透明性とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 透明性の意味・解説 

とうめい‐せい【透明性】

読み方:とうめいせい

制度運営組織活動状況が、第三者はっきりとわかるようになっていること。また、その度合い。「政治資金の—を確保する


透明

(透明性 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/08 09:11 UTC 版)

透明とうめいとは、物体の反対側や内部にあるものが透けて見えること。極端な場合には間にある物体が存在しないかのように感じられる。また曇ったり、歪んだりはしているが透けて見えることを半透明という。


  1. ^ 「爪半月はなぜ乳白色にみえるのか」『皮膚病診療』 1990年、12巻10号961頁。
  2. ^ 生体をゼリーのように透明化する水溶性試薬「Scale」を開発-固定した生体組織を傷つけることなく、数ミリの深部を詳細に蛍光観察-理研プレスリリース(2011年8月30日)2017年8月14日閲覧
  3. ^ 21世紀の光ファイバー


「透明」の続きの解説一覧

透明性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/30 00:31 UTC 版)

欧州委員会委員長」の記事における「透明性」の解説

欧州理事会での条件を満たした多数で候補者を出してきたが、欧州議会関与したり、欧州連合政策方針単一市場創設から欧州連合改革変わってきたりしたことから委員長候補選定大きな政治問題となってきた。しかしながらこのような状況になってきたにも拘らず欧州理事会議論専ら密室で行なわれている。ジャック・サンテール指名においてはその議論非公式に行なわれメディア漏れ伝わる情報に頼ることとなったこのような選考過程新たな基本条約導入され協議理念反するとして、欧州議会議員が不満を示した社会主義グループ表のポーリン・グリーンは「欧州議会民主的なプロセス傷つけ行動看過認めてならない」とする会派考え方明らかにした。1999年2004年選任おいても同様の状況起こりバローゾ指名においては協議プレスリリースを出すこともなく、各首脳の間での非公開会合が行なわれた。これについても欧州議会議員から批判され欧州自由民主同盟表のグラハム・ワトソンバローゾ指名過程を「ユストゥス・リプシウスでの絨毯市」と表現し、「最小公倍数」しか生まないとした。また欧州緑グループ・欧州自由連盟共同代表ダニエル・コーン=ベンディット欧州議会でのバローゾ演説後にバローゾに対して「あなたが最良の候補者であるならば、なぜあなたは最初に演説しなかったのか」と尋ねた

※この「透明性」の解説は、「欧州委員会委員長」の解説の一部です。
「透明性」を含む「欧州委員会委員長」の記事については、「欧州委員会委員長」の概要を参照ください。


透明性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/20 21:33 UTC 版)

CoronaVac」の記事における「透明性」の解説

12月ブラジル国衛生監督庁英語版)(Anvisa)は、中国での緊急使用許可はまだ公表されていない述べた。Anvisaは、2020年6月中国CoronaVac緊急使用許可取得した際に中国当局使用した基準に関する情報入手できなかったと述べた

※この「透明性」の解説は、「CoronaVac」の解説の一部です。
「透明性」を含む「CoronaVac」の記事については、「CoronaVac」の概要を参照ください。


透明性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/20 10:23 UTC 版)

投資家対国家の紛争解決」の記事における「透明性」の解説

UNCITRAL扱った紛争履歴保存している組織現状存在していないため、具体的な紛争に関して公表されている情報ほとんどない一方ICSIDでは自らの公式ウェブサイトで、過去に出され判断公開している。 ICSID管理財務規則第22条第1項では、事務総長仲裁登録情報を含むセンター運営に関する情報適切に公開しなければならないとし、ICSID仲裁規則48条第4項では、当事者同意のない仲裁判断公表禁じ一方で判断抜粋速やかに公表するとしている。清水剛は、ICSID仲裁では仲裁付託申立は必ず公開され仲裁判断公開当事者合意によるが、法的判断要約は必ず公開され仲裁判断かなりの数が実際に公開されているとしている。加えて京都大学大学院法学研究科濵本正太郎教授監修し論文では、当事者による公開禁止されていないので、ICSID仲裁廷判断の殆どは公表されているとしている。

※この「透明性」の解説は、「投資家対国家の紛争解決」の解説の一部です。
「透明性」を含む「投資家対国家の紛争解決」の記事については、「投資家対国家の紛争解決」の概要を参照ください。


透明性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/01 08:46 UTC 版)

Galaxy (計算生物学)」の記事における「透明性」の解説

研究者Galaxy Objectsのいずれか公開したり、特定の個人共有することで、科学研究の透明性をサポートしている。 共有内容詳細に調査し自由に実行し仮説検証のためにコピーして修正できる

※この「透明性」の解説は、「Galaxy (計算生物学)」の解説の一部です。
「透明性」を含む「Galaxy (計算生物学)」の記事については、「Galaxy (計算生物学)」の概要を参照ください。


透明性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 04:07 UTC 版)

紛争ダイヤモンド」の記事における「透明性」の解説

キンバリー機構は、各国ダイヤモンド輸出入取引高記録義務付けることで、各国政府の透明性を強化している。

※この「透明性」の解説は、「紛争ダイヤモンド」の解説の一部です。
「透明性」を含む「紛争ダイヤモンド」の記事については、「紛争ダイヤモンド」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「透明性」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「透明性」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

透明性のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



透明性のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本画像学会日本画像学会
Copyright (C) 2022 The Imaging Society of Japan All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの透明 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの欧州委員会委員長 (改訂履歴)、CoronaVac (改訂履歴)、投資家対国家の紛争解決 (改訂履歴)、Galaxy (計算生物学) (改訂履歴)、紛争ダイヤモンド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS