老朽化とは? わかりやすく解説

ろうきゅう‐か〔ラウキウクワ〕【老朽化】

読み方:ろうきゅうか

[名](スル)古くなり、役に立たなくなること。「―した建物


老朽化

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

劣化

(老朽化 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/17 00:07 UTC 版)

劣化(れっか)とは、物理的変化などにより品質性能が損なわれたり、技術革新でより優れた製品が出現することにより、性能が相対的に低下する現象である。ヒトを含めて生物の場合は老化というが、芸能人などに対しても使われることもある。


  1. ^ 【著者に訊け】香山リカ氏 最新刊『劣化する日本人』を語るポストセブン 2014年9月7日
  2. ^ ネットで大流行、女性芸能人への「劣化」という表現 爆問・田中「どんだけ人を傷つけているか」と激高 j-cast 2015年9月24日
  3. ^ もちろん、言語学的には正しくない。「劣化」と「奇跡」は本来、全く別の概念を表す言葉であり、(外見上の)劣化がほとんど無いことを「奇跡」と表現しているに過ぎない。
  4. ^ 能町みね子氏と辛酸なめ子氏 「劣化」と「奇跡」の意味語るポストセブン 2015年10月20日


「劣化」の続きの解説一覧

老朽化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/30 15:06 UTC 版)

急行形車両」の記事における「老朽化」の解説

1980年代に入ると初期に製造され153系キハ55系から老朽廃車開始され急行列車充当されている急行形車両置き換え特急列車への格上げ快速列車への格下げ含めて特急形車両や一般形車両充当するようになった

※この「老朽化」の解説は、「急行形車両」の解説の一部です。
「老朽化」を含む「急行形車両」の記事については、「急行形車両」の概要を参照ください。


老朽化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/30 18:16 UTC 版)

ハリウッドサイン」の記事における「老朽化」の解説

もともと耐用18か月として設計されサインは、そのまま半世紀以上も存続し、いろいろ損壊したり、老朽化が進んだところが出てきた。 1940年代はじめ、当時サイン管理をしていたアルバート・コウズ(Albert Kothe)という人物事故起こして「H」の文字壊してしまい、その様子は数多く当時写真記録された。酒に酔って車を運転していたコウズは、リー山の頂近くで運転を誤って、崖から落下して「H」の背後墜落したコウズ怪我な助かったが、乗っていた1928年製のフォード・モデルA(Ford Model A)と「H」の文字破壊された1949年ハリウッド商工会議所は、ロサンゼルス市公園局と契約結んで、このサイン修繕修復に当たることになった。この契約には、住宅開発地の名称ではなく地区名表現するように、従来の文字から末尾の「LAND」を撤去してHOLLYWOOD」とすることが、明記されていた。公園局が、装飾照明については商議所の負担したため商議所は電球交換取りやめた。この1949年修復は、サイン新たな命を与えたが、特段の補修がなされなかった木材と金属板による構造物は、その後も老朽化が進んだ。やがて、最初の「O」が崩れ落ちて小文字の「u」のように見えるようになり、3つめの「O」が完全に崩れ落ちてしまい、荒廃進んだサインは「HuLLYWO_D」と見えるようになった

※この「老朽化」の解説は、「ハリウッドサイン」の解説の一部です。
「老朽化」を含む「ハリウッドサイン」の記事については、「ハリウッドサイン」の概要を参照ください。


老朽化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 08:44 UTC 版)

フィリピン国鉄」の記事における「老朽化」の解説

資金不足による設備の老朽化激しく保守管理が行届かない客車は、日本廃車になって譲渡され12系14系203系電車などが使われているが、いずれも損傷がひどいという。レール目視でも歪み分かり継ぎ目が数cmにおよぶ箇所もある。枕木バラスト土砂埋まりほとんど用をなしていない日頃より整備行き届いた日本の線路比較すると、相当状態は悪い。 なお、現在14系客車全車廃車となり、一部解体された。

※この「老朽化」の解説は、「フィリピン国鉄」の解説の一部です。
「老朽化」を含む「フィリピン国鉄」の記事については、「フィリピン国鉄」の概要を参照ください。


老朽化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 01:34 UTC 版)

廃車 (鉄道)」の記事における「老朽化」の解説

鉄道車両機械あるため使い続ければ車体機器消耗・老朽化が進んでいく。各種機器の老朽化による動作不良事故を招くこともあるので、ある程度の期間、使用した時点で廃車となる。特に新幹線車両では高速長距離走行のため各部摩耗傷み在来線車両より早く進行する傾向にある。 日本では鉄道車両税法上の減価償却期間は、所得税法施行令129条及び法人税法施行令56条の規定基づ省令制定時大蔵省令、現在は財務省令として効力有する)により定められており、電車13年である。つまり、少なくとも13年間使用することを前提とされている。ただし、これを基準設計され車両JR東日本209系電車東京都交通局8000形電車と例は少なく大抵は設計上の耐用年数20 - 30年程度とし、内装車体機器等更新行いながら法定耐用年数13年を超え使用されるさらには延命工事」などと言われる大規模な更新工事を行うことで設計上の耐用年数延長図り40 - 50年上使用され続けている車両存在する。しかし、使用期間長さまちまちである。 この設計上の耐用年数時代によって変遷しており、一般に1950年代前半まで製造された車両頑丈に造られており、モノコック構造採用による軽量化一般化した1950年代後半以降に製造された車両に比べて、同一経年であっても一般に老朽化の度合い小さい。例えば、1940年代後半から製造され国鉄スハ43系客車が、後継車として製造され軽量構造ナハ10系客車が老朽化により全廃された後も大量に残存し事例がある。また、アルミ合金車とオールステンレス車は、普通鋼製の車両に比べて錆の発生による劣化(肉痩せ)がなく、塗装省略等による保守上のメリット大きいため、車体デザイン陳腐化さえ考慮しなければ長期にわたり使用可能である。例え普通鋼製の大阪市交通局100系電車 (新交通)海浜部を走行する関係で塩害による車体へのダメージ酷く2001年まで全廃された後も同時期登場アルミ合金車の神戸新交通8000型電車(こちらも海浜部を走行する)が2009年まで残存していた例がある。同様に普通鋼製の南海7000系電車塩害による車体へのダメージ酷く2015年全廃された後も先に登場したオールステンレス車の南海6000系電車2019年まで50年もの間廃車出ていなかった。 旧型車から下回り機器流用した車体新製車は、流用機器の老朽化から完全新造車に比べ短い期間のうちに新造した車体ごと廃棄される例も多い。流用機器の老朽化や陳腐化理由であるが、コストなどの保守面等でのデメリット更新当時想定以上に急速に表面化するなどの理由によって、早期に廃車される例も見られる一方で、老朽化の進んだ機器廃棄し新造した機器あるいは余剰となっているより新し機器交換して経年の浅い車体活用される例も少なくない特急形車両(その格下げ改造車を含む)は高速長距離運転を行う性質上、一般車両より老朽化を進行させやすい。例え国鉄583系電車から改造され715系電車583系時代における長距離転による走行距離大きさラッシュ時運用不適な車体構造などから早期に淘汰され全廃された後も同時期製造され急行形車両の方多く残存し事例がある。阪急電鉄2800系電車は、特急車時代において高速運転による走行距離大きさと、その後一般車格下げ改造による車体強度の低下により、老朽化で全廃された後も、先行して登場した一般車両2300系電車の方残存し事例がある。後継車両である6300系電車特急用として使用され高速運転による走行距離大きさにより老朽化が進行したことから京とれいん用と嵐山線用に転用された車両除いて2010年ごろまでに廃車となり、こちらも先行して登場した一般車両である3300系電車5300系電車の方残存していた車両が多い。西日本鉄道おいても8000形電車一般車両である5000形電車より車齢が若いながらも、老朽化を理由2017年度までに全廃された。

※この「老朽化」の解説は、「廃車 (鉄道)」の解説の一部です。
「老朽化」を含む「廃車 (鉄道)」の記事については、「廃車 (鉄道)」の概要を参照ください。


老朽化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/29 06:31 UTC 版)

ウォーリア (装甲艦)」の記事における「老朽化」の解説

ウォーリアにとっては幸運なことに、海軍売却決めた時は折りしも第一次大戦終了により本艦よりも良質な鋼鉄使用した近代軍艦数多く解体されていたためにくず鉄需要低下しており、本艦商業的な関心を呼び起こすことなく、それから5年ポーツマスに留め置かれた結局スクラップとして売却する計画1929年3月放棄され新し係留地であるウェールズのミルフォード・ヘイヴンにあるペンブローク・ドックに曳航された。到着と同時に燃料油ハルクC77」とのみ呼ばれる燃料突堤作業員詰所となったこの時代時までには、ウォーリア後継者いくつか似た運命たどっていた。1909年には軍艦エジンコート軍艦ノーサンバーランド分解され石炭ハルクとなり、1926年には軍艦ヴァリアントはハモズ(Hamoaze)の浮き燃料庫となっていた。 その後50年間、ウォーリアは、時折メンテナンスのために近く乾ドック曳かれて行くほかは、ラニオン・コーヴ(Llanion Cove)において沖合燃料庫として使われ1929年から1979年までに5,000近くの船に燃料供給したその間イギリス生き残り装甲艦その後継者である戦艦はすべてスクラップとして売却された。最後に残っていた同時代の船エジンコートも、ハリッジ石炭ハルクとしての50年サービスの後、1960年廃棄された

※この「老朽化」の解説は、「ウォーリア (装甲艦)」の解説の一部です。
「老朽化」を含む「ウォーリア (装甲艦)」の記事については、「ウォーリア (装甲艦)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「老朽化」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「老朽化」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「老朽化」の関連用語

老朽化のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



老朽化のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの劣化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの急行形車両 (改訂履歴)、ハリウッドサイン (改訂履歴)、フィリピン国鉄 (改訂履歴)、廃車 (鉄道) (改訂履歴)、ウォーリア (装甲艦) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS