騒ぎとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > 騒ぎの意味・解説 

さわぎ【騒ぎ】

上代は「さわき」》

騒ぐこと。また、騒がしいこと。やかましさ。「教室の騒ぎが静まる」

人々が騒ぐような出来事ごたごた騒動。「騒ぎを起こす」「騒ぎになる」

(「…どころのさわぎ」の形で、あとに打消しの語を伴って用いる)そのような程度事柄。「見物どころの騒ぎではない」

変なこと。めんどうなこと。「こんなこと上司知れたら騒ぎだ」

酒席などで、にぎやかにたわむれること。遊興

何時なりとも—の節、きっと参上申すべく候」〈浄・冥途の飛脚

騒ぎ歌」の略。


さわぎ【騒】

〔名〕 (動詞「さわぐ(騒)」の連用形名詞化上代は「さわき」)

① 声や物音などがやかましいこと。さわがしいこと。

万葉(8C後)二・一九九「風の共(むた) 靡(なび)かふごとく 取り持てる 弓弭(ゆはず)の驟(さわき)」

忙しさ心配事などで心が落ち着かないこと。また、そうしたときの混雑取りこみ。

万葉(8C後)二〇・四三五四たちこもの発(た)ちの佐和伎(サワキ)にあひ見てし妹が心は忘れせぬかも」

源氏100114頃)夕顔たぐひなくゆゆしきありさまなれば、よにながくおはしますまじきにやと、天の下の人のさはぎなり」

戦乱疫病などによる社会不安

書紀720神武即位己未年三月(北野室町時代訓)「辺(ほとり)の土(くに)未だ清(しつま)らず、余(のこり)の妖(わさはひ)尚梗(あ)れたりと雖ども、中州之地(うちつくに)復(ま)た風塵(サワキ)無し

もめごとあらそいごともんちゃく

歌舞伎梅柳若葉加賀染(1819)大詰「『不忠成敗帯刀(たてわき)、放せ』ト帯刀退け抜刀にて大領花道へ追ひかける。帯刀思ひ入れ、また騒(サワ)ぎになる」

(5) 遊郭などを、にぎやかにひやかして歩くこと。「ぞめき」ともいう。

浮世草子新吉原常々草(1689)上「上がた言葉嶋原にてはさはぎ新町にてぞめきなどいふに同じ」

(6) 酒席などでにぎやかに遊ぶこと。歌舞音曲はやしたてること。また、その歌舞音曲

浮世草子日本永代蔵(1688)二「噪(サハ)ぎは両色里の太皷に本透(ほんすい)になされ、人間のする程の事其道名人尋ね覚え

(7)さわぎうた騒唄)」の略。

歌舞伎傾情吾嬬鑑(1788)序幕この時深川の騒(サハ)ぎを弾く」

(8) 歌舞伎囃子一つ揚屋茶屋などでの遊興表わす鳴物で、大・小鼓、太鼓三味線、唄をも添える。吉原での江戸騒ぎ、上方での踊り地宿場での在郷騒ぎ(宿場騒ぎ・田舎騒ぎ)などの別がある。

歌舞伎富岡恋山開(1798)三幕「騒(サワ)ぎにて幕明く」

(9) (下に打消の語を伴って用いる) その程度。そんな程度事柄

坊っちゃん(1906)〈夏目漱石〉七「平常(ふだん)から〈略〉如何にも憐れ見えたが、今夜憐れ所の騒ぎではない」

(10)変なこと。簡単にはできないこと。

真景累ケ淵(1869頃)〈三遊亭円朝五二「なに持って行くのは騒ぎだよ」


騒ぎ

読み方:さわぎ

ガ行五段活用動詞「騒ぐ」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「騒ぎ」の関連用語

騒ぎのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



騒ぎのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS