ロンドンへとは? わかりやすく解説

ロンドンへ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 05:10 UTC 版)

ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル」の記事における「ロンドンへ」の解説

1710年25歳ヘンデルステッファーニ後任としてハノーファー選帝侯宮廷楽長となったが、ハノーファーには落ち着かずハレ年老いた母を訪れた後、デュッセルドルフ滞在しその年の暮には初めロンドン訪れた。ここで書かれオペラリナルド』は1711年2月14日初演され15の上演を数え大成功となった6月オペラシーズン終わるとデュッセルドルフを再び訪れた後にハノーファー戻った。 翌1712年11月には再びロンドン訪れハノーファー帰る約束があったにもかかわらずそのままイギリス住み着き、『忠実な羊飼い』(1712年)や『テセオ』(1713年)などのオペラ書いた1714年アン女王死去に伴いハノーファー選帝侯イギリス王ジョージ1世として迎えられることになるが、ヘンデル2年以上もハノーファー留守にしていたことを咎められることなく新国王とは良好な関係を保った1716年ジョージ1世ハノーファー戻りヘンデル久しぶりにハノーファー訪れている。ロンドン戻った後の1717年には、テムズ川での王の船遊びのために『水上の音楽』が演奏された。ロンドンオペラはいった下火になるが、ヘンデルは、後にシャンドス公爵となるジェイムズ・ブリッジズの住み込み作曲家として『シャンドス・アンセム』や仮面劇作曲した1720年には貴族たちによってオペラ運営会社王室音楽アカデミー」が設立されヘンデルはその芸術部門中心人物となったヘンデルアカデミーのために歌手契約を結ぶために1719年ドイツ訪れたバッハヘンデル会おうとしたと伝えるのはこの時のことだが、結局会うことはなかった。またアカデミーのための音楽大部分はヘンデル作曲し、『ラダミスト』『ジューリオ・チェーザレ』『タメルラーノ』『ロデリンダをはじめとするオペラ上演された。アカデミーにおけるヘンデルライバルボノンチーニであった1723年王室礼拝堂作曲家任じられていたヘンデルジョージ1世死の直前1727年2月20日イギリス国籍取得しジョージ2世戴冠式のために大規模な戴冠式アンセム』を上演した。 しかしアカデミー経営ずさんであり、カストラートセネジーノソプラノフランチェスカ・クッツォーニメゾ・ソプラノファウスティーナ・ボルドーニという3人スター歌手に対す高額の報酬、およびクッツォーニとファウスティーナ争いもあってロンドンイタリア・オペラは再び衰退していった。さらに1728年上演された『乞食オペラ』は、すでに没落していたアカデミー最後のとどめをさし、1728年6月1日アカデミー倒産するジョン・ジェームズ・ハイデッガーとともにヘンデルアカデミー建て直しイタリア訪れて歌手契約結んでドイツ経由ロンドン戻った再建されアカデミーヘンデルオペラインドポーロ』(1731)などで成功収めたが、1733年にはライバル貴族オペラ設立される貴族オペラ作曲家ニコラ・ポルポラであった。さらにハイデッガー1734年にはヘンデル決別しそれまでアカデミーオペラ上演していたヘイマーケット国王劇場貴族オペラ引き渡してしまう。ヘンデルコヴェント・ガーデン劇場に移るが、貴族オペラ側はアカデミーから歌手を引き抜いた上、有名なカストラートファリネッリ迎えアカデミー側は苦戦しいられたアカデミー貴族オペラはともに1737年倒産するヘンデル同年4月卒中襲われ半身不随となり、温泉治療のためアーヘンで夏を過ごした奇跡的に回復した後は、再びハイデッガー組んでオペラファラモンド』や『セルセ』(クセルクセス)などの公演続けるが、もはやロンドンオペラ成功することはなかった。

※この「ロンドンへ」の解説は、「ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル」の解説の一部です。
「ロンドンへ」を含む「ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル」の記事については、「ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル」の概要を参照ください。


ロンドンへ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/10 02:29 UTC 版)

ミッドランド鉄道」の記事における「ロンドンへ」の解説

1850年時点ではミッドランド鉄道はまだ地方的な鉄道であったエリスは、競合者からの攻撃回避するためには、ミッドランド鉄道はさらに拡大しなければならない気づいていた。まず最初の段階として、1853年にジェームズ・オールポートを総支配人任命し次にラグビーからユーストン駅までロンドン・アンド・ノース・ウェスタン鉄道依存していることから独立しようとした。 ヒッチン(英語版)からキングス・クロス駅まで、グレート・ノーザン鉄道共同で列車走らせる法案1847年議会通過していたが、この計画進んでいなかった。この法案は、ロンドン・アンド・ノース・ウェスタン鉄道通じ支線遅く信頼性欠けるという問題抱えていたベッドフォード住民支援と、ノーザンプトンシャー鉄鉱山資源という情報背景1853年に再提起された。 新線はウィグストン(英語版)からマーケット・ハーバラ(英語版)まで、デスバラ(英語版)、ケッターリング(英語版)、ウェリングバラ(英語版)、ベッドフォード英語版)を経由してヒッチンでグレート・ノーザン鉄道に合流しキングス・クロス駅まで走ったこれによりラグビー経由する路線への圧力いくらか緩和することができたが、グレート・ノーザン鉄道ミッドランド鉄道旅客列車がこの経路でロンドンへ運行することは許可しようとしなかった。グレート・ノーザン鉄道は、ミッドランド鉄道からの乗客はヒッチンで下車してわずかな時間間に乗車券購入してロンドンまでの残り区間グレート・ノーザン鉄道列車に乗るべきだと主張したのである。しかしオールポート最終的に年間2ポンド保証することでミッドランド鉄道列車キングス・クロス駅まで運行するグレート・ノーザン鉄道との7年間の契約を何とか結ぶことができた。 1860年までにはミッドランド鉄道よりよい態となり、新し事業により積極的に取り組むことができるようになった石炭および、そしてバートン・アポン・トレント(英語版)から出荷されるビール輸送3倍に増加しグレート・ノーザン鉄道と同様旅客数増加していた。グレート・ノーザン鉄道路線上ではグレート・ノーザン鉄道自身の列車優先権を持っていたため、ミッドランド鉄道旅客列車遅延する傾向にあった最終的に1862年に、全国規模鉄道ふさわし独自のターミナル駅ロンドンに持つ新線建設する決断下された新線ベドフォード分岐しチルターン丘陵の谷をルートン通過しハムステッド・ヒース迂回してキングス・クロス駅ユーストン駅間の地点ロンドン到達した新しセント・パンクラス駅1868年完成しジョージ・ギルバート・スコット 設計によるユーストン通り英語版)に面した巨大なホテルと、ウィリアム・バーロー(英語版設計による巨大な錬鉄トレイン・シェッド備えて、「ヴィクトリア朝ゴシック様式」の驚異的な建築として現存している。駅へ通じ路線は古い放棄されていた墓地通過しなければならなかったので建設容易ではなかった。その下にフリート川地下河川流れており、また本線から分岐した支線その下に建設され、駅の下を急勾配通り抜けて今のユーストン通りとなっている場所並行に走るメトロポリタン鉄道接続するようになっていた。

※この「ロンドンへ」の解説は、「ミッドランド鉄道」の解説の一部です。
「ロンドンへ」を含む「ミッドランド鉄道」の記事については、「ミッドランド鉄道」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ロンドンへ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ロンドンへ」の関連用語

ロンドンへのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ロンドンへのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル (改訂履歴)、ミッドランド鉄道 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS