警察庁広域重要指定事件とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > できごと > 事件・事故 > 事件・事故 > 日本の事件 > 警察庁広域重要指定事件の意味・解説 

警察庁広域重要指定事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/24 08:38 UTC 版)

警察庁広域重要指定事件(けいさつちょうこういきじゅうようしていじけん)とは、日本全国の警察機構(日本の警察)が協力体制を取り、捜査に当たることを指定された事件である。


  1. ^ この同時期には四国連続強盗殺人事件が発生している。
  2. ^ 単独の事件でありながら、指定の対象となった。
  3. ^ a b c d e f g h 被疑者の身柄拘束後に指定。
  4. ^ 他に7件の強盗殺人を起こしていたが、それは指定の対象とならず、それぞれの事件で有罪が確定している。
  5. ^ “マブチ事件、死刑確定へ 「冷酷、残虐」と最高裁”. 産経新聞. (2011年11月22日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111122/trl11112217120009-n1.htm 2011年11月22日閲覧。 


「警察庁広域重要指定事件」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「警察庁広域重要指定事件」の関連用語

警察庁広域重要指定事件のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



警察庁広域重要指定事件のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの警察庁広域重要指定事件 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS