競合とは? わかりやすく解説

きょう‐ごう〔キヤウガフ〕【競合】

読み方:きょうごう

[名](スル)

せりあうこと。きそいあうこと。「大手各社が—する市場

私法上、単一の事実または要件について、評価あるいはその効果重複すること。また、刑法で、同一行為数個罪名にあたること。

コンピューターで、異なソフトウエアハードウエアが、同じファイルアクセスしたり、同じデバイス利用したりすることで、動作不安定になったりデータ更新整合性が失われたりすること。


競合

広告業界においての競合とは、同業種の広告主同一番組みのスポンサーになろうとしたり、また複数広告会社特定の仕事獲得しようとする場合をいう。いずれの場合にも、競合を回避するための調整が行われることが多い。

競合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/13 15:01 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「競合」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「競合」を含むページの一覧/「競合」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「競合」が役に立つかも知れません。


競合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/02 17:37 UTC 版)

エリー運河」の記事における「競合」の解説

この運河ニューヨーク市旅行者運んだように、フィラデルフィアボルティモアの港からも運んだこれらの市や州はエリー運河競合する手段採用したペンシルベニア州ではメインライン・オブ・パブリック・ワークスが運河鉄道組み合わせフィラデルフィアからオハイオ川ピッツバーグまでは1934年開通させた。メリーランド州では、ボルティモア・アンド・オハイオ鉄道がやはりオハイオ川ウエストバージニア州ホイーリングまで走り1853年完成した。 競合はニューヨーク州中にも生じたモホーク・アンド・ハドソン鉄道1831年開通しオールバニスケネクタディとの間の運河部分速度を補うようになった他にも鉄道路線認可され建設されるようになり、1842年にはバッファローまで全通した。この線は1853年ニューヨーク・セントラル鉄道オーバーン道路となった鉄道運河と同様一般用途供したが、速く移動できることから旅行客鉄道切り替えていった。しかし、1852年には運河を通して運ばれる貨物量はニューヨーク州すべての鉄道併せたものの13倍に達した。この鉄道との競合は、通航料が廃止され1882年まで続いたニューヨーク=ウエストショア=バッファロー鉄道1884年完成しエリー運河ニューヨーク・セントラル鉄道ともほとんど平行に走るようになった。しかし、この鉄道破産し翌年にはニューヨーク・セントラル鉄道買収された。 1905年ニューヨーク州バージ運河建設始まり1億100万ドル掛けて1918年完成した貨物輸送量1951年には520万米トン470メトリックトン)まで達したが、これ以降鉄道自動車との競合で減少している。

※この「競合」の解説は、「エリー運河」の解説の一部です。
「競合」を含む「エリー運河」の記事については、「エリー運河」の概要を参照ください。


競合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/13 06:27 UTC 版)

タイリクハクセキレイ」の記事における「競合」の解説

セグロセキレイ#ハクセキレイとの関係」も参照 日本など一部地域においては、主に人為的開発による環境変化に起因すると考えられる分布域変化・競合が起きている文献において中村は、私見断った上でアジア系の各近縁種前段示した (A) インド日本型)を古種、タイリクハクセキレイ (Motacilla alba) のヨーロッパ系亜種(同・(E) ヨーロッパシベリア型)を新興種であると推定、またセグロセキレイ (Motacilla grandis) は遺存固有種地理的遺存種)であるとも推定している。 また、前者森林水辺などの環境依存していることに対し後者砂漠などの乾燥地にも適応していることを踏まえ上で日本のように都市化進みかつての森林砂漠様の環境へと急速に変化したことにより、ヨーロッパ系種類ハクセキレイ)によるアジア系種類セグロセキレイ)の淘汰置換起きている過程にあるのではないか推察している。 今のところ本州佐渡島などの大きなにおいては両種共存見られるが、小さな島においては既に種の置換起きているとも指摘されている。たとえば粟島など、かつてセグロセキレイ繁殖認められた離島にて既にハクセキレイによる旧固有種淘汰置換起きていることが観察されている(粟島では、これにかかった期間は十数年程度であった)。

※この「競合」の解説は、「タイリクハクセキレイ」の解説の一部です。
「競合」を含む「タイリクハクセキレイ」の記事については、「タイリクハクセキレイ」の概要を参照ください。


競合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/31 08:05 UTC 版)

中核製品」の記事における「競合」の解説

競争激し市場では、製品ベース成功には、顧客中核製品から大きな価値を得ることが必要である中核製品顧客関心レベル直接影響するコトラーによると、企業間競争は主に付機能中核製品特徴焦点置かれる。それは、製品購入するという消費者認識に関するものであり、価値に関するものではない。彼は次のように述べている。「競争結果は、企業生産物によって決まるのではなくパッケージングサービス広告アドバイス配送手配融資手配など、消費者価値感じるものを製品追加するものによって決まる。」 競争打ち勝つために、製品会社は、パッケージング広告サービス支払い条件など、消費者付加価値付け要素焦点を合わせており、驚き要素を取り入れることが鍵となる。

※この「競合」の解説は、「中核製品」の解説の一部です。
「競合」を含む「中核製品」の記事については、「中核製品」の概要を参照ください。


競合 (Competition)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/17 02:27 UTC 版)

Go To Market」の記事における「競合 (Competition)」の解説

提供する製品サービス決定するには、競争理解することが重要であるSWOT分析PEST分析などのさまざまな方法使用して調査実施することにより、競合他社市場どのように機能しているか、顧客利用可能さまざまな製品についてどう思うか、市場何が欠けているかについての情報収集する

※この「競合 (Competition)」の解説は、「Go To Market」の解説の一部です。
「競合 (Competition)」を含む「Go To Market」の記事については、「Go To Market」の概要を参照ください。


競合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/21 00:26 UTC 版)

大同電鍋」の記事における「競合」の解説

1964年ごろからガス炊飯器登場し十大建設でのインフラ整備工業化に伴って社員食堂外食店舗などの事業所向けに30-50人用普及したが、家庭用相変わらず電鍋が主流で、1990年代以降広告もみられなくなった(p8)。1973年以降電子炊飯器時代迎えSAMPO中国語版)などの国産メーカー電子式発売した(p9)。1986年以降IC設計使用したハイテク化が(p9)、1996年以降IH式が流行したが、家庭用での大同電鍋地位揺らぐことはなかった(p10)。

※この「競合」の解説は、「大同電鍋」の解説の一部です。
「競合」を含む「大同電鍋」の記事については、「大同電鍋」の概要を参照ください。


競合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/11 04:31 UTC 版)

オラクル (企業)」の記事における「競合」の解説

IBMDB2およびSQL/DSという製品メインフレーム関係データベース市場独占していたが、UNIXおよびWindows向けの関係データベース市場では出遅れていた。このためSybaseオラクルInformixさらにはマイクロソフト)がミッドレンジパーソナルコンピュータデータベース市場支配するチャンス生まれた当初オラクルSybase技術的に遅れをとっていた。1990年から1993年までSybaseは最も成長著しデータベース企業だったが、すぐに合併と製品上の問題によってトップの座から陥落したSybase1993年にPowerSoftと合併したことによって、データベース技術への集中失った1993年SybaseWindows上で動作する同社データベース技術マイクロソフト売却し、それが Microsoft SQL Server となった1994年InformixSybaseからトップの座奪いオラクル最大のライバルとなったInformixCEOフィル・ホワイトとエリソン確執3年に渡ってシリコンバレー新聞一面飾った1997年最終的にオラクルInformix打ち破った2005年11月オラクルInformix争いに関する本が出版され、フィル・ホワイトがいかにして収監されるに至ったかを詳細に記しているInformixSybase勝ったオラクルは、しばらくの間データベース市場の独占達成していたが、Microsoft SQL Serverシェア大きくなり、2000年にはIBMInformix買収したことで状況変化した2004年オラクル売り上げは14.5%伸びて62ドルとなり、関係データベース市場でのシェアは41.3%でトップとなった(InformationWeek - March, 2005)。いくつかの情報源によれば2005年には、シェアが44.6%になった見積もられている。当時はオラクル競合するのは主に IBM DB2Microsoft SQL Server であり、SybaseTeradataがそれに続いていた。オープンソースデータベースではPostgreSQLMySQL広く使われている。EnterpriseDBPostgreSQLベースしておりオラクルとの互換性機能をより低価格提供するとしている。 アプリケーション市場では、オラクルSAP競合している。2007年3月22日オラクル詐欺不正競争SAP訴えた。 ビジネスインテリジェンスソフトウェアの市場成長するに連れ様々な企業オラクルSAP製品競合する製品投入するようになってきた。2008年にはSAPビジネスインテリジェンス最大手BusinessObjects買収2010年インメモリーデータベースSAP HANAをリリース同年データベース大手Sybase買収したことでデータベースおよびアナリティクス市場勢力図一変した2017年現在オラクルリレーショナルデータベース分野での主なライバルIBM DB2Microsoft SQL ServerSAP HANAPostgreSQLである。

※この「競合」の解説は、「オラクル (企業)」の解説の一部です。
「競合」を含む「オラクル (企業)」の記事については、「オラクル (企業)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「競合」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

競合

出典:『Wiktionary』 (2021/08/22 00:50 UTC 版)

名詞

きょうごう

  1. 互いせり合うこと。
  2. (法律) 私法上、単一事実または要件について、評価またはその効果重複すること。また、刑法で、同一行為複数の罪に該当すること。
  3. (情報技術) 複数ソフトウェアが、同じファイルリソース利用しようとすること。ネットワーク上で複数ユーザーが、同じリソースアクセスしようとすること。この結果動作安定システムダウンデータ更新失敗などが生じうる。

動詞

活用

サ行変格活用
競合-する

「競合」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



競合と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

競合のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



競合のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2022 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ競合の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの競合 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのエリー運河 (改訂履歴)、タイリクハクセキレイ (改訂履歴)、中核製品 (改訂履歴)、Go To Market (改訂履歴)、大同電鍋 (改訂履歴)、オラクル (企業) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの競合 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS