ヴィルヘルム・オストヴァルトとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 学者・研究者 > 化学者 > 化学者 > ヴィルヘルム・オストヴァルトの意味・解説 

ヴィルヘルム・オストヴァルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/14 19:11 UTC 版)

フリードリヒ・ヴィルヘルム・オストヴァルト(Friedrich Wilhelm Ostwald、ラトビア語: Vilhelms Ostvalds1853年9月2日1932年4月4日)はドイツバルト・ドイツ人)の化学者オストワルトあるいはオストワルドとも呼ばれる。1909年触媒作用化学平衡反応速度に関する業績が認められ、ノーベル化学賞を受賞した。ヤコブス・ヘンリクス・ファント・ホッフスヴァンテ・アレニウスと共に物理化学という分野を確立した1人とされている。




  1. ^ Nye, M., 1972, Molecular Reality: A Perspective on the Scientific Work of Jean Perrin, London: MacDonald.
  2. ^ John Gage, Color and Culture: Practice and Meaning from Antiquity to Abstraction, Boston, Little, Brown and Co., 1993; pp. 247– 8, 257– 60.
  3. ^ The Esperanto Movement By Peter Glover Forster
  4. ^ Noll, Richard, The Jung Cult. Princeton University Press, 1994, p. 50


「ヴィルヘルム・オストヴァルト」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ヴィルヘルム・オストヴァルト」の関連用語

ヴィルヘルム・オストヴァルトのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ヴィルヘルム・オストヴァルトのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヴィルヘルム・オストヴァルト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS