松田龍平とは?

松田 龍平

松田龍平の画像 松田龍平の画像
芸名松田 龍平
芸名フリガナまつだ りゅうへい
性別男性
生年月日1983/5/9
干支亥年
血液型B
出身東京都
身長183 cm
URLhttp://www.office-saku.com/artists/ryuhei_matsuda.html
デビュー年1999
プロフィール1999年映画『御法度』(大島 渚監督)で俳優デビュー。ブルーリボン賞キネマ旬報ベストテン毎日映画コンクールスポニチグランプリ、日本アカデミー賞をはじめ、数々新人賞を総嘗にし、話題となった。その後いくつかの作品を経て2002年に『青い春』に主演圧倒的存在感ある演技注目を浴びる2003年は『恋愛寫眞』『ナイン・ソウルズ』『八月のかりゆし』『昭和歌謡大全集』等、公開目白押しとなった。2004年は『恋の門』(大人計画松尾スズキ監督映画)に主演し、舞台夜叉ヶ池』(三池崇史初演出)にも初挑戦した。その他の主な出演作品に、映画『NANA』『乱歩地獄』『46億年の恋』『世界はときどき美しい』『長州ファイブ』『悪夢探偵』『プルコギ』『アヒルと鴨のコインロッカー』『誰も守ってくれない』、NHKハゲタカ』『大河ドラマ天地人」』、フジテレビあしたの、喜多善男世界一不運な男の、奇跡11日間~』、CMTOYOTAist」』『UNIQLOヒートテック」』など。
デビュー作映画『御法度
代表作品1年2003
代表作品1邦画恋愛冩眞 Collage of Our Life主演
代表作品2年2003
代表作品2邦画ナイン・ソウルズ主演
代表作品3年2003
代表作品3邦画八月のかりゆし主演
職種タレント俳優女優

» タレントデータバンクはこちら

松田龍平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/20 08:57 UTC 版)

松田 龍平(まつだ りゅうへい、1983年5月9日[1] - )は、日本俳優東京都出身[3]オフィス作所属[1]




注釈

  1. ^ 連続テレビドラマ初出演。
  2. ^ 民放連続ドラマ初出演。
  3. ^ テレビドラマ初主演。
  4. ^ NHKの海外向けサービス・NHKワールドJAPANで12月28日・29日に先行放送。

出典

  1. ^ a b c Profile”. office-saku(松田龍平オフィシャルサイト). 2014年1月21日閲覧。
  2. ^ プロフィール”. office-saku(松田龍平オフィシャルサイト). 2014年1月21日閲覧。
  3. ^ “松田龍平「思いつながった」史上初!父子で主演男優賞…報知映画賞”. スポーツ報知. (2013年11月28日). オリジナルの2014年1月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140121033215/http://hochi.yomiuri.co.jp/event/prize/news/20131127-OHT1T00254.htm 2014年1月21日閲覧。 
  4. ^ 優作さん娘ベール脱ぐ 6月CDデビュー、12年から素性隠し活動”. Sponichi Annex (2015年5月12日). 2015年5月12日閲覧。
  5. ^ 『朝日新聞』2000年4月8日。
  6. ^ ハナタレナックス』(HTB)2011年9月15日放送回。
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r アクターズ・ファイル 松田龍平より。
  8. ^ 南野こずえ (2011年4月18日). “〜人の心を描きたい〜 『まほろ駅前多田便利軒』大森 立嗣監督インタビュー。”. 2014年1月11日閲覧。
  9. ^ a b 松田龍平「これでいいんだ」自信になった史上初の父子受賞…報知映画賞表彰式”. スポーツ報知 (2013年12月19日). 2014年1月11日閲覧。
  10. ^ 報知新聞『孤高卒業「話し合わなきゃ」良作できない』インタビュー 2013年9月17日。
  11. ^ 原田美紗@HEW (2013年7月31日). “「あまちゃん」の隠れたアイドル? ミズタクの魅力に迫る”. トレンドニュース. GYAO!. 2013年11月14日閲覧。
  12. ^ 「「あまちゃん」で“ミズタク祭り”マネージャー松田龍平に萌える女子急増中」『週刊文春』2013年8月8日号、文藝春秋、 31-32頁。
  13. ^ 映画『SOUL RED 松田優作』より。
  14. ^ 今週のクローズアップ 松田龍平”. シネマトゥデイ (2006年8月25日). 2014年1月11日閲覧。
  15. ^ ロバート・デ・ニーロ、松田龍平との共演に「優作の息子との共演は嬉しい」”. マイナビニュース (2013年2月19日). 2013年5月28日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年1月11日閲覧。
  16. ^ 松田龍平コメントできず「御法度」でデビュー”. suponihci (2013年1月16日). 2018年4月8日閲覧。
  17. ^ 松田龍平、俳優デビューへ導いた大島渚さんに感謝”. oricon news (2013年1月18日). 2018年4月8日閲覧。
  18. ^ 【アキ 太巻対談(1)】能年玲奈 あまちゃんの次は“お色気路線”でいく?”. dot. (2013年8月13日). 2014年1月11日閲覧。
  19. ^ 能年玲奈、「あまちゃん」東京編語る 共演する松田龍平は「ラスカル似」”. 映画.com (2013年6月11日). 2014年1月11日閲覧。
  20. ^ 能年玲奈オフィシャルブログ2013年7月25日「黒糖おいしい」”. 2014年1月11日閲覧。
  21. ^ a b 「電気グルーヴのメロン牧場」『ROCKIN'ON JAPAN』2013年7月号より。
  22. ^ 女性自身』 2013年8月20日。
  23. ^ 松岡茉優「あまちゃん」&入間しおり役を振り返る”. 映画.com (2013年12月27日). 2014年1月11日閲覧。
  24. ^ 渋谷ユーロスペースで連日好評上映してきた『まほろ駅前番外地』、4/19・最終日舞台挨拶【松田龍平vs大根仁監督】の舞台挨拶をREPORT!!”. SARUnet.com (2013年4月19日). 2014年1月11日閲覧。
  25. ^ a b 「僕が愛した作品たち」『CREA』2014年1・2月合併号 p,30より。
  26. ^ 堀北真希あきれた…松田龍平、脚本見ずに「あまちゃんに似てる」”. dot. (2013年12月4日). 2014年1月11日閲覧。
  27. ^ 映画.com (2014年3月7日). “瑛太&松田龍平の名コンビ復活!最新作「まほろ駅前狂騒曲」撮影快調”. 2014年3月20日閲覧。
  28. ^ 映画.com (2013年2月22日). “堀北真希、吉田恵輔監督「麦子さんと」に主演 共演は松田龍平&余貴美子”. 2013年12月22日閲覧。
  29. ^ 映画.com (2013年12月14日). “松田龍平×遠藤憲一×北村一輝がヤクザに!「ザ・レイド」続編、本編映像公開”. 2013年12月22日閲覧。
  30. ^ 日刊スポーツ (2014年4月23日). “松田龍平、10年ぶりの松尾監督作品で主演”. 2014年4月26日閲覧。
  31. ^ 映画.com (2014年4月23日). “松田龍平、松尾スズキ監督「ジヌよさらば」に主演!阿部×松×西田×二階堂も参戦”. 2014年4月28日閲覧。
  32. ^ 松田龍平、売れないバンドマン役でモヒカン姿に!広島弁も披露”. シネマトゥデイ (2015年3月31日). 2015年4月1日閲覧。
  33. ^ “松田龍平、初の“おじさん”役で新境地開拓!山下敦弘監督が児童文学の金字塔を映画化”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2015年12月1日). http://eiga.com/news/20151201/1/ 2015年12月1日閲覧。 
  34. ^ “松田龍平が石橋静河×池松壮亮のW主演作に出演、エンディング曲はThe Mirraz”. 映画ナタリー. (2016年12月27日). http://natalie.mu/eiga/news/214670 2016年12月27日閲覧。 
  35. ^ “イキウメ「散歩する侵略者」黒沢清が映画化、長澤まさみ×松田龍平×長谷川博己で”. ステージナタリー. (2016年12月6日). http://natalie.mu/stage/news/212032 2016年12月6日閲覧。 
  36. ^ “錦戸亮主演×吉田大八監督「羊の木」映画化!共演に木村文乃、松田龍平、市川実日子”. 映画ナタリー. (2016年9月23日). http://natalie.mu/eiga/news/202781 2016年9月23日閲覧。 
  37. ^ “豊田利晃×松田龍平でプロ棋士・瀬川晶司の実話を映画化、野田洋次郎も出演”. 映画ナタリー. (2017年8月16日). https://natalie.mu/eiga/news/244888 2018年1月22日閲覧。 
  38. ^ 松田龍平が松嶋菜々子と初共演。「営業部長 吉良奈津子」でクリエイティブディレクター役”. INTERNET TVガイド (2016年6月4日). 2016年6月4日閲覧。
  39. ^ “松たか子、5年ぶり連ドラ主演 満島ひかりと初共演で“弦楽四重奏”挑戦”. ORICON STYLE. (2016年11月30日). http://www.oricon.co.jp/news/2082246/full/ 2016年11月30日閲覧。 
  40. ^ “松田龍平が新聞記者…BSプレミアム「歪んだ波紋」でNHK初主演”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2019年8月24日). https://hochi.news/articles/20190823-OHT1T50237.html 2019年8月24日閲覧。 
  41. ^ “松田龍平、特派員・芥川龍之介を演じる 1920年代の中国を8Kで映像化”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年9月19日). https://www.oricon.co.jp/news/2144727/full/ 2019年9月19日閲覧。 
  42. ^ 松田龍平が、住人たちの人間関係を“冒す”キケンな訪問者に”. チケットぴあ (2013年8月19日). 2013年9月9日閲覧。
  43. ^ ラジオドラマCDブック 『世界の中心で、愛をさけぶ』(2004年7月10日、TOKYO FM出版)。
  44. ^ ロバート・デ・ニーロ&松田龍平「dビデオ」CMで初共演!”. 映画.com (2013年2月19日). 2013年5月28日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年3月10日閲覧。
  45. ^ 松田龍平、ドラキュラの次は白馬の王子様に 「ラブレ」新CM完成”. TOKYO POP LINE (2014年5月1日). 2014年5月11日閲覧。
  46. ^ “若者に人気のZIMAが「Love Simple」をテーマにした新CMを4月19日より開始 俳優 松田龍平さんがミスターシンプルとして出演 高さ2メートル、幅4メートルの巨大フラワーアートが圧巻!” (プレスリリース), モルソン・クアーズ・ジャパン株式会社, (2014年4月21日), https://www.atpress.ne.jp/news/45590 2014年4月25日閲覧。 
  47. ^ やっぱりな! ダイドー新CM、謎の女性ヒーロー隊員の正体はあの有名声優”. ねとらぼ (2017年9月26日). 2018年2月11日閲覧。
  48. ^ ナタリー (2012年8月21日). “PESアルバムに松田龍平Vo参加、ツアー情報&絶賛の声も到着”. 2014年4月19日閲覧。
  49. ^ ナタリー (2013年1月3日). “TWIN TAIL新春WWW公演で豊田利晃撮り下ろし短編上映”. 2014年3月16日閲覧。
  50. ^ ザテレビジョン ドラマアカデミー賞: 【第56回 助演男優賞】松田龍平”. webザテレビジョン. KADOKAWA (2008年4月24日). 2013年10月31日閲覧。
  51. ^ 真木よう子&吉高由里子が最優秀女優賞!−第5回TAMA映画賞”. シネマトゥデイ (2013年10月10日). 2013年10月31日閲覧。
  52. ^ 松田龍平、CM演技賞受賞 デ・ニーロ共演は「役者冥利に尽きる」”. ORICON STYLE. オリコン (2013年10月31日). 2013年10月31日閲覧。
  53. ^ 松田龍平、「キネ旬」史上初の快挙!新人俳優賞からの主演男優賞受賞!”. cinematoday (2014年2月8日). 2014年2月9日閲覧。
  54. ^ 第37回日本アカデミー賞優秀作品発表!”. 日本アカデミー賞公式サイト. 2014年3月7日閲覧。
  55. ^ 中山雄一朗、第68回毎日映画コンクール発表!『舟を編む』が日本映画大賞(2014年1月21日)、シネマトゥデイ、2014年1月21日閲覧。
  56. ^ ムービープラス・アワード 2013!”. 映画専門チャンネルムービープラス公式サイト. 2014年1月26日閲覧。
  57. ^ 第23回東スポ映画大賞が決定!たけしのエンタメ賞特別賞にはタモリ”. 2014年1月28日閲覧。


「松田龍平」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「松田龍平」の関連用語

松田龍平のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



松田龍平のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2019 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの松田龍平 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS