酸化アルミニウムとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 物質 > 化合物 > 化合物 > 酸化アルミニウムの意味・解説 

さんか‐アルミニウム〔サンクワ‐〕【酸化アルミニウム】


物質名
酸化アルミニウム
慣用名
アルミナ
化学式
Al2O3
原子量
102.0
融点(℃)
2054
沸点(℃)
2980±60
密度(g/cm3
4.0


アルミナ

同義/類義語:酸化アルミニウム
英訳・(英)同義/類義語:alumina

アルミニウム酸化物で、硬度高く化学的に安定なため磁器材料として実験器具人工骨使われる

酸化アルミニウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/09 00:50 UTC 版)

酸化アルミニウム(さんかアルミニウム、: aluminium oxide)は、化学式がAl2O3で表されるアルミニウム両性酸化物である。通称はアルミナ(α-アルミナ)、礬土(ばんど)。天然にはコランダムルビーサファイアとして産出する。おもに金属アルミニウムの原料として使われるほか、硬度を生かして研磨剤、高融点を生かして耐火物としての用途もある[6]立方晶系のγ-アルミナは高比表面積を持つことから触媒として重要である[7][8]


  1. ^ Fasertonerde - Compound Summary”. PubChem. 2012年4月1日閲覧。
  2. ^ a b Material Properties Data: Alumina (Aluminum Oxide)
  3. ^ P. Patnaik (2002). Handbook of Inorganic Chemicals. McGraw-Hill. ISBN 0-07-049439-8 
  4. ^ Roew, Raymond (2009). “Adipic Acid”. Handbook of Pharmaceutical Excipients. pp. 11–12 
  5. ^ a b Zumdahl, Steven S. (2009). Chemical Principles 6th Ed.. Houghton Mifflin Company. ISBN 0-618-94690-X 
  6. ^ a b Alumina (Aluminium Oxide) – The Different Types of Commercially Available Grades”. The A to Z of Materials. 2007年10月27日閲覧。
  7. ^ 高純度アルミナ(タイミクロン)”. 大明化学工業株式会社. 2012年4月1日閲覧。
  8. ^ セラミックアカデミー”. 日本ガイシ. 2012年4月1日閲覧。
  9. ^ http://www.sumitomo-chem.co.jp/products/basic_chemicals/
  10. ^ D. C. Tyte (1964). “Red (B2Π–A2σ) Band System of Aluminium Monoxide”. Nature 202 (4930): 383. Bibcode1964Natur.202..383T. doi:10.1038/202383a0. 
  11. ^ D. C. Tyte (1967). “The dissociation energy of aluminium monoxide”. Proc. Phys. Soc. 92 (4): 1134. Bibcode1967PPS....92.1134T. doi:10.1088/0370-1328/92/4/339. 
  12. ^ Johnson E. R. & Low C. H. (1967). “Further spectral observations of grenade glow clouds in the lower thermosphere”. Australian Journal of Physics 20: 577. Bibcode1967AuJPh..20..577J. 
  13. ^ Merrill, P. W., Deutsch, A. J., & Keenan, P. C. (1962). “Absorption Spectra of M-Type Mira Variables”. Astrophysical Journal 136: 21. Bibcode1962ApJ...136...21M. doi:10.1086/147348. 
  14. ^ Dohmeier, C.; Loos, D.; Schnöckel, H. (1996). “Aluminum(I) and gallium(I) compounds: Syntheses, structures, and reactions”. Angewandte Chemie International Edition 35 (2): 129–149. doi:10.1002/anie.199601291. 
  15. ^ Hoch, Michael, Johnston, Herrick, L. “Formation, stability and crystal structure of the solid aluminum suboxides: Al2O and AlO.” Journal of the American Chemical Society. 76.9 (1954): 2260-2561.


「酸化アルミニウム」の続きの解説一覧

「酸化アルミニウム」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「酸化アルミニウム」の関連用語

酸化アルミニウムのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



酸化アルミニウムのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
産業技術総合研究所産業技術総合研究所
Copyright © 2000-2023 , 独立行政法人 産業技術総合研究所
デジタルものづくり研究センター加工技術データベース
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2023 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの酸化アルミニウム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS