色相とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 教義 > 色相の意味・解説 

しき‐そう〔‐サウ〕【色相】

読み方:しきそう

色合い色調

彩度明度とともに色の三属性の一。有彩色で、赤・黄・青など他の色と区別するよりどころとなる色の特質色合い

仏語肉眼見ることのできる姿・形


色相 【hue】


ヒュー(色相) 【hue】

色の三要素、明度彩度、色相の一つで、有彩色色合いのことをいう。色相は波長により決定される

色相

色合いのこと。彩度、明度とともに色再現に大きな影響を与える。通常のテレビでも調整が可能だが、積極的にいじる必要はない。色相の狂ったソフトについては、自然な肌色が再現できるように調整するのがコツ。

(執筆:オーディオビジュアル評論家 藤原陽祐)
※この情報は「1999~2002年」に執筆されたものです。


色相

読みしきそう
英語:hue

赤,黄,緑,青,紫のような色感覚性質特徴付ける色の属性を色相という.色度図上では無彩色中心にて放射状に同一色相が並び円周方向異なる色相が連続的に配列される

色相

読み方しきそう
【英】hue

色相とは、色の属性(色相、彩度明度)の一つで、赤や黄色といった色味違いのことである。

色相は分類の方法によって異なるが、主要な色相として赤、黄、緑、青、紫などがある。これらを円状並べ各色間にそれぞれの中間色配置していったものが、色相環呼ばれている。間隔等しく配置した色相環では、中心点通って反対側位置している色相が補色となっている。

例えば「赤っぽい」「赤系統の」といえば明度彩度でなく色相で色を判別していることになる。色相が互いに似通った色相環隣り合っている色相を組み合わせれば統一感や明確なイメージ表現するともできる


参照リンク
色相とは - (基礎からわかるホームページ配色

色相

【英】color

石油製品透過光線による色。潤滑油の色相は無色の流動パラフィンから,淡黄色オレンジ色赤褐色,暗赤褐色など種々ある。色相で品質見分けられない一般にセイボルト色度計,ASTM色度計などにより測定される
その他、潤滑剤やメンテナンス用品、作業環境保護など工場・現場が必要としている商品や供給会社に関する情報については、「ジュンツウネット21」で見ることできます。 ⇒ 「ジュンツウネット21」

しきそう 【色相】

仏教用語肉眼見え姿・形のこと。→ 色

色相

色の三要素のひとつで、俗に赤とか青とか緑とかと呼ぶ色の分類を指す。専門的には、色彩は光のスペクトル組成の差によって区別される感覚だが、単色光波長相当するもののことをいう。一定の法則によって色相の違いサークル状に図示したものを、12色相環などと呼ぶ

色相

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 02:57 UTC 版)

色相(しきそう、: hue[1])は、オレンジといったの様相の相違である。特定の波長が際立っていることによる変化であり、際立った波長の範囲によって、定性的に記述できる。ただし、常に同じ波長が同じ色に見える訳ではない。赤から、オレンジ、黄、緑、青を経て、)までは、スペクトル上の色であると言える。


  1. ^ a b 文部省日本心理学会編『学術用語集 : 心理学編』日本学術振興会、1986年。ISBN 4-8181-8602-3
  2. ^ a b c 尾登誠一「3 色の世界を知る」『色彩楽のすすめ』岩波書店〈岩波アクティブ新書〉、2004年、34・35頁。ISBN 4-00-700101-4
  3. ^ 現在よく知られているものには、マンセル表色系、オストワルト表色系、PCCS(日本色研配色体系)など数種類があります 色相環 - 武蔵野美術大学 造形ファイル


「色相」の続きの解説一覧

色相

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 09:56 UTC 版)

「色」の記事における「色相」の解説

詳細は「色相」を参照 色相は赤・オレンジ黄・緑青・紫といった色の様相の相違である。「ピンク色」「レモン色」「空色」「赤茶色」「肌色」「水色」などの色合い表現する名詞知覚内容を表す述語、そして、固有色名は色相を表現する語彙ではない。 色相は特定の波長際立っていることによる変化であり、際立った波長範囲によって、定性的記述できる。ただし、常に同じ帯域同じ色に見える訳ではない連続して変化していく色味円環上に並べたものを色相環と言う。白、黒、グレーを除く全ての色は、色相環配置される色相のいずれかに属する。 色相の連続的な変化を示す例を3つ挙げる

※この「色相」の解説は、「色」の解説の一部です。
「色相」を含む「色」の記事については、「色」の概要を参照ください。


色相(しきそう)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 20:14 UTC 版)

PSYCHO-PASS」の記事における「色相(しきそう)」の解説

サイコパスのごく表層的バロメーター生体反応計測値が、「色」として視覚化されている心理状態健全だ澄んでいる色だが、ストレス過多悲観的な思考によって悪化する濁ってゆき、犯罪係数悪化する大衆多くが、日常的なメンタルケア指標としている。街頭日常生活では色相の簡易スキャンが行われている。

※この「色相(しきそう)」の解説は、「PSYCHO-PASS」の解説の一部です。
「色相(しきそう)」を含む「PSYCHO-PASS」の記事については、「PSYCHO-PASS」の概要を参照ください。


色相 (Hue)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 00:08 UTC 版)

マンセル表色系」の記事における「色相 (Hue)」の解説

マンセルは色を基本となる5つの色相 (R・YG・B・P) に分けそれぞれの中間5つの色相(YRGYBGPBRP)を加えて補完することで、大まかな10色相を設定した。 色 略号R YR Y GY G BG B PB P RP 名称赤 黄赤 黄 黄緑 緑 青緑 青 紫青 紫 赤各色相をさらに10分割し、計100色相の細かな色相を設定した分割された色相は左から順に数字割り振られ、色相「R」2番目であれば2R』のよう表記される以下は5RPから5YRまでの範囲奇数番号のみを抽出したもの。 色 略号5RP 7RP 9RP 1R 3R 5R 7R 9R 1YR 3YR 5YR 付され数字数字小さいほど左隣の色相に、大きいほど右隣の色相に近い色であることを意味し中心5番目(黄色であれば5Y)にはその色相の典型的な色が置かれている。

※この「色相 (Hue)」の解説は、「マンセル表色系」の解説の一部です。
「色相 (Hue)」を含む「マンセル表色系」の記事については、「マンセル表色系」の概要を参照ください。


色相

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/10 19:33 UTC 版)

ホワイトゴールド」の記事における「色相」の解説

ホワイトゴールドニッケル系、パラジウム系とも完全に白色ではない。特に、漂白材の含有率が低い場合や、ニッケルアレルギー問題忌避され、パラジウム相場高騰等の理由で他の金属添加される場合など、黄色み多く残り、その製品市場供給され消費者からクレーム殺到した。これに応えて社団法人日本ジュエリー協会では、ホワイトゴールドの色相の範囲定めた内容は、色表示法のうち、Lab方式採用しロジウムめっきの色相を基準値0点)とし、⊿E14デルタE14)までをホワイトゴールドの色相の範囲定義している。現在は、この定義に沿って多くのメーカー材料用いている。K18のみの刻印ロジウムめっきがされている製品は、イエローゴールドなど他の色調材料や、JJAホワイトゴールドの色の範囲の定義からはずれている材料可能性が高い

※この「色相」の解説は、「ホワイトゴールド」の解説の一部です。
「色相」を含む「ホワイトゴールド」の記事については、「ホワイトゴールド」の概要を参照ください。


色相 (Hue)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/14 01:36 UTC 版)

マンセル・カラー・システム」の記事における「色相 (Hue)」の解説

マンセルは色を基本となる5つの色相 (R・YG・B・P) に分けそれぞれの中間5つの色相(YRGYBGPBRP)を加えて補完することで、大まかな10色相を設定した。 色 略号R YR Y GY G BG B PB P RP 名称赤 黄赤 黄 黄緑 緑 青緑 青 紫青 紫 赤各色相をさらに10分割し、計100色相の細かな色相を設定した分割された色相は左から順に数字割り振られ、色相「R」2番目であれば2R』のよう表記される以下は5RPから5YRまでの範囲奇数番号のみを抽出したもの。 色 略号5RP 7RP 9RP 1R 3R 5R 7R 9R 1YR 3YR 5YR 付され数字数字小さいほど左隣の色相に、大きいほど右隣の色相に近い色であることを意味し中心5番目(黄色であれば5Y)にはその色相の典型的な色が置かれている。

※この「色相 (Hue)」の解説は、「マンセル・カラー・システム」の解説の一部です。
「色相 (Hue)」を含む「マンセル・カラー・システム」の記事については、「マンセル・カラー・システム」の概要を参照ください。


色相(φ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/14 01:35 UTC 版)

ナチュラル・カラー・システム」の記事における「色相(φ)」の解説

(R)・黄(Y)・緑(G)・青(B)・白(W)・黒(S)有彩色4種無彩色2種類基本色とすることは前述のとおり。 色 略号R Y G B 名称赤 黄 緑 青 上に挙げた有彩色4つ隣り合う色相の間に中間色9つ置かれ基本色4つ中間色9色×4=40色で色相環形成する以下は(R)から黄(Y)間の中間色。 色 略号R Y10R Y20R Y30R Y40R Y50R Y60R Y70R Y80R Y90R Y 中間色表記数値両側の色の割合示し、「Y20R」であれば『Y:R=20%80%』であることを意味する

※この「色相(φ)」の解説は、「ナチュラル・カラー・システム」の解説の一部です。
「色相(φ)」を含む「ナチュラル・カラー・システム」の記事については、「ナチュラル・カラー・システム」の概要を参照ください。


色相

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/15 06:09 UTC 版)

オストワルト表色系」の記事における「色相」の解説

ヘリング心理原色考え方引き継いで黄(Y:Yellow)と青(UBUltramarine Blue)、赤(R:Red)と緑(SGSea Green)を円環上の対向位置配置その中間に(O:Orange)と青緑(T:Turquoise)、紫(P:Purple)と黄緑LGLeaf Green)をそれぞれ対向位置配置することで基本8色相を定め、さらに各色相を3分割して24色相を定める。 番号略号色相1 1Y 黄(Yellow) 2 2Y 3 3Y 4 1O Orange) 5 2O 6 3O 7 1R 赤(Red) 8 2R 9 3R 10 1P 紫(Purple11 2P 12 3P 13 1UB 青(Ultramarine Blue14 2UB 15 3UB 16 1T 青緑Turquoise17 2T 18 3T 19 1SG 緑(Sea Green20 2SG 21 3SG 22 1LG 黄緑Leaf Green23 2LG 24 3LG

※この「色相」の解説は、「オストワルト表色系」の解説の一部です。
「色相」を含む「オストワルト表色系」の記事については、「オストワルト表色系」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「色相」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「色相」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



色相と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「色相」の関連用語

色相のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



色相のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2022 Japan Video Software Association
HiVi WEBHiVi WEB
(C)2022 STEREO SOUND Publishing Inc.
AV製品に関する用語辞典
日本画像学会日本画像学会
Copyright (C) 2022 The Imaging Society of Japan All rights reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ色相の記事を利用しております。
潤滑通信社潤滑通信社
copyright © 潤滑通信社 All Rights Reserved
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
横浜美術学院横浜美術学院
Copyright © 2022 横浜美術学院 AllRights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの色相 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの色 (改訂履歴)、PSYCHO-PASS (改訂履歴)、マンセル表色系 (改訂履歴)、ホワイトゴールド (改訂履歴)、マンセル・カラー・システム (改訂履歴)、ナチュラル・カラー・システム (改訂履歴)、オストワルト表色系 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS