レギュレーションとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 政治活動 > 規制 > レギュレーションの意味・解説 

レギュレーション

英語:regulation

レギュレーション(英: regulation)とは、満たさなければならない条件についての決まりのことである。主にスポーツゲームなど競技や、製品仕様について用いる、やや専門的な外来語である。

「レギュレーション」は、英語のregulation由来する言葉である。regulationは、規制する意の他動詞regulateに接尾辞-tionが付いた名詞で、規則規制など意味する

「レギュレーション」と似た意味の言葉に「ルール」「規則」「規定」などがある。

ルール」は、決まりごと広く指す日常的な語であり、「レギュレーション」を含む概念である。「レギュレーション」は、満たさなければならない条件についての決まりごと指し厳密に定められているものをいうことが普通であるしたがって、「我が家ルール」「猫にルールがある」などとは言えるが、「我が家のレギュレーション」「猫にのレギュレーションがある」などとは言いにくい

規則」は、行動規準となる決まりを指す語であり、「レギュレーション」を含む概念である。また「規則」には、常に変わらないありさま意があるが(例、「規則正しい生活」「規則的な配列」)、「レギュレーション」にはそのような味はない。

規定」は、決まり定めること、またその決まり意味する語であり、「レギュレーション」を含む概念である。「規定」はサ変動詞となるが、「レギュレーション」はサ変動詞にはならないまた、規定」には、「美しさ規定する」のように、漠然とした概念一定の形に定めることをも意味するが、「レギュレーション」にはそのような味はない。

また、コンプライアンス」は決まり遵守することを意味する語であるが、「レギュレーション」「ルール」「規則」「規定」は決まりそのもの意味する

レギュレーションの用例

執筆稲川智樹

レギュレーション【regulation】

読み方:れぎゅれーしょん

規制規則

「レギュレーション」に似た言葉

レギュレーション

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

レギュレーション(2017年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/04 08:28 UTC 版)

Jリーグ アジアチャレンジ」の記事における「レギュレーション(2017年)」の解説

Jリーグクラブとタイリーグクラブ2チームずつが参加し同一リーグチーム同士対戦しないリーグ対抗戦形式」により行われる90分で決着がつかない場合引き分けとし、参加チーム勝ち点合計の多いリーグ勝者とする。勝ち点が同じ場合は「得失点差」「総得点」を比較し、それでも優劣つかない場合は両リーグ引き分けとする。 各チーム試合エントリー20以内試合中交代人数は8名までとする。これは同じくJリーグ主催するプレシーズンマッチJリーグDAZNニューイヤーカップ」と同じである

※この「レギュレーション(2017年)」の解説は、「Jリーグ アジアチャレンジ」の解説の一部です。
「レギュレーション(2017年)」を含む「Jリーグ アジアチャレンジ」の記事については、「Jリーグ アジアチャレンジ」の概要を参照ください。


レギュレーション(2018年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/04 08:28 UTC 版)

Jリーグ アジアチャレンジ」の記事における「レギュレーション(2018年)」の解説

前回大会異なり日本インドネシア両国から1チームずつが参加するワンゲームマッチで開催される前後半45分で、勝敗決しない場合延長戦行わずPK戦ABBA方式)で決着をつける試合エントリーは1チーム18以内外国籍選手は5名まで。ただし、試合への同時出場3名までとし、アジアサッカー連盟AFC加盟国選手1名を含む場合は4名までとする)で試合中交代は7名まで可能。

※この「レギュレーション(2018年)」の解説は、「Jリーグ アジアチャレンジ」の解説の一部です。
「レギュレーション(2018年)」を含む「Jリーグ アジアチャレンジ」の記事については、「Jリーグ アジアチャレンジ」の概要を参照ください。


レギュレーション(2017年度)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/08 03:57 UTC 版)

Jリーグワールドチャレンジ」の記事における「レギュレーション(2017年度)」の解説

エントリーは1チーム28以内ベンチ入り17名+チームスタッフ7名以内。 各チーム7名までの選手交代が可能(ただし、交代機会試合中3回以内)。GKについては負傷やむを得ない事情あり、かつ、主審承認得た場合限り4回目交代認められる外国籍選手扱い各所リーグ取り扱い準じるものとする鹿島浦和は、試合エントリー可能なのは1チーム3名以内+アジアサッカー連盟AFC加盟国選手1名(登録は5名以内)。Jリーグ提携国の選手外国籍選手見なさない。 ドルトムント制限なしブンデスリーガ外国籍選手撤廃されているため)。 セビージャEU国籍外の選手について3名までベンチ入り出場可能。 90分(前後半45分)で決着しない場合引き分けとする(延長戦無し

※この「レギュレーション(2017年度)」の解説は、「Jリーグワールドチャレンジ」の解説の一部です。
「レギュレーション(2017年度)」を含む「Jリーグワールドチャレンジ」の記事については、「Jリーグワールドチャレンジ」の概要を参照ください。


レギュレーション(2019年度)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/08 03:57 UTC 版)

Jリーグワールドチャレンジ」の記事における「レギュレーション(2019年度)」の解説

2019年6月7日発表されたエントリーは1チーム28以内ベンチ入り17名+チームスタッフ8名以内。 各チーム9名までの選手交代が可能(ただし、交代機会試合中3回以内+ハーフタイム時に限る)。GKについては負傷やむを得ない事情あり、かつ、主審承認得た場合限り4回目交代認められる外国籍選手扱い各所リーグ取り扱い準じるものとする川崎は、試合エントリー可能なのは1チーム5名以内Jリーグ提携国の選手外国籍選手見なさない。 チェルシー制限なしプレミアリーグ外国籍選手撤廃されているため)。 90分(前後半45分)で決着しない場合引き分けとする(延長戦無し

※この「レギュレーション(2019年度)」の解説は、「Jリーグワールドチャレンジ」の解説の一部です。
「レギュレーション(2019年度)」を含む「Jリーグワールドチャレンジ」の記事については、「Jリーグワールドチャレンジ」の概要を参照ください。


レギュレーション(車両規則)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/26 16:45 UTC 版)

1994年の全日本ツーリングカー選手権」の記事における「レギュレーション(車両規則)」の解説

全日本ツーリングカー選手権 (JTC)は、前年までの9年間「Gr.A規定沿った車両によって争われてきたが、すでにイギリスツーリングカー選手権(BTCC)等で採用されている「FIAツーリングカークラスII規定移行したクラスII車両は、これまでのGr.A車両として公認された4ドア車に2LNAエンジン搭載したもので、改造範囲比較的広い(ギアボックス6速以下であれば自由 等)が、車両寸法エンジンの最高回転数等は細かく規定されている。なお、新たなツーリングカー規格であることから「ニューツーリングカー」とも言われた

※この「レギュレーション(車両規則)」の解説は、「1994年の全日本ツーリングカー選手権」の解説の一部です。
「レギュレーション(車両規則)」を含む「1994年の全日本ツーリングカー選手権」の記事については、「1994年の全日本ツーリングカー選手権」の概要を参照ください。


レギュレーション (2004年まで)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/14 01:09 UTC 版)

Jリーグチャンピオンシップ」の記事における「レギュレーション (2004年まで)」の解説

試合ホーム・アンド・アウェー方式による2試合で、1997年大会除き第1戦は1stステージ(またはサントリーシリーズ)の、第2戦は2ndステージ(またはNICOSシリーズ)の優勝クラブホームスタジアム原則的に使用した。ただし、大会当初3年間は出場した関東の3クラブいずれもスタジアムキャパシティ等の都合から国立霞ヶ丘競技場陸上競技場ホームゲーム開催し以後1998年2000年2度使用された。 各試合とも基本的にそれぞれのシーズンのJリーグ試合方式準じる。ただし、2000年大会以降は90分で決着がつかなかい場合延長戦行なわ引き分けとした。また、1993年度大会のように第1戦の勝敗内容によっては第2戦の延長戦などを実施せず引き分け等で試合終了とする場合もある。 順位の決定方法は、1994年までは2試合勝利数1995年以降合計勝点による。同勝点勝利数の場合は2試合通算得点1994年まで続いて勝利内容)で決定する。それでも決着がつかない場合は、第2終了後15分ハーフVゴール方式延長戦2000年以降)またはPK戦1999年)で優勝を決める1998年まで第2戦後決着がつかなければJリーグ定め会場決定戦を行うことになっていた。また大会初期には、2試合とも延長戦およびPK戦経て1勝1敗となった場合は(再度PK戦をせず)両者優勝とするものであった(ともに、適用されなかった)。

※この「レギュレーション (2004年まで)」の解説は、「Jリーグチャンピオンシップ」の解説の一部です。
「レギュレーション (2004年まで)」を含む「Jリーグチャンピオンシップ」の記事については、「Jリーグチャンピオンシップ」の概要を参照ください。


レギュレーション(2015年・2016年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/14 01:09 UTC 版)

Jリーグチャンピオンシップ」の記事における「レギュレーション(2015年・2016年)」の解説

2015年9月14日発表された大会概要基づ2015年のレギュレーションは以下の通りトーナメント割り当ておよび年間順位決定方法については前述のとおりであるため割愛)。 1回戦準決勝はいずれ90分(45分ハーフ)の1回戦制で行われ、とし、同点の場合30分15分ハーフ)の延長戦実施。それでも決着がつかない場合PK戦(各5人ずつ。それでも決着がつかなければ6人目からサドンデス)で勝ち抜けチーム決める完全決着方式採用決勝戦ホーム・アンド・アウェー90分(45分ハーフ)の2回戦制で行われる。2試合終了時点で勝利数の多いチーム優勝とし、同じ勝ち星1勝1敗もしくは2分けとなった場合は、次の順番で優勝決定する。2試合総得点得失点差) 2試合アウェーゴール第2戦の後半終了後30分15分ハーフ)の延長戦アウェーゴール適用)を実施延長戦決着がつかない場合PK戦により決着登録メンバー選手交代条件通常のリーグ戦と同様警告累積大会期間中イエローカード警告累積2枚で次試合出場停止。ただし決勝戦には準決勝までの警告持ち越さない。また、リーグ戦警告累積チャンピオンシップ持ち越さない。 チャンピオンシップ優勝準優勝賞金・賞品従前のリーグ戦に従うが、1回戦・準決勝では勝利チーム賞として各1500万円与えられる。 各試合で最も活躍した選手にはマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)として賞金50万円大会を通じて最も活躍した選手MVPとして賞金100万円を授与2015年大会経て、レギュレーションがわかりにくいことへの反省点、ならびにリーグ戦成績上位チーム優位の一貫性確保する観点から2016年大会に関しては以下の見直しが行われることが2015年12月22日発表された出場資格優先度について「年間1位ステージ優勝年間2位3位」だったものを「年間1位年間2位3位ステージ優勝」に変更し1回戦・準決勝とも「(ステージ成績にかかわらず年間順位上位チームホームゲーム」とする。 勝敗の決定方法についてJ1昇格プレーオフ準じた形に変更する1回戦・準決勝90分で同点の場合は「年間順位上位チーム勝利準決勝・決勝進出)」とする。 決勝は2試合の「総得点得失点差)」「アウェーゴール数」で同点の場合は「年間順位上位チーム優勝」とし延長戦PK戦行わない

※この「レギュレーション(2015年・2016年)」の解説は、「Jリーグチャンピオンシップ」の解説の一部です。
「レギュレーション(2015年・2016年)」を含む「Jリーグチャンピオンシップ」の記事については、「Jリーグチャンピオンシップ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「レギュレーション」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



レギュレーションと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

レギュレーションのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



レギュレーションのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのJリーグ アジアチャレンジ (改訂履歴)、Jリーグワールドチャレンジ (改訂履歴)、1994年の全日本ツーリングカー選手権 (改訂履歴)、Jリーグチャンピオンシップ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS