原田大二郎とは?

原田大二郎

以下の映画原田大二郎関連しています。
 
 
シネマ・クロッキオ=近代映画協会
ブエナビスタインターナショナルジャパン
 
 
 
東映クラシックフィルム
東映クラシックフィルム
レオ・エンタープライズ
 
 


原田大二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/25 08:45 UTC 版)

原田 大二郎(はらだ だいじろう、1944年4月5日 - )は、日本俳優明治大学特別招聘教授。妻は英文学者で第5代東洋学園大学学長の原田規梭子[1]。女優で元AKB48岩田華怜は大姪(姉の孫)[2][3]




  1. ^ http://www.u-presscenter.jp/uploads/photos/5202.pdf 東洋学園大学広報室
  2. ^ “AKB48岩田華怜、大叔父の俳優・原田大二郎が劇場公演に来場!”. シネマトゥデイ (シネマトゥデイ). (2014年1月31日). http://www.cinematoday.jp/page/N0060173 2014年3月1日閲覧。 
  3. ^ “AKB48岩田華怜、俳優・原田大二郎は親戚だと明かす”. シネマトゥデイ (シネマトゥデイ). (2013年1月8日). http://www.cinematoday.jp/page/N0049158 2014年3月1日閲覧。 
  4. ^ 『好き勝手 夏木陽介 スタアの時代』 轟夕起夫編著、講談社、2010年 P.291-292 夏木は自分のアドバイスのせいで原田が降板になり、原田の力になれなかったことを今でも申し訳なく思っていると話している。
  5. ^ 日本テレビ『いつみても波瀾万丈』 1996年1月7日放送 原田の「Gメン'75」の降板理由は諸説あり、放送当時は、障害を抱えた長男が生きるか死ぬかの大手術をする事になり、父親として息子の病魔と向き合うか、俳優としての天職に徹するかの板挟みになり、結局は、役者としての仕事を投げうってでも息子の闘病とつきあう道を選んだ、と報じられた。その期間、極度のノイローゼ状態に陥り、プロデューサーに「疲れた顔をしている」と言われた事に激昂し「疲れているのはあんたのせいだ」と降板を願い出て、一晩、電話で語り合った末「そこまで言うなら、殉職の回を用意するから、それまではしばらく遊んでいなさい」と了承され、殉職・降板が決まった、と原田本人が証言していた時期もある。つまりは、原田の降板は、単一の原因ではなく、原田自身の極度の神経衰弱に起因する、と考えるのが妥当である。
  6. ^ 大竹まこと ゴールデンラジオ! 2012年5月8日放送分より
  7. ^ “河合祥一郎「ゴドーを待ちながら」を新訳・演出、原田大二郎&高山春夫ら出演”. ステージナタリー. (2016年9月19日). http://natalie.mu/stage/news/202306 2016年9月20日閲覧。 
  8. ^ 風を見た少年”. メディア芸術データベース. 2016年8月16日閲覧。
  9. ^ ハウルの動く城”. 金曜ロードSHOW!. 2016年6月6日閲覧。


「原田大二郎」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「原田大二郎」の関連用語

原田大二郎のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



原田大二郎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの原田大二郎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS