航空会社とは? わかりやすく解説

航空会社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/15 08:09 UTC 版)

航空会社(こうくうがいしゃ)とは、利用者から対価(航空運賃)を徴収して、航空機(主に飛行機)を用いて旅客貨物を輸送する組織。エアライン(airline)ともいう。


  1. ^ a b 航空運送人の責任範囲 インターリンク、2017年1月17日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 井上 泰日子 『航空事業論』日本評論社、2008年、21頁。 
  3. ^ a b c d 井上 泰日子 『航空事業論』日本評論社、2008年、35頁。 
  4. ^ 航空運送事業の許可について 国土交通省、2017年1月17日閲覧。
  5. ^ 第7回 航空機ファイナンス - 一橋大学三井住友銀行寄附講義
  6. ^ a b c d e f g 『交通の百科事典』丸善、2011年、172頁
  7. ^ 民間航空の全面的禁止を指令(昭和20年11月19日 朝日新聞)『昭和ニュース辞典第8巻 昭和17年/昭和20年』p260 毎日コミュニケーションズ刊 1994年
  8. ^ 『交通の百科事典』丸善、2011年、174頁


「航空会社」の続きの解説一覧

航空会社(インドネシア・エアアジア)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/19 08:45 UTC 版)

インドネシア・エアアジア8501便墜落事故」の記事における「航空会社(インドネシア・エアアジア)」の解説

当日正午現地時間)にプレスリリースFacebookにて発表したまた、事故後に公式FacebookおよびTwitter画像グレースケールのものに変更した臨時コンタクトセンター開設し電話搭乗者家族・友人への対応を行った出発地であるスラバヤ空港には、28日夜にエアアジアグループCEOトニー・フェルナンデス到着して安否確認訪れた乗客家族への対応を行ったエアアジア補償金として、総額およそ125000ドル(約1500万円)を支払うことを決定した。24000ドルをすでに見舞金として支払い済みで、残り10万ドルほどが補償金として支払われるという。補償額は、航空会社の責任などを定めた国際条約であるモントリオール条約によれば一人あたり174000ドル最低額となるが、インドネシア条約批准国ではなく同国運輸省規定に従って算定された。

※この「航空会社(インドネシア・エアアジア)」の解説は、「インドネシア・エアアジア8501便墜落事故」の解説の一部です。
「航空会社(インドネシア・エアアジア)」を含む「インドネシア・エアアジア8501便墜落事故」の記事については、「インドネシア・エアアジア8501便墜落事故」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「航空会社」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「航空会社」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「航空会社」の関連用語

航空会社のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



航空会社のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの航空会社 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのインドネシア・エアアジア8501便墜落事故 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS