教室とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 家屋 > 部屋 > 教室の意味・解説 

きょう‐しつ〔ケウ‐〕【教室】

読み方:きょうしつ

学校で授業を行う部屋

大学で、専攻科目ごとの研究室また、教科別に教員所属する部屋

学習指導技芸教授をする所。また、その組織催し。「進学—」「手芸—」


教室

作者星田

収載図書鳥籠
出版社文芸社
刊行年月2005.7


教室―ヒトガタノシミ

作者Kagen

収載図書呪われた学校
出版社双葉社
刊行年月2008.8


教室

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 01:44 UTC 版)

教室(きょうしつ)は、教育を行う部屋である。多くは学校の中の授業用の部屋である。教場(きょうじょう)ともいう[1]


  1. ^ 教場(コトバンク、2013年12月8日閲覧)
  2. ^ 義務教育諸学校等の施設費の国庫負担等に関する法律施行令第3条第1項
  3. ^ 義務教育諸学校等の施設費の国庫負担等に関する法律施行令第3条第1項
  4. ^ 義務教育諸学校等の施設費の国庫負担等に関する法律施行令第3条第1項
  5. ^ 義務教育諸学校等の施設費の国庫負担等に関する法律施行令第3条第1項
  6. ^ a b c d 学校天井高規制を撤廃”. 特区の記事・ラジオ対談. 草加市 (2008年2月6日). 2009年1月8日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i 鈴木賢一「欧米の学校建築にみる多様性 : 日本の学校建築の相対化」『芸術工学への誘い』第19巻、2015年3月、 17-27頁、 ISSN 2185-0429NAID 1200065928762022年2月1日閲覧。
  8. ^ 関根彰子『イギリスパブリックスクール留学』2008年、17頁
  9. ^ a b 二宮皓『世界の学校 : 教育制度から日常の学校風景まで』学事出版、2006年、104頁。全国書誌番号:21141616ISBN 4761911700NCID BA76230872


「教室」の続きの解説一覧

教室(きょうしつ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/21 08:14 UTC 版)

デイズシリーズ」の記事における「教室(きょうしつ)」の解説

普通教室前方へ下り傾斜付いた階段状作りとなっており、生徒たち教員たちによる使用頻度が高い。しかし、理科室コンピュータ室などの特別教室使用頻度が低いため、生徒たち一部による密会多くの場合セックスを伴う)・休憩室上映会用いられる

※この「教室(きょうしつ)」の解説は、「デイズシリーズ」の解説の一部です。
「教室(きょうしつ)」を含む「デイズシリーズ」の記事については、「デイズシリーズ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「教室」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

教室

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 09:24 UTC 版)

名詞

きょうしつ

  1. 学校において授業を行う部屋
  2. 学校外で特定のことを教授する施設
  3. 比喩的書籍雑誌教授目的とした特定事項

発音(?)

きょ↗-しつ

類義語

翻訳


「教室」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



教室と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「教室」に関係したコラム

  • 株式取引に関する証券会社のセミナーの一覧

    証券会社では、株式に関するさまざまなセミナーを開催しています。セミナーの内容は、株式取引をこれから始める人を対象にした入門セミナーや、チャートの見方、取引方法など、主に初心者向けのセミナーが多いようで...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

教室のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



教室のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの教室 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのデイズシリーズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの教室 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS