下りとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 下り > 下りの意味・解説 

くんだり

別表記:下り

地名に付く言葉で、上から下へと移動する際などに用いる。「田舎くんだりまで出向く」など、中心となる都市から離れ土地ということ強調する際に使用する。特定の地域使用される言葉というわけではなく、都市部地方問わず使用される。

くんだり【下り】

接尾《「くだ(下)り」の撥音添加地名などに付いて、中心地からみて遠く隔たった意を表す。「こんな田舎下りまで来てしまった」


くだり【下り/降り】

上から下へ、高いところから低いところへ移動すること。また、その道や流れ。「急な―が続く」「川―」⇔上(のぼ)り。

鉄道路線道路で、各線区ごとの起点から終点への方向また、その方向に走る列車バス。⇔上(のぼ)り。

都から地方へ行くこと。「東(あずま)―」「海道―」⇔上(のぼ)り。

土地の名に付けて接尾語的に用いて遠く隔った場所の意を表す。くんだり

「わざわざ鎌倉―まで出掛けて」〈漱石彼岸過迄

時間が移ってある刻限終わり近くになること。また、その時

「申(さる)の―になり候ひにたり」〈宇治拾遺一一

《北に内裏があったところから》京都内で北から南に行くこと。⇔上(のぼ)り。

大宮を―に二条を東へざざめいて引きければ」〈平治・中〉

電気通信網における、中心から末端に向かう方向無線有線通信基地局から端末インターネット上でプロバイダーから利用者パソコン通信衛星から通信機など、各通信網の末端方向を下りと見なす。下り方向回線または通信経路ダウンリンクという。⇔上り

[下接語] 東(あずま)下り・天(あま)下り・御(お)下り・オランダ下り海道下り川下り京下り上り下り腹下り


下り


下り


下り

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

下り

読み方:さがり

  1. 掏摸通行人ニ側ニアリテ、被害者ノ袖ヲ探グリ、又ハ腰間ニ携ゲタル金品窃取スルノ意。〔第三類 犯罪行為
  2. 掏摸を云ふ。
  3. 大阪地方におけるぼた(後述)の呼名。〔掏摸

分類 掏摸大阪地方


下り

読み方:さがり

  1. 土蔵、又ハ普通住家ノ家根ヲ破リ、或ハ引窓口ナドヨリ綱ヲ伝ヒテ内部ニ降リ込ミ窃盗ヲ犯スモノヲ云フ-(檐先ヨリ二十四枚目ノ瓦ヲ剥リ取リテ屋根裏破壊スルヲ慣習トナスト云)。〔第三類 犯罪行為
  2. さがりといふのは天窓などから紐を伝つ降りるもののことで「クモ」「ツキサガリ」とも云ふ。
  3. 土蔵家屋屋根を破る又は明取窓より忍入る窃盗犯を云ふ。往時軒先より二十四枚目の瓦を剥ぎ忍入る習ひなりと。「てんつり天吊り)」、「かみなりおとし雷落し)」、「てんぐ(天狗)」「さがりをかう(下り買)」、「さがりぐも下蜘蛛)」、「さがりぐち下り口)」等皆同意
  4. 盗犯侵入手口天窓から綱伝いに降るもの。「くも」「綱伝い」と同じもの。〔盗〕

分類 強窃盗、盗/犯罪


下り

読み方:さがり

  1. ⑴〔演〕桟敷無料見物すること。⑵目上の人から一度使つた物を貰うこと。又転じて目上の人の妾などを貰うこと。

分類 演劇

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

下り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/10 09:38 UTC 版)

下り(くだり)




「下り」の続きの解説一覧



下りと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「下り」の関連用語

下りのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



下りのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの下り (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS