避難とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 暮らし > 避難 > 避難の意味・解説 

ひ‐なん【避難】

読み方:ひなん

[名](スル)災難を避けること。災害避けて安全な場所立ちのくこと。「川が増水したので高台に—する」「緊急—」「—訓練


避難(疎開)

自発的移動(806-1)は強制移動 1対比される後者公権力によって個人移動するように強制される場合を指す。引き揚げ 2出身国への強制的な帰国使われる強制的な移動もう一つの例は、個々人集団全部居住地からの追放 3である。避難(疎開) 4という用語は一般に地震洪水戦争のような何らかの破局から身を守るために全住民移動する場合用いられる難民 5通常自分自身意志移動した人であるが、その移動は、自分の出身国に留まると迫害され恐れがあるという、強い圧力があったためである移送者 6とは元の場所から公権力によって移動させられた人である。この種移動大規模な人口移送 7人口の転送 7あるいは人口交換 8結果起こることもある。


避難

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 02:23 UTC 版)

避難(ひなん, Evacuate)とは、災難を避けること[1]。災害を避けて、(住んでいる場所や滞在している場所から)安全な場所へ立ちのくこと[1]退避(たいひ)もほぼ同義に用いられる[2]


  1. ^ a b デジタル大辞泉. “避難”. コトバンク. 2018年10月31日閲覧。
  2. ^ デジタル大辞泉. “退避”. コトバンク. 2018年10月31日閲覧。
  3. ^ a b 避難勧告等の判断・伝達マニュアル作成ガイドライン」、2015年8月、3 - 6頁。
  4. ^ a b 災害対策基本法”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2015年9月22日閲覧。
  5. ^ a b 避難勧告等の判断・伝達マニュアル作成ガイドライン」、2015年8月、1 - 2頁、7 - 12頁。
  6. ^ a b c d e f g 防災科学技術研究所「防災基礎講座 防災対応編」、「8. 避難」、2013年10月26日閲覧
  7. ^ a b 『防災対策と危機管理』、138-152頁
  8. ^ a b 『災害情報と社会心理』、201-205頁
  9. ^ 片田敏孝「東日本大震災にみるわが国の防災の課題」、『安心・安全と地域マネジメント』、24 - 29頁。
  10. ^ 片田敏孝「東日本大震災にみるわが国の防災の課題」、『安心・安全と地域マネジメント』、27 - 29頁。
  11. ^ a b 片田敏孝「東日本大震災にみるわが国の防災の課題」、『安心・安全と地域マネジメント』、29頁。
  12. ^ 片田敏孝「東日本大震災にみるわが国の防災の課題」、『安心・安全と地域マネジメント』、30 - 31頁。
  13. ^ 片田敏孝「東日本大震災にみるわが国の防災の課題」、『安心・安全と地域マネジメント』、31 - 33頁。
  14. ^ a b c d e f g h i 水谷、2002年、194 - 196頁。
  15. ^ a b c d 片田敏孝「災害に備える主体的姿勢を生む防災教育」、『安心・安全と地域マネジメント』、37 - 49頁。
  16. ^ 災害対策基本法施行令”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2015年9月22日閲覧。
  17. ^ 災害対策基本法施行規則”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2015年9月22日閲覧。
  18. ^ 避難勧告等の判断・伝達マニュアル作成ガイドライン」、2015年8月、8 - 9頁。
  19. ^ 『安全・安心の基礎知識』、156-157, 177頁
  20. ^ 『安全・安心の基礎知識』、194-195頁
  21. ^ a b 『安全・安心の基礎知識』、202-203頁
  22. ^ 『安全・安心の基礎知識』、204-205頁
  23. ^ 『安全・安心の基礎知識』、205頁
  24. ^ 『安全・安心の基礎知識』、206頁
  25. ^ 『安全・安心の基礎知識』、232-233頁
  26. ^ 『安全・安心の基礎知識』、240頁
  27. ^ a b c d e f g 「参考資料2 避難準備情報、避難勧告及び避難指示について」、「参考資料3 災害対策基本法(抜粋)」、内閣府『災害時の避難に関する専門調査会』 第4回資料 より、2011年1月18日
  28. ^ 避難勧告等に関するガイドラインの改定(平成28年度) ①(避難行動・情報伝達編)」、p.81、内閣府防災担当、2017年8月29日閲覧
  29. ^ 内閣府「避難勧告等の判断・伝達マニュアル作成ガイドライン(案)(平成26年度)」(2014年4月発表)において、市町村が各々の事情に応じて基準を設定するにあたっての目安として示された事項を記載している。
  30. ^ 災害時の避難に関する検討課題(課題1)避難の考え方の明確化”. 内閣府 防災情報のページ. 2020年10月13日閲覧。
  31. ^ 「土石流、家をなぎ倒す 瀬戸内3島 逃げる背に迫る岩」『朝日新聞』昭和44年(1974年)7月8日朝刊、15版、11面
  32. ^ 老人ら2人死ぬ 小豆島『朝日新聞』1976年(昭和51年)9月11日夕刊、3版、9面
  33. ^ a b 大災害と法』、146 - 156頁。
  34. ^ https://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201703/0010009807.shtml
  35. ^ https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171017-00000016-kobenext-l28
  36. ^ http://www.jnep.jp/genzenren/hyogo.pdf
  37. ^ 石原和弘 (2013年8月9日). “第1回  20世紀最大の桜島大正噴火とその教訓 ~桜島の噴火の歴史 ‐1~”. 日本放送協会. 2021年11月24日閲覧。
  38. ^ 有珠山の噴火」失敗知識データベース、2013年10月26日閲覧
  39. ^ 中越地震」失敗知識データベース、2013年10月26日閲覧
  40. ^ アメリカ、ハリケーン被害」失敗知識データベース、2013年10月26日閲覧
  41. ^ Evacuation Planning in Texas: Before and After Rita (PDF)”. Texas House of Representatives. Government of Texas (2006年2月14日). 2012年2月25日閲覧。
  42. ^ Anthony Zachria and Bela Patel (2006年10月24日). “Deaths Related to Hurricane Rita and Mass Evacuation”. University of Texas Health Science Center-Houston. American College of Chest Physicians. 2012年2月25日閲覧。
  43. ^ Richard D. Knabb, Daniel P. Brown, and Jamie R. Rhome (2006年3月17日). “Hurricane Rita Tropical Cyclone Report (PDF)”. National Hurricane Center. 2009年1月15日閲覧。
  44. ^ McLean, Demian; Peter J. Brennan (2007年10月24日). “California Fires Rout Almost 1 Million People, Kill 5 (Update7)”. Bloomberg. http://www.bloomberg.com/apps/news?sid=aufnKvlM.Et8&pid=newsarchive 
  45. ^ “原発事故による避難者数 正確に全体を把握せよ 衆院総務委 塩川議員求める”. しんぶん赤旗. (2011年6月17日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-06-17/2011061704_03_1.html 2011年9月11日閲覧。 
  46. ^ 資料3-1 帰還困難区域について (PDF) 」文部科学省、原子力損害賠償紛争審査会(第35回)、2013年10月1日



避難

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/24 08:14 UTC 版)

ハリケーン・リタ」の記事における「避難」の解説

義務的避難が実施された:ルイジアナ州内のカルカスー 及び キャメロン教区高速道路92号線南部アカディア郡。 高速道路90及び14号線南部イベリア郡。 州間高速道路10号線南部ジェファーソンデイビス郡 及びすべての他の低地地域内陸大水運河南部セントメリー郡。 高速道路14号線南部ヴァーミリオン郡 及び移動住宅または特別な医療が必要。 テキサス州内のアランサス郡ブラゾリア郡カルフーン郡チェンバーズ郡、ガルベストン郡、ゴリアド郡、ハリス郡、ジャクソン郡ジェファーソン郡クレバーグ郡オレンジ郡、及びワートン郡。 マタゴルダ郡 (テキサス州)南部3分の2

※この「避難」の解説は、「ハリケーン・リタ」の解説の一部です。
「避難」を含む「ハリケーン・リタ」の記事については、「ハリケーン・リタ」の概要を参照ください。


避難

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/09 14:17 UTC 版)

USエアー5050便離陸失敗事故」の記事における「避難」の解説

L1ドアL2ドア以外のすべての出口は避難に使用された。シニア客室乗務員のウェイン・リードはL1ドアを開けることができず、L2ドアキャビン入ってた際に一度開放され、ケリー・ドノヴァンによって閉められた。客室乗務員のスーザン・ヘアルソンはR1ドア開き脱出スライド展開したR2ドア開いた客室乗務員ジョリーン・ギャルミッシュは脱出スライド上に展開され出口を塞ぐかもしれない考えドアを開く前に脱出スライドの展開を解除したまた、4つ全ての主翼上の緊急脱出ドアが避難に使用された。 座席21Fと22Aに閉じ込められていた最後の乗客は、事故の約90後に救出された。 乗員乗客63人のうち乗客2人死亡乗客15人が負傷した

※この「避難」の解説は、「USエアー5050便離陸失敗事故」の解説の一部です。
「避難」を含む「USエアー5050便離陸失敗事故」の記事については、「USエアー5050便離陸失敗事故」の概要を参照ください。


避難

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/27 06:46 UTC 版)

アメリスター・ジェット・チャーター9363便離陸失敗事故」の記事における「避難」の解説

14時5237秒、チェック・パイロットが客室乗務員脱出指示したMD-83には8箇所非常口があったが、この内2箇所開かず、さらに機体右前方非常口脱出スライド展開されなかったため、使用できなかった。また、テールコーン部の非常口完全に開かず客室乗務員非常口開けた時にはすでに乗客全員脱出完了していた。脱出時に乗客1人軽傷負った

※この「避難」の解説は、「アメリスター・ジェット・チャーター9363便離陸失敗事故」の解説の一部です。
「避難」を含む「アメリスター・ジェット・チャーター9363便離陸失敗事故」の記事については、「アメリスター・ジェット・チャーター9363便離陸失敗事故」の概要を参照ください。


避難

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/08 23:07 UTC 版)

デルタ航空1288便エンジン爆発事故」の記事における「避難」の解説

機体停止後、副操縦士管制官交信しようとしたが、操縦室電源落ちていて交信できなかった。このため非常電源(APU)を起動してペンサコーラ管制塔に通信し緊急事態宣言した操縦室補助席便乗していたデルタ航空非番パイロットボーイング767操縦士)が機体後部を見に行った副操縦士は翼上の出口が開くのを見、およそ半数乗客の姿が見えずエンジンから異音がすることに気付いて操縦室戻って機長に全エンジン停止するよう伝えた14時27分(CDT)、機長非番パイロットから胴体大穴開いて客室内エンジン破片散乱し負傷した乗客がいると聞いて救急班の出動要請したその後彼は客室に煙や火は無く客室後部の扉が開けられ緊急脱出スライドが展張されたと報告した。その扉から避難誘導を始め客室乗務員後にNTSB語ったところでは、そこで彼女はエンジンから出火しているのに気付いたので避難を一旦中止し乗客前方誘導し直した。彼女によればその時点で多数負傷者がいて2名は恐らく死亡しており、そのため避難誘導進めた後に副操縦士止められた。機体後部の損傷と危険が大きかったのでMD-88装備している乗降階段は使うべきでなかったからである。そこで機長移動式外付け階段要請し、これは25後に到着した

※この「避難」の解説は、「デルタ航空1288便エンジン爆発事故」の解説の一部です。
「避難」を含む「デルタ航空1288便エンジン爆発事故」の記事については、「デルタ航空1288便エンジン爆発事故」の概要を参照ください。


避難

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/20 04:38 UTC 版)

セント・キルダ」の記事における「避難」の解説

セント・キルダ全島避難には多くの理由があった。島民は、観光第一次世界大戦中に軍が駐留するまでは比較孤立してきたが、外の世界との接触で彼らが日的に窮乏していることに対し代案模索するように仕向けられのである19世紀訪問者によって島は変えられてしまった。祖先がこの特異な環境生き残ってきた、そんな生活から島民切り離してしまったのである1902年小さな桟橋建設されたけれども、島は天候慈悲左右されるままであった第一次世界大戦後若い男性のほとんどが島を去った人口1920年73人、1928年には37になっていた。1926年インフルエンザ罹患した男性が4人亡くなった後、1920年代不作連続して発生したアバディーン大学土壌調査すると、鉛やその他汚染物質汚染された畑で作物育てていたことがわかった。それはの畑に肥料として海鳥死骸泥炭灰を使用していたことで引き起こされていた。汚染は非常に長い時間をかけて起きていた。肥料を与える栽培法はより集中的に行われていたし、避難の要因になったのだろう。重荷耐えられなくなった最後の出来事が、若い女性のメアリー・ジリーズの死とともにやってきた。ジリーズは1930年1月虫垂炎になり、治療のために本土搬送された。彼女は後に病院死亡した。彼女の死因は虫垂炎だと仮定されていたが、1991年にジリーズの息子で、セント・キルダ住民最後の生き残りであったノーマンは、彼女が実際は肺炎死んでいたうえ、女児死産していたことを発見した1930年8月29日セント・キルダ残っていた36人住民たちは、自ら希望してスコットランド本土のモーヴァーンへ移された。 避難の朝は完璧な一日になることが約束されていた。太陽穏やかに姿を現し、海はきらめき、Oisevalの無表情な崖を温めていた。空は絶望的に青くヒルタ緑豊か風景は非常に無頓着な夢の島のようで、なおのこと別れ困難にした。伝統に従って島民それぞれの家の中にページ開いた聖書と、ムギ小さな山を置き、全てのドアの鍵を閉め午前7時にヘアベル号に乗船した。島での最後の数日間緊張激務疲れ果てていたが、彼らは避難のあいだじゅう、陽気に振舞っていたことが報告されている。しかし、ダン島の長い枝角地平線下に消え親しんだ島の輪郭かすかになっていくと、古くからの絆との断絶現実のものとなり、セント・キルダ住民たちの顔は涙に取って代わった。 島は1931年にサー・レジナルド・マクラウドからダンフリーズ卿(のちの第5代ビュート侯爵)が購入した。続く26年間の島静寂に包まれ、夏に時折観光客訪れたりセント・キルダ住民家族一時的に戻ったりしていた。

※この「避難」の解説は、「セント・キルダ」の解説の一部です。
「避難」を含む「セント・キルダ」の記事については、「セント・キルダ」の概要を参照ください。


避難

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/29 07:48 UTC 版)

ピナトゥボ山」の記事における「避難」の解説

大噴火迫っていることを示すありとあらゆる徴候前にして、レイモンド・プノンバヤン所長率いフィリピン火山地震研究所 (PHIVOLCS) とクリス・ニューホール率いアメリカ地質調査所 (USGS) から派遣され調査チームにより、山頂からの距離に応じて3つの避難地域指定された火山頂上から10km以内全域を含む最奥地、10kmから20kmの地域、20kmから40kmの地域アンヘレス市クラーク空軍基地この地域)である。10km以内と10-20km地域総人口は約4万人、20-40km地域には約331千人が居住していた。火山警報として、レベル1差し迫った噴火心配はない)からレベル5大噴火継続中)までの5段階設定された警報レベル危険地域毎日発表され、その情報は主要全国紙地方紙ラジオ・テレビNGOによって報じられた。 4月最初の爆発始まった時点で山の斜面に住むアエタ族多く自発的に去り山頂から約12km離れた一つ集まった爆発規模大きくなるにつれ、次々に遠くへと移動した4月7日 10km地域に対して初の公式な避難命令下された6月5日 警報レベル 3(2週間以内大噴火可能性あり)に変更6月7日 警報レベル 4(24時間以内大噴火可能性あり)に変更。10-20km地域が避難の対象となった6月9日には警報レベルが5になり、20-40km地域からの避難が開始された。 6月15日までに、火山から30km以内地域にいた6万人すべてが退去した。多くの市民一時的にマニラケソン移住し、約3万人が避難所として割り当てられケソン市のアモラント・スタジアムに居を構えた6月10日 クラーク空軍基地避難命令発せられ、司令官以下必要最小限人員だけを残して他の将兵家族1万4500人はスービック海軍基地避難した

※この「避難」の解説は、「ピナトゥボ山」の解説の一部です。
「避難」を含む「ピナトゥボ山」の記事については、「ピナトゥボ山」の概要を参照ください。


避難

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 09:14 UTC 版)

グローバー靴工場災害」の記事における「避難」の解説

爆発時点で300人400人ほどの労働者工場にいた。まだ立っているセクション労働者らは、階段降りて避難したか、または屋上登った爆発衝撃非常階段使えなくなっていたことから窓から跳び降りる者もいた。 約100人労働者無傷で避難したし、150人が負傷した。軽い負傷済んだ多くの人々は、その負傷報告せずに帰宅した警察後に「ある労働者ショックのあまりその場去り別の靴工場で働いた後、家に帰る家族自分悼んでいた」という話を語った

※この「避難」の解説は、「グローバー靴工場災害」の解説の一部です。
「避難」を含む「グローバー靴工場災害」の記事については、「グローバー靴工場災害」の概要を参照ください。


避難

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/22 04:38 UTC 版)

延坪島砲撃事件」の記事における「避難」の解説

事件起きた23日21時過ぎから、延坪島住民の避難が始まり24日1時30分過ぎまでに住民394人が、仁川広域市中心部到着同日午前中に残り住民450人あまりが到着した26日午前には、北朝鮮から再度砲撃があり、住民は再び仁川市中心部などへ避難した28日11時18分、「北朝鮮による砲撃兆候とらえた」として緊急退避命令発令されたが、30分後に解除した

※この「避難」の解説は、「延坪島砲撃事件」の解説の一部です。
「避難」を含む「延坪島砲撃事件」の記事については、「延坪島砲撃事件」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「避難」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

避難

出典:『Wiktionary』 (2021/06/27 08:47 UTC 版)

この単語漢字

常用漢字
なん
第六学年
音読み 音読み

発音

名詞

(ひなん)

  1. 災害避け安全場所移ること。

動詞

活用


「避難」の例文・使い方・用例・文例




避難と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

避難のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



避難のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの避難 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのハリケーン・リタ (改訂履歴)、USエアー5050便離陸失敗事故 (改訂履歴)、アメリスター・ジェット・チャーター9363便離陸失敗事故 (改訂履歴)、デルタ航空1288便エンジン爆発事故 (改訂履歴)、セント・キルダ (改訂履歴)、ピナトゥボ山 (改訂履歴)、グローバー靴工場災害 (改訂履歴)、延坪島砲撃事件 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの避難 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS