コンプライアンスとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 物理学 > インパルス > コンプライアンスの意味・解説 

コンプライアンス

 コンプライアンスとは、一般的には企業組織法令倫理といった社会的な規範から逸脱することなく適切に事業遂行することを意味する言葉。「法令遵守」と訳されることが多い。「企業コンプライアンス」や「ビジネスコンプライアンス」などと呼ばれることもある。

コンプライアンスという言葉名詞として用いられ多くの場合「守る」「遵守する」「徹底する」あるいは「違反する」といった動詞と共に用いられる。「コンプライアンス違反」「コンプライアンス研修のような表現もよく使われる

コンプライアンスの語源

コンプライアンスという言葉は英語の complianceカタカナ表記したものであり、英語のcompliance動詞「comply」を名詞化した語彙である。complyは自動詞であり、主に「要求に応じる」「規則に従うという意味用いられる。たとえば「comply with one's request」は「(人)要求受け入れる」といった意味の言い回しである。compliance も英語では「応じること」「従うこと」に相当する意味合い比較幅広く用いられる語である。

日本語における「コンプライアンス」は、たいていビジネス経営分野もしくは医療分野において用いられるビジネス分野におけるコンプライアンスは「法令遵守」と訳されることが多く医療分野におけるコンプライアンスは「服薬遵守」と訳されることが多い。「企業コンプライアンス」「服薬コンプライアンス」と呼び分けられることもある。

コンプライアンスの意義と目的

企業経営におけるコンプライアンスの最も肝要な要素は「法令遵守」であり、事業遂行するにあたって各種の法令を遵守する(法に抵触しないということである。といえるまた、法律により禁止されている事項ばかりでなく、社会倫理的道徳的な通念基づルール社会規範)を遵守するという要素も、今日企業コンプライアンスにおいては重要かつ不可欠な要素位置づけられている。この「社会規範遵守するという事項は、「企業倫理」および「CSR」(企業の社会的責任)とも密接に結びつく要素でもある企業コンプライアンスCSR不可分の考え方といえる

コンプライアンスの意義目的は、ひとえに、コンプライアンスが徹底されなかった(法や規範から逸脱した場合生じ得る不利益損失責任を回避することである。

企業活動商法をはじめ民法刑法証券取引法その他諸々法令において規範定められている。もし経営者従業員が、何らかの法に抵触するような行為に及んだ場合法的責任問われ罰せられる科料損害賠償請求などによる直接的な不利益だけでなく、不祥事起こした企業という汚名着せられることによる社会的な信用失墜イメージの悪化避けがたく、事業の継続困難になるほど致命的な打撃なり得る違法行為には該当しないとしても、社会一般から反感を買うようなモラル反す振る舞い行った場合、やはり同様の打撃を被る可能性が高い

コンプライアンスは、それ従い遵守すること自体成し遂げがたい偉業であるというわけでない。むしろ真っ当事業営んでいればおおむねコンプライアンスに則った業務遂行可能であるしかしながら法的知識に関する無知やふとした出来心などによって、コンプライアンスに抵触する行い及んでしまう者が出てくるかもしれない理由どうあれ、コンプライアンスを遵守せず逸脱するようなことは、万が一にもあってはならないそのため、万が一にもコンプライアンス違反発生することのないように、従業員にコンプライアンス教育(コンプライアンス研修)の機会を与えたり社内規定により行動制限したり、といった意識付け取組み各社において行われている。

「コンプライアンス・オフィサー」とは

企業のコンプライアンス管理において「コンプライアンスオフィサー」と呼ばれる役職配置される場合がある

コンプライアンスオフィサーは、組織内でコンプライアンスが適切に管理運用徹底されているかどうか監督する責任者である。特に日本コンプライアンス・オフィサー協会実施している認定試験に合格した有資格者を指す場合が多い。協会では組織専門性に応じて試験内容特化させ「金融コンプライアンス・オフィサー保険コンプライアンス・オフィサー認定試験」「JAコンプライアンス試験」「金融個人情報保護オフィサー認定試験」「AMLオフィサー認定試験」といった複数種類試験実施している。

「コンプライアンス」と「アドヒアランス」の違い

コンプライアンスと類似した概念に「アドヒアランス」が挙げられるアドヒアランスは特に医療分野の薬の服用について用いられるキーワードであり、企業コンプライアンス法令遵守)よりも「服薬コンプライアンス」(服薬遵守)と対比されるキーワードであるといえる

アドヒアランスadherence)はもともと「固守」「堅守」あるいは「執着」を意味する英語である。医療分野における「コンプライアンス」は「患者医師指示に従い正しく服薬する」ことを指すが、「アドヒアランス」は「患者医師治療活動能動的・積極的主体的に協力し医師に従い治療に向けて努力する」という姿勢を指す。

コンプライアンス

英語:compliance

コンプライアンスとは

コンプライアンス(英: compliance)とは、日本語では一般的に企業法令をきちんと守ること法令遵守)」の意味用いられる語。もともとは英語で「従うこと」「命令要求に応じること」「義務を果たすこと」といった意味の表現であり、文脈に応じて応諾」「承諾」「追従」「服従」「遵守」「遵法」「適法」などにも言い換えられる。「企業倫理」「行動倫理」「道徳規範」なども意味の近い言葉といえる

英語の compliance は、動詞 comply(守る・従う)に接尾辞 ‐ance が付いた名詞であり、「守ること」または「守るということ」といった意味合いの(概念を示す)語。日本語の「コンプライアンス」も基本的には英語の compliance と同じ意味・ニュアンス根底にあるといえる

日本語で「コンプライアンス」というカタカナ表現用い場合、たいていは企業における法律倫理則った企業活動を指す語=法遵守の意味用いられているといえる。特に意味を明確にする意味で「企業コンプライアンス」あるいは「ビジネスコンプライアンス」と表現される場合もあれば、略してコンプラ」と表現される場合もある。「コンプライアンス(法令遵守)」の概念そのもの目新しいというわけでもないが、企業による不祥事不正行為がたびたび報道され問題視されている昨今の世間的風潮世間に対してコンプライアンスを強く意識させるようになり、用語としても世間一般浸透したといえる

「コンプライアンス」は「守る」「守らない」「違反する」といった動詞伴って叙述される場合が多い。「コンプライアンス違反」「コンプライアンス意識」という風に複合語形成する言い方よく用いられる

医療分野では、「医師指示どおりに適切に服薬すること」を指してコンプライアンスと言うことがある。

コンプライアンスの用例

企業活動におけるコンプライアンス

企業活動における「コンプライアンス」とは、「事業者法令抵触した倫理逸脱したりせず(加うるに期待される社会的規範体現しつつ)業務を遂行する」という、概念であり理念である。コンプライアンスという名の規則規範があるわけではない。「コンプライアンス教育」や「コンプライアンスの推進」「コンプライアンスの強化」「コンプライアンスの徹底」といった言い方よく用いられるが、コンプライアンスの明確な指標があるわけではない事業者独自に達成目標定めている場合には「コンプライアンスの達成」という表現用いられることがあるが、基本的には何も起きないことが達成であるといえる

コンプライアンスを徹底せず、蔑ろにすると、法令社会規範からの逸脱生じ恐れがある。この逸脱は「コンプライアンス違反」と呼ばれることが多い。コンプライアンス違反意図的に行われる場合もあれば無自覚行われる場合もある。コンプライアンス違反発覚露呈した場合法的に懲罰科されいわゆる企業不祥事として大々的に報じられれば非難批判信用失墜といった社会的制裁免れない

コンプライアンス違反は、会社ぐるみの違反はもちろん一介の従業員出来心による違反であっても会社行く末大きな禍根を残すことになる。その意味でコンプライアンスは現代企業経営においては決し軽視できない概念となっている。

コンプライアンス

英語:compliance

「コンプライアンス」とは・「コンプライアンス」の意味

#「コンプライアンス」とは・「コンプライアンス」の意味紹介
「コンプライアンス」とは、「法令順守という意味持った言葉である。主にビジネスシーン用いられ企業や、企業で働く社会人守るべき規範を指す言葉として使われる企業事業成功させるためには、社会からの信用重要である社会から信用されなければ取引断られたり、顧客離れたりして、事業継続難しくなる。そして、社会から信用を得るためには、様々なルール守らなければならない。その守るべきルールが、コンプライアンスである。現代では使用される場面が多いが、高い頻度使用する場合、「コンプライアンス」では長いため、「コンプラ」と略されることも珍しくない

コンプライアンスは、英語の「compliance」が元になっている。「compliance」の本来の意味は、法令に限らず様々な命令要求に従うことである。上司個人的な命令従ったり、顧客要求応じたりするといった意味合い含まれる。だが、カタカナで「コンプライアンス」と表記した場合社会的なルールに従うという意味合い基本となる。他人個人的な要求に従うという意味は、原則としてない。

コンプライアンスは「法令順守という意味基本であるが、法律以外にも倫理観マナーなども含まれる現代では、法律だけで人や組織規範を示すことが不可能である合法的であっても人として倫理観に反していたり、マナー違反になったりすることはあるからだ。そのため、法令順守をしているだけで、コンプライアンスを守っていることになると限らないしたがって、コンプライアンスは、企業社会的な信用を得るために守るべき法律倫理観マナーなどを含めた全般的なルールを指す。

企業法令を始めとする様々なルール守らなかった場合コンプライアンス違反という形になり、社会的な信頼を失うリスクがある。そして、コンプライアンス違反には、組織ぐるみでのルール違反と、企業所属する一個人によるルール違反がある。ただ、いずれの場合も企業によるコンプライアンス違反として扱われる

#コンプライアンスは3種類に分かれる
コンプライアンスの対象となるルールは、数が非常に多い。ただ、いずれも法令規範倫理規範社内規範のどれかに分類される法令規範の場合は順守べき法律がそのままコンプライアンスとなる。自動車メーカーであれば自動車製造事業法食品会社であれば食品衛生法などだ。

そして、労働基準法も、守るべきコンプライアンスのひとつである。労働基準法違反して従業員サービス残業無給労働させたり不当な罰金制度設けたりする企業は、コンプライアンスを守っていないこととなる。基本的には、法令規範のコンプライアンスは、企業事業を行う上で関係する法全てである。そのため、数が非常に多い

倫理規範は、社会人として守るべき倫理を指す。そのため、主に企業の経営者や従業員が、個人で守るコンプライアンスが多い。代表的なものには、ハラスメントに関するルール挙げられるハラスメントには、暴言セクハラ発言など、罪として認められる可能性が低いものもある。しかし、法令規範該当できないかといってハラスメントをして良いわけではないまた、現代では、SNS使用して他者攻撃したり、暴言吐いたりする人もいる。そういったハラスメントSNS悪用など、法律違反になる可能性は低いが、人としてやってはいけないこと示したルールが、倫理規範のコンプライアンスである。

社内規範は、企業所属する社会人として、主に従業員守るべきコンプライアンスを指す。社則や、企業理念などである。そのため、社内規範に関しては、企業独自の内容になることも多い。そして、自身の利益のために企業不利益をもたらす行為をしたり、安全のため設けられているルール無視したりすると、社内規範コンプライアンスに違反することになる。

医療業界には異なる意味もある
ビジネスシーンでは「法令順守の意味を持つコンプライアンスだが、医療業界では異なる意味となる。「患者が、医師指示通り治療を受けるという意味だ。ただ、医療機関であっても一般企業と同じように法令順守としてのコンプライアンスも存在する。つまり、2通りのコンプライアンスが存在していることとなる。その混同避けるために、医療業界特有のコンプライアンスを、「医療コンプライアンス」や「服薬コンプライアンス」などと表現することが多い。

また、患者医師指示通り治療を受けるという意味として、コンプライアンスではなくアドヒアランス」という言葉使用することが多くなっている。患者がただ医師指示に従って治療を受けるだけではなく、自ら積極的に治療受けようとすることを指した言葉だ。そこにはコンプライアンスの意味含まれているため、医療分野でのみ使用されてきたコンプライアンスは、アドヒアランス完全に切り替わる可能性がある

「コンプライアンス」の言い回し

#「コンプライアンス」の言い回しとは
コンプライアンスは、単体でも使用されることが多い。ただ、他の単語組み合わせることで、意味の異な使い方をする場合もある。

#「コンプライアンス研修」とは
コンプライアンス研修は、コンプライアンスに関する知識身に付けることを目的とした研修である。主に企業が、従業員にコンプライアンスについて学ばせるために実施する。そして、具体的な内容は、研修によって様々であるハラスメント対策のみをテーマしたものや、事業関係する法律の勉強会のようなものなどがある。

コンプライアンスに対する意識が高い企業であれば定期的にコンプライアンス研修実施することが多い。また、中にはコンプライアンス違反者のみを集めた臨時的なコンプライアンス研修もある。この場合は、コンプライアンス違反再発防止目的だ。さらに、コンプライアンス違反をして、社会的信用失った企業が、信用回復するために、大々的にコンプライアンス研修実施する場合もある。

#「コンプライアンス順守」とは
コンプライアンス順守とは、ルールであるコンプライアンスを守ることである。コンプライアンスは「法令順守という意味を持つ言葉であり、厳密には「順守の意味合い含んでいる。しかし、一般的には守るべき法律マナーそのものを、コンプライアンスと呼ぶことが非常に多いしたがって、法律マナー守っているという表現する際には、「コンプライアンス順守」を使用する

#「コンプライアンス標語」とは
コンプライアンス標語とは、コンプライアンスに関する様々な内容テーマにした標語である。コンプライアンスという言葉自体比較新しく浸透していない企業が多い。そして、現代ではコンプライアンス違反該当することでも、昔は許されていたという理由で今も違反繰り返す人は少なくない。そこで、コンプライアンスの考え方周知するために作られるのが、コンプライアンス標語である。基本的に五七五川柳形式となっていて、コンプライアンスに関係していれば、テーマは特に限定されない。そして、一般から広く募集するコンテストが、定期的に開催されている。

#「社内コンプライアンス」とは
コンプライアンスは、教育機関役所など、事業を行う場所であればどこででも必要とされるその中で企業守るべきコンプライアンスに限定したものが、社内コンプライアンスである。そのため、企業では、コンプライアンスと同じ意味として使用される言葉である。企業守るべきコンプライアンスであるため法令規範倫理規範社内規範全て含み、「社内」という言葉付いているからといって社内規範のみを指すことは基本的にない。

「コンプライアンス」の使い方・例文

#「コンプライアンス」の使い方例文紹介
コンプライアンスは、原則として守るべき法律マナーを指すために使用する使用頻度が高いのは、「コンプライアンスを守る」という表現である。コンプライアンスは「法令順守という意味だが、「法令を遵守する」という意味を表す場合、「コンプライアンスをする」という表現はならず、「コンプライアンスを守る」という形になる。この表現は、「法令順守を守る」という形になってしまい、文法的に間違っている。しかし、一般的には「コンプライアンスを守る」が使用される場合がほとんどであり、特に問題はない表現とされている

例文にすると「事業成功させるためにコンプライアンスを守らなければならない」「あの企業成功しているのは、コンプライアンスを守っているからだ」といった形になるまた、「コンプライアンスを守る」は、「専門家に、コンプライアンス順守をする方法教わる」という風に、「コンプライアンス順守をする」という表現置き換えることが可能だまた、企業に関するコンプライアンスであれば、「コンプライアンス」の部分を「社内コンプライアンス」に置き換えても意味は変わらない

#「コンプライアンス研修」「コンプライアンス標語」の使い方例文
「コンプライアンス研修」は、研修そのものを指す言葉である。例文にすると、「今週定例のコンプライアンス研修がある」「部長ハラスメント行為によって、コンプライアンス研修を受けることを命じられた」「私の企業のコンプライアンス研修は、形だけのものだ」といった形になる

「コンプライアンス標語」も同様に標語自体を指す言葉だ。例文だと、「コンプライアンス標語中には共感できるものが多い」「私はコンプライアンス標語コンテスト入選した実績がある」「作り方教わったため、実際にコンプライアンス標語作ってみようと思う」のような形になる


コンプライアンス【compliance】

読み方:こんぷらいあんす

要求命令への服従

法令遵守。特に、企業ルールに従って公正・公平に業務を遂行すること。

服薬遵守処方され指示どおりに服用すること。

外力加えられたときの物質弾力性やたわみ強度

「コンプライアンス」に似た言葉

コンプライアンス

【英】:Compliance

単語本来の意味は、「(要求命令などに)従うこと」であるが、マネジメント用語としては「法令遵守の意味使われている。

文字通り企業活動取り巻法律規則遵守し違反しないということであるが、広義では企業倫理社会倫理遵守含んでいる。

社会からの企業活動見る目年々厳しくなっており、法律倫理違反した企業存在そのもの問われるケース発生するなど、企業経営においてコンプライアンスの重要性高まっている。

それを受け、コンプライアンス担当役員である「コンプラインスオフィサー」や、コンプライアンス委員会設置するなどコンプライアンス体制強化に取り組む企業増えている。

しかし、コンプライアンスにおいて最も難しく重要なことは「社員一人一人が常に意識して行動しているか」ということである。
組織体制のみならず人事評価の項目に組み込むなど社員一人一人のコンプライアンス意識高め対策必要である

コンプライアンス


コンプライアンス

コンプライアンスとは、法令を遵守することをいう。

コンプライアンス compliance


コンプライアンス

英語 compliance

柔軟性、たわみやすき指標で、スティフネス、剛性ばね定数逆数である。サスペンションのコンプライアンスとしては、タイヤ復元モーメント前後力による舵角変化に関するステアコンプライアンス、前後コンプライアンス、タイヤコーナリングフォースによるキャンバー角変化に関するキャンバーコンプライアンスが代表的で、突起による衝撃従順にいなす乗り心地優れたコンプライアンス性、キャンバー変化影響されコンプライアンスステアなどと表現されるこれらのコンプライアンスは操縦安定性乗り心地影響しブッシュなどのばね定数設定サスペンションアームやリンクの配置決まる。

コンプライアンス

参照 ばね定数

コンプライアンス(CAE)

英語 compliance

物体入力する力と、それによって発生する変位の比をとったもの。振動分野扱われる伝達関数のひとつで、このほかには、力と加速度の比をとったイナータンス、力と速度の比をとったモビリティなどがある。

参照 イナータンス
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

コンプライアンス

読み方こんぷらいあんす
【英】:compliance

コンプライアンスは, “従うこと”を意味する英語であるが, 法令違反による信頼失墜企業事例続発した経緯から, 企業活動における法令違反を防ぐという意味として使われるようになり, 「法令遵守」と訳されるまた, 近年は「法令文言のみならず,その背景にある精神まで遵守実践していく活動」とする場合多く従業員全員企業倫理教育し徹底させて業務プロセス組込むことが, 企業価値上の観点から必要であるとしている.


コンプライアンス

Compliance

【概要】 エイズ業界では「服薬コンプライアンス」のこと。コンプライアンスとは遵守(じゅんしゅ)。医療者決めた治療法に、患者が従うこと。服薬行動では「きちんと決められた通り薬を飲む」という受動的な態度反対語は「ノンコンプライアンス」。慢性疾患治療の上では患者積極的な役割重視し、「コンプライアンスからアドヒアランスへ」がキャッチフレーズになっている。コンプライアンスを決定する要因は、1)医療者説明能力、2)患者理解力である。

《参照》 アドヒアランス


服薬遵守、コンプライアンス


コンプライアンス compliance

全体 ★☆☆☆ 60歳以上 ★☆☆☆

凡例

法令遵守

企業コンプライアンス法令遵守にかかる取組み補完する意味からも

意味説明

企業などが,法令規則をよく守ろうとすること

服薬遵守 遵守


コンプライアンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/25 09:44 UTC 版)

コンプライアンス英語: compliance)とは、元来は英語で「要求や命令などに従う事」を、正式な文書で記載するための単語である[1]。日本語では「遵守」などの意味を持ち、次のような意味で用いられる。


  1. ^ 小西 友七(編集主幹)『ジーニアス英和辞典(改訂版)2色刷』 p.362 大修館書店 1994年4月1日発行 ISBN 4-469-04109-2


「コンプライアンス」の続きの解説一覧

コンプライアンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/07 06:15 UTC 版)

ビットコインATM」の記事における「コンプライアンス」の解説

ビットコインATMオペレーターは、ATM設置されている法域適用されるAML / KYC基準に従って入出金制限調整する必要があり[要出典]、アメリカ合衆国一部の国/州では、送金業者免許が必要。

※この「コンプライアンス」の解説は、「ビットコインATM」の解説の一部です。
「コンプライアンス」を含む「ビットコインATM」の記事については、「ビットコインATM」の概要を参照ください。


コンプライアンス(主にJP1/ITDM2, JP1/秘文)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/05 06:07 UTC 版)

JP1」の記事における「コンプライアンス(主にJP1/ITDM2, JP1/秘文)」の解説

ユーザー毎にホストに対する操作権限詳細に管理でき、セキュリティの強化環境管理効率化を図る事が出来る。

※この「コンプライアンス(主にJP1/ITDM2, JP1/秘文)」の解説は、「JP1」の解説の一部です。
「コンプライアンス(主にJP1/ITDM2, JP1/秘文)」を含む「JP1」の記事については、「JP1」の概要を参照ください。


コンプライアンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 14:40 UTC 版)

三菱地所」の記事における「コンプライアンス」の解説

大阪アメニティパークOAP)の分譲マンション販売に際して土壌汚染事実顧客告げず販売していた問題発覚2005年宅地建物取引業法違反重要事実不告知)の容疑で、共同事業者の三菱マテリアル大林組などと共に書類送検され、当時代表取締役社長であった髙木茂引責辞任した。その後社外有識者から客観的な視点基づ再発防止向けたコンプライアンス体制チェック強化改善の提言行いあわせて企業体質の改善に関する提言を行うことを目的とするコンプライアンス委員会設置された。

※この「コンプライアンス」の解説は、「三菱地所」の解説の一部です。
「コンプライアンス」を含む「三菱地所」の記事については、「三菱地所」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「コンプライアンス」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

コンプライアンス

出典:『Wiktionary』 (2021/11/14 13:58 UTC 版)

発音

  • (東京) ンプライアンス [kòńpúráꜜìàǹsù] (中高型 – [4])
  • IPA(?): [kõ̞mpɯ̟ᵝɾa̠iã̠ɰ̃sɨᵝ]

語源

名詞

コンプライアンス

  1. 企業などが、法律などの社会規範適合するように活動すること。法令遵守
  2. 医師から指示されたとおりに服薬すること。服薬遵守
  3. (物理学) 物体変形しやすさを表す物理量

「コンプライアンス」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



コンプライアンスと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



コンプライアンスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2022 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2022 時事用語のABC All Rights Reserved.
JMACJMAC
Copyright (C) JMA Consultants Inc. All Rights Reserved.
ダウ・ジョーンズダウ・ジョーンズ
Copyright © 2022 Dow Jones & Company, Inc. All Rights Reserved.
公益法人協会公益法人協会
Copyright (C) 2022 公益法人協会 All rights reserved.
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2022 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー
Copyright© 2022 Active and Company Ltd. All rights reserved.
ISO用語辞典ISO用語辞典
2022 (C) JMC Corpyright All Rights Reserved
株式会社ジェイエムシーISO用語辞典
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2022 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
日本オペレーションズ・リサーチ学会日本オペレーションズ・リサーチ学会
Copyright (C) 2022 (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会 All rights reserved.
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2022, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
食品安全委員会食品安全委員会
Copyright © 2006 - 2022 Food Safety Commission. All Right Reserved.
独立行政法人国立国語研究所独立行政法人国立国語研究所
(c)2022 The National Institute for Japanese Language
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコンプライアンス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのビットコインATM (改訂履歴)、JP1 (改訂履歴)、三菱地所 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのコンプライアンス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS