忌避とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 関係 > 忌避 > 忌避の意味・解説 

き‐ひ【忌避】

読み方:きひ

[名](スル)

きらって避けること。「徴兵を―する」

訴訟事件に関して裁判官裁判所書記官不公正なことをされるおそれのある場合に、当事者申し立てにより、その者事件職務執行から排除すること。また、そのため申し立てをすること。→回避除斥

「忌避」に似た言葉

忌避

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/03 04:11 UTC 版)

忌避(きひ)とは、除斥事由には該当しないが、手続の公正さを失わせるおそれのある者を、申立てに基づいてその手続に関する職務執行から排除することを指す。


  1. ^ 最高裁判所 1973.
  2. ^ 東京地方裁判所平成26年(モ)1207号事件等。


「忌避」の続きの解説一覧

忌避

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/18 12:59 UTC 版)

ツバキ」の記事における「忌避」の解説

花がポトリ落ち様子から、馬の世界おいても落馬連想させるとして、競馬の競走馬や馬術競技馬の名前としては避けられる。特に競馬では、過去にタマツバキの様名馬もいるが、1969年第36回東京優駿日本ダービー)で大本命視されたタカツバキが、スタート直後に落馬競走中止するというアクシデント起こして以降、ほとんど付けられることがなくなった武士は、打ち首により首が落ちる様子に似ていることを連想させることを理由ツバキを飾るのを好まなかった、という話もあるが、それは幕末から明治時代以降の流言であり、江戸時代忌み花とされた記述見付からない1600年代初頭には多数園芸品種流行1681年には,世界で初め椿園品種解説した書物当時江戸で出版される

※この「忌避」の解説は、「ツバキ」の解説の一部です。
「忌避」を含む「ツバキ」の記事については、「ツバキ」の概要を参照ください。


忌避

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/27 00:37 UTC 版)

裁判官 (国際司法裁判所)」の記事における「忌避」の解説

裁判官利害関係をもつ裁判に対して自ら回避申し立てることができるが、これまでに紛争当事国側から特定の裁判官に対して忌避の申し立てなされたことがある。これは裁判官裁判官に就任する前に自国政府代表として行った発言理由とするものであったICJ規程第17条第2項は裁判官欠格事由について定めるが、これまでに国際司法裁判所理由を示すこともなく弁論手続き経ずに、こうした紛争当事国の忌避申し立て否決している。

※この「忌避」の解説は、「裁判官 (国際司法裁判所)」の解説の一部です。
「忌避」を含む「裁判官 (国際司法裁判所)」の記事については、「裁判官 (国際司法裁判所)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「忌避」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

忌避

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 13:52 UTC 版)

名詞

(きひ)

  1. 嫌って避けること。

関連語

動詞

活用

サ行変格活用
忌避-する

「忌避」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



忌避と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「忌避」の関連用語

忌避のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



忌避のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
特許庁特許庁
Copyright © Japan Patent office and INPIT. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの忌避 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのツバキ (改訂履歴)、裁判官 (国際司法裁判所) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの忌避 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS