特許法とは?

とっ きょほう とく-はふ [0][3] 【特許法】

発明保護利用を図り、産業発展目的として、特許に関する手続きなどを規定する法律1959年昭和34制定

特許法

発明者所定期間特許権付与して発明者保護し、これにより産業発達を図るために制定された法律。その目的は、発明保護及び利用を図ることにより、発明奨励し、もって産業発達寄与することである。


特許法

読み方とっきょほう

昭和34年法律121号。発明者一定期間特許権付与して発明保護および利用を図ることにより,発明奨励し,もって産業発達寄与することを目的として定められた法律特許1条)。専売規則(明4太告175),専売特許条例(明18太告7),特許条例(明2184),旧々特許法(明3236),旧特許法(大1096)を経て現行法に至る。

(注:この情報2007年11月現在のものです)

特許法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/27 02:03 UTC 版)

特許法(とっきょほう、昭和34年4月13日法律第121号)は、「発明の保護及び利用を図ることにより、発明を奨励し、もって産業の発達に寄与することを目的とする」とされている(同法1条)、日本法律である。




「特許法」の続きの解説一覧



特許法と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「特許法」の関連用語

特許法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



特許法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
特許庁特許庁
Copyright © Japan Patent office and INPIT. All Rights Reserved.
www.sekidou.comwww.sekidou.com
© 1996-2019 Sekidou Kousuke.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの特許法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS