ソフトウエアとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > ソフトウエア > ソフトウエアの意味・解説 

ソフトウエア【software】


ソフトウェア

別名:ソフトウエア
【英】software

ソフトウェアとは、情報システム構成する要素で、プログラムのこと、あるいは、物理的な要素であるハードウェア除いた無形要素すべての総称である。

ソフトウェアは、多くの場合コンピュータプログラムと同じ意味で用いられるハードウェア対比する目的でソフトウェアの語が用いられプログラム類する対象広く含む。おおむねハードウェア装置との仲介受け持デバイスドライバアプリケーション用のAPIを通じてシステム利用環境提供するオペレーティングシステムOS)、エンドユーザー直接利用するアプリケーションソフトウェアOSアプリケーションソフトウェア中間層各種のユーティリティ的な機能提供するミドルウェア開発者利用するユーティリティツール類、などに分類することができる。

また、より広い意味でハードウェア以外の情報システム動かすために利用されるあらゆる無形要素を指してソフトウェアと呼ぶ場合もある。この場合は特にソフトウェアのために用意された文書も含むことが多い。例としては、開発時に用いられる要求定義書、外部設計書、内部設計書、試験仕様書試験結果報告書などから、利用時用いられる操作マニュアルあるいはユーザーマニュアル各種の設定説明書などがある。これらの文書は、プログラム運用場面で実際に使っていく上で不可欠なものであり、また、プログラムライフサイクル見据えた時に開発時の文書もまた必要であることから、ソフトウェア全体構成する要素として認められるようになってきたものである

プログラムとしてのソフトウェアは、規模増大とともに、それをどのように構成構築していくかということ重要な問題となってきている。プログラム言語パラダイム論として、Smalltalkなどのオブジェクト指向Prologなどの論理プログラミングHaskelなどの関数型プログラミングなどの比較研究がある。アプリケーションレベルで、ソフトウェアのパターン論じる「デザインパターン」は、建築分野ヒントを得て一定の地位築いている。また、システム構築確実性確保する形式手法」なども注目されている大規模な業務システム分野では疎結合コンポーネント用いてモジュラー開発実現するSOAサービス指向アーキテクチャ)が登場している。また、より設計レベル重点を置き、実装工程をできるだけ自動化するモデルドリブンな開発手法重要性増している。

ソフトウェアに関する学問として、ソフトウェアサイエンスとソフトウェア工学挙げることができる。ソフトウェアサイエンスは、プログラム基礎論ずるもので、数学基礎論や、コンパイラ理論アルゴリズム論などの研究が行われている。ソフトウェア工学は、ソフトウェアの実用的な構築のためのノウハウを研究するもので、実用的なシステム構築方法各種の開発手法生産性研究規模工数推定などが行われている。

プログラム元となるテキストソースコード呼ばれるGNUプロジェクトによって推進されている、ソースコード全てオープンにし、全ての人アクセスできること保証しようという運動は、コンピュータ業界プログラマ大きな影響与えている。全てオープンとなっているソフトウェアはオープンソースソフトウェアOSS)と呼ばれる現在では多くのOSSプロジェクト展開している。


ソフトウェア

(ソフトウエア から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/07 13:59 UTC 版)

ソフトウェア: software)は、コンピューター分野でハードウェア(物理的な機械)と対比される用語で、何らかの処理を行うコンピュータ・プログラムや、更には関連する文書などを指す[1]


  1. ^ - ソフトウェア(大辞林、ブリタニカ国際大百科事典)
  2. ^ software..(n.d.). Dictionary.com Unabridged (v 1.1). 2007年4月13日閲覧, from Dictionary.com website: http://dictionary.reference.com/browse/software
  3. ^ "デジタルデータでは、ほぼ完全な複製を、追加的費用すなわち限界費用がほぼゼロで行うことが可能である。" (2)2つ目のキーワード:限界費用 of 総務省. (2019). 情報通信白書 令和元年版.
  4. ^ 「メディアリテラシ」(Computer Science Library 15)p36 植田祐子・増永良文著 サイエンス社 2013年8月10日初版発行
  5. ^ Hally, Mike (2005:79). Electronic brains/Stories from the dawn of the computer age. British Broadcasting Corporation and Granta Books, London. ISBN 1-86207-663-4.
  6. ^ 地理 統計要覧 2014年版 ISBN 978-4-8176-0382-1 P,104


「ソフトウェア」の続きの解説一覧

ソフトウエア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 07:56 UTC 版)

潜水艦カッペリーニ号の冒険」の記事における「ソフトウエア」の解説

フジテレビ発売しTCエンタテインメント販売するBlu-ray及びDVD2022年8月3日リリース予定

※この「ソフトウエア」の解説は、「潜水艦カッペリーニ号の冒険」の解説の一部です。
「ソフトウエア」を含む「潜水艦カッペリーニ号の冒険」の記事については、「潜水艦カッペリーニ号の冒険」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ソフトウエア」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ソフトウエア」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ソフトウエアと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ソフトウエア」の関連用語

ソフトウエアのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ソフトウエアのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリソフトウェアの記事を利用しております。
カメラマンWebカメラマンWeb
© 2005-2022 モーターマガジン社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのソフトウェア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの潜水艦カッペリーニ号の冒険 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS