武田鉄矢とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 音楽家 > 歌手 > 日本の歌手 > 武田鉄矢の意味・解説 

武田鉄矢

以下の映画武田鉄矢関連しています。
東映アストロフイルム配給


Tetsuya Takeda

以下の映画Tetsuya Takeda関連しています。


武田鉄矢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/08 08:34 UTC 版)

武田 鉄矢(たけだ てつや、1949年〈昭和24年〉4月11日 - )は、日本の俳優歌手タレント司会者作詞家。フォークグループ・海援隊のボーカル・リーダー。自身が出演する映画・ドラマの脚本を片山蒼の名義で執筆することもある。




注釈

  1. ^ 「武田鉄矢(海援隊)」名義で、映画に合わせて海援隊名義で再リリースした。双方では、キーなど若干の違いがある。
  2. ^ (なかばる、旧中原村)
  3. ^ 大学活性化の為に、学長の任命で無償での教育研究活動に従事できる。
  4. ^ 「武田鉄矢一座」として歌唱
  5. ^ 「海援隊」として歌唱
  6. ^ 藤子は普段温厚な人物として知られ、滅多な事では怒ることはないといわれている。
  7. ^ 片山蒼の名義で脚本家を担当した『幕末青春グラフィティ』3作品以外では、『奇兵隊』(1989年)など。
  8. ^ 名前の由来は『鉄砲でも矢でも飛んで来い!』という理由だという記載がある
  9. ^ 海援隊時代には、妻や長女の名前を冠した楽曲も発表している上、過去の著書でも度々家族の名前を記していた。「ふられ虫の唄」(講談社)には、カバー部分に長女と次女の名前が記載されている。楽曲「家族」の歌詞中にも長女・次女の名前が出てくる。絵本として発表された著作「雲の物語」の絵は、長女・次女が描いたため、共著者として名前が掲載されている
  10. ^ ただし、「花王ファミリースペシャル武田鉄矢 絶対取るぞ運転免許」では「当時は仮免許は持っていた」と本人が主張している。
  11. ^ 海援隊出場時も含めると、計5回「NHK紅白歌合戦」に出場している。
  12. ^ 海援隊出場時も含めると、計2回(1974年、同回)歌唱している。

出典

  1. ^ 武田鉄矢 公式サイト プロフィール
  2. ^ 長崎市亀山社中記念館ウェブサイト「就任のことば」参照。
  3. ^ ファミリーヒストリー|2014/11/21(金)放送”. TVでた蔵. ワイヤーアクション. 2014年11月22日閲覧。
  4. ^ ファミリーヒストリー|2014/11/21(金)放送”. TVでた蔵. ワイヤーアクション. 2014年11月22日閲覧。
    (九州には肥前武田氏、肥後武田氏、ほかに岡藩をはじめ豊後、筑前など)
  5. ^ ippongi.com
  6. ^ ファミリーヒストリー|2014/11/21(金)放送”. TVでた蔵. ワイヤーアクション. 2014年11月22日閲覧。
  7. ^ 徹子の部屋2010年3月19日出演時に本人語る
  8. ^ 「金八教授「鉄学」講義 武田鉄矢さんの母校・福岡教育大学で就任」2010年5月13日付『西日本新聞』朝刊
  9. ^ 調査対象は日本の人口バランスに合わせた比率の10代〜70代(2000人)で、全国のあなたの街に住みます芸人による街頭調査およびリサーチ会社による調査を行った。ノミネートされた人物の中には戦国武将などの歴史的人物も含む。
  10. ^ 『プレイボーイの人生相談 1966-2006』 週刊プレイボーイ編集部 集英社 2006年 123頁
  11. ^ a b 爆笑問題『対談の七人』 新潮社 2000年 30、31頁
  12. ^ 2015年3月12日放送BS日テレ木曜スペシャル』「武田鉄矢の思えば遠くへ来たもんだ」
  13. ^ 日刊スポーツ 2017年8月3日
  14. ^ 武田鉄矢 水戸黄門役を引き受けた理由を明かす”. スポーツニッポン (2020年2月2日). 2020年2月2日閲覧。
  15. ^ a b ひとインタビュー 歌も芝居も本性をさらしてきた 病気を自身の老いのスタートに 第二百十回 武田鉄矢さん どらく 2012年2月27日付
  16. ^ FOCUS』1995年12月12日号による。
  17. ^ 『NHK大河ドラマ・ストーリー功名が辻 前編』(NHK出版) 102ページ
  18. ^ 自著『母に捧げるバラード』より
  19. ^ 週刊文春 2008年12月25日号 『新バトル 武田鉄矢が小倉智昭に「ウソツキの目だ!」』[リンク切れ]
  20. ^ [1] TBS「白夜行」インタビュー #11 武田鉄矢
  21. ^ [2] TBS 日曜劇場『JIN -仁-』 インタビュー Vol.5 武田鉄矢さん(緒方洪庵役)
  22. ^ その模様は「花王ファミリースペシャル武田鉄矢 絶対取るぞ運転免許」で放送された。
  23. ^ 武田鉄矢 ものまねに「悪意丸出しじゃなければ大目に見る」
  24. ^ ワイドナショー』2020年2月2日放送分より
  25. ^ スポーツニッポン 2006年11月10日付 紙面記事
  26. ^ 青年海外協力隊50周年ソングを川嶋あい、乙武洋匡、倉木麻衣、宮沢和史ら16組歌う”. 音楽ナタリー (2015年10月1日). 2015年10月1日閲覧。
  27. ^ “武田鉄矢が朝ドラ「あさが来た」福沢諭吉役で出演”. 日刊スポーツ. (2015年11月5日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1562175.html 2015年11月5日閲覧。 
  28. ^ 武田鉄矢さん出演決定”. コレ見て!ムービー あさが来た. NHK (2015年11月5日). 2015年11月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月8日閲覧。
  29. ^ “佐藤健、坊主頭で連ドラ主演 豪華共演陣も発表”. modelpress. (2014年12月5日). http://mdpr.jp/news/detail/1451247 2014年12月5日閲覧。 
  30. ^ “武田鉄矢、テレ東の“金8”ドラマ『釣りバカ日誌』出演”. オリコン. (2015年10月14日). http://www.oricon.co.jp/news/2060692/full/ 2015年10月17日閲覧。 
  31. ^ 黒柳徹子さんのエッセイをドラマ化!『トットてれび』制作開始!|土曜ドラマ|ドラマトピックスブログ:NHKブログ”. NHK (2016年2月26日). 2016年2月26日閲覧。
  32. ^ “藤木直人&ココリコ田中、文系の天才教授&ダメ刑事でドラマ初共演”. オリコン. (2016年4月5日). http://www.oricon.co.jp/news/2069642/full/ 2016年4月6日閲覧。 
  33. ^ “武田鉄矢、浅野忠信と『金八』以来の共演! 木村拓哉ドラマにゲスト出演”. マイナビニュース. (2017年2月5日). http://s.news.mynavi.jp/news/2017/02/05/012/ 2017年2月7日閲覧。 
  34. ^ “「精霊の守り人 最終章」 出演者発表!”. NHKドラマトピックス. (2017年1月15日). https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/20000/260801.html 2017年1月16日閲覧。 
  35. ^ “キャスト”. 映画「セーラー服と機関銃 -卒業-」公式サイト. http://sk-movie.jp/cast/ 2016年4月27日閲覧。 
  36. ^ “武田鉄矢、29年ぶりハンガーヌンチャク復活に「封印解いて振ってみた」”. ステージナタリー. (2016年7月4日). http://natalie.mu/stage/news/193247 2016年7月5日閲覧。 
  37. ^ 武田鉄矢×コロッケ特別公演【博多座】第1部水戸黄門・第2部スペシャルステージの豪華2本立て!”. YOKANAVI. 2021年3月1日閲覧。
  38. ^ HIKAKIN、”金八先生”とのCM共演に感無量「不安だったが優しく教えてくれた」” (日本語). AbemaTIMES (2019年12月3日). 2019年12月6日閲覧。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「武田鉄矢」の関連用語

武田鉄矢のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



武田鉄矢のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの武田鉄矢 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS