公安警察とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 活動 > 公安警察の意味・解説 

こうあん‐けいさつ【公安警察】


こうあん‐けいさつ【公安警察】

〔名〕 国家社会安寧対す危害防止目的とする治安警察のこと。私安警察対するもの。警備公安警察警備警察。〔現代文百科事典(1937)〕


【公安警察】(こうあんけいさつ)

日本において公共の安全を維持することを目的とした警察のこと。
政治的に動くこともあるので、「政治警察」とも呼称される。
警察庁警備局公安課筆頭警視庁公安部及び各道府県警察警備部公安課外事課、そして所轄署公安課外事課該当する。

国内及び国外テロリスト左翼団体右翼団体カルト教団同盟国以外の諜報機関捜査対象としている。


公安警察

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/20 04:37 UTC 版)

公安警察(こうあんけいさつ)とは、日本の警察において警察庁警備局を頂点とした公共の安全と秩序の維持を目的とする部門の総称である[1]


  1. ^ a b 大島真生 2011, p. 3-4.
  2. ^ 大島真生 2011, p. 3.
  3. ^ 驚愕の深層レポート 新たなる公安組織< Ⅰ・S >の全貌 前編 現代ビジネス 2010年08月06日
  4. ^ 大島真生, p. 19.
  5. ^ 大島真生 2011, pp. 23–50.
  6. ^ 週刊ダイヤモンド 2016 年 7/30 号 [雑誌] (日本の警察) p.55
  7. ^ 青木(2000):118ページ
  8. ^ 麻生(2001):148~149ページ
  9. ^ 麻生(2001):150ページ
  10. ^ 別冊宝島(2009):221ページ
  11. ^ 別冊宝島(2009):222ページ
  12. ^ 青木(2000):118-119ページ
  13. ^ 青木(2000):123ページ
  14. ^ 警察 「前科」がある自衛隊部隊のクーデターを現在も警戒中 NEWSポストセブン 2015年03月25日
  15. ^ 別冊宝島編集部 編 『新装版 公安アンダーワールド』 宝島社 p.120~121
  16. ^ 『警察組織のすべて』宝島社〈別冊宝島〉、2014年5月13日、97頁。ISBN 978-4-8002-2330-2
  17. ^ 大島真生, pp. 18–20.
  18. ^ 荻野富士夫 『特高警察』(岩波新書)P.221
  19. ^ 荻野、P.222
  20. ^ 荻野、P.225
  21. ^ 1万500人の特高警察関係者の中で、内務大臣警保局長、保安・外事・検閲各課長および各府県の警察部長級51人、特高課長・外事課長55人、警部168人、警部補1000人、巡査部長1587人、巡査2127人の合計4990人が休職となり、その後「依願退職」の形で罷免となった。ただし、G項該当追放者はわずかに319人、一斉罷免者の数はさらに少ない86人でしかなかった。1951年9月には、罷免された特高警察関係者の追放解除と、公安警察部門への復帰が本格始動することになる。
  22. ^ 荻野、P.230
  23. ^ 荻野、P.230
  24. ^ 北の工作員が日本人拉致を続々実行する契機となった「ある事件」 私が出会った北朝鮮工作員たち 第8回 公安捜査官が明かす「対北スパイ工作」の手法現代ビジネス 2017年11月26日
  25. ^ オウム事件で喫した痛恨のミス…いま明かす公安「尾行のイロハ」ある公安警察官の遺言 第7回 公安捜査官が明かした「尾行のイロハ」 現代ビジネス 2017年09月03日
  26. ^ a b 警視庁公安部「極秘資料大量流出」裏でほくそ笑むのは誰だ テロ緊急展開班メンバーの写真入り名簿も、外事三課長の(秘)文書も白日の下に 現代ビジネス 2010年11月11日
  27. ^ 大島真生 2011, p. 26.
  28. ^ 大島真生 2011, p. 31.
  29. ^ コンスタンチン プレオブラジェンスキー 『日本を愛したスパイ―KGB特派員の東京奮戦記』(時事通信社) [要ページ番号]
  30. ^ 豪甦『NOC―小説 CIA見えざる情報官』(中央公論新社) [要ページ番号]
  31. ^ 秘密保護法 解説 第19回 講演「特定秘密保護法と公安警察・公安検察」 特定秘密保護法対策本部委員 酒田 芳人(64 期)
  32. ^ 『若松孝二 実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』、「実録・連合赤軍」編集委員会+掛川正幸編、朝日新聞社、2008年
  33. ^ “[スクランブル]“奥の手”法令を駆使--オウム真理教信者の逮捕、次々”. 毎日新聞 東京夕刊 (毎日新聞社): p. 1. (1995年4月22日) 
  34. ^ 角田猛之「宗教と法をめぐる法文化比較 -天皇制とオウム真理教を手がかりに」『法哲学年報』、日本法哲学会、2002年、 59-70頁、 doi:10.11205/jalp1953.2002.59NAID 400059979962013年7月1日閲覧。
  35. ^ 田中祥貴 (2007). “「表現の自由」区分論と民主的過程” (pdf). 長野大学紀要 (長野大学) 29 (1): 19-31. NAID 110007028054. http://id.nii.ac.jp/1025/00000091/ 2013年7月1日閲覧。. 
  36. ^ a b 内田雅敏 『これが犯罪?「ビラ配りで逮捕」を考える』 岩波書店〈岩波ブックレット〉、2005年7月5日、26-29頁。ISBN 978-4000093552 
  37. ^ 佐藤隆 (2009年9月25日). “微罪逮捕国賠訴訟、高裁でも勝利判決”. レイバーネット日本. 2013年7月1日閲覧。
  38. ^ 11・6麻生邸リアリティツアーの不当逮捕に抗議する集会”. レイバーネット日本 (2008年10月30日). 2013年7月1日閲覧。
  39. ^ 大島真生 2011, p. 217.
  40. ^ a b c 大島真生, p. 21-22.


「公安警察」の続きの解説一覧



公安警察と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「公安警察」の関連用語

公安警察のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



公安警察のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの公安警察 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS