、「GMC・ユーコン」の解説の一部です。
「3代目(2005年-2014年)」を含む「GMC・ユーコン」の記事については、「GMC・ユーコン」の概要を参照ください。


3代目(1973年-1977年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/10 15:49 UTC 版)

ビュイック・センチュリー」の記事における「3代目(1973年-1977年)」の解説

ビュイック・センチュリー車名FR中型車として復活した。Aボディベースで設計されポンティアックグランプリルマンGTOカンナムグランダム、そしてオールズモビル・カトラスシュープリームとは姉妹車となった1973年GM中型車全てモデルチェンジされた際、スカイラークに代わって「センチュリー」の車名ビュイック中型車使われた。当初は、センチュリー上級仕様のリーガルクーペとともにビュイック小型ラインアップ大黒柱であったエンジンは2および4バレル式の5.7L V8搭載されそれぞれ150または175 hp (130 kW)を発揮した。250hpを発揮する7.5L V8オプション用意された。 1972年にスカイラーククーペが消滅する同時にセンチュリー高性能版のグランスポーツを受け継いだ排ガス規制のために7.5L V8性能全盛期よりいくらか減少したのに対し1973年から75年センチュリーGSクーペ当時基準高性能維持した1973年1974年にはセンチュリー上級グレードのラグゼスが用意されたが、1975年にはセンチュリーカスタムに改名された。また、同年からは燃費規制適合させるため110hp (82 kW)を発揮する新しい3.8L V6標準搭載された。7.5L V8ステーションワゴン専用オプションとなり、1977年には6.6Lにとって代えられた。GM中型車1976年フェイスリフトを受け、センチュリー角型四灯ヘッドランプと、より高く平らなグリル与えられた。 1975年から1977年にかけては、ビュイック・スペシャルクーペがセンチュリーエントリーモデルとして販売された。ビュイック文献では「センチュリースペシャル」と呼ばれるクーペは2ドアファストバックボディを基にクオーターガラスをほとんどを覆う特製のランドールーフを備えていた。1976年1977年モデルは独自のボディ同色ヘッダーパネルを備えた

※この「3代目(1973年-1977年)」の解説は、「ビュイック・センチュリー」の解説の一部です。
「3代目(1973年-1977年)」を含む「ビュイック・センチュリー」の記事については、「ビュイック・センチュリー」の概要を参照ください。


3代目(2013年–)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/13 18:39 UTC 版)

ボルボ・FL」の記事における「3代目(2013年–)」の解説

ボルボ・FL(3代目) 販売期間2013年 – -自動車スペック表- テンプレート表示 2013年5月、3代目が登場4気筒5.1Lまたは6気筒7.7Lのいずれかから選択それぞれ新しいEuro6排出ガス基準満たしている。

※この「3代目(2013年–)」の解説は、「ボルボ・FL」の解説の一部です。
「3代目(2013年–)」を含む「ボルボ・FL」の記事については、「ボルボ・FL」の概要を参照ください。


3代目(2018年-)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/19 04:56 UTC 版)

シトロエン・ベルランゴ」の記事における「3代目(2018年-)」の解説

2018年3月ジュネーヴモーターショーにおいて初公開された。プラットフォームには、PSAグループの「EMP2」が採用される。フロントマスクなどには、他のシトロエン車と共通の最新デザイン導入されている。ボディサイドには、C4カクタス同様に空気内包した「エアバンプ」の装着が可能で、エアバンプは衝突時に車体歩行者に伝わる衝撃軽減させる。5名乗りのショートボディ「M」と、7名の乗りのロングボディ「XL」が設定されるパワートレーンは、1.2Lガソリンエンジンと1.5Lディーゼルエンジンで「EAT8」と呼ばれる8速ATを組み合わせる2018年6月26日欧州向け商用車仕様発表乗用車仕様から独立し、「ベルランゴ・バン」と呼ばれるトヨタ・プロエースシティに近いフロントマスクを備え充実した安全装備設定されている。 ベルランゴ XL ベルランゴ・バン

※この「3代目(2018年-)」の解説は、「シトロエン・ベルランゴ」の解説の一部です。
「3代目(2018年-)」を含む「シトロエン・ベルランゴ」の記事については、「シトロエン・ベルランゴ」の概要を参照ください。


3代目(2010年-)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/21 01:02 UTC 版)

ルノー・マスター」の記事における「3代目(2010年-)」の解説

2010年1月25日発表され4月欧州販売開始された。同時にOEM供給しているオペル/ボクスホールモヴァノ新型切り替わった駆動方式FFFR用意されホイールベース長も3タイプ設定されるエンジンは2.3L 直4 ターボディーゼルエンジンが搭載され最高出力100PS, 125PS, 150PSの3タイプラインアップされる。 日産自動車版は2010年のハノーファーモーターショーにてNV400として発表された。 2018年10月から、ルノーサムスン自動車通じて韓国市場でも販売開始した前輪駆動版のみ)。 2019年、フロントマスクを大幅改良

※この「3代目(2010年-)」の解説は、「ルノー・マスター」の解説の一部です。
「3代目(2010年-)」を含む「ルノー・マスター」の記事については、「ルノー・マスター」の概要を参照ください。


3代目(2002年-2013年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/26 06:44 UTC 版)

ランドローバー・レンジローバー」の記事における「3代目(2002年-2013年)」の解説

2002年4月発表された。当初BMW開発していたが、BMWローバー売却フォードランドローバー獲得からんでフォード開発引き継いだボディ、エンジンサイズの大型化図られ同時に内装がより豪奢なものとなった。またカーナビゲーションシステム装着最初から考慮され内装デザインとなったシャーシボディ 2代目比べ、より初代意識したデザインモチーフが取り入れられた。なお、カタログモデル2代目続いて4ドアワゴン一種類のみとなったエンジン エンジン一新されガソリンエンジンV型8気筒 4.4LのBMW・M62エンジンへ、ディーゼルエンジン直列6気筒 2.9L ターボディーゼルBMWM57エンジンそれぞれ変更になった2006年モデルよりエンジン変更された。ガソリンエンジンV型8気筒ジャガー・AJ-V8エンジンとなり、4.4Lの自然吸気エンジンと4.2Lのスーパーチャージャー付きエンジン選択できた。ディーゼルエンジンV型8気筒 3.6Lターボディーゼルフォード・AJDエンジンとなった2010年モデルより、ガソリンエンジンは5.0Lの自然吸気エンジンスーパーチャージャー付きエンジンへ、ディーゼルエンジンV型8気筒 4.4Lターボディーゼルエンジンへそれぞれ排気量アップされた。

※この「3代目(2002年-2013年)」の解説は、「ランドローバー・レンジローバー」の解説の一部です。
「3代目(2002年-2013年)」を含む「ランドローバー・レンジローバー」の記事については、「ランドローバー・レンジローバー」の概要を参照ください。


3代目 (2001-2008年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/17 10:16 UTC 版)

セアト・イビサ」の記事における「3代目 (2001-2008年)」の解説

2001年末、イビサ先代モデルからの基本構造エンジンバリエーション継承したフルモデルチェンジおこなった最初に目につくのはスタイリングで、アルファロメオチーフデザイナーだったワルテル・デ・シルヴァ参加した肉感的なデザインとなった室内装備等安全装備充実等、時代合わせて刷新されたものになっているサスペンションセアトASRActive Steeering Response)と名付けた堅いショックアブソーバー柔らかいバネ特徴としたコンセプト採用されている。 2003年イビサ最強モデルであるクプラが1.8リットルターボ180馬力1.9リットルTDIディーゼル160馬力仕様としてモデルチェンジされ、外観もより高性能版としてのアピール性を高めている。従来からの1.8リットルターボ(150馬力となった仕様は、クプラに次ぐ高性能仕様車「FR("Formula Racing"の意)」となった。後にターボディーゼルエンジンTDI車も改良され1.9リットル130馬力TDIエンジン仕様として「FR」に追加されている。

※この「3代目 (2001-2008年)」の解説は、「セアト・イビサ」の解説の一部です。
「3代目 (2001-2008年)」を含む「セアト・イビサ」の記事については、「セアト・イビサ」の概要を参照ください。


3代目 (RK110型、1979年-1986年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/30 05:50 UTC 版)

トヨタ・スタウト」の記事における「3代目 (RK110型、1979年-1986年)」の解説

1979年登場キャビンハイラックスN30 / N40系用にオーバーフェンダー追加し流用海外向けには2.2Lの20R型エンジン設定もあったが、国内5R型を無鉛ガソリン専用改良し引き継いだ以前から国内1.5 t 積上のトラック需要は、ほとんどがキャブオーバー型へと移行しており、110系スタウトのほとんどが海外へ向けて輸出された。また、それを端的に裏付けるかのように二度オイルショック経験したこの時期においてもディーゼルエンジン設定されていないダイナが「U」へ記号変えた後もスタウト「K」守り通しまた、その誕生から終焉までR系エンジンと共にしている。

※この「3代目 (RK110型、1979年-1986年)」の解説は、「トヨタ・スタウト」の解説の一部です。
「3代目 (RK110型、1979年-1986年)」を含む「トヨタ・スタウト」の記事については、「トヨタ・スタウト」の概要を参照ください。


3代目(1996-2005年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/04 14:09 UTC 版)

三菱・マグナ」の記事における「3代目(1996-2005年)」の解説

2代目ディアマンテ現地仕様として登場直4エンジンや3500ccV6エンジン設定され日本にはない5速MT設定もあった。 1997年ワゴンモデルチェンジ日本でも販売されたが(ディアマンテワゴン)、売れ行きが悪いため2000年輸出終了2003年大幅なマイナーチェンジ実施。フロントマスクがブーレイ顔となる。 2005年9代目ギャラン派生モデルである380(スリーエイティ)に統合される形で生産終了

※この「3代目(1996-2005年)」の解説は、「三菱・マグナ」の解説の一部です。
「3代目(1996-2005年)」を含む「三菱・マグナ」の記事については、「三菱・マグナ」の概要を参照ください。


3代目 (2005–2014年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/01 16:18 UTC 版)

ルノー・クリオ」の記事における「3代目 (20052014年)」の解説

2005年9月ヨーロッパで発売開始された。傘下収めている日産自動車コンパクトカーマーチノートプラットフォーム共用する。3代目から車名文字体が小文字の「Clio」から大文字の「CLIO」に変更された。ボディサイズ多少大型化によりユーロNCAP5つ星獲得するなど安全性飛躍的に向上している。安全性パッケージング評価を受け、発売直後2005年11月に、2006年度ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー受賞した。なお、2004年一足先にデビューしたルノー・モデュスは、このクリオIIIベースである。なお、新型であるクリオIII導入された後も、一部の国ではクリオIIが、「クリオ・キャンパス」の名前で並行販売されている。 ボディタイプ従来通り3ドアと5ドアハッチバックに加え、5ドアステーション・ワゴンが新たに加えられて計3種類展開となったエンジンは、1.2L、1.4L、1.6Lガソリンエンジンの他にオプションLPガス・ガソリン切り替えバイフューエル車、1.5Lディーゼルエンジン用意されるまた、本革シート木目パネル奢った往年の高級仕様バカラ」を継承したイニシアル(INITIALE)」仕様用意されている。 カルロス・ゴーン会長本国発売後半以内日本市場導入をする方針明らかにしていたことに合わせ2006年1月24日日本でもルーテシア」の車名発表され3月20日から発売された。 日本導入されたのは3ドア5ドアハッチバックのみで、ステーションワゴン見送られた。当初導入されエンジンは1.6Lガソリン1種類のみで、これに5速マニュアル変速機および学習機能付き電子制御"プロアクティブ" 4速オートマチック変速機組み合わせ用意されるまた、2007年12月10日には最上位グレードとなる「イニシアル・パリ」も追加された。 なお、価格2058千円から285万円ユーロ高影響により2008年4月1日価格改訂)と、ボディサイズエンジン大きくなったことや、各種装備充実されたことに伴い2代目より多少上がっている。 2010年3月からはマイナーチェンジされたモデル販売開始エクステリア一新しそれまで4m以内だった全長4m越えた従来「イニシアル・パリ」のみに設定されていた横滑り防止機構全車設定3ドアルノー・スポール除いて廃止全車5ドアとなる。また、上級グレードの「イニシアル・パリ」と「éLe」を廃止しモノ単一グレードとなった。なお、5速MT4速ATは引き続き設定される2012年2月23日 内外装質感アップさせた「NIGHT&DAYナイト・アンド・デイ)」を発表。このモデル特別仕様ではなく従来グレード入れ替わる形で販売される。尚、この改良機に5速MT廃止され4速ATのみとなった2012年9月20日 特別限定車として「イニシアル・パリ(限定30台)」「エクスプレッションMT限定40台)」を発売このうちの「エクスプレッションMT」には2月MT車販売終了以来となる5速MT採用している。

※この「3代目 (2005–2014年)」の解説は、「ルノー・クリオ」の解説の一部です。
「3代目 (2005–2014年)」を含む「ルノー・クリオ」の記事については、「ルノー・クリオ」の概要を参照ください。


3代目 (2012年–2017年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/27 14:16 UTC 版)

ダッジ・バイパー」の記事における「3代目 (2012年2017年)」の解説

2012年4月ニューヨークモーターショーにて、ブランドダッジからクライスラーのハイパフォーマンスカー開発部門である “SRT (Street and Racing Technology)” に移し、「SRTバイパー」と上級モデルSRTバイパー GTS」として正式発表された。先代まで存在したオープンモデルは廃止され全車クーペのみの設定となる。 メカニズムコンセプト従来型のそれを受け継いでおり、搭載されV型10気筒エンジン排気量は8.4リットル先代から変更はないが、ピストンインテークマニホールド、エギゾーストパイプなどに改良施し最高出力は640hp(約649PS)まで向上、最大トルクは813N・m (83kgf・m)で、自然吸気エンジンとして世界最大であると発表された。 シャシねじり剛性50%向上させながら、ルーフボンネットリアゲートには炭素繊維を、ドアにはアルミニウム使用。これにより先代より45kg軽量化された。 トランスミッションには従来同様6速MT採用電子制御システムはマルチステージ・スタビリティコントロール、トラクションコントロールシステム4チャンネルABS搭載される。 上級モデルGTSベースモデルよりさらに軽量な1,476kgに、加えてショックアブソーバー組み込んだアクティブサスペンション標準搭載される。 2014年SRTブランド廃止されダッジ再統合されたため、わずか2年で再び「ダッジ・バイパー」の名が復活することとなった2017年8月大型スポイラーやサイドカーテンエアバッグが装備できない事等の理由から、米国連邦自動車安全基準 FMVSS 226車外放出低減)をクリアする事が出来ず生産終了これをもってバイパーモデル廃止となり、3代26年歴史に幕下ろした後継車はなし。

※この「3代目 (2012年–2017年)」の解説は、「ダッジ・バイパー」の解説の一部です。
「3代目 (2012年–2017年)」を含む「ダッジ・バイパー」の記事については、「ダッジ・バイパー」の概要を参照ください。


3代目 (2005-2018年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/28 00:56 UTC 版)

フィアット・プント」の記事における「3代目 (2005-2018年)」の解説

199プロジェクト」のもとに開発進められ車両で、デザインボディ内装とも初代次いでジョルジェット・ジウジアーロ率いイタルデザイン社が担当。「大きなプント」を意味するグランデ プントGRANDE PUNTO)と名付けられ2005年7月28日発表資本提携解消されGMプラットフォームGM・ガンマプラットフォームを採用している。日本では2006年平成18年6月発売6速MTセミオートマチックトランスミッションデュアロジックを持つモデルがある。なお、先述通り一部欧州市場においては2代目プント引き続いて併売される。 日本では2009年平成21年2月にアバルト・グランデプント発売左ハンドル仕様のみ)。「グランデプント」の全幅が1.7 mを切っているのに対して、「アバルト・グランデプント」の全幅チューニング版の「エッセエッセ」(SS)を含めて1,725 mmとなるため、日本では3ナンバー登録となる。 2009年9月フランクフルトモーターショーにおいて、マイナーチェンジ版のプント エヴォ (PUNTO EVOエヴォは英語で「進化」を意味するevolution”の略)を発表翌年3月よりイタリアで、そして6月より日本発売開始したまた、アバルト版も2010年2月に「アバルト・プントエヴォ」として発表され同年3月ジュネーブショー展示された。 2012年9月1日2度目マイナーチェンジ行い、名称をプントに戻す。日本では当初エヴォとの並行発売となっていた。グレードは「ラウンジ1種類2018年8月欧州向けプント生産終了直接後継車種存在せずFCAメルフィ工場ではマセラティ2番目のSUV製造する予定である。なお、プント同年ユーロNCAPクラッシュテスト史上初めて星0つの評価受けた車種という不名誉な記録残している。これによりプント製造・販売続けられるのはインド市場のみとなる。

※この「3代目 (2005-2018年)」の解説は、「フィアット・プント」の解説の一部です。
「3代目 (2005-2018年)」を含む「フィアット・プント」の記事については、「フィアット・プント」の概要を参照ください。


3代目(1977-1990年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/29 05:39 UTC 版)

シボレー・カプリス」の記事における「3代目(1977-1990年)」の解説

1977年型はボディサイズ縮小され、エンジンサイズも小型化され、カプリスとしては初め直列6気筒250cubic-inch(4096cc)・110馬力標準エンジンとなった。このエンジン廉価版のフルサイズ・シボレーに1973年まで搭載されいたものリバイバルであったV8・300cubic-inch(4916cc)・145馬力ステーションワゴンでは標準、他ボディ(4ドアセダン2ドアクーペ)ではオプション装着可能であった最大エンジンは350cubic-inch(5735cc)・170馬力となった1980年には直6エンジンV6・3800cc145馬力になり、1986年には4300cc130馬力拡大された。同じく1980年には305 cubic-inch (4998cc)V8エンジン155馬力86年には165馬力1989年には燃料噴射化され170馬力となった1977年カプリス好評で、77年78年2年間に廉価版インパラ合わせて1,000,000台が生産され1990年まで基本的に同じ設計のまま生産され続けることになる。この間1980年86年にやや大掛かりなデザイン変更がなされ、インパラは「カプリス」に改称されて、シリーズは「カプリス・クラシック」との二本立てとなった内装1985年木目調内装から金属風のシルバー内装変更されたものの、1987年には再び新し木目調内装となっている。 2ドアクーペには専用フェンダーモール、天井前面合皮仕上げの「Landau」、4ドアセダンには、ダブルクッションシート等の内装及び、Bピラーにはオペラライト等、天井全面合皮仕上げの「Brougham」の名を冠した上級グレードがある。 1987年からは2ドアクーペ廃止4ドアセダンには天井後部キャデラック・ブロアム調のランドゥ風ルーフを持つ「LS Brougham」が追加となったルーフ部分FRP作られておりビニールレザーが貼られ、ベースモデル比べ天井全長長くなり、それに合わせリアウインドウ専用設計化及び傾斜角強められている。さらには1952年のベルエア以来久々に本革シート選択可能となったまた、この時期になるとクライスラーアメリカン・モーターズフルサイズ車の生産中止していたため、パトロールカータクシー市場フォード・クラウンビクトリア二分するようになった1987-1990ワゴン 1980年代前半クーペ

※この「3代目(1977-1990年)」の解説は、「シボレー・カプリス」の解説の一部です。
「3代目(1977-1990年)」を含む「シボレー・カプリス」の記事については、「シボレー・カプリス」の概要を参照ください。


3代目 (1973 - 1977年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/10 09:44 UTC 版)

シボレー・シェベル」の記事における「3代目 (1973 - 1977年)」の解説

1972年フルモデルチェンジで3代目がデビュー。'73年イヤーモデルとなる。 コンバーチブル廃止され、2ドアボディーは大きなリアクォーターウインドウが目立つ「コロナード・ハードトップ」のみとなった。これはBピラーを持ついわゆるピラードハードトップで、実質的な構造クーペである。フロント・サスペンションにはカマロベースしたもの採用され一定の進歩見られたが、新しスタイリングは、ユーザー要望満たすには至らなかった。 新しいシェベルは、廉価版のシボレー・デラックス、量販グレードマリブ上級グレードラグナ分けられSSは'73イヤーモデルまではマリブクーペとステーションワゴン設定されていた。'74イヤーモデルでは、シボレー・デラックスの廃止で、マリブエントリーモデルへと格下げされラグナSS置き換えられる同時に454エンジン搭載され最後モデルイヤーとなったまた、異なフロントエンドスタイリングを持つラグナS3クーペ追加され、この車名形状NASCARにも参戦したが、販売低調であった1976年フェイスリフト受けた'77イヤーモデル発表されるが、ボディー形状セダンクーペのみ、グレードラグナとラグナクラシックのみへと縮小され、他は廃止された。 外観では、上下二段配置され角形4灯式ヘッドランプと、クーペのランドウトップやオペラウインドウが目立つ。 1978年、シェベルは生産中止され後継車には、初代シェベルから最上級モデル用いられていたマリブの名が冠された。エルカミーノは、これ以降、他車種シャシスイッチしながら1987年まで生産・販売続けられている。 '73 シェベルSSステーションワゴン '73 シェベルラグナクーペ

※この「3代目 (1973 - 1977年)」の解説は、「シボレー・シェベル」の解説の一部です。
「3代目 (1973 - 1977年)」を含む「シボレー・シェベル」の記事については、「シボレー・シェベル」の概要を参照ください。


3代目 (2016-年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/28 22:29 UTC 版)

プロトン・サガ」の記事における「3代目 (2016-年)」の解説

2016年9月販売開始した

※この「3代目 (2016-年)」の解説は、「プロトン・サガ」の解説の一部です。
「3代目 (2016-年)」を含む「プロトン・サガ」の記事については、「プロトン・サガ」の概要を参照ください。


3代目(ZC72S/ZD72S型 2010年-2016年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/30 09:04 UTC 版)

スズキ・スイフト」の記事における「3代目(ZC72S/ZD72S型 2010年-2016年)」の解説

2010年8月26日 - フルモデルチェンジ9月18日から販売開始開発時のキーワードは「More SWIFT(もっとスイフトに)」。年間販売目標は43,000台。 エクステリア運動性能など、2代目好評だった部分(=スイフトらしさ)を残しつつ、プラットフォーム軽量・高剛性な新プラットフォーム刷新ホイールベース40 mm拡大しトレッド拡大したことで直進安定性旋回性・居住性高めたエンジンは、先代後期型ではCVT車がK12B型、5MT車と4AT車(4WDのみ)がM13A型と分かれていたが、今回モデルチェンジ機に従来吸気側に加え排気VVT及びエンジン負荷低減可能な発電制御オルタネーター採用した改良版K12B型に統一したまた、トランスミッション4WD車に設定していた5MTと4ATを廃止し5MT2WD)とCVT2WD4WD)に整理した同時に樹脂パーツ高張力鋼部位拡大などで軽量化図り2WD車において車両重量が1トン切った5MT車が970 kgCVT車が990 kg)。また、CVT車は従来アイシンAW(現・アイシン)製から、ジヤトコ日産共同開発した副変速機構付CVT切り替わった(すでに一部軽自動車には採用されているが、同社登録車としては初採用)。これらにより、CVT車は2WD4WD共に「平成22年度燃費基準+25 %」を、5MT車も「平成22年度燃費基準+15 %」をそれぞれ達成その後2WDCVT車は「平成27年度燃費基準」も達成したまた、CVTセレクターゲート式からストレート式変更し操作性を向上。5MT車は軽快且つ正確なシフト操作可能にするシフトアシスト機構採用した。なお、ヨーロッパ向け仕様2010年モンディアル・ド・ロトモビル通称パリサロン)で発表日本市場未設定の3ドアや1.3 Lディーゼルエンジン引き続き投入され同時にMT車にはアイドリングストップ機能採用される足回りは、フロントストラットリヤトーションビーム形式こそ変更ないが、さらなる剛性化と軽量化を図るべく全て新設計された。フロントコイルスプリング巻き径を縮小しバネ部分をたる型とすることで構造自体コンパクト化リヤパイプ断面を2重構造とすることスタビライザー一体化しねじり剛性25 %高めつつ、2 kg軽量化同時にビーム基部ブッシュを平行配置から傾斜配置とすることでスタビリティを向上させた。ダンパー日立オートモティブシステムズ(現・日立Astemo)が新設計した専用品を装着操舵に応じてタイヤの切れ角を変化させる可変ギヤレシオステアリングを採用し機敏さ高めと共に最小回転半径を4.8 m(16インチタイヤ装着車5.2 m)に縮小し小回り性能を向上させた。 エクステリアは、フロントにU字モチーフ採用し、グラスエリア(窓まわり)はフロントからサイドまで連続的一体感のあるデザインとなったヘッドランプ縦長大型タイプに、リヤコンビネーションランプ躍動感のあるショルダーラインから連続したデザインとし、ドアミラーも高さ/幅がそれぞれ10 mm / 8 mm拡大され視認性向上したインテリア同社キザシ流れを汲む質感あるものへと変化する同時に収納スペース増やし、インフォメーションディスプレイをインパネ中央からメーターナセル内に移動させることで使い勝手視認性を向上させた。またルームミラーは、歴代スイフト唯一のフロントガラス接着タイプである。 装備面では、全車ブレーキ・オーバーライド・システムEBD4輪ABS&ブレーキアシスト、省燃費運転の目安となるエコドライブインジケーター(CVTのみ)、フルオートエアコン、キーレスプッシュスタートシステム、全面UVカット機能ガラス、6スピーカーなどを装備するとともにシートリフター加え日本Bセグメントにおいては極めて珍しいチルト&テレスコピックステアリングコラムをも標準備えることで最適なドライビングポジション取りやすくなった。オーディオカーナビゲーションなどの後付需要対応するため、オーディオレス仕様となった(なお、「XG」はメーカーオプションでAM/FMラジオ・オートボリュームコントロール付CDプレーヤー装備することができる。他グレードについてはディーラーオプション)。また、日本仕様独自の装備として、グレードによりリヤリクライニングシートや運転席アームレスト助手席インパネ収納カップホルダー、ラゲッジボード、パドルシフトCVT 7速マニュアルモードXS)を採用している。視認性向上に一役買うプロジェクターディスチャージヘッドランプ(オートライトシステムつき)も、引き続きXL」と「XS」にメーカーオプション用意されるグレード体系15インチタイヤ採用のベースグレード「XG」、タイヤサイズ16インチ上げアルミホイールやサイドターンランプ内蔵ドアミラー、本皮革ステアリングホイール装備充実させた「XL」、パドルシフトクルーズコントロール、可倒式フロントアームレスト、フロントシートSRSサイドエアバッグ&SRSカーテンエアバッグ、ヒルホールドコントロール付ESP、リヤディスクブレーキなどを装備した最上級グレードの「XS」の3グレードラインナップした(5MTは「XG」・「XL」のFF車のみの設定)。 なお、日本国内向け生産はこのモデルから初代以来生産行っていた湖西市湖西工場からキザシSX4と同じ牧之原市相良工場変更された。同時に台湾仕様太子汽車製から相良工場製に変更された。 2010年11月16日 - 2011年RJCカー・オブ・ザ・イヤー受賞2011年2月25日 - 同年1月時点世界累計販売台数200台を達成累計生産台数2010年12月時点200台を達成している)。地域別販売比率インドが約39 %、欧州が約27 %と海外でも人気が高いことがうかがえる日本国内でも約15 %の比率占めている。 2011年8月17日 - 子会社であるマルチ・スズキ・インディア社を通じインド向け仕様車をフルモデルチェンジインド向け仕様では1.2 Lガソリン車だけでなく、ヨーロッパ向け仕様同じく1.3 Lディーゼル車設定されるほか、専用タイヤ・ホイール・サスペンションを採用して乗り心地ハンドリング性能現地向けとしている。また、定員乗車対応するため後席空間広くとるなど、インド市場要望応えた専用設計となっている。 2011年8月25日 - 欧州仕様先行搭載されたアイドリングストップシステムを採用したXGアイドリングストップ」と「XLアイドリングストップ」を追加9月13日販売開始)。本システム搭載により、JC08モード燃費1.2 km/L向上して21.8 km/L実現した平成27年度燃費基準達成)。「XS」に設定されているヒルホールドコントロール付ESP標準装備となるほか、バックドアにアイドリングストップシステム搭載車の証として「IDLING STOPエンブレム装着される2011年11月17日 - 特別仕様車RS」を発売。これは「XG」をベース減衰力高めたダンパー欧州仕様タイヤ、パワーステアリングコントローラーを採用し直進安定性高めとともにスポイラー(フロントスパッツ・リヤ・サイドアンダー・ルーフエンド)、フォグランプLEDサイドターンランプ付ドアミラー16インチアルミホイール、リヤシートリクライニングを特別装備し、専用ファブリックシート・本革巻きステアリングホイールとシフトブーツにシルバーステッチを施したモデルである。ボディカラーは特別設定色の「プレミアムシルバーメタリック」(キザシ設定済のカラーで、カラーコードはZNC。)を含む5色設定したメーカーオプションとしてオートライトシステム付ディスチャージヘッドランプCDオーディオ設定2012年2月1日 - マルチ・スズキ・インディアインド専用車種の4ドアセダン「スイフトディザイア」を全面改良し発売開始新型ディザイアはリヤデッキを切り詰めたスタイルとなり、全長先代の4,160 mmから3,995 mm短縮された。なお、同種のショートセダンはタタ・モーターズインディゴCS先行している。エンジンハッチバック同様1.2 Lガソリン (K12B) と1.3 Lディーゼル (D13A) の2種類で、トランスミッション5MTの他に、ガソリン車には4ATもラインナップされる。なお、従来型ディザイアは、新型登場後も「ディザイア ツアー(DZiRE Tour)」として内外装簡略化した上でタクシー向けに継続販売される2012年6月5日 - 一部改良2型)。2012年7月からのシートおよびシートベルトに関する保安基準の改正対応してフロントシートヘッドレスト大型化し、リヤシートについても、中央席へのヘッドレスト設置と、中央シートベルトのNR2点式タイプからELR3点式タイプへの変更が行われた。 2012年11月5日 - 特別仕様車RS」を一部改良新たにクルーズコントロールシステムを追加し4WD車に装備されているリヤディスクブレーキを2WD車にも拡大適応CVT車は7速マニュアルモードパドルシフト変更したまた、リヤコンビランプは大型単眼ストップランプブレーキランプ)を内蔵し専用ファブリックシートのデザイン変更オプション設定オートライトディスチャージヘッドランプヘッドランプ塗装色をメタリックグレーに変更した2013年1月30日 - 同年1月世界累計販売台数300台の達成発表2013年7月17日 - マイナーチェンジ3型)。 フロントデザインは躍動感あるデザイン変更し、ロアグリルをワイド化、ラジエーターグリルをメッシュ化することでスポーティーさと力強さ調和させた。また、XL」・「XS」に装備16インチアルミホイールのデザイン変更し、「XS」にはフォグランプベゼルにLEDイルミネーションランプを採用した(「XG」・「XL」はシルバー塗装カバー装着)。また、ファブリックシートにブルー差し色追加して華やかな印象加えた装備面では一部グレードのみに標準装備されていたESPを「XG」・「XL」にも拡大適応して全車標準装備した。ボディカラーは「スモーキーグリーンメタリック2」と入れ替えで「ルミナスブルーメタリック」を追加した4WD車は既存K12Bエンジンベースに、燃焼室コンパクト化して最適な形状としたことで熱効率の向上とノッキング抑制両立するとともにインジェクターを1気筒あたり2つ設置し燃料状に微粒化して噴射することで燃えやすくするうえ、燃焼室近く配置することで燃料効率よく充填させ、燃焼室温度下げてノッキング抑制する「デュアルインジェクションシステム」や、排出ガス一部冷却して燃焼室内に再循環させることで燃焼温度下げ圧縮比アップに伴う筒内温度上昇によるノッキング抑制する水冷式の「クールドEGRシステム」の採用など、ノッキング抑制フリクション摩擦抵抗)の低減徹底的に行い熱効率極限にまで追求した「デュアルジェットエンジン」に置換し燃費を向上。4WD全車平成27年度燃費基準」を達成。アイドリングストップシステム搭載車ブレーキ踏んで13 km/h下になる自動エンジン停止する停車アイドリングストップ機能加え軽自動車一部車種採用されている「エネチャージ」や「エコクール」、さらには「デュアルジェットエンジン」の搭載に伴い「XG-DJE」・「XL-DJE」に改名するとともに、「XS-DJE」を新たに追加DJE系は2WD車で26.4 km/LJC08モード)の低燃費実現し駆動方式問わず平成27年度燃費基準+20 %」を達成した特別仕様車RS」はカタロググレード同様、4WD車に「デュアルジェットエンジン」を搭載すると共に、アンダースポイラー(フロント・リヤ)を専用開発したことで全長25 mm拡大。ファブリックシート表皮専用リヤエンブレムを新仕様変更した併せて販売店アクセサリー純正カーナビゲーションには、スズキ車初となる専用デザインの8インチワイドナビ(パナソニック製)が設定された。 2014年6月12日 - 特別仕様車STYLE」・「STYLE-DJE」を発売。「XG」・「XG-DJE」をベースに、専用メッキフロントグリル、切削加工ブラック塗装施した16インチアルミホイール、LEDサイドターンランプ付ドアミラー運転席&助手席シートサイドポケット、リモート格納ドアミラーIRカット機能フロントガラスプレミアムUVカットガラスフロントドア)、クルーズコントロールシステム、7速マニュアルモードパドルシフト、リヤシートリクライニング、運転席&助手席シートヒーター2WD車のみ、4WD車はベース車に標準装備)を装備し専用シート表皮レザー調とラックススエードを組み合わせ専用ドアトリムスエード調を、インストルメントパネル&ドアトリムオーナメントにヘアメタル調を、運転席アームレストレザー調それぞれ採用し、オーディオスイッチ付本革ステアリングホイールとシフトブーツにシルバーステッチを施したまた、ディスチャージヘッドランプ(オートライトシステム付)、フロントフォグランプLEDイルミネーションランプをセットオプションとして設定するとともにボディカラーは特別設定色の「プラズマイエローパールメタリック」と「プルシアンブルーパール」を含む7色を設定するとともに、特別設定色2色と「スーパーブラックパール」の3色にはオプションで2トーンルーフ(「プラズマイエローパールメタリック」設定時はブラック2トーンルーフ、「プルシアンブルーパール」と「スーパーブラックパール」設定時はホワイト2トーンルーフ)も設定された。併せて、「RS」はLEDイルミネーションランプを追加したほか、4WD車に採用されているデュアルジェットエンジン及びエネチャージ、アイドリングストップシステム、エコクールを搭載した「RS-DJE」を追加した併せて、カタロググレードの仕様変更実施、「XS-DJE」へ統合のため「XS」を廃止した2014年9月3日 - 同年8月時点世界累計販売台数400台を達成2015年4月1日 - 仕様変更新たに設けられた「平成32年燃費基準」を「XG-DJE」・「XL-DJE」・「XS-DJE」で達成。特に、対象グレード2WD車は「平成32年燃費基準+10 %」を達成した2015年11月 - 仕様変更ボディーカラー一部入れ替え行い、「スノーホワイトパール」と「ルミナスブルーメタリック」を廃止し新色の「ピュアホワイトパール」と「ミッドナイトバイオレットメタリック」を追加特別仕様車STYLE」・「STYLE-DJE」においてもボディーカラー一部入れ替えが行われ、専用色の「プラズマイエローメタリック」と「プルシアンブルーメタリック」を廃止し、「クラッシーブラウンメタリック」と「クォーツピンクメタリック」(いずれも4代目ソリオ設定色)を追加また、「プレミアムシルバーメタリック」と「クォーツピンクメタリック」には「ブラック2トーンルーフ」を新たに設定した2016年4月11日 - 同年4月上旬時点世界累計販売台数500台を達成した発表2016年11月 - 生産終了在庫応分のみの販売となる。 2016年12月在庫応分完売し販売終了XG前期型XG前期型リヤXG後期型XG後期型リヤRS前期型)(2011年11月 - 2012年11月RS前期型リヤ)(2011年11月 - 2012年11月RS後期型RS後期型リヤスタイル後期型、プラズマイエローパールメタリック ブラック2トーンルーフ仕様XL 室内前期型前期型 欧州仕様 3ドア 前期型 欧州仕様 5ドア 前期型 欧州仕様 5ドア リヤ ディザイア ディザイア リヤ 後期型 欧州仕様 5ドア フロント 後期型 欧州仕様 5ドア リヤ

※この「3代目(ZC72S/ZD72S型 2010年-2016年)」の解説は、「スズキ・スイフト」の解説の一部です。
「3代目(ZC72S/ZD72S型 2010年-2016年)」を含む「スズキ・スイフト」の記事については、「スズキ・スイフト」の概要を参照ください。


3代目 (MK V / 2002年 - 2008年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 00:51 UTC 版)

フォード・フィエスタ」の記事における「3代目 (MK V / 2002年 - 2008年)」の解説

MK V 2002年フルモデルチェンジ実施したマツダとのコンパクトカー向けプラットフォーム統合流れから、マツダ・デミオと共通のDYプラットフォーム採用された。操縦動力性能から人間工学面に基づいた快適性追求成果は、上位モデルフォード・フォーカス譲りのものであるボディタイプ3/5ドアで、エンジンガソリン1.3L、1.6L、ディーゼル1.4Lターボラインナップされるが、日本導入されるモデル5ドアガソリン1.6L 4AT仕様のみとなる。 2004年ベーシックなGLXと上級GHIA (ギア)輸入された。2005年11月マイナーチェンジ合わせて、2.0Lで150PSを発生するエンジン5MT組み合わせた3ドアホットハッチであるST追加された。

※この「3代目 (MK V / 2002年 - 2008年)」の解説は、「フォード・フィエスタ」の解説の一部です。
「3代目 (MK V / 2002年 - 2008年)」を含む「フォード・フィエスタ」の記事については、「フォード・フィエスタ」の概要を参照ください。


3代目 (2000-2012年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 08:37 UTC 版)

オペル・コルサ」の記事における「3代目 (2000-2012年)」の解説

2001年欧州発売し日本2001 - 2003年モデルを、GMヤナセ2代目同様『オペル・ヴィータ』として販売児玉デザイン携わった最後コルサでもある。

※この「3代目 (2000-2012年)」の解説は、「オペル・コルサ」の解説の一部です。
「3代目 (2000-2012年)」を含む「オペル・コルサ」の記事については、「オペル・コルサ」の概要を参照ください。


3代目(1984年-1994年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/31 15:15 UTC 版)

スバル・レオーネ」の記事における「3代目(1984年-1994年)」の解説

「オールニューレオーネ」と名乗る3代目は1984年昭和59年7月16日に、まず4ドアセダンとして発売され10月25日に3ヵ月遅れでツーリングワゴン/エステートバンが追加された。 ボディサイズ一回り大型化されて当時流行直線的なものになり、フラッシュサーフェス化されて「Cd値=0.35」という良好な空力特性大きくアピールされた。その一方で従来型にあった個性的な武骨さは薄れたため、スバルファンの中にはスバルらしさが無い」という意見もあった。 水平対向4気筒EA型エンジンは、1.8 Lのみ「EA81型」のバルブ作動方式スバル・1000以来ギア駆動カムシャフトによるOHVからタイミングベルト駆動カムシャフトによるOHC改めたEA82型」に進化しわずかながらも高回転化が可能となって高出力化(ターボ場合グロス135 PSネット120 PS)された。 変速機5速MT採用されたが、先代以来装備である「デュアルレンジ副変速機引き続き採用され走行中の実質変速段数10段にまで達していた。最上級グレードGTにはエアサスペンション採用され車高調機能の「ハイトコントロール」もついていた。 1985年11月 - ドアミラーを、フロントドアガラス前方追加されガセット固定するタイプ変更し下級グレードのハーフホイールキャップの意匠変えGTGRサンルーフ装着車設定する小変更を行い新たに「3ドアクーペ」シリーズ発売したデビュー当初マニュアルトランスミッション車4WDシステム依然パートタイム方式で、アウディ・クワトロ以来フルタイム化の流れ取り残されていたが、国内初のマニュアルトランスミッションフルタイム4WD乗用車マツダ・ファミリア4WD(1.6 Lターボ)に僅かに遅れて1986年昭和61年4月発売の「3ドアクーペRX-II」(1.8 Lターボ)から、傘歯車ベベルギヤ)とバキューム・サーボ式のデフロック付きセンターデフ採用によってセンターデフ付きフルタイム4WD化され10月にはセダン/ワゴンにも採用拡大された。このとき、セダン/ワゴンフロントグリルとリアコンビネーションランプの意匠変更が行われた。 1987年10月 - 電子制御式4速AT「E-4AT」採用とあわせ、それまでMP-T4WDから専用コントロールユニットによるパルス制御によって前後トルク配分予測制御するACT-4」(電子制御MP-T)と呼ばれる、高度な制御方式を持つフルタイム4WD発展させ、ようやくフルタイム化の時流追い着いた1988年9月 - エステートバンをいすゞ自動車へジェミネットIIとしてOEM開始1989年2月 - レガシィ発売により、クーペツーリングワゴンセダン1.8 L車が販売終了し、販売車種セダン1.6 LのマイアマイアIIとエステートバン1600LCのみに縮小された。 1992年10月インプレッサ発売によりセダン販売終了廉価版警察の捜査車両としても多数導入されていた。 1993年7月 - いすゞ自動車OEMしていたジェミネットII供給終了1994年3月 - 日産自動車からADバンOEM供給開始され、エステートバンの販売終了自社生産としてのレオーネ23年歴史に幕閉じた販売終了前月までの国内新車登録台数累計202734台。 本車スバル主力車種だった1980年代後半には、好調なレオーネアメリカ向けの輸出依存をしていた中で起こったプラザ合意による円高や、デザインこそ流行合わせたものであったが、スバル・1000から基本設計変わらないエンジンプラットフォーム3速しか無いAT、手動式チョークなど、設計旧態化が進んだことなどにより販売台数伸び悩んだことで富士重工業業績悪化招いてしまった。このため打開策として開発されたのが、初代レガシィである。 セダンリアワゴンリアクーペリア) エステートバン

※この「3代目(1984年-1994年)」の解説は、「スバル・レオーネ」の解説の一部です。
「3代目(1984年-1994年)」を含む「スバル・レオーネ」の記事については、「スバル・レオーネ」の概要を参照ください。


3代目(2019年 -)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 02:01 UTC 版)

フォード・クーガ」の記事における「3代目(2019年 -)」の解説

ボディ先代同じくエスケープと共通となっている。エクステリアデザイン先代エッジ立ったデザインかプーマ共通する抑揚のあるデザイン一新された。 プラットフォーム4代目フォーカスなどと同じC2プラットフォーム採用パワートレインは1.5Lガソリンエンジン、1.5Lガソリンターボエンジン、2.0Lディーゼルエンジン、2.0Lマイルドハイブリッドディーゼルエンジン設定また、2.5Lガソリンエンジンと14.4kWhのバッテリー搭載したプラグインハイブリッドモデルも設定した。 ST-Line Plug-In Hybrid ST-Line Plug-In Hybrid

※この「3代目(2019年 -)」の解説は、「フォード・クーガ」の解説の一部です。
「3代目(2019年 -)」を含む「フォード・クーガ」の記事については、「フォード・クーガ」の概要を参照ください。


3代目(2022年 - )

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/07 05:15 UTC 版)

トヨタ・タンドラ」の記事における「3代目(2022年 - )」の解説

2021年5月より、3代目となる2022年モデルのティーザーイメージが順次公開される2022年1月31日-ラグジュアリーグレード「キャップストーン量産第一号車が、バレットジャクソンオークションにおいて、70ドル(約8030万円)で落札された。同じオークションではTRDプロ量産第一号車出品され落札されている。

※この「3代目(2022年 - )」の解説は、「トヨタ・タンドラ」の解説の一部です。
「3代目(2022年 - )」を含む「トヨタ・タンドラ」の記事については、「トヨタ・タンドラ」の概要を参照ください。


3代目(1956年-1959年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 19:46 UTC 版)

ダッジ・キングスウェイ」の記事における「3代目(1956年-1959年)」の解説

1956年発表された。新規プラットフォーム使用しており、尖ったプロポーション手に入れた1960年ダッジ・ダート導入に伴いモデル廃止される

※この「3代目(1956年-1959年)」の解説は、「ダッジ・キングスウェイ」の解説の一部です。
「3代目(1956年-1959年)」を含む「ダッジ・キングスウェイ」の記事については、「ダッジ・キングスウェイ」の概要を参照ください。


3代目(Ypsilon、2011年-)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/06 01:09 UTC 版)

ランチア・イプシロン」の記事における「3代目(Ypsilon、2011年-)」の解説

2011年3月ジュネーヴ・モーターショーにて正式発表ボディタイプ従来3ドアから5ドア変更されただけでなく(ただしリアドアハンドル窓枠紛れデザイン採用したため一見すると従前どおり3ドア見える)、デルタ小型化たようなスタイリングとなり、更にBセグメントクラスからAセグメントクラスのコンパクトカー変更された。また、ランチア親会社フィアットクライスラー統合に伴いファミリーグリルもクライスラー風のデザイン改められた。プラットフォームフィアット・500のものをベースホイールベース延長したものが使用され全幅は1,675mmとなり5ナンバーサイズとなっている。3代目イプシロン製造フィアット・500と同じポーランドティヒ工場移転され先代製造拠点であったテルミニ・イメレーゼ工場2011年11月24日閉鎖された。 エンジン直4 1.2L SOHC8バルブ FIRE、1.2L SOHC8バルブ バイフューエルガソリンLPG)、直2 0.9L SOHC8バルブ ツインエア、直4 1.3L SOHC16バルブ Multijetディーゼル4種類ラインナップされ、いずれもアイドリングストップシステムが標準装備となる。 2011年9月イギリス及びアイルランドクライスラー・イプシロン発売開始された。ランチアイギリス市場から撤退していたため、同国ではクライスラーブランドで販売される。なお、クライスラー本国であるアメリカには導入されない。 2012年11月15日フィアットクライスラージャパン日本市場向けの「クライスラー・イプシロン」を発表同年12月15日からクライスラー正規販売網発売開始した日本仕様は直2 0.9Lのツインエアに「デュアルファンクション」と呼ばれるAMT組み合わせのみ。グレードは「ゴールド」と「プラチナ」の2種で、価格それぞれ235万円/260万円後者にはバイキセノンヘッドランプや本皮革シート16インチアルミホイールなどが備わる。なお、日本仕様は後席中央のヘッドレスト3点式シートベルト追加したことで法規上5人乗りとなり(ランチア版は4人乗り)、登録上の形状ステーションワゴン扱いとなる。少数輸入による正規輸入車で、全車持ち込み登録であった2014年日本での販売終了したが、後継モデルとしてフィアット・500Xジープ・レネゲード導入された。 その後2015年にフェイスリフトモデルが発表されたが、イタリア国外での販売終了しイタリアでもランチアブランドの他車種削減が行われたことで、唯一のランチアブランド車種となった以降低金利セール特別仕様モデル追加販売続けられレンタカー需要等で好調なセールス持続した2020年3月マイナーチェンジが行われた。「エコチック」のサブモデル名がつき、1.0LのFIREエンジンと12Vバッテリー組み合わせたマイルドハイブリッド、1.2LバイフューエルガソリンLPG)、0.9LCNGの3種類のエンジンとなる。2021年2月フェイスリフトおよび小改良おこなわれ全車Euro 6d-Final規制対応したクライスラー・イプシロン日本仕様フロントクライスラー・イプシロン日本仕様リア

※この「3代目(Ypsilon、2011年-)」の解説は、「ランチア・イプシロン」の解説の一部です。
「3代目(Ypsilon、2011年-)」を含む「ランチア・イプシロン」の記事については、「ランチア・イプシロン」の概要を参照ください。


3代目(2001年-2011年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/02 02:24 UTC 版)

オペル・コンボ」の記事における「3代目(2001年-2011年)」の解説

2001年には3代目にモデルチェンジが行われた。同クラスパネルバンベースコンパクトカーを用ないようになったが、先代同様コルサベースとなり、Aピラーまでがコルサと共通になった。コルサ用いられたガンマプラットフォームは、車体幅を制限した初代コンボとの違いとして、助手席側のみあるいは両側のリアサイドドアにスライドドア採用された。 また5人乗りモデルのコンボツアーも引き続き設定され、さらにRVLAVモデルのコンボツアートランプ(一部市場での名称はコンボツアーアリゾナ)も設定された。コンボツアートランプにはサスペンションチューニングや最低地上高増加が行われ、シャシープロテクトカバーが装備された。なお、コンボツアーはイギリスにおいては販売されていない。 コンボツアートランプには標準装備で、コンボツアーにはオプションでテールゲートタイプのリアドア選択できたが、商用タイプには引き続き観音開き式のものが採用された。 2006年にはポルトガルGMアザンブージャ工場閉鎖されたため、生産拠点スペインサラゴサ移管された。

※この「3代目(2001年-2011年)」の解説は、「オペル・コンボ」の解説の一部です。
「3代目(2001年-2011年)」を含む「オペル・コンボ」の記事については、「オペル・コンボ」の概要を参照ください。


3代目(2008年 - 2017年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 02:21 UTC 版)

フォルクスワーゲン・シロッコ」の記事における「3代目(2008年 - 2017年)」の解説

2006年パリサロンで「アイロック」(Iroc )というコンセプトカー発表され2008年3代目シロッコ発売された。2代目後継モデルとなったコラード1995年消滅していたため、フォルクスワーゲンとしては13年ぶりの3ドアクーペモデルとなったドイツでの販売価格は、21,750ユーロ税込み)からである。北米市場では「GTI北米販売されるゴルフGTI)の販売悪影響する」との理由によって、導入見送りとされた。その後スポーツグレードとして2L TSIエンジンチューンした256PSのシロッコRが発売された。 ハッチバッククーペありながら幅広く短い、ロングルーフを特徴とするバックドアが殆ど垂直に近い状態に立った独特の(2ボックス型の)カムバックスタイルを持っており、後に登場するヒュンダイ・ヴェロスターアルファロメオ・ミトトヨタ・GRヤリスなどの2ボックス型ハッチバッククーペにも影響与えた搭載されエンジンゴルフVIと共通の、ツインチャージャー直列4気筒1,400cc120-158PS、2,000cc211PS、2000ccTDI140PSなどである。 日本では2009年5月25日発売された。販売は、1,400ccツインチャージャーエンジン搭載の「TSI」(392万円)と、2,000ccターボの「2.0TSI」(447万円)の二種類開始された。シロッコRは2010年2月5日より515万円発売された。 2010年9月15日仕様変更が行われ、「TSI」が「平成17年基準排出ガス75%低減レベル☆☆☆☆)」と「平成22年度燃費基準+15%」を同時に達成した他、ナビゲーションオプション化するなど装備内容見直し行われたため、44万円値下げされ348万円となった一方、「2.0TSI」はリアビューカメラRear Assist」を新たに装備するなどで13万円値上げ460万円となった。なお、タイヤは両タイプとも突起物貫通した場合でも、特殊高分子ポリマー粘着特性により瞬時に穴を塞ぎ継続走行可能な「モビリティタイヤ」となった2011年8月24日特別仕様車R-Line」を発売。「TSI」をベースに、専用フロント&リアバンパーサイドスカート18インチアルミホイール、専用ファブリックシートなど、「R-Line専用内外装装備379万円)。併せて、「TSI」の仕様変更行いパドルシフト、リアパークディスタンスコントロール、RCD310オーディオ追加装備するとともに、セットオプションとして「アダプティブシャシーコントロール"DCC"パッケージ」と「レザーシート、パノラマガラスルーフパッケージ」を新たに設定。なお、追加装備伴って2万値上げとなり、350万円となった2012年4月3日に「TSI」と特別仕様車R-Line」において仕様変更が行われ、JC08モードに対応。同モードでの燃費は15.8km/Lとなっており、「平成27年度燃費基準」を達成している。 2013年4月16日従来発売されていた「R-Line」をベースに、走行状況に応じてダンパー減衰力電動パワーステアリング特性異な3つのモード切り替えできる「DCC(アダプティブシャシーコントロール)」、中・高速でのコーナリングを快適かつ安全に行う「XDS電子制御式ディファレンシャルロック)」、純正ナビゲーションシステム「712SDCW」を追加装備し、メーター中央部にフルカラーマルチファンクションインジケーターを追加したR-Line Dynamisch(ディナミッシュ)」を発売2014年3月14日消費税増税及び原材料費の高騰などに伴う生産コスト輸送の上昇を受けて同年4月1日付で価格改定実施することが発表されたが、シロッコに関してゴルフ カブリオレと共に販売終了する見込みのため値上げ対象外となり、同年3月をもって日本での販売終了された。 最終的に2017年以って名実共に生産終了販売終了となった

※この「3代目(2008年 - 2017年)」の解説は、「フォルクスワーゲン・シロッコ」の解説の一部です。
「3代目(2008年 - 2017年)」を含む「フォルクスワーゲン・シロッコ」の記事については、「フォルクスワーゲン・シロッコ」の概要を参照ください。


3代目(2018年-)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/20 00:01 UTC 版)

プジョー・パートナー」の記事における「3代目(2018年-)」の解説

2018年6月26日発表。3代目パートナーパネルバンである。ダブルキャビン版も設定されている。乗用版はプジョー・リフターとして販売されている。

※この「3代目(2018年-)」の解説は、「プジョー・パートナー」の解説の一部です。
「3代目(2018年-)」を含む「プジョー・パートナー」の記事については、「プジョー・パートナー」の概要を参照ください。


3代目(2016年-)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/19 23:34 UTC 版)

トヨタ・タコマ」の記事における「3代目(2016年-)」の解説

2015年9月北米デトロイトモーターショーワールドプレミアされた。4ランナーSUVハイラックスサーフ)とタンドラ意匠取り入れた攻撃的な外観注目集め好況手伝って売り上げ大幅に伸ばしたエンジン従来の2TR-FE型(2.7リッター直4)に加え、筒内直噴とポート噴射併用するD-4Sを採用した新開発3.5リッターV6ラインナップされている。この2つエンジンは2WD/4WD、MT/ATのいずれでも選択が可能で、TRD仕様装備違いなども合わせて29バリエーション存在する剛性高めるためボディに超高強度鋼を採用しており、静粛性大幅に改善している。

※この「3代目(2016年-)」の解説は、「トヨタ・タコマ」の解説の一部です。
「3代目(2016年-)」を含む「トヨタ・タコマ」の記事については、「トヨタ・タコマ」の概要を参照ください。


3代目(1999年-2016年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 11:20 UTC 版)

トヨタ・クイックデリバリー」の記事における「3代目(1999年-2016年)」の解説

クイックデリバリー200冷凍・冷蔵庫装備車 BU28#K・#ZU28#K・XKU28#K 1999年平成11年8月18日 2t積系のみモデルチェンジ。カウルトップの位置低くなり、フロントウインドシールドや車体上半丸み帯びたスタイルとなる。ホイールボルトがPCD139.7mmの6本から、203.2mmの5本に変更となる(ホイールハブ穴径146mm)。搭載エンジンは3.66Lの「4B型ディーゼルエンジンシフトレバー先代同様コラムシフトとなるが、フロアシフト感覚操作できるレバー形状変更された。なおATは存在しない積載量2t系は、2000年平成12年以降ヤマト運輸専用モデル(W号車)となり、一般向けの販売取り止めとなった2000年平成12年先代続きLPG車設定エンジンは2.7Lの「3RZ型」がベースの「3RZ-FP型」で、ヤマト運輸では2000台を超える台数