ソーラン節とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 音楽作品 > 楽曲 > 日本の民謡 > ソーラン節の意味・解説 

そおらん ぶし 【ソーラン節】

北海道渡島おしま半島民謡で、仕事唄鰊漁にしんりよう)のヤン衆たちがを船へあげるときに唄った。源流青森県野辺地町周辺荷揚げ木遣きや)り唄。沖揚音頭

そおらんぶし

おらんぶし【ソーラン節】 《曲》 北海道民謡の一。積丹(しゃこたん)半島発祥~ソーラン」はニシン漁の際の掛け声「ソラソラ」が変化したもの

ソーラン節

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/08 13:43 UTC 版)

ソーラン節」(ソーランぶし)は、北海道日本海沿岸の民謡。発祥地は後志積丹半島から余市郡にかけての地域。ニシン漁の歌として有名である。




「ソーラン節」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ソーラン節」の関連用語

ソーラン節のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ソーラン節のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
北海道方言辞書北海道方言辞書
Copyright © 1997-2019 by akaringo. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのソーラン節 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS