社会的責任とは? わかりやすく解説

社会的責任

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/17 14:46 UTC 版)

社会的責任(しゃかいてきせきにん、: social responsibility)とは、市民としての組織や個人は、社会において望ましい組織や個人として行動すべきであるという考え方による責任である。「社会的責任」の国際規格は、規格番号 ISO 26000 として 2010年11月に発行された[1]。規格はあくまでもガイドである[2]。ISO 26000 は日本語に翻訳され、2012年3月に JIS Z26000 「社会的責任に関する手引」として制定された[3]


  1. ^ ISO 26000 – Social responsibility
  2. ^ 規格の名称は「Guidance on social responsibilityガイダンス・オン・ソーシャル・レスポンシビリティー」である。
  3. ^ JIS Z 26000 - 社会的責任に関する手引


「社会的責任」の続きの解説一覧

社会的責任

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/30 14:06 UTC 版)

首都高速道路」の記事における「社会的責任」の解説

高い倫理観透明性をもってお客様地域皆様投資家皆様との信頼関係築きます

※この「社会的責任」の解説は、「首都高速道路」の解説の一部です。
「社会的責任」を含む「首都高速道路」の記事については、「首都高速道路」の概要を参照ください。


社会的責任

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/17 02:23 UTC 版)

Taimi」の記事における「社会的責任」の解説

Taimi創設者チームは、 世界で起きている同性愛嫌悪への戦い意欲表明した。 アレックス・パシィコブによればTaimiはいくつかのNGO提携して、国が主催する同性愛恐怖症戦うこと計画している。 一部研究は、TaimiはLGBTQI+の人々にとって最も安全な出会い系アプリ1つであると述べている。最近Taimiは、画期的なLGBTI調査支援するためにUNAIDSおよびLGBT財団提携した同社は、ロサンゼルスプライド、ニューヨークシティプライド、ラスベガスプライドなど、いくつかのプライド行進パレード活動パートナーである。Taimiは、LGBTQI+の権利サポートするためにTrevorプロジェクトとも提携した

※この「社会的責任」の解説は、「Taimi」の解説の一部です。
「社会的責任」を含む「Taimi」の記事については、「Taimi」の概要を参照ください。


社会的責任

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/12/24 19:32 UTC 版)

マニラ・ウォーター」の記事における「社会的責任」の解説

権利地域引き継いだ直後マニラ・ウォーター都市部貧困層手ごろな料金飲料水提供する計画開発行った。これは"Tubig Para Sa Barangay"(地域社会のための)と呼ばれ160万人住民水の利益与えている。さらに公立学校公設市場刑務所病院孤児院などに水供給排水衛生補完計画開発している。また、水供給連鎖利害関係者に"Lakbayan"や"Water Trail"と呼ばれる教育プログラム行っている2004年マニラ・ウォーター社内委員会として持続可能開発集団設置し、社の持続可能開発アジェンダ監視している。2005年GRI英語版指針沿った持続可能性報告書発表したフィリピン最初の企業となったアヤラ・コーポレーション他の子会社もすぐにこれに続いて経済環境労働観光などでの持続可能性指針測定報告パフォーマンス向上など公的な確約作り始めた

※この「社会的責任」の解説は、「マニラ・ウォーター」の解説の一部です。
「社会的責任」を含む「マニラ・ウォーター」の記事については、「マニラ・ウォーター」の概要を参照ください。


社会的責任

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/09 07:11 UTC 版)

建築士」の記事における「社会的責任」の解説

コストコ#東日本大震災に伴う崩落事故懈怠 (法学)#建築士法等、建築物設計及び工事監理公共の安全重大な影響もたらすため、建築士の社会的責任は大きい。日本においては2005年発覚した建造物構造計算書偽造する事件が、建築士社会的信用傷つけ事件であった事件調査において、他の構造偽装例は僅かであったが、下請設計者において本来一級建築士のみ可能な規模建築物構造設計二級建築士が行っていたり、建築設備設計設計資格者ではない建築設備士技術士等が建築士事務所登録を受けず下請けとして請負っていた事判明した。 これら無資格者への設計委託厳格に禁止する為、「再委託規制」「重要事項説明義務」「構造設計一級建築士」「設備設計一級建築士」が新たに設けられ不用意な資格者外へ設計業務委託が行われないよう厳しく管理すること建築士義務付けられた。この問題に関してはそもそも建築確認検査業務を民間開放したのが間違いとして、国の責任を問う意見多かった詳細は「構造計算書偽造問題」および「サムシング (設計事務所)を参照 2007年には大手ハウスメーカー事業主横浜市西区建築計画していた9階マンション構造計算書が、マンション設計担当した建築設計事務所から受注した構造設計事務所から下請けとして担当した一級建築士偽造されていたことが横浜市調査などで発覚他の共同住宅公共建築にも関与していた疑いもたれた2008年にはハウスメーカー所属していた同社社員静岡県浜松市内の戸建住宅アパートなど10棟について市長印付公文書書類偽造し確認申請書に添付このうち3棟については建築確認もなしに着工このため有印公文書偽造同行使容疑逮捕され国土交通省2009年4月9日付で同社管理建築士建築士としての業務停止と、工事監理者業務停止3月懲戒処分下している。 このように建築士法第23条の二(登録の申請)において、建築士事務所の登録をする際開設者と管理建築士届け出るが、管理建築士設計者工事監理者といった建築士資格者厳格に処罰される一方建築士事務所開設者・経営者無資格者である場合は、実質的な主導者であっても責任曖昧にされることが多い。

※この「社会的責任」の解説は、「建築士」の解説の一部です。
「社会的責任」を含む「建築士」の記事については、「建築士」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「社会的責任」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「社会的責任」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

社会的責任のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



社会的責任のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの社会的責任 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの首都高速道路 (改訂履歴)、Taimi (改訂履歴)、マニラ・ウォーター (改訂履歴)、建築士 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS