石坂浩二とは?

石坂浩二

以下の映画石坂浩二関連しています。
さらい
メディアボックス配給
東映クラシックフィルム
 


石坂浩二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/16 15:37 UTC 版)

石坂 浩二(いしざか こうじ、1941年(昭和16年)6月20日 - )は、日本俳優タレント司会者芸術家翻訳家作詞家ナレーターコメンテーター。石坂ミュージカル・エンタープライズ社長。2015年10月からプロダクション尾木に所属。本名、武藤 兵吉(むとう へいきち)。愛称は兵ちゃん。 身長177cm、体重65kg。趣味は絵画で、二科展に入賞した経歴を持つ。


  1. ^ 【石坂浩二 終わりなき夢】(15)ミスターのために描き上げた絵”. 2016年7月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月27日閲覧。
  2. ^ 【石坂浩二 終わりなき夢】(1)授業さぼってラジオの仕事”. 2016年7月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月27日閲覧。
  3. ^ “石坂浩二さん「捜査官」任命”. 時事通信. (2017年11月14日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2017111400409&g=soc 2017年12月13日閲覧。 
  4. ^ 『明治屋百年史』明治屋、1987年12月、400頁。
  5. ^ a b “【石坂浩二 終わりなき夢】(7)「劇団四季」での多忙な日々”. スポーツ報知. (2016年4月20日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160420-OHT1T50027.html 2016年4月20日閲覧。 
  6. ^ 作品紹介(ステージガイド) 王子とこじき”. 劇団四季. 2014年6月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月11日閲覧。
  7. ^ 石坂浩二さん(俳優) - NHKアーカイブス
  8. ^ 『オリコン・ウィーク The Ichiban』2001年1月1・8日号(第23巻第1号、通巻1079号)オリコン(現:オリコン・エンタテインメント)、45頁。
  9. ^ 佐野浅夫の後任
  10. ^ 「たまプラーザ テラス」で、俳優・石坂浩二さんによる展覧会を開催!”. PR TIMES(株式会社東急モールズデベロップメント) (2013年2月22日). 2014年6月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月11日閲覧。
  11. ^ 開運!なんでも鑑定団』の「ご当地出張なんでも鑑定」に出演すると、出演記念として「石坂浩二カレンダー」がもらえる。
  12. ^ 石坂浩二作品集”. SCREEN ONLINE & STORE. 2014年6月11日閲覧。
  13. ^ 牧野邦夫展”. 弐代目・青い日記帳 (2013年4月13日). 2014年6月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月11日閲覧。
  14. ^ <ニュース>神奈川安協 新会長に俳優 石坂浩二氏”. モーターマガジン社スタッフ発@今日の編集後記 (2011年5月9日). 2014年2月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月10日閲覧。
  15. ^ 神奈川県交通安全協会の活動について”. 公益財団法人 神奈川県交通安全協会. 2013年2月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月11日閲覧。
  16. ^ a b 開運! なんでも鑑定団”. テレビ東京 (2005年9月27日). 2007年1月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月9日閲覧。
  17. ^ “石坂浩二さんに名誉館長委嘱”. 中国新聞 (中国新聞社). (2015年5月10日). オリジナルの2015年5月18日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20150518090729/http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=153618&comment_sub_id=0&category_id=112 2015年9月16日閲覧。 
  18. ^ a b 『現代の眼 第 16 巻』現代評論社、1975年、139頁。
  19. ^ “「たまプラーザ テラス」で、俳優・石坂浩二さんによる展覧会を開催!” (日本語) (HTML) (プレスリリース), 株式会社 東急モールズデベロップメント, (2013年2月22日), http://www.tokyu-tmd.co.jp/press/tmd/backnumber/tmd_10sc130222.html 2016年7月10日閲覧。 
  20. ^ “アリ氏 石坂浩二が描いた告知ポスターに「こんなに醜くない!」と寸止めパンチ”. スポーツニッポン. (2016年6月5日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/06/05/kiji/K20160605012723530.html 2016年7月10日閲覧。 
  21. ^ a b 石坂浩二「『ろうがんず』結成」『文藝春秋』87巻8号、文藝春秋2009年7月1日、86頁。
  22. ^ “ホビーに首ったけ 石坂浩二さんがプラモ同好会「ろうがんず」結成 (1/4ページ)”. msn産経. (2009年5月17日). オリジナルの2009年5月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090520011329/http://sankei.jp.msn.com/life/lifestyle/090517/sty0905172133000-n1.htm 2014年6月9日閲覧。 
  23. ^ “ホビーに首ったけ 石坂浩二さんがプラモ同好会「ろうがんず」結成 (2/4ページ)”. msn産経. (2009年5月17日). オリジナルの2009年5月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090520012423/http://sankei.jp.msn.com/life/lifestyle/090517/sty0905172133000-n2.htm 2014年6月9日閲覧。 
  24. ^ “ホビーに首ったけ 石坂浩二さんがプラモ同好会「ろうがんず」結成 (3/4ページ)”. msn産経. (2009年5月17日). オリジナルの2009年5月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090520011740/http://sankei.jp.msn.com/life/lifestyle/090517/sty0905172133000-n3.htm 2014年6月9日閲覧。 
  25. ^ “ホビーに首ったけ 石坂浩二さんがプラモ同好会「ろうがんず」結成 (4/4ページ)”. msn産経. (2009年5月17日). オリジナルの2009年5月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090520012424/http://sankei.jp.msn.com/life/lifestyle/090517/sty0905172133000-n4.htm 2014年6月9日閲覧。 
  26. ^ 【石坂浩二】名優の引き出しは果てしない趣味の広がりの中に”. zakzak (2014年8月8日). 2019年6月7日閲覧。
  27. ^ 石坂浩二さん × HondaJet 開発責任者 藤野道格 (PDF)”. 本田技研工業 (2015年7月31日). 2019年6月7日閲覧。
  28. ^ “石坂浩二氏が「大和ミュージアム」へ寄贈”. 呉インターネット写真ニュース. (2006年9月23日). オリジナルの2006年11月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20061109161049/http://www.kure-news.com/news/000114.html 2014年6月9日閲覧。 
  29. ^ 石坂浩二「『ろうがんず』結成」『文藝春秋』87巻8号、文藝春秋2009年7月1日、87頁。
  30. ^ 紳士・淑女の休息 第7回 人生ただ一度のスランプから救ってくれたプラモデル作りという趣味 – 石坂浩二”. World JC. 2014年6月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月10日閲覧。
  31. ^ (財)横浜観光コンベンション・ビューロー新理事長に新町光示(しんまちこうじ)氏が就任 (PDF)”. 財団法人横浜観光コンベンション・ビューロー (2010年3月30日). 2014年6月10日閲覧。
  32. ^ 映画トピックス╱「劇場版ポケットモンスター」最新作が大ヒットスタート!”. 東宝株式会社 (2007年7月14日). 2014年6月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月10日閲覧。
  33. ^ “日吉で創立150年記念式典 天皇、皇后両陛下もご臨席”. Jukushin.com(慶應塾生新聞会). (2008年11月30日). オリジナルの2014年6月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140610060507/http://www.jukushin.com/archives/1904 2014年6月10日閲覧。 
  34. ^ “石坂浩二“例のプール”に住んでいたのは「市川崑さん」と真相明かす” (日本語). スポーツ報知 (報知新聞社). (2016年4月7日). オリジナルの2016年10月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161028010650/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160407-OHT1T50156.html 2019年12月7日閲覧。 
  35. ^ 石坂浩二、故・児玉清さんの“存在”に「荷が重いなと思った」”. ORICON STYLE (2013年3月19日). 2014年6月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月11日閲覧。
  36. ^ 石坂浩二が明かす「吉永小百合と結婚」報道の真実 - 東京スポーツ・2017年10月14日
  37. ^ 番組エピソード 大河ドラマ『元禄太平記』 - NHKアーカイブス
  38. ^ * 番組エピソード 大河ドラマ『草燃える』-NHKアーカイブス
  39. ^ ファミリー劇場のWEB企画にて全39話分の予告を担当。
  40. ^ 南郷亮治は探偵のドルリー・レーンに該当する役名。
  41. ^ “仲間由紀恵主演ドラマ『楽園』黒木瞳、夏帆、石坂浩二らキャスト発表”. ORICON STYLE. (2016年10月18日). http://www.oricon.co.jp/news/2080126/full/ 2016年10月18日閲覧。 
  42. ^ “テレビ朝日、シニア世代向けに帯ドラマ枠を新設 第1弾は倉本聰氏オリジナル作品”. ORICON STYLE. (2016年6月30日). http://www.oricon.co.jp/news/2074293/full/ 2016年6月30日閲覧。 
  43. ^ 片岡鶴太郎、平岡祐太、石坂浩二が小泉孝太郎「警視庁ゼロ係」に新加入 - インターネットTVガイド(2018年7月3日)
  44. ^ “「相棒」新作は2017年2月公開、特報に北村一輝や及川光博の姿も”. 映画ナタリー. (2016年9月22日). http://natalie.mu/eiga/news/202705 2016年9月23日閲覧。 
  45. ^ “『みをつくし料理帖』石坂浩二・浅野温子・藤井隆・窪塚洋介・若村麻由美が出演!”. シネマトゥデイ. (2019年8月30日). https://www.cinematoday.jp/news/N0110816 2019年8月30日閲覧。 
  46. ^ 阪神タイガース THE MOVIE 猛虎神話集 : 作品情報” (日本語). 映画.com. 2020年2月5日閲覧。
  47. ^ 劇団四季60年の上演 作品”. 劇団四季. 2013年9月8日閲覧。:
  48. ^ 劇団四季 『カラマゾフの兄弟』 劇団四季、1971年。 
  49. ^ トンデモネズミ大活躍”. 日本アニメーション. 2016年5月18日閲覧。
  50. ^ “石坂浩二が増田俊樹と共演、劇場アニメ「歎異抄をひらく」公開決定”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年3月7日). https://natalie.mu/eiga/news/322806 2019年3月7日閲覧。 
  51. ^ ウルトラマン HDリマスター版”. 2020年7月21日閲覧。
  52. ^ 石坂浩二 「サタデーステーション」でレギュラーコメンテーター初挑戦 毎日新聞 2018年4月5日発行、同日閲覧。


「石坂浩二」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「石坂浩二」の関連用語

石坂浩二のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



石坂浩二のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの石坂浩二 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS