ソフトウェア保守とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ソフトウェア保守の意味・解説 

ソフトウェア保守

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/27 06:21 UTC 版)

ソフトウェア保守またはソフトウェアメンテナンス (software maintenance) とは、ソフトウェア工学において既存のソフトウェアを改良・最適化していくと共にバグを修正していくプロセスを意味する。ソフトウェア保守はソフトウェア製品ライフサイクルにおける主要なプロセスの一部であり、ソフトウェアの実際の現場への投入後に行われる。ソフトウェア保守工程では、実際の使用で発見された問題点やバグを修正すると共に、そのソフトウェアのユーザビリティや可用性を改善するための機能追加も行う。


  1. ^ Meilir Page-Jones (1980年). The Practical Guide to Structured Systems Design. New York: Yourdon Press. ISBN 0-917072-17-0. 
  2. ^ April Abran (2008年). Software Maintenance Management:Evaluation and Continuous Improvement. California: Wiley. ISBN 978-0470-14707-8. 
  3. ^ 日本工業標準調査会 (2008年). ソフトウェア技術- ソフトウェアライフサイクル-保守. 東京: 財団法人 日本規格協会. JIS X 0161. 


「ソフトウェア保守」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ソフトウェア保守」の関連用語

ソフトウェア保守のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ソフトウェア保守のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのソフトウェア保守 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS