第54回NHK紅白歌合戦とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 第54回NHK紅白歌合戦の意味・解説 

第54回NHK紅白歌合戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/22 14:26 UTC 版)

第54回NHK紅白歌合戦』(だいごじゅうよんかいエヌエイチケイこうはくうたがっせん)は、2003年平成15年)12月31日NHKホールで行われた、通算54回目のNHK紅白歌合戦。19時30分 - 21時20分および21時30分 - 23時45分にNHK生放送された。


注釈

  1. ^ 第37回では、出場歌手+NHKアナウンサーによる両組司会だった。
  2. ^ 膳場はここ2年間、有働に並ぶ紅組司会の候補とマスコミに報じられていた。
  3. ^ 2020年にコーラスとして田中が参加した。
  4. ^ 1991年12月の『音楽達人倶楽部』には出演した。
  5. ^ 紅白のトリは元々「ソロ歌手でなくてはいけない」との慣例があり、過去には第43回1992年)にて紅組トリに由紀さおり安田祥子、白組トリおよび大トリに同回で解散のステージとなっていたチェッカーズと紅・白共にグループを起用する構想が挙がっていたが、この慣例があったために双方共に見送りとなった経緯がある(紅組トリに関しては、由紀が単独出場してトリで歌唱し、安田が舞台裏でコーラスをするという形となった)。今回のSMAPの事例を機に以後、グループのトリ起用も普通に行われていくようになるが、2020年までに紅組でソロ歌手以外でトリを務めたのはDREAMS COME TRUEいきものがかりのみで、女性のみで構成されるグループ(乃木坂46をはじめとする坂道シリーズなど)のトリは未だ実現していない。
  6. ^ JR西日本DISCOVER WEST」キャンペーンソング。CMでは鬼束ちひろが歌唱したバージョンが使われた。
  7. ^ JR東海プロデュースソング。
  8. ^ 2月14日にはBS2、2月29日にはBShiでも再放送された。
  9. ^ 紅組司会については、有働と膳場の同僚で今回まで3年連続でラジオ実況を担当した小野に交代。なお当初は有働が続投する予定だったが、同年起こったNHKの不祥事により当時NHK会長の海老沢の肝煎りだった有働の起用案が流れ、有働の後輩である小野に変更となったとの報道もある。
  10. ^ 総合司会については、武内の先輩である堀尾正明に交代(なお、武内は翌年産休入りした)。
  11. ^ アメリカ総局勤務時代の第59回2008年)にはアイルランドから中継出演したエンヤのリポート・曲紹介を担当。第63回の総合司会に決まった直後、「この9年間、大晦日は毎年紅白を視聴し『進行が遅れている』等と思いながら観ていたこともあった」と語っている(『女性セブン』2013年1月1日号でのインタビュー)。
  12. ^ 女性の単独総合司会起用は今回以来だった。

出典

  1. ^ 産業経済新聞社』「史上初…紅白司会は局アナクインテットだ!!」
  2. ^ 『スポーツニッポン』,2003年10月14日
  3. ^ 格闘技が恐怖?「紅白」曲順隠し!スポニチアネックス、2003年12月5日。(インターネットアーカイブのキャッシュ)
  4. ^ 「紅白」の曲順 29日に発表も、スポニチアネックス、2003年12月12日。(インターネット・アーカイブのキャッシュ)
  5. ^ 打倒曙&サップ!美川&幸子共闘、スポニチアネックス、2003年12月30日。(インターネット・アーカイブのキャッシュ)
  6. ^ 『Exciteニュース』2003年12月27日付
  7. ^ 2003年12月30日 日刊スポーツ芸能面 など各紙芸能面より
  8. ^ 長渕剛 13年ぶり紅白出場へ、スポニチアネックス、2003年11月26日。(インターネット・アーカイブのキャッシュ)
  9. ^ 13年ぶり長渕、今度は1曲、スポニチアネックス、2003年11月27日。(インターネット・アーカイブのキャッシュ)
  10. ^ LoVendoЯ(ラベンダー)として活動、元モー娘の田中れいな”. person編集局 (2015年6月22日). 2016年1月26日閲覧。
  11. ^ a b c 羽開かない…幸子衣装トラブル、スポニチアネックス、2004年1月1日。(インターネット・アーカイブのキャッシュ)
  12. ^ 『スポーツニッポン』,「国分&aikoは〝ラブラブ対決〟」
  13. ^ 紅白史上初!倉木 国宝で歌う、スポニチアネックス、2003年12月18日。(インターネット・アーカイブのキャッシュ)
  14. ^ 読売新聞』2003年12月30日付
  15. ^ “野鳥の会”紅白落選!、スポニチアネックス、2003年12月26日。(インターネット・アーカイブのキャッシュ)
  16. ^ 夏色またあえる日までのメドレー。
  17. ^ 紅白47年ぶり…森山親子バトル、スポニチアネックス、2003年11月27日。(インターネット・アーカイブのキャッシュ)
  18. ^ はなわ&テツトモが合体、スポニチアネックス、2003年12月18日。(インターネット・アーカイブのキャッシュ)
  19. ^ 「紅白」出場者決定の“光と影”…来年に期待? “みゆき効果”絶大、ZAKZAK、2003年11月27日。(インターネット・アーカイブのキャッシュ)
  20. ^ 『デイリースポーツ』2003年10月6日付
  21. ^ 『スポーツニッポン』,「紅白に超大物! S・ワンダー出場も」
  22. ^ サップ瞬間最高視聴率43%、紅白KO、スポニチアネックス、2004年1月6日。(インターネット・アーカイブのキャッシュ)。


「第54回NHK紅白歌合戦」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「第54回NHK紅白歌合戦」の関連用語

第54回NHK紅白歌合戦のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



第54回NHK紅白歌合戦のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの第54回NHK紅白歌合戦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS