下るとは? わかりやすく解説

お・る【下る/降る】

読み方:おる

[動ラ上二]「おりる」の文語形


くだ・る【下る/降る】

読み方:くだる

[動ラ五(四)

上から下へ、高いところから低いところへ移る。⇔のぼる。

下方へ向かって移動する。おりる。「坂を―・る」

川下の方へ進む。「船で川を―・る」

中央から地方へ行く。「東海道を―・る」⇔のぼる。

㋑《内裏が都の北にあったところから京都の中で南に行く。

(「野(や)にくだる」の形で官職をやめる。公の職務離れて民間人になる。また、野党立場になる

(「獄(ごく)にくだる」の形で牢獄入って刑に服する

魚玄機が人を殺して獄に―・った」〈鴎外魚玄機

高い地位人から下げ渡される下賜される。「恩賜金が―・る」

判断命令などが言い渡される。「判決が―・る」「辞令が―・る」

時、時代が移る。後世になる。「―・って明治御世(みよ)になる」

(ふつう「降る」と書く)負けて降伏する。「敵の軍門に―・る」

多く打消しの語を伴って用いる)ある基準数値数量よりも下になる下回る。「犠牲者一千人を―・らないだろう

程度価値などが劣る。「数段―・る」「品が―・る」

是れより―・っては、背皺(せしわ)よると枕詞の付く『スコッチ』の背広」〈二葉亭・浮雲

10

などの作用によって体外へ出る。「が―・る」

㋑(「瀉る」とも書く)下痢をする。「腹が―・る」

11 涙が流れ出る。「声涙ともに―・る」

(さる)を聞(きき)て実(じつ)に―・る三声のなみだ」〈曠野

12 などが降る。

昨日(きのふ)の夕べより―・り」〈かげろふ・下〉

13所が低い状態である。

ひんがしの廂(ひさし)の―・りたるかたに」〈源・椎本

14 へりくだる謙遜する

大人(うし)の―・り給ふこと甚し」〈読・雨月吉備津の釜

→下(お)りる[用法]

[可能] くだれる

[下接句] 軍門に降(くだ)る・陣門に降る声涙倶(とも)に下る・腹が下る・野(や)に下る


下る

出典:『Wiktionary』 (2020/07/11 02:20 UTC 版)

和語の漢字表記

  1. くだる 参照

和語の漢字表記

  1. おる 参照

「下る」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「下る」の関連用語

下るのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



下るのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの下る (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS