ファーストクラスとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ファーストクラスの意味・解説 

ファースト‐クラス【first class】

読み方:ふぁーすとくらす

第一級最高級一流。「—のレストラン

旅客機客船列車などの客室一等


【ファーストクラス】(ふぁーすとくらす)

旅客機客席グレードにおける最上級主として国際線の中長距離区間設定されている。
航空券時刻表では「F」という略符号表される

運賃エコノミークラス数倍10程度ビジネスクラスの2~3倍程度超高額であり、利用者大企業幹部役員政治家資産家などの超富裕層メインとなっている。
顧客層の関係から、割引運賃設定がされないのが普通である

欧米諸国ではビジネス機プライベートジェット)の顧客重複するが、日本中東など、ビジネス機市場成立しない国・地域ではそれなりに需要がある

近年ではビジネスクラスサービス向上顧客コスト削減策などで需要減少傾向にある。
そのため、ファーストクラスを廃止縮小したり、最初から設定しない航空会社出現しているが、一方で利用頻度が高い上顧客への「特権と位置付けている航空会社もある。

主なサービス内容


ファーストクラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/19 13:51 UTC 版)

ファーストクラス: first class)とは、旅客機の最上級客席のことである。


  1. ^ : first class car
  2. ^ : second class car
  3. ^ : third class car
  4. ^ ビジネス特集 65年でどう進化?ビジネス・ファーストの旅 - NHK
  5. ^ 域内国際線や国内線のファーストクラスの運賃は、数千円程度から数万円程度の追加料金で使用できるものも多い。
  6. ^ 天皇・皇后や、内閣総理大臣日本国政府専用機を主に利用する。
  7. ^ ファーストクラスをことさらにヨイショする日本の不思議(オトナンサー).2021年12月16日閲覧。
  8. ^ 地球の歩き方
  9. ^ 地球の歩き方
  10. ^ 地球の歩き方
  11. ^ シンガポール航空
  12. ^ 地球の歩き方
  13. ^ 日本航空プレスリリース


「ファーストクラス」の続きの解説一覧

ファーストクラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 09:22 UTC 版)

全日本空輸」の記事における「ファーストクラス」の解説

国際線就航時から長距離便を中心に設定されており、新しコンセプトのファーストクラスは、ボーイング777-200ERCLUB ANA「スーパースタイル」と同時に導入され炊き立てご飯提供するサービスや「ザ・快食」(好きなときに好きな食事をとれるア・ラ・カルトサービス)、フルフラットシート導入開始されたのもこの頃である。

※この「ファーストクラス」の解説は、「全日本空輸」の解説の一部です。
「ファーストクラス」を含む「全日本空輸」の記事については、「全日本空輸」の概要を参照ください。


ファーストクラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 09:25 UTC 版)

日本航空」の記事における「ファーストクラス」の解説

ビジネスマン裕福な個人旅客などの、利用頻度多く比較単価が高い路線利用する客層獲得するため、国内線における最上級クラスとして2007年12月1日から導入した当初は羽田 - 伊丹線に就航しているボーイング777-200(旧JAS機除く)に導入その後段階的に15機に14席の設置進め2008年4月1日には羽田 - 福岡線に、同年6月1日には羽田 - 新千歳線に、2012年8月1日には羽田 - 那覇線へ導入した空席がある場合は、当日空港カウンター追加料金を払うことでアップグレード可能である追加料金普通席の場合、8,000であったが、2022年4月15日から羽田 - 那覇線と羽田 - 石垣線12,000円、それ以外路線10,000円へと値上げされた。 現在はエアバスA350-900ボーイング787-8一部ボーイング767-300ERそれぞれ12席、6席、5席設定している。ボーイング777-200前述の搭載エンジントラブルに伴う運航停止措置により、運航再開時期未定であることから2020年度内にJAS機も含めて全機退役している。 なお、すべての「ファーストクラス」導入機材に「クラスJ」も併設されているものの、「ファーストクラス」はその質の高いサービス高い評価を受けて、「クラスJ同様に導入以降高い搭乗率獲得している。 詳しサービスについては JALホームページ を参照

※この「ファーストクラス」の解説は、「日本航空」の解説の一部です。
「ファーストクラス」を含む「日本航空」の記事については、「日本航空」の概要を参照ください。


ファーストクラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 09:25 UTC 版)

日本航空」の記事における「ファーストクラス」の解説

最上級クラスとして、東京 - パリ線やロンドン線、ニューヨーク線やロサンゼルスをはじめとする主要欧米路線では、ビジネス客や富裕層向けにファーストクラスが設定されている。1990年代以降ビジネスクラスサービスの充実などを受けて以前より設定されている路線減っている。詳しサービス機内食に関しては、JALホームページ確認ができる。

※この「ファーストクラス」の解説は、「日本航空」の解説の一部です。
「ファーストクラス」を含む「日本航空」の記事については、「日本航空」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ファーストクラス」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ファーストクラス」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ファーストクラスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ファーストクラスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのファーストクラス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの全日本空輸 (改訂履歴)、日本航空 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS