においとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > においの意味・解説 

におい〔にほひ〕【匂い】

そのものから漂ってきて、嗅覚刺激するもの。「香水の匂い」「サンマを焼く匂い」→臭(にお)い1

いかにもそれらしい感じ・趣。「都会の匂い」「生活の匂い」→臭(にお)い2

芸能文芸で、表現の内にどことなくただよう情趣気分余情

日本刀の刃と地肌との境に現れた、白くかすんだように見え部分。→沸(にえ)

染め色、襲(かさね)の色目や鎧(よろい)の威(おどし)の配色で、濃い色からしだいに薄くなっていくもの。ぼかし。

匂い威(おどし)」の略。

視覚通して見られる、鮮やかに美しい色合い。特に、赤色についていう。

「もみちの—は繁し然れども妻梨の木を手折りかざさむ」〈二一八八

人の内部から立ち現れる、豊かで生き生きした美しさ

「—多く見えて、さるかたいとをかし人ざまなり」〈源・空

はなやかで、見栄えのすること。威光栄華

「官(つかさ)、位、世の中の—も、何ともおぼえずなむ」〈源・椎本

10 声が豊かで、つやのあること。

答へたる声も、いみじう—あり」〈とりかへばや・一〉

[補説] 12について、ふつう、好ましいものは「匂い」、好ましくないものは「臭い」と書く。

[用法] におい・かおり——「バラの甘いにおい(香り)が漂う」のように、鼻に感じここちよい刺激については相通じて用いられる。◇「におい」は良い・悪い好ましい・不快など、鼻で感じるものすべてについていう。「いいにおい」「アンモニアのにおい」「腐ったようなにおい」◇また、そのもののうちに漂う雰囲気についてもいう。「生活のにおいの漂う文章」◇「香り」は鼻に好まし感じられるものに限って使われる。「馥郁(ふくいく)たる香り」「香(こう)の香り薫り)を楽しむ」。また、そのものからおのずから出てくる感じについてもいう。「芸術香り満ちた町」


におい〔にほひ〕【臭い】

《「匂い」と同語源》

嗅覚刺激する、不快なくさみ。悪臭。「どぶの臭い」

いかにもそのような感じ気配。特に、好ましくないものについていう。「犯罪の臭いがする」


におい にほひ 【匂】

〔名〕 (動詞「におう(匂)」の連用形名詞化

① あざやかに映え見える色あい。色つや古くは、もみじや花など、赤を基調とする色あいについていったそのものから発する色あい、光をうけてはえる色、また染色の色あいなどさまざまな場合にもいい、中世にあざやかな色あいよりもほのぼのとした明るさ表わすようになった。→「におう(匂)」の語誌。

万葉(8C後)一〇・二一八八黄葉(もみちば)の丹穂日(にほひ)は繁ししかれども妻梨(つまなし)の木を手折りかざさむ」

無名抄(1211頃)「白き色の異なるにほひもなけれど、もろもろの色に優れたるがごとし」

② 人の内部から発散してくる生き生きとした美しさ。あふれるような美しさ優しさ美的センスなど、内面的なもののあらわれにもいう。

万葉(8C後)一八・四一一四「なでしこ花見るごとにをとめらが笑まひの爾保比(ニホヒ)思ほゆるかも」

源氏100114頃)総角「けたかくおはするものから、なつかしくにほひある心ざま劣り給へりける」

花やか人目をひくありさま見栄えのするさま。栄華のさま。威光光彩

源氏100114頃)鈴虫「故権大納言、なにの折々にも、なきにつけていとどしのばるること多くおほやけわたくし物の折ふしのにほひうせたる心ちこそすれ

④ (「臭」とも) ただよい出て嗅覚刺激する気。かおり、くさみなど。悪いにおいについて「臭」とも書く。

古今(905‐914)春上・四七「散ると見てあるべきものを梅の花うたてにほひの袖にとまれる〈素性〉」

花ごもり(1894)〈樋口一葉〉二「悪臭(ニホヒ)に寄る青蠅様に

(5) 声が張りがあって豊かで美しいさま。声のつやっぽさ。声のなまめかしさ。中世になると、心にしみるような感じをもいう。

とりかへばや(12C後)上「こたへたるこゑも、いみじうにほひあり」

(6) そのもののうちにどことなくただよう、気配気分情趣ただよい流れ雰囲気

(イ) 文芸美術などでそのものあらわれている魅力美しさ妙趣など。

源氏100114頃)梅枝「故入道の宮御手は、いと気色ふかうなまめきたる筋はありしかど〈略〉にほひぞすくなかりし

(ロ) 能で、余韻情趣。特に、謡から舞へ、あるいは次の謡へ移るとき、その間あいにかもし出される余韻

花鏡(1424)無声為根「舞は音声より出でずば、感あるべからず一声のにほひより、舞へ移るさかひにて、妙力あるべし」

(ハ) 和歌俳諧で、余韻余情。特に、蕉風俳諧で、前句にただよっている余情と、それを感じとって付けた付け句の間にかもし出される情趣。→匂付け

無名抄(1211頃)「一には、させる事なけれど、ただ詞続きにほひ深くいひなかしつれば、よろしく聞こゆ

(ニ) あるものごと存在印象示しながら漂っている気配雰囲気気分など。

若菜集(1897)〈島崎藤村深林逍遙春の草彫刻の 鑿(のみ)の韻(ニホヒ)もとどめじな」

東京三十年1917)〈田山花袋白鳥氏秋江氏「その一時代前の臭ひを脱することが出来ない

(ホ) 事件の、それらしい徴候。「犯罪においがする」

(7) 濃い色からだんだん薄くなっていくこと。ぼかし。

(イ) 染色または襲(かさね)の色目にいう。

源氏100114頃)玉鬘「かかるすぢはたいとすぐれて世になき色あひ、にほひを染めつけ給へば」

今鏡(1170)四「女房の車いろいろにもみぢのにほひいだしなどして」

(ロ) =においおどし匂威

平家13C前)七「経正其の日紫地の錦の直垂に、萌黄の匂の鎧きて」

(ハ) 黛(まゆずみ)で眉を描いてぼかした部分

(ニ) 日本刀の刃と地膚の境に煙のように見え文様。〔鎧色談(1771)〕


に‐おい ‥おひ 【荷負】

〔名〕 荷を負うこと。荷物をかつぐこと。荷かつぎ。〔易林本節用集(1597)〕


匂い、臭い

読み方:におい

ワ行五段活用動詞匂う」「臭う」の連用形である「匂い」「臭い」、あるいは連用形名詞化したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

沸・匂い(にえ・におい)

焼入れによって生じた刃文拡大すると、砂を蒔いたような大きな粒子組織と、がかったような小さな粒子確認することができる。科学的には両者ともにマルテンサイトと称され、同じ性質組織だが刀剣界では、この大きな粒子を沸、状のものを匂と称し、刃文全体が沸主調のものを沸出来匂いによって構成されているものを匂い出来称する焼入れ前に施す土置き焼入れ条件によっても出来方が異なる。

におい

作者パトリック・マグラア

収載図書幻想展覧会―ニュー・ゴシック短篇集 1
出版社福武書店
刊行年月1992.6


におい

作者国江春菁

収載図書宋王之印
出版社慶友社
刊行年月2002.2


におい

作者羊辻春雪

収載図書12時のパラダイム
出版社文芸社
刊行年月2007.12


読み方:におい

  1. 掏摸犯人目的人物尾行し隙を伺ふこと。或は挙動不審の者に刑事巡査尾行することを云ふ。
  2. スリ犯人通行人尾行してそのスキをうかがうこと。又、刑事巡査スリ尾行すること。〔掏摸
  3. 挙動不審者に刑事巡査尾行することをいう。②スリ犯人目的人物尾行し隙を窺うこと。

分類 掏摸


読み方:におい

  1. 挙動不審者ニ対シ、其行動偵察ノタメ刑事巡査尾行スルヲ云フ。〔第四類 言語動作
  2. 挙動不審者に対し、其行動偵察のため、刑事巡査尾行することをいふ。〔犯罪語〕
  3. 刑事密告者等の尾行してゐる事。
  4. 挙動不審な者に警察官尾行することを云ふ。
  5. 挙動不審者に対し、その行動偵察のため、刑事巡査尾行すること。〔一般犯罪

分類 一般犯罪者犯罪犯罪


読み方:におい

  1. 掏摸犯人通行人尾行シ其隙ヲ窺フヲ云フ。〔第三類 犯罪行為
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

壬生

読み方
壬生におい

乳井

読み方
乳井におい

丹生

読み方
丹生におい

におい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/05 23:01 UTC 版)

まず『広辞苑』でどう解説しているか紹介する。次の順番で掲載されている。


出典

  1. ^ 例外として「くさいにおい」は「臭いにおい」と書くのが基本だが、「臭い匂い」と書くことはある。読みづらいので「臭い臭い」とは通常書かない
  1. ^ デジタル大辞泉
  2. ^ 『広辞苑 第5版、p.2018。※『広辞苑』第5版でも第6版でも、視覚的な匂いの方をまず一番目に挙げており、嗅覚的な匂いの説明はその後に配置している。
  3. ^ 『広辞苑』第5版、p.2018。※『広辞苑』第5版でも第6版でも、視覚的な匂いの方をまず一番目に挙げており、嗅覚的な匂いの説明はその後に配置している。
  4. ^ デジタル大辞泉
  5. ^ 注. 『広辞苑』では嗅覚系の説明は2番目以降である。
  6. ^ 広辞苑第六版「におい」
  7. ^ 例としては、前者は作家の江國香織、後者では明治の元勲である井上馨など。
  8. ^ 『広辞苑』第5版、p.2018。※『広辞苑』第5版でも第6版でも、視覚的な匂いの方をまず一番目に挙げており、嗅覚的な匂いの説明はその後に配置している。
  9. ^ 『広辞苑』第五版 p.2018 「匂い」
  10. ^ また、匂いが商品の販売推進の際の重要な訴求点になることもある。例えば、かつてキッコーマン醤油アメリカ合衆国で、(まだ醤油になじみのない)非アジア人に売り込む際には、店頭実演でを焼いて醤油をかけ、その匂いを大いに活用した(出典:デリシャス・オン・ミート!肉によく合うKIKKOMANキッコーマン国際食文化研究センター(2018年2月26日閲覧)
  11. ^ 一例として、「JR中央線で異臭騒ぎ ヒーターにかばん触れる」産経新聞ニュース(2017年12月5日)2019年7月26日閲覧。
  12. ^ 体臭気にしすぎ!?相次ぐにおいトラブルNHKクローズアップ現代』(2017年10月25日放映)2018年2月26日閲覧
  13. ^ 小泉武夫『くさいはうまい』(文春文庫)には実例が多く紹介されている。
  14. ^ 米国で「最も臭いスニーカー」コンテスト、12歳少年が優勝ロイター(2017年3月29日)2018年6月19日閲覧
  15. ^ 池袋PARCO「におい展」(2018年2月26日閲覧)
  16. ^ 世界中の「不快な食べ物」博物館日刊工業新聞』2018年10月4日4面掲載の時事通信配信記事。
  17. ^ 青木 孝志、足達 義則「ジャスミンの匂いが心拍変動に与える影響」(研究発表,第21回生命情報科学シンポジウム)
  18. ^ 斎藤勇『面白いほどよくわかる!「女」がわかる心理学』西東社, 2014 p.61
  19. ^ a b c d e f g 斎藤勇『面白いほどよくわかる!「女」がわかる心理学』西東社, 2014 p.118-119
  20. ^ 青木 孝志、足達 義則「ジャスミンの匂いが心拍変動に与える影響」(研究発表,第21回生命情報科学シンポジウム)
  21. ^ 「香り可視化カメラ開発 豊橋技科大など 特徴をチャート表示」日刊工業新聞』2018年4月19日(大学・産学連携面)2018年10月8日閲覧。
  22. ^ 【きょうの授業】「におい」を再現する 香りの「もと」組み合併せ追求朝日新聞』朝刊2018年7月18日(教育面)2018年10月8日閲覧。
  23. ^ 【NextTech2030】東京工業大学/VR技術、嗅覚も追求 におい成分、組み合わせ工夫『日経産業新聞』2018年12月19日(先端技術面)。
  24. ^ 鈴木隆『匂いのエロティシズム』集英社, 2002、ISBN 4087201295
  25. ^ 鈴木隆『匂いの身体論:体臭と無臭志向』八坂書房, 1998、4896944151
  26. ^ NHKクローズアップ現代「広がる“においビジネス”
  27. ^ 磐田市香りの博物館(2018年2月26日閲覧)
  28. ^ 大分香りの博物館(2018年2月26日閲覧)
  29. ^ a b c d e 矢野きくの『省エネで部屋干し洗濯物を早く乾かす方法』株式会社オールアバウト, 2013。「部屋干しをした洗濯物は、そもそもなぜ臭うのか?」の章。google eブックスで確認可能。
  30. ^ 室内干しおすすめグッズ人気比較ランキング15選【部屋干しでもストレスフリー】”. タスクルヒカク | 暮らしのおすすめサービス比較サイト. 2019年12月4日閲覧。



におい

出典:『Wiktionary』 (2018/07/01 18:14 UTC 版)

名詞

におい(い)、い、い 歴史的仮名遣い:にほひ】

  1. 色つや
  2. かおり。くさみ。
  3. 徴候
  4. 余韻

発音

東京アクセント
に↗お↘い
京阪アクセント
に↘おい

語源

用法

匂い」は主に心地良く感じたり、不快にならないにおいに対して用い、「臭い」は不快なくさみや臭気に対して用いる。[1]

翻訳



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「におい」の関連用語

においのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



においのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
銀座長州屋銀座長州屋
Copyright (c)1998-2021 Ginza Choshuya Co.Ltd. All rights reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのにおい (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのにおい (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS