福井県警察とは?

福井県警察

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/07 22:03 UTC 版)

福井県警察(ふくいけんけいさつ、英称:Fukui Prefectural Police)は、警察法第36条により福井県に置かれた警察組織。警察法第38条により福井県公安委員会の管理を受ける。給与支払者は福井県知事




  1. ^ 福井県警察 1990, p. 795.
  2. ^ 福井県警察 1990, p. 826.
  3. ^ 福井県警察 1990, p. 827.
  4. ^ 福井県警察 1990, p. 828.
  5. ^ 福井県警察 1990, p. 848.
  6. ^ 越前市広報 平成20年4月15日号 (PDF)”. 越前市秘書広報課 (2008年4月15日). 2020年10月17日閲覧。
  7. ^ 広報永平寺 平成25年3月号 (PDF)”. 永平寺町企画財政課 (2013年3月1日). 2020年10月17日閲覧。
  8. ^ 福井県警察航空隊
  9. ^ 『ヘリワールド2018』イカロス出版、2017年12月10日、115頁。
  10. ^ 福井県警察の警察用船舶の管理及び運用に関する訓令 (PDF)
  11. ^ 警察署の名称、位置および管轄区域に関する条例
  12. ^ 警察署再編プラン(案)に対するパブリックコメントの募集―福井県警察本部警務部企画課
  13. ^ 第2次警察署再編プラン(案)に対するパブリックコメントの募集―福井県警察本部警務部企画課
  14. ^ 福井県警:警官、被害者住所を組員に漏らす 放置し時効 毎日新聞 2013年8月23日
  15. ^ 警部ら2人、現金100万円脅し取る…逮捕 読売新聞 2013年11月15日
  16. ^ 会社役員恐喝の元警部に猶予判決 福井地裁”. 日本経済新聞 2014/2/26付. 2020年9月12日閲覧。
  17. ^ 不適切行為:「便宜を供与」警官メモ 大阪府警など、被告要求に従う 毎日新聞 2015年5月20日
  18. ^ 福井県警警視を停職処分 知人女性にセクハラ行為”. 産経新聞 2017.9.29 18:43. 2020年7月29日閲覧。
  19. ^ 警官署内侵入、女性履物におい嗅ぐ 「好意持っていた」、県警書類送検”. 福井新聞 2018年5月19日 午前7時20分. 2020年7月29日閲覧。
  20. ^ 福井県警、家宅捜索令状など紛失 取り逃がした容疑者持ち去りか 毎日新聞 2018年12月7日
  21. ^ 福井県警巡査長が親睦会費を横領170万円、停職の懲戒処分”. 福井新聞 2019年1月25日 午後2時40分. 2020年7月29日閲覧。
  22. ^ 福井署課長、恐喝疑い父を制止せず 本部長訓戒、依願退職”. 福井新聞 2019年12月3日 午前7時10分. 2020年7月29日閲覧。
  23. ^ a b 同僚を強く叱責、警察官に訓戒処分 福井県警、無届けで県外に出た警官も”. 福井新聞 2020年10月28日 午前7時00分. 2021年1月13日閲覧。
  24. ^ 福井県警本部長が交通違反で青切符 通行できない道路を私用車で走行”. 毎日新聞2020年7月6日 21時04分(最終更新 7月6日 23時28分). 2020年7月7日閲覧。
  25. ^ ダイエット指導していた同僚を暴行、恐喝 容疑の福井県警20代巡査を書類送検”. 毎日新聞 2020年7月31日 22時55分. 2020年8月5日閲覧。
  26. ^ 福井新聞 2007年8月8日付紙面
  27. ^ 福井県公安委員会 開催概要 - 2008年5月23日
  28. ^ スパモク!! 潜入!日本警察の秘密初公開!100連発 - TBS番組紹介


「福井県警察」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「福井県警察」の関連用語

福井県警察のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



福井県警察のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの福井県警察 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS