国分太一とは?

Weblio 辞書 > 人名 > 映画監督・俳優辞典 > 国分太一の意味・解説 

国分太一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/07 02:14 UTC 版)

国分 太一(こくぶん たいち、1974年9月2日 - )は、日本タレントミュージシャン司会者ニュースキャスターアイドルTOKIOキーボード担当。所属事務所はジャニーズ事務所、所属レコード会社はジェイ・ストーム




注釈

  1. ^ 2018年1月31日放送のテレビ番組『TOKIOカケル』にて計測した際は167.5cmだった[4]

出典

  1. ^ 国分太一、仕切り買われ来春TBS朝の顔 nikkansports.com 2015年2月24日閲覧。
  2. ^ 国分太一 TOWER RECORDS ONLINE 2015年2月23日閲覧。
  3. ^ PROFILE(TOKIO) - Johnny's web”. Johnny's web. 2016年9月閲覧。
  4. ^ 錦戸亮 公開身長測定に大慌て「流さんといて」. Sponichi Annex (2018年2月1日) 2018年3月22日閲覧。
  5. ^ 国分太一「ソウルフードは地元の中華料理店」 ORICON STYLE 2015年2月23日閲覧。
  6. ^ 国分、東京マラソン「4時間以内」宣言! 産経新聞 2011年1月9日閲覧
  7. ^ TBS朝の顔に!国分太一、初MC帯番組が3・31スタート SANSPO.COM 2014年1月27日閲覧。
  8. ^ 「TOKIO」国分太一さん、結婚へ グループでは山口達也さん以来”. J-CAST NEWS (2015年9月11日). 2015年9月11日閲覧。
  9. ^ “国分太一に第1子女児誕生「子どもと一緒に成長していきたい」”. ORICON STYLE. (2016年11月1日). http://www.oricon.co.jp/news/2080807/full/ 2016年11月1日閲覧。 
  10. ^ “TOKIO国分、第2子女児誕生「泣いてしまいました…感動です」「ビビット」で生報告”. Sponichi Annex. (2018年9月3日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/09/03/kiji/20180903s00041000115000c.html 2018年9月3日閲覧。 
  11. ^ 史上初快挙!国分太一全局同時レギュラー日刊スポーツ 2008年3月17日閲覧
  12. ^ http://sportsnavi.yahoo.co.jp/other/athletic/marathon/tokyo/2011/headlines/20110227-00000019-spnavi-spo.html
  13. ^ 2011年6月30日放送『5LDK』より
  14. ^ http://ranking.goo.ne.jp/ranking/022id/wHyePdxrDsEh/
  15. ^ 年間TV出演本数、国分太一が史上初3連覇 ハリセン近藤はTOP5返り咲き
  16. ^ 国分太一が慣れた包丁さばきを生披露!「男子ごはん」イベントを開催インターネットTVガイド 2018年4月23日
  17. ^ 国分太一が全国各地を一人旅!各地の魅力を紹介! 『国分太一のおさんぽジャパン』 Archived 2013年4月15日, at the Wayback Machine. とれたてフジテレビ 2013年3月26日閲覧。


「国分太一」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「国分太一」の関連用語

国分太一のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



国分太一のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの国分太一 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS