新潟県警察とは?

新潟県警察

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/12 13:44 UTC 版)

新潟県警察(にいがたけんけいさつ、英称:Niigata Prefectural Police)は、新潟県が設置した警察組織である。新潟県公安委員会の管理を受け、給与支払者は新潟県知事である。新潟県警と略称する。


  1. ^ “新潟県警218人が入院・自宅待機職員の4・5% 南魚沼署は全92人”. 新潟日報モア. (2020年11月17日). https://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20201117581760.html 2021年4月6日閲覧。 
  2. ^ a b c 市報さと 平成31年4月号
  3. ^ a b c 新潟県警察|マスコットキャラクター|ひかるくん・ひかりちゃん”. www.police.macanow.com. 2018年6月8日閲覧。
  4. ^ 『読売新聞』1999年9月15日付朝刊39面。
  5. ^ 自殺の新潟県警署長、不祥事で調査受ける”. 日本経済新聞 2012/8/21付. 2020年7月29日閲覧。
  6. ^ 自殺した署長の元部下ら処分 警察手帳紛失を隠蔽”. 日本経済新聞 2012/8/21付. 2020年7月29日閲覧。
  7. ^ 『新潟日報』2016年12月7日付朝刊
  8. ^ 巡査部長 同僚にわいせつで懲戒免職 新潟県警、事実公表せず”. 新潟日報 2020/01/21 11:15. 2020年7月21日閲覧。
  9. ^ 新潟県警同僚にわいせつの男性警官懲戒免職公表せず”. 日刊スポーツ 2020年1月22日16時34分. 2020年7月21日閲覧。
  10. ^ “女性巡査が公用車で速度違反”. 新潟日報モア. (2018年9月3日). http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20180903416581.html 2018年9月7日閲覧。 
  11. ^ “県警巡査部長が証拠資料廃棄 証拠隠滅容疑で書類送検”. 新潟日報モア. (2019年1月18日). http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20190118445381.html 2019年1月19日閲覧。 
  12. ^ “柏崎署の男性署員、署内で窃盗か留置人から預かっていた現金紛失”. 新潟日報モア. (2019年2月2日). http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20190202448525.html 2019年2月22日閲覧。 
  13. ^ “保険金詐取疑いで巡査長を書類送検 県警 懲戒免職処分”. 新潟日報モア. (2019年2月22日). http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20190222452847.html 2019年2月22日閲覧。 
  14. ^ https://www.kanaloco.jp/article/entry-202237.html”. 神奈川新聞 2019年10月15日 19:52. 2020年7月21日閲覧。
  15. ^ “元巡査部長、非番時に男性はね12日後死亡 在宅起訴、新潟県警公表せず”. 毎日新聞. (2020年5月20日). https://mainichi.jp/articles/20200520/k00/00m/040/115000c 2020年10月19日閲覧。 
  16. ^ a b 証拠品破棄など警察官2人処分”. NHK NEWS WEB 新潟 NEWS WEB 2020年07月31日 18時14分. 2020年8月5日閲覧。
  17. ^ a b 警察官2人を懲戒処分 新潟県警”. 新潟テレビ21 2020/8/1(土) 12:19配信. 2020年8月5日閲覧。
  18. ^ “のぞき疑い34歳巡査部長逮捕”. 新潟日報モア. (2020年8月20日). https://www.niigata-nippo.co.jp/world/national/20200819562541.html 2020年8月20日閲覧。 
  19. ^ 『新潟日報』2020年10月15日付朝刊27面。
  20. ^ “元警察官ら2人を詐欺の罪で起訴”. NHK新潟 NEWS WEB. (2020年8月19日). https://www3.nhk.or.jp/lnews/niigata/20200819/1030013324.html 2020年8月20日閲覧。 
  21. ^ のぞき見警察官追送検 別の2軒、侵入疑い 懲戒免職 /新潟”. 毎日新聞 2020年9月11日. 2020年9月12日閲覧。
  22. ^ 『新潟日報』2020年10月15日付朝刊27面。
  23. ^ 『新潟日報』2020年12月26日付朝刊 社会29面。
  24. ^ “女性の裸盗撮しようとスマホ設置か 元警部補を略式起訴”. BSN NEWS. (2021年1月26日). https://www.ohbsn.com/news/detail/kennai20210126_14687828.php 2021年1月26日閲覧。 
  25. ^ “警官、風俗店の女性の裸を無断撮影80分…県警が私有スマホ調べて発覚”. 読売新聞オンライン. (2021年5月12日). https://www.yomiuri.co.jp/national/20210512-OYT1T50084/ 2021年5月12日閲覧。 
  26. ^ 『新潟日報』2021年4月21日付朝刊29面。
  27. ^ “佐渡署警察官を現行犯逮捕 酒気帯び・過失運転致傷 「間違いない」容疑認める【新潟県】”. NST県内ニュース. (2021年4月25日). https://www.nsttv.com/news/news.php?day=20210425-00000002-NST-1.xml 2021年4月25日閲覧。 
  28. ^ “【速報】佐渡警察署の巡査部長 酒気帯び運転と過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕”. BSN NEWS. (2021年4月25日). https://www.ohbsn.com/news/detail/kennai20210425_15164287.php 2021年4月25日閲覧。 
  29. ^ 『新潟日報』2021年4月28日付朝刊 社会29面。
  30. ^ “女性の裸を盗撮か 長岡警察署巡査を逮捕”. NHK新潟放送局NEWS WEB. (2021年5月11日). https://www3.nhk.or.jp/lnews/niigata/20210511/1030016786.html 2021年5月11日閲覧。 
  31. ^ “デリヘル嬢を無断撮影 新潟県警の警察官を盗撮疑いで逮捕”. 産経新聞社. (2021年5月11日). https://news.yahoo.co.jp/articles/e38a59f2fbf3c124fc8a2e93d658d363c19b65a8 2021年5月11日閲覧。 
  32. ^ “別女性にSNSで連絡取ろうと… 盗撮容疑で逮捕の巡査 “巡回連絡”の情報を私的利用【新潟】”. NSTニュース. (2021年5月12日). https://www.nsttv.com/news/news.php?day=20210512-00000002-NST-1.xml 2021年5月12日閲覧。 
  33. ^ “盗撮容疑で逮捕の警察官 業務で知り得た情報を私的利用”. TeNYニュース. (2021年5月12日). https://www.teny.co.jp/nnn/news114akuseyvz8fmqn6gt.html 2021年5月12日閲覧。 
  34. ^ “盗撮で逮捕・送検された長岡警察署巡査 別の事案で略式起訴され、簡易裁判所が罰金40万円の略式命令”. TeNYニュース. (2021年6月1日). https://www.teny.co.jp/nnn/news114hz2ieeaf7xplz1g5.html 2021年6月1日閲覧。 
  35. ^ “盗撮で逮捕・送検された長岡警察署巡査 別の事案で略式起訴され、簡易裁判所が罰金40万円の略式命令”. TeNYニュース. (2021年6月1日). https://www.teny.co.jp/nnn/news114hz2ieeaf7xplz1g5.html 2021年6月1日閲覧。 


「新潟県警察」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「新潟県警察」の関連用語

新潟県警察のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



新潟県警察のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの新潟県警察 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS