平賀源内とは? わかりやすく解説

ひらが‐げんない【平賀源内】


平賀源内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/22 04:40 UTC 版)

平賀 源内(ひらが げんない、享保13年(1728年) - 安永8年12月18日1780年1月24日))は、江戸時代中頃の人物。本草学者地質学者蘭学者医者殖産事業家戯作者浄瑠璃作者俳人蘭画家発明家


  1. ^ a b c d e f g h 小田 2001, p. 191
  2. ^ 逢沢明 『結果が出る発想法 アイデアはいかにして生まれるのか』PHP研究所、2008年、29頁。ISBN 9784569697710 
  3. ^ 文庫08 A0256 平賀源内肖像 / 中丸精 写”. 古典籍総合データベース. 早稲田大学図書館. 2021年11月1日閲覧。 “著者/作者 中丸 精十郎, 1841-1896”
  4. ^ a b 小田 2001, p. 188
  5. ^ a b 小田 2001, p. 190
  6. ^ さぬき市文化財保護協会志度支部 - 平賀源内記念館と平賀源内旧邸 2013年2月9日閲覧
  7. ^ 田尻, 佐 編「平賀源内」(日本語) 『贈位諸賢伝』 2巻、国友社、東京、1927年7月30日、365頁。doi:10.11501/1915586NCID BN09957819NDLJP:1915586https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1915586/208 
  8. ^ 平賀源内墓』 - コトバンク
  9. ^ 二宮隆雄 『戦いの哲学勝利の条件』PHP研究所、2008年、294頁。ISBN 9784569669915 
  10. ^ a b c 高田誠二. “温度概念と温度計の歴史”. 日本熱測定学会. 2019年11月22日閲覧。
  11. ^ 平賀源内記念館
  12. ^ 平賀源内記念館』 - コトバンク



平賀源内(ひらが げんない)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 16:35 UTC 版)

江戸時代中期活躍した発明家知的好奇心旺盛な大怨霊一人信越地方台風起こした

※この「平賀源内(ひらが げんない)」の解説は、「かくりよものがたり」の解説の一部です。» 「かくりよものがたり」の概要を見る


平賀源内(さぬき)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 04:07 UTC 版)

エレキテル発明したことにちなんで、以下の発明品さまざまな効果をもたらす

※この「平賀源内(さぬき)」の解説は、「桃太郎電鉄2010 戦国・維新のヒーロー大集合!の巻」の解説の一部です。» 「桃太郎電鉄2010 戦国・維新のヒーロー大集合!の巻」の概要を見る


平賀源内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/18 09:43 UTC 版)

『1』登場発明家開発費支払う事で、新たな罠、武器用心棒開発してくれる。

※この「平賀源内」の解説は、「悪代官 (ゲーム)」の解説の一部です。» 「悪代官 (ゲーム)」の概要を見る


平賀源内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/13 13:55 UTC 版)

倒幕団マッドサイエンティスト改造手術を施す。

※この「平賀源内」の解説は、「江戸もの」の解説の一部です。» 「江戸もの」の概要を見る


平賀源内(ひらが げんない)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 16:35 UTC 版)

江戸時代中期活躍した発明家知的好奇心旺盛な大怨霊一人信越地方台風起こした

※この「平賀源内(ひらが げんない)」の解説は、「かくりよものがたり」の解説の一部です。» 「かくりよものがたり」の概要を見る


平賀源内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/26 15:30 UTC 版)

蘭学者。もも達が江戸離れた時にマムシ咬まれ所を栗栖オシッコ付き毒消し回復した

※この「平賀源内」の解説は、「桃色忍法帖」の解説の一部です。» 「桃色忍法帖」の概要を見る


平賀源内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/26 15:18 UTC 版)

多芸多才として知られる江戸有名人作中では故人であったが、獅子緒らの前に姿を現す。その正体は「無貌の神」や「這い寄る混沌」と呼ばれる存在ナイアーラトテップであり、ネクロノミコン回収他の旧支配者復活為に暗躍する

※この「平賀源内」の解説は、「伴天連XX」の解説の一部です。» 「伴天連XX」の概要を見る


平賀源内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/21 07:25 UTC 版)

平賀源内の生涯描いた話。源内誕生から松平頼恭才能を認められ留学果たすまでを『平賀源内と殿様』、田沼意次元で働くようになり、高松藩から「仕官お構い」の措置を受ける『源内田沼意次』、石綿発見し火浣布作るが、実用化に至るものが作れ信用失墜する源内火浣布』、屁の音で興行をする「屁ひり男」に感化され放屁論』を著す『平賀源内の放屁論』、エレキテル発明し大評判となるが、早とちりから町人殺してしまい獄中死去するエレキテル幽霊屋敷』の全5話構成杉田玄白との交流なども描かれている。

※この「平賀源内」の解説は、「東西奇ッ怪紳士録」の解説の一部です。» 「東西奇ッ怪紳士録」の概要を見る


平賀源内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/22 18:15 UTC 版)

なぜかタイムスコープを持っている。「エレキテル」を作った発明家で、「ん?んん?んんん?」が口癖

※この「平賀源内」の解説は、「タイムスリップ探偵団」の解説の一部です。» 「タイムスリップ探偵団」の概要を見る


平賀源内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 01:05 UTC 版)

侍であり、本業本草学者医学蘭学鉱物知識戯作者発明家といった多岐にわたる

※この「平賀源内」の解説は、「ねなしぐさ 平賀源内の殺人」の解説の一部です。» 「ねなしぐさ 平賀源内の殺人」の概要を見る


平賀 源内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/17 08:15 UTC 版)

本作主人公であり、『解国新書』の著者史実では1779年死んだとされている生存説もある)が、こちらでは親交のあった田沼意次獄死見せかけてかくまったとされている

※この「平賀 源内」の解説は、「平賀源内 解国新書」の解説の一部です。» 「平賀源内 解国新書」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「平賀 源内」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



平賀源内と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

平賀源内のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



平賀源内のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2022 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
江戸net江戸net
Copyright (C) 2022 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの平賀源内 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのかくりよものがたり (改訂履歴)、桃太郎電鉄2010 戦国・維新のヒーロー大集合!の巻 (改訂履歴)、悪代官 (ゲーム) (改訂履歴)、江戸もの (改訂履歴)、かくりよものがたり (改訂履歴)、桃色忍法帖 (改訂履歴)、伴天連XX (改訂履歴)、東西奇ッ怪紳士録 (改訂履歴)、タイムスリップ探偵団 (改訂履歴)、ねなしぐさ 平賀源内の殺人 (改訂履歴)、平賀源内 解国新書 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS