釈明とは? わかりやすく解説

しゃく‐めい【釈明】

読み方:しゃくめい

[名](スル)自分の立場考え説明して誤解非難解き理解を求めること。「事故原因について―する」


釈明

作者林京子

収載図書三界の家
出版社新潮社
刊行年月1990.12
シリーズ名新潮文庫

収載図書三界の家
出版社日本図書センター
刊行年月2005.6
シリーズ名林京子全集


釈明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/29 05:20 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「釈明」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「釈明」を含むページの一覧/「釈明」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「釈明」が役に立つかも知れません。

関連項目



釈明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 08:02 UTC 版)

高市早苗」の記事における「釈明」の解説

高市事務所は、同年9月10日時点で下のように釈明した山田高市とはほとんど会話していない山田はおそらく2011年以前雑誌右翼系の月刊誌撃論」)のインタビュアー補佐メモを取る程度の係)として議員会館来訪したインタビュー終わった後、山田高市に「一緒に写真撮りたい」と申し出たため、ツーショット撮影した同時点で高市山田素性について知らなかった出版社によれば山田は元々フリーライターで、偶然インタビュー同行したその後出版社山田との契約はない。出版社山田思想について知らなかった高市山田との付き合い以前以後全くない高市出版社を通じて山田写真削除依頼している

※この「釈明」の解説は、「高市早苗」の解説の一部です。
「釈明」を含む「高市早苗」の記事については、「高市早苗」の概要を参照ください。


釈明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 08:02 UTC 版)

高市早苗」の記事における「釈明」の解説

出版から20年後となった2014年の同報道に対して高市事務所は「推薦文については記憶無くコメントできない本人著者知らない」と回答した

※この「釈明」の解説は、「高市早苗」の解説の一部です。
「釈明」を含む「高市早苗」の記事については、「高市早苗」の概要を参照ください。


釈明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 08:02 UTC 版)

高市早苗」の記事における「釈明」の解説

これに関して同誌が総務省問い合わせたところ、大臣補佐官は「選挙事務所確認したところ、たしかに平成4年5年選挙公報記載があった」と事実認めた。 その弁明として同補佐官は「高市事務所議員になった後に発足したため、議員になる前はボランティア組織選挙活動していたので、そこまで見ていなかった」と述べたという。

※この「釈明」の解説は、「高市早苗」の解説の一部です。
「釈明」を含む「高市早苗」の記事については、「高市早苗」の概要を参照ください。


釈明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 08:02 UTC 版)

高市早苗」の記事における「釈明」の解説

週刊文春高市対し大臣在任中NTT社長澤田から接待受けたではないか」と質問した高市は「澤田と2回食事をしたのは事実。ただし、澤田から折半金額聞いて支払い領収書受け取った私の秘書が『NTT側から会費1万円と言われている』と述べたまた、万が一消費税などでオーバーしたら気分的に嫌なので、1人5500円の衣料品お土産私費で買い、先方3名)に渡した」と回答した続けて文春が「高価なワイン飲んだのか」と質問すると、高市は「それは分からない私は飲酒控えているので、その場白けさせないように口を付ける程度だったため。ただ、総務省案件で頼まれたことはない」と回答した。 さらに翌日高市文春に対し書面で会食を伴う意見交換は、行政公平性疑念持たれることのないよう、すべて完全割り勘、又は全額当方負担徹底していた」と補足説明し、NTTからの2回の接待それぞれ1万円支払った領収書宛名自民党奈良県第二選挙区支部)のコピー2通を送ったという。

※この「釈明」の解説は、「高市早苗」の解説の一部です。
「釈明」を含む「高市早苗」の記事については、「高市早苗」の概要を参照ください。


釈明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 08:02 UTC 版)

高市早苗」の記事における「釈明」の解説

18日高市発言について釈明し、「誤解されたなら、しゃべり方下手だったのかもしれない被ばく直接の原因でなくても、体調を崩し亡くなられなりわい失い自ら命を絶たれた方がいる。(死亡者がいないから)再稼働するなんて考え方は、そもそも持っていない」などと述べた。 しかし、その後自民党福島県連合会同党参議院議員佐藤正久自民党員からも「不謹慎だ」と批判された。 同党福島県連合会自民党本部抗議文提出し、「高市氏の発言は、福島県現状認識乏しく亡くなられた方々、避難されている方々をはじめ県民の配慮全くない不適切で、強い憤りを感じる」、「原発事故影響による過酷な避難亡くなられた方精神的に追い詰められて自殺された方など、1,400人を超える福島第一原子力発電所事故に伴う災害関連死認定されている」と批判した

※この「釈明」の解説は、「高市早苗」の解説の一部です。
「釈明」を含む「高市早苗」の記事については、「高市早苗」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「釈明」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

釈明

出典:『Wiktionary』 (2021/09/21 12:38 UTC 版)

名詞

(しゃくめい)

  1. 誤解非難などに対して自分立場事情説明して、相手了解求めること。

関連語

翻訳

動詞

  1. 相手了解求める行動

活用

サ行変格活用
釈明-する

翻訳


「釈明」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「釈明」の関連用語

釈明のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



釈明のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの釈明 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの高市早苗 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの釈明 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS