福岡県警察とは?

福岡県警察

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/02 02:56 UTC 版)

福岡県警察(ふくおかけんけいさつ、Fukuoka Prefectural Police)は、福岡県が設置した警察組織であり、福岡県内を管轄区域としている。福岡県警と略称する。警察法上、福岡県公安委員会の管理を受けるが、給与支払者は福岡県知事警察庁九州管区警察局の監督を受けるだけでなく、一部一体運用が図られている。




  1. ^ 【H22.1.1〜】警察署の管轄区域などが変わりました(警務課)警察署の統合及び管轄区域の変更などについて福岡県警察。2012年(平成24年)12月20日閲覧
  2. ^ 「(仮称)春日警察署が平成26年に開設」市報かすが 平成23年4月15日号 2-3頁[リンク切れ]
  3. ^ フジテレビトリビア普及委員会『トリビアの泉〜へぇの本〜 2』講談社、2003年。
  4. ^ 福岡県警察 福岡県警シンボルマスコット「ふっけい君」プロフィール
  5. ^ 令和2年福岡県警察運営指針等について
  6. ^ 福岡県警:巡査が勾留中の組員に便宜 毎日新聞(2015年6月13日)
  7. ^ 氷の口移し強要や同僚女性を羽交い締め…警官7人を処分”. 朝日新聞 2017年3月2日 13時35分. 2020年7月22日閲覧。
  8. ^ 既婚の巡査部長、不倫相手と披露宴 親族にばれ式場紛糾”. 朝日新聞 2017年2月14日 11時53分. 2020年7月22日閲覧。
  9. ^ 5カ月前に式場予約、親にも紹介 披露宴紛糾の既婚警官”. 朝日新聞 2017年2月14日 21時36分. 2020年7月22日閲覧。
  10. ^ 酒気帯びで事故、逃げた疑い 巡査部長を懲戒免職 福岡”. 朝日新聞 2017年1月19日 21時08分. 2020年7月22日閲覧。
  11. ^ 不祥事相次ぐ福岡県警 今度は大麻所持容疑で警部補逮捕 NHkニュース 2017年7月30日
  12. ^ “殺人起訴の警官免職=母子3人死亡-福岡県警”. 時事通信社. (2017年7月13日). http://www.jiji.com/jc/article?k=2017071301020&g=soc 2017年7月14日閲覧。 
  13. ^ 福岡の母子3人死亡、夫の警察官を妻殺害容疑で逮捕 - 朝日新聞、2017年6月8日
  14. ^ 3分半頭下げ続けた福岡県警幹部 現職警官逮捕受け会見 - 朝日新聞、2017年6月9日
  15. ^ “元警察官を再逮捕へ=子供2人も殺害容疑-母子遺体事件・福岡県警”. 時事通信社. (2017年9月15日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2017091500996&g=soc 2017年9月15日閲覧。 
  16. ^ “元警官を子供2人殺害できょうにも再逮捕”. 産経ニュース. (2018年2月21日). http://www.sankei.com/west/news/180221/wst1802210008-n1.html 2018年2月21日閲覧。 
  17. ^ 妻子3人殺害事件、元警官・X被告に死刑判決 裁判員裁判で福岡地裁初”. サンスポ (2019年12月14日). 2020年5月15日閲覧。
  18. ^ 福岡県警、サイバー攻撃被害 一部業務に支障 | 共同通信”. 共同通信. 共同通信社 (2019年2月7日). 2019年2月7日閲覧。
  19. ^ 警察官、女子トイレで「不祥事」相次ぐ。「入ってみたかった」”. MAG2NEWS 2019.09.30. 2020年7月27日閲覧。
  20. ^ 捜査費など盗んだ容疑で公安所属の巡査長を書類送検 福岡県警”. 毎日新聞 2019年9月20日 17時51分. 2020年7月20日閲覧。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「福岡県警察」の関連用語

福岡県警察のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



福岡県警察のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの福岡県警察 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS