搭乗手続きとは? わかりやすく解説

搭乗手続き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/09 22:10 UTC 版)

搭乗手続き(とうじょうてつづき)とは、航空機の搭乗券を受け取るための手続きである。チェックイン英語: check in)とも呼ばれる。


  1. ^ オンライン・チェックイン エミレーツ航空
  2. ^ 携帯電話からのチェックインKLM Royal Dutch Airlines
  3. ^ エールフランスのモバイルチェックインエールフランス
  4. ^ モバイル搭乗券 - 多くの路線でご利用いただけます。ルフトハンザ
  5. ^ モバイル搭乗券オーストリア航空
  6. ^ SASモバイル搭乗券スカンジナビア航空
  7. ^ アメリカン航空、米国内線でのモバイル搭乗サービスを拡大アメリカン航空 2009年6月8日
  8. ^ ePassAir New Zealand Limited
  9. ^ mPassAir New Zealand Limited
  10. ^ 成田空港で顔認証技術を用いた新しい搭乗手続き「OneID」がスタートします成田国際空港
  11. ^ 顔認証技術による搭乗手続き“Face Express”が成田・羽田ではじまります成田国際空港
  12. ^ キャセイパシフィック航空が、深圳市内でのチェックインサービスを開始。香港ナビ 2009-06-04
  13. ^ 市内14カ所に自動チェックイン機=空港の混雑緩和狙う-大連周水子国際空港神戸港上海事務所 2010-03-16
  14. ^ (繁体字中国語)機捷市區預辦登機 新增國泰等多家外籍航空2018-11-15,TVBS
  15. ^ (繁体字中国語)環狀線1月31日通車 機捷A3站同步啟用預辦登機”. 聯合報 (2020年1月28日). 2020年1月28日閲覧。
  16. ^ 韓国都心空港
  17. ^ ソウル駅都心空港ターミナル
  18. ^ KTX光明駅 都心空港ターミナルが新設KBS World Radio 2015-10-15
  19. ^ Flight Check-In at KL Sentral - KLIA Ekspres
  20. ^ 提携ホテルでのチェックイン
  21. ^ グアムのチェックイン施設と空港の最新情報 | United Airlines”. United Airlines. 2019年4月17日閲覧。
  22. ^ 米、到着便の搭乗客の検査体制を強化 リアルタイムの情報も活用(AFP.BB.News 2010年4月3日)2012年2月18日閲覧



搭乗手続き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 09:25 UTC 版)

日本航空」の記事における「搭乗手続き」の解説

搭乗サポート必要な乗客妊娠中ならびに乳幼児連れ乗客最優先に続いてファーストクラスビジネスクラス上級会員すべての乗客と、あらかじめ定められた順番に沿って搭乗が行われる。経営再建中のために2010年2月より、一部国内線国際線で、グランドホステスでなく客室乗務員搭乗ゲート受付業務兼務しており、これにより年間約2億4,000万円コスト削減効果見込まれている。

※この「搭乗手続き」の解説は、「日本航空」の解説の一部です。
「搭乗手続き」を含む「日本航空」の記事については、「日本航空」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「搭乗手続き」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「搭乗手続き」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

搭乗手続きのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



搭乗手続きのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの搭乗手続き (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの日本航空 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS