栄華とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > > 栄華の意味・解説 

えい‐が〔‐グワ〕【栄華/栄花】

読み方:えいが

権力財力によって世に時めき栄えること。また、ぜいたくをすること。「—を極める」「栄耀—」

清華家(せいがけ)」に同じ。

「兼雅卿は—の人なり」〈平家・二〉


栄華

作者田村俊子

収載図書田村俊子作品集 第2巻
出版社オリジン出版センター
刊行年月1988.9


栄華

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/29 13:26 UTC 版)

郅都」の記事における「栄華」の解説

郅都勤務状況聞いた景帝紀元前148年に彼を召喚して、中尉首都警備長官)に昇進させた。そして景帝間もなく外戚の禍を断つために、前皇太子廃嫡された後は臨江王に冊封、諡は閔王)劉栄母方一族郅都命じて全て誅滅させている(『漢書衛綰伝より)つまり、景帝そのために郅都呼び戻して中尉任命したのである彼は歴戦の猛者である丞相の条侯周亜夫に対しても、拝礼はせず会釈するのみであったという。そして、彼が「蒼鷹」と恐れられるように裁く相手皇族であろうと、漢の元勲末裔であろう容赦なく厳格かつ苛酷に取調べたという。そのために皇族貴族郅都直視できず、彼に会うと目を逸らしたという。 前述した臨江劉栄は、宗廟建てるべき地に宮殿建てるという法律違反犯した景帝劉栄召喚して、腹心郅都自分の息子取り調べるよう命じた郅都峻烈に、劉栄容赦なく取調べし、劉栄無実の釈明文を認めたい嘆願しても「情によって法に手心加わるのは許せないと言う信念から断固としてそれを許さず釈明文を書かせなかった。これを見兼ねた魏其侯竇嬰竇太后従子)は劉栄生まれた時から太子時代までのお傅役だったために見るに忍びず、家臣命じて刀筆木簡削って誤字訂正するための刀子と筆)を秘かに手渡して劉栄無実の釈明の手助けをさせたという。郅都によって憔悴し切った劉栄釈明文を記し終わると牢番役渡して、その刀子自決をして果てたという。

※この「栄華」の解説は、「郅都」の解説の一部です。
「栄華」を含む「郅都」の記事については、「郅都」の概要を参照ください。


栄華

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/13 20:15 UTC 版)

ツェリェ伯」の記事における「栄華」の解説

ツェリェ伯家の急速な勢力拡大は、1396年ニコポリスの戦い以後続いた。この戦いでツェリェ伯ヘルマン2世は、カール4世息子当時ハンガリー王だったジギスムントの命を救った。王は褒賞として1397年から1399年にかけてヴァラジュディン市や多くのクロアチア荘園伯家与え1399年にはザゴリエ伯領伯家に加えられた。1400年頃にはツェリェ市の南の山頂にあったツェリェ城から市内建てたルネサンス様式のスポドニ城(「低地の城」の意。スロベニア語: Spodnji grad)へと移った1401年ツェリェ伯家は、ハンガリー国内マグナート達から支援を渋られていたジギスムント支援者名を連ねていた。帝室であったルクセンブルク家との同盟は、1405年ヘルマン2世の娘バルバラ・ツェリスカジギスムント結婚してさらに緊密になり 、ヘルマン2世はさらにハンガリーであったクロアチア王国にも領土獲得してクロアチアスラヴォニアバンになった1422年ヘルマン2世ケルンテンからカルニオラにかけてあったオルテンブルク伯家オルデンブルク家とは異なる)の断絶に伴い、その領土であったケルンテンオルテンブルク伯領シュテルンベルク伯領カルニオラのゴットシェー領を継承した1433年ジギスムント神聖ローマ皇帝になると1436年11月20日ツェリェ伯家を帝国諸侯へと昇格させ、ツェリェオルテンブルクシュテルンベルク伯領帝国封土となってハプスブルク家臣下ではなくなった。ハプスブルク家にとってツェリェ伯家は重大な政敵となり、相互相続合意署名され1443年まで相続戦争が行われた。 ツェリェ伯ウルリク2世は、ツェリェ家の最盛期築いた1432年ウルリク2世セルビア公国専制君主ジュラジ・ブランコヴィッチの娘カタリナ結婚したウルリク2世複数国宮廷大きな影響力を持っており、これはツェリェ家の過去姻戚関係端を発していた。1439年ハプスブルク家出身神聖ローマ皇帝アルブレヒト2世亡くなると、ウルリク2世アルブレヒト2世の幼い息子ラディスラウス・ポストゥムス傀儡とすることで、ハプスブルク家の支配下にあったハンガリー王国ボヘミア王国オーストリア公国において摂政地位獲得しようとした。そうした野心ハンガリーフニャディ家など多くの政敵作ったラディスラウス・ポストゥムスボスニア王戴冠失敗した後もツェリェ伯家はクロアチアスラヴォニアいくつかの領土取得し1452年、ついに神聖ローマ皇帝フリードリヒ3世ラディスラウス・ポストゥムス身柄ウルリク2世のもとに引き渡したこれによりウルリク2世ハンガリー事実上の摂政となった

※この「栄華」の解説は、「ツェリェ伯」の解説の一部です。
「栄華」を含む「ツェリェ伯」の記事については、「ツェリェ伯」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「栄華」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

栄華

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 04:47 UTC 版)

名詞

えいが

  1. 権力財力握り華やか栄えること。

「栄華」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



栄華と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

栄華のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



栄華のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの郅都 (改訂履歴)、ツェリェ伯 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの栄華 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS